密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

2022年9月のブログ記事

  • ついにトルドー首相も欠席、安部超訳外交の正体露呈

    いち抜けた〜、とどんどん友達が減っていって、もう抜ける、と言い出せなくなる状態の 安部国葬海外来賓。そもそも一体どこを見て、国際社会から沢山の弔意、望まれての国葬、 多数の来賓の待遇などという予測ができたのだろう。滑稽でさえある、バイデン大統領とトランプは仲が悪いのでかち合わないように配慮、などと... 続きをみる

    nice! 1
  • 国葬に安倍友ブレイン ただただ安倍晋三になりたかった岸田さん

    日本では、明日が国葬。反対派からも、今一番岸田さんが後悔してるじゃないか、という同情的?声も聞かれる。 これが、安倍さんが森喜朗の国葬強行なら、メディアがもっと派手に嘘八百盛り上げストーリーで森安倍サーカスを盛り上げて反対派を黙らせることもしただろうが、それも、イマイチ弱いし、それどころか、オリン... 続きをみる

    nice! 1
  • ロシア国民の無関心の壁に亀裂を入れたプーチン

    ロシアの国民は、ウクライナ侵攻に対して、無関心を決め込むことで自らの生活や両親を守ってきた。ロシアは政府に反対の意を表明することが、人生や命に関わる問題なので、軽々に反対デモも行えない。逮捕されれば、どういう方向に引きずっていかれるか、人権が守られるのかわからない。大統領候補の毒殺を迷いなく命じる... 続きをみる

    nice! 1
  • トランプ受難の始まり。ネクスト・トランプは小型プーチン

    最近、捜査と証拠の包囲網の準備が整ったのか、トランプには受難の始まりのようだ。 (CNN) 米ニューヨーク州の司法当局は21日、ドナルド・トランプ前大統領とその子ども3人、および一族の経営するトランプ・オーガニゼーションが10年以上にわたり、自らの私腹を肥やすことを目的とした金融詐欺にかかわったと... 続きをみる

  • さすが安倍派「あんな人たちに負けるわけにいかない!!」精神健在

    民主主義国家を掲げて久しい日本において、有権者を前に「あんな人たちに負けるわけにいかない!!」と開いた口が塞がらない演説を、ぶちかました政治家がかつていた。 惜しくも、”あんな人たち”に属さない人間の怒りを買い撃ち殺された、そんな彼の不屈の精神を受け継ぐべく、彼の名を冠した派閥の人々は、あんな人た... 続きをみる

    nice! 1
  • ぬるい、”Next キャビネット”

    立憲民主党が、国葬欠席表明をしてすぐ、元首相の野田氏が出席表明。 「元首相が元首相の葬儀に出ないというのは、私の人生観から外れる。『長い間ご苦労さまでした』と花を手向けてお別れをしたい」 こういう、どうでも良い”個人のお気持ち”を、折角だした党の方針と今後の評価につながる局面で出してくるか? のう... 続きをみる

    nice! 2
  • 立民・野田元首相、国葬出席へ、、、とことん足を引っ張る。

    岸田さんのストレスが最高潮で、解散総選挙有り?と巷が騒ぐ中、やっと野党第一党立憲民主党が国葬拒否、欠席の意思を明確にした。遅いけれど、まあ、いい。 ところが、ここからまた、行きつ戻りつ、グダグダの立民が始まる? 野田元首相が、自分は執行役員に当たらないとして国葬出席を表明。よほど安倍さんが好きなの... 続きをみる

    nice! 1
  • 立憲民主党やっと欠席表明+河瀬直美が見たカンヌの風景

    立憲民主党、やっと国葬欠席表明をした。とりあえずよかった。もし最後までグズグズ決めかねて、言い訳がましいことを言っていたら、もう終わり、というところだろう。 国民は、自分たちの声を無視し、隠蔽改ざん虚偽答弁、強行採決、反社広告塔、歴史修正、教科書コントロール、辺野古基地 森・加計・桜1.5億 権力... 続きをみる

    nice! 2
  • 反省、、只のクレーマーのようにコメント連打してしまった。

    いつも楽しく視聴している、”哲学系じゅんちゃん” アメリカ政治について教えてくれる、 ”アメリカ政治”さんゲストというので拝聴していていたのだが、ついコメントして、それが止まらなくなって、異様に連打してしまった。通常意見が違おうと、非道暴言や悪言を聞こうと、嫌なら切ればいいんで、コメントはしないの... 続きをみる

    nice! 2
  • 祝・玉城デニー氏再選確実

    沖縄知事玉城デニー知事再選が確実になった。本当に良かった。沖縄の人たちは、日本政府と米政府の圧力を受けて、それでも、地域の自治を戦っているように感じる。だから玉城デニーを代表であり続けることを選んだ。 本当に嬉しそう。おめだとうございます。ずっと自民政権の、特に菅さんは、粘着的に狂犬講師に固執し、... 続きをみる

    nice! 2
  • 世界中から寄せられる弔意とは。エリザベス女王ご逝去

    エリザベス女王が8日に逝去された。96歳で健康悪化も取り沙汰されていたのだから、意外ということでも無いのだが、ショックを受けた。常にそこにある、そういう存在としてあられた方だったからだ。 どこぞの国では、疑惑の元総理のための、法的根拠のない(ご癒合解釈、歪曲)国葬を、国民の反対の声を無視し強行。弔... 続きをみる

    nice! 4
  • 聞く耳岸田さんに聞こえない、日本国民の声を国際社会に

    実際、ここまでデモが起こるとは思っていなかった。多くの人が、安倍氏国葬反対の声をアガアクションしている。情的根拠もなく、警備費も明確にせず、白紙委任を強行する岸田総理は、安倍さんが乗り移ったようだ。 安倍晋三元首相の国葬を巡り、国民の間に反対の声が強まっている。31日夜には国葬に反対する市民団体が... 続きをみる

    nice! 1
  • 暗殺された人の葬儀なのに警備費は未定、終わってから報告。

    海外からの、弔意の要望で国葬にすることにしたというのが、国葬にした理由の一つだが、返って、安倍超訳外交の化けの皮が剥がれるキッカケに思えてきた。 日本国民が、大フィーバーでさすが安倍さんと盛り上がる、親友トランプ・プーチン来日も、その上、バイデン・オバマと彼らがバッティングしないように配慮などと、... 続きをみる

    nice! 1