密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

前のめり前原氏、口当たりのいい言語明瞭意味不明、結局何も語らない。

やはり前原氏は信用できない。国民の側に立って問題解決をするように言うのだが、どうやって、ということに言及しない。消費税も必要である、社会保障、教育、年金介護のために、というが、企業減税には一切言及しない。投資家から少し取るようなことをごにょごにょ言ってお茶を濁す。原発に関しては、なんと2030年に実現を目指す。
その頃、あなたは何をしているのだろうね。前原民進党は買う実に存在していない。具体的円数を上げたようにしているが、結局自分でやる気がない。
野党共闘白紙化。 どうして民進党員はこういう人を、今の状態で代表に据えたいと思うのか? 政権選択の選挙、野党第1党をやたら強調するが、今の民進党に第1党の力もなく、すべてに候補を立てるとか、もう前のめりで状況判断が狂っているとしか見えない。

【ライブ配信】民進党代表選挙候補者共同記者会見 午後1時半〜(予定)


方や枝野氏は、すべてにおいて筋が通っている。嘘も隠し事もない。しかし悲しいことに本質的で正直な主張ほど、往々にして好かれない事実が、安倍政権が人気を博してきたことでもわかる。


ただし現在国民は、安倍の嘘にうんざりし、嘘、隠し事に敏感になっている。筋が通って正直な共産党を評価する。だから枝野氏は多くの国民に評価されるだろう。しかし民進党内で評価されないのだとしたら、そこが民進党の民意に対するセンスが狂っているところであり、国民をイライラさせ怒らせるところだろう。


前原氏の”All For All” を、”すべての人は全体のために” と訳せば、これはまごう事なき
全体主義。


枝野氏の”支え合いの社会”これは北欧のような社会民主主義の導入を意味している。


枝野氏は、下手に、”All For All”を”支え合いの社会”を同一視する発言をすべきではない。同じ党内で攻撃しあうのは得策ではないとの考えだと思うが、前原氏は、明らかに安倍首相同様、全体主義思想の持ち主でありと思う。全体のために個人の権利の縮小を計画していることは、財源がないので消費税を第一義にあげることでもわかる。
枝野氏は、消費税は必要であると明言しつつ、現状では無理。その前に安倍政権の行った企業減税を改善氏財源を求めるとしている。この点においても両者の違いは明白。


小池都知事についても、枝野氏は、理念政策のはっきりしていないところとは一緒にならないとの姿勢。前原氏は小池氏を評価、若狭氏の国政政党はこれから、、ということだ。
この人は結局何もはっきり言わない。安倍氏に対しても非難はしない。9条加憲に至っては、自分が最初、と主張。加憲なんていい加減なごまかしでしかも9条骨抜きのアイデアを自分が言い出したと胸を張るこの人のセンスが信じられない。


山尾志桜里さんもどうしてこんな前原氏につくのか?野田氏を幹事長にした蓮舫氏とイメージがダブル。


枝野氏の論理性は共産党と噛み合うだろう。議論を尽くすこともできるだろう。知れは決して野合などではない。枝野氏は立王ほの理由に、”怒り”を上げた。めちゃくちゃな安倍政権に対する怒り。しかし前原氏は、与党気分でいろいろ分かりきった問題をあげつらい、あたかも安倍首相のように任せてくれればなんとかするという。前原民進党になれば、民進党は今の反安倍政権の国民感情から完全に乖離し、野党共闘をぶち壊しにするだろう。前原氏のイメージは安倍に変わって総理になる自分まで飛んでいるように感じる。
民進党の全執行部の決定を、前政権といった。フロイト的興味深い言い間違えだ。
言葉もまとまらず、目の焦点も定まっていない。何かに浮かされているようだ。


共産党憎しと自分たちの保身で、国民の方を向いていない民進党保守派の代表が前原氏だ。自民・公明・日本ファースト・維新そして前原民進党 こんな根っこが日本会議の二大だか三大高の保守政党が政権交代したって、内輪の権力争いでしかなく、まともに政策論争もない、またしても、足の引っ張り合いの劣化国会審議を見せられるだけだ。


ことは民進党内の問題に止まらない。枝野幸男氏を応援しよう!!!


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


トランプの威をかる日本右派論客 でもアメリカの状況を我田引水して意味不明の愚

トランプのパパ擁護+トランプな人たちの支持を失いたくない、から発せられた”Many
Side"とその後の二転三転のみっともない対応で、もうこれ以上ないほど評判を落としているトランプであるが、どうも日本の右寄り論客は、差別主義肯定の詭弁が、とても格調高くCoolに聞こえるらしい。


こういうところが、アメリカより日本のほうがうんと心配な部分だ。
本質をすっ飛ばし、あるいは混ぜ返し、言葉上の”遊び” ”減らず口”をあたかも正論のように吹聴し、またそれを無責任に面白半分に流布する人たちが多い。 


アメリカもトランプな人たちはフェイクニュースを絶対的に信じているが、面白がって無責任に流布するということではなく、彼らの生活で伝統?を支える根幹みたいなもの。それでも、普通のトランプ支持者は白人至上主義を肯定しない良識を持っているーのでトランプ氏は白人至上主義者ではないと主張する。無責任にあるいは意図的に流布するのはトランプと、フェイクニュースの発信元、オルタナ・ライト放送局だ。



白人至上主義者らと反対派の衝突事件をめぐるトランプ大統領の人種差別肯定発言問題。本サイトは18日朝の記事で、差別が絶対的に悪であるという自明の前提を無視したトランプ的“どっちもどっち論”が実は日本で大手を振ってまかりとおっている状況を批判したが、さっそく、ワイドショーでとてつもなくひどい“どっちもどっち論”が垂れ流されていた。
 それは、同じく18日放送の『バイキング』(フジテレビ)でのことだ。『バイキング』といえば元横浜市長の中田宏氏や“皇族芸人”こと竹田恒泰氏など、右派の安倍応援団をコメンテーターに起用しているが、この日のスタジオには最近、作家の百田尚樹らとつるんで反中言説に精を出しているジャーナリスト・有村香氏が登場。トランプ発言をめぐるスタジオトークのなか、有本氏はこんなことを言い出したのだ。


「ただ、この事件の背景に、リー将軍の像を撤去するかしないかという問題がありますよね。これはちょっとなやましいところもありまして。奴隷制があった時代のアメリカのいろんな事柄というのは、芝居にも映画にもなっているじゃないですか。いまやアメリカでは、その時代の名作と言われるような映画なんかも公開できないという状態になっているんですね。それが、現在のアメリカの政治的正しさ、ポリティカル・コレクトネスってよく言われたんですけど、そういうものになっている」
まず、シャーロットビルのKKK・ホワイトプラウドの行進は、リー将軍の像を撤去反対デモではない。一部にその要素があるのは否定できないが、そんなことは彼らがこのところのトランプ台頭でおおっぴらに自分たちの勢力誇示を行うようになったということであり、特にリー将軍の像を撤去への抗議というわけでもない。


それから、
奴隷制があった時代のアメリカのいろんな事柄というのは、芝居にも映画にもなっているじゃないですか。
なっていますよ、ですが、白人至上主義を肯定するための映画や芝居などはないのです。アメリカの映画人も、演劇人も、文学者もリベラルですから。
その時代の名作と言われるような映画なんかも公開できないという状態になっているんですね。
その時代というのは南北戦争当時ですか?その頃映画なんて存在しない。 
また後世に歴史物としての数多の名作があるが、奴隷制を肯定する題材の映画などKKKの自主映像でもない限りありえない。武将としてのリー将軍と北軍のバトルを描いた戦争物はあるかもしれないが、南軍は負けるので、リー将軍への一方的礼賛映画にはならないし、リー将軍に焦点を当てたとしても、監督がが自身の視点で深く人間に人生に言及していれば誰も否定し得るものではない。ヒットラーを描くよりはうんと安全な題材だろう。
リー将軍の描き方で、反発しそうな人々は、難しい歴史ものなんて見ないだろうし。
南北戦争を題材にした映画が公開できない状態なんてありえない。


歴史修正主義の特攻賛美映画とか、慰安婦像撤去と同じメンタリティーで理解してもらっては困る。こういうところが我田引水なんだよね。


アメリカの、差別主義への嫌悪は、日本のように政府が印象操作で同行していることではなく、人々の間に良識として染み付いている。だからトランプ発言は共和党側からも非難されるし、古き良き奴隷制度肯定の懐古趣味映画なども支持されない。
Tシャツの文言でも、差別的な言葉を入れて売り出せば、その会社は潰れる。シャレのつもりで使った大手のTシャツ会社が実際2ヶ月で倒産したこともある。差別に関しては、
ポリティカル・コレクトネスでは片付けられないものだ。喉元を過ぎても熱さを忘れない歴史の重みを持ち続ける国民性というのは確かにあるし、現在も進行形のアメリカ人課題として存在している。また、KKKやホワイトプラウドにポリティカル・コレクトネスなんて全く意味をなさない。だいたいトンデモトランプにもポリティカル・コレクトネスは意味をなさないので大問題に。
その時代の名作と言われるような映画なんかも公開できないという状態になっているんですね。それが、現在のアメリカの政治的正しさ、ポリティカル・コレクトネスってよく言われたんですけど、そういうものになっている』まるで表現規制でも行われているかのようなニュアンスを明言している。アメリカの表現の自由の根幹に疑義を唱えている、勇気あるジャーナリスト魂には感服するが、そこまで言うなら、具体的な作品名もきちんとあげてほしい、そういう責任がある。表現の自由の問題でなくとも、現実的問題として、公開阻止をするとすれば、カルフォルニア選出の上下院議員及び大統領にとっても、ハリウッド映画界は大きな存在。古典の名作や時代物の新作を公開させないために動くなんて、しかも表現の自由に抵触すること絶対するわけがない。


「この差別問題っていうのは、アメリカの中に非常に大きな影も落としているだけではなく、そういう新たなルールみたいなもの、こういうものを形成してしまっているというところがあるんですよ」
この南軍指導者の像の撤去運動は、現在全米各地で加速している。なぜ最近なのかというと、トランプの影響で白人至上主義、有色人種排斥を叫ぶ人間がおおっぴらになり、人々が危機感を持ったためだ。逆に撤去反対などというのは、彼らの口実に他ならず、それより彼らが像を英雄視して集会場所に選び怪気炎を上げることへの危機感の方が先だ。像の撤去が先では意味が通らない。また”新たなルール”などというのはのはなんのことなのか?意味不明。


リー将軍とは、南北戦争で奴隷制存続派の南部連合を率いた軍人、ロバート・E・リーのことだ。今回のバージニア州での衝突事件では、奴隷制を支持した勢力を顕彰するのは適切でないという広い認識を背景に、公園のリー将軍の像を撤去する決定を市が下した。これに対し、像の撤去反対を名目に白人至上主義者やネオナチらが集合して大規模集会とデモを行ったのが事件の発端だ。
 
つまり有本氏は、このリー像の撤去問題を「なやましいところもある」と表現し、奴隷制、人種差別撤廃をめぐるポリティカル・コレクトネスに話にすり替えているわけである。しかも、明らかに“反差別に配慮するあまりいきすぎたポリコレ”という文脈で、そんな話を唐突に持ち出したのだ。<後略>


海外のことだから、どうしても自分の国に当てはめて考えがちだが、字面は同じでも根底に流れているものは全く違こともある。ましてやアメリカの状況を借りて我田引水は、情けなさすぎる。




PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


わかっていない民進党 保守二大政党では国民騙しのおままごと

民進党代表選は、前原氏の党内支持が高いという。そこに慢心したか、以前は否定しなかった野党共闘の見直しを公言。この公言は、ピントのずれた民進党内部の多勢に寄り添うもので、国民の気持ちに寄り添うものではない。


民進党の聚落は共産党との協力のせいではなく、”共産党のせい”という勘違いが大きな一因。国民のために胸襟を開き、党の方針を変え、候補取り下げ選挙協力を行う共産党に、協力が迷惑、あまつさえシロアリ呼ばわりの、傲慢。政治云々よりまず人としての最低線の礼儀も逸脱している民進党の態度が反発を招いているとは思わないのだろうか? 


小沢氏のオリーブの木構想も、それぞれ議員の立場を考えての合理的提案だが、小沢アレルギーだかなんだか知らないが、一顧だにしない民進党。


打倒安倍政権のネックは、いつも民進党。いい加減疲れた。

共産と選挙協力 前原氏「見直す」民進代表選<2017年8月19日 朝刊>


民進党代表選(二十一日告示、九月一日投開票)に立候補を表明している前原誠司元外相は十八日夜のBSフジ番組で、次期衆院選での共産党との選挙協力について、見直す考えを表明した。枝野幸男元官房長官は同じ番組で、候補者調整を中心に連携を維持する考えを示した。
 
前原氏は「根本的な外交・安全保障、税の中心である消費税に関し、まったく意見の合わないところと選挙協力という話にはならない」と語った。


つまり財源を消費税に求めるか企業増税に求めるか、ということが共産党との大きな違いなわけだ。今まで、大企業は優遇され、トリクルダウンも起きず、雇用も安い非正規雇用ができる制度に変えられ、年金、医療費は削られ、受給年齢も挙げられ、消費税増税延期は選挙の人気取りに使われてきた。
一度くらい、財源を企業増税で国を動かしてみてほしい。
前原氏は、消費税が唯一の財源とすることの理由、共産党の主張する(多分、自由・社民も)企業増税ではなぜいけないのか、の明快な理由をも述べるべきである。


安全保障も改憲して武装強化。外交は?どこが違うか示してみろ。示せば国民の反発を買う対米従属路線維持が明らかになる。だから内容はいつもハッキリ言わない。
原発も、触れない。ずるいよこの人。


民進党は共産、自由、社民との野党四党による六月の党首会談では、衆院選に向けた候補者調整を急ぐ方針で合意している。


前原氏は番組後、記者団に「四党で交わしたものは重く受け止めるが、是非を含めて見直す。基本的には全選挙区に(独自の)候補者を立てる」と話した。

全選挙区に独自候補?!本当に自分たちの現在が全く見えていない。多分民進党内では、他党のために自分たちの立候補の機会が縮小されることへの不満があるのだろう。
これも党首選をにらんだ目先の人気取り。現実的ではないどころか、今の民進党では悲惨な結果を招くだろう。KYじゃなくJY(状況読めない)


”四党で交わしたものは重く受け止める”なら見直しはありえないだろう。今まで、どれだけ時間を費やして、牛歩の歩みで共闘態勢を進めてきたのか? そして共闘は進まない原因は常に民進党の、いろいろ理屈はいうが、自民党より共産党が嫌い、小沢氏が嫌い、という、全く大局観のない感情論と、連合に絡む、看板に偽りありの民進党の姿勢。論理的な共産党が、譲歩点を打ち出しそこで合意しても、また白紙に戻る。つまり共産党が嫌という理由。子供かよ!! 自分の非を認めず、”あんな人たちに負けるわけにいかない”と考える前原民進党は、まさに第二、いや第三流自民党。


だいたい政権交代可能な保守二大政党なんて意味をなさない。政権交代可能な、保守・革新の二大政党こそ意味がある。
アメリカの民主党と、共和党は、明らかに目指す社会が違う。 常時両党を支持している人たちも、明らかに違う。


共和党は、白人がほとんどで、基礎票を握る人々は、Foxニュースだけを見て情報判断する。有色人種の台頭にストレスを増大させる低所得白人層と、中南部の南北戦争以前から続く富裕層の子孫の大金持ちと彼らが持っている大企業が支持母体。
低所得者層に、有色人種への敵対を促し、社会保障を政府が限りなく請け負わない、小さな政府、新自由主義を目指す。堕胎禁止法制化が悲願である。


民進党支持者はすべての人種の混在。学者・学生・アーチスト・ミュージシャン・俳優・コメディアン・そしてLGTの支持が多い。大企業も新興のIT産業・シリコンバレーがサポートしている。オバマ大統領に倒産の危機を救われた自動車会社ゼネラルモータースも現在はトップから従業員まで民主党支持だ。 社会保障の充実、軍縮、国際協調を掲げる。
格差是正に取り組む。銃規制法制化が悲願である。


両党の違いは、党大会を見ても視覚的にはっきりわかるし、生活の嗜好も違う。
共和党候補者は、たとえワイン好きでも、ビールとバーベキュー、野球。フットボール観戦が大好き(オペラ・クラシック音楽鑑賞などもってのほか)、ということにしないといけない。大金持ちのくせに、インテリジェンスがないフリ(本当にない人も結構いるが)をする。軍経験がモノを言う(親のコネで従軍回避したやつほど、拳を振る上げ愛国心を強調する。)というように、高底両極の階層支持をまとめるために苦労している。


民主党候補者は、カジュアルであるが、知性も隠さない。ただしやはりワインの薀蓄を語るのは浮遊層低所得者層にはマイナス。カジュルフード=アメリカは踏襲されている。
人種偏見を憎み、性差別の撤廃、個人の選択の自由を掲げることが大事である。自由と民主主義、教育がすべての人に行き渡ることを目指す。


浮遊層も投票しやすい。こちらの政策にこりごりすれば、別を選べばいい。
これが、保守二大政党で、政策も大同小異。与党と野党第1党のおままごと。


保守二大政党なら、党内にいくつもの派閥意見の違いを持ってきた自民党一つで十分だった。民進党も前原代表なら、自民党の一会派前原派でいいではないか?


問題は、安部一強で、安部は姑息にも、党内カーストを確立させ、行政を私物化した。
自民党には、各会派で意見を戦わせる自浄能力がもはや無くなっている。
だから政権を変えるなら、社会民主主義を取り入れた政策を打ち出す、リベラルな連立政権が必要なのだ。 保守保守と、変わらないことが一番と、このまま地獄に突き進む庶民の暮らしを守るのみでは、一度きりの人生が謳歌できない、搾取されて終わってしまう。


長く縁の下の力持ちでい続けた枝野氏が代表になり、民進党をどのように引っ張るのか、は見ものであるが、記事のごとき発言をする前原代表では、党員の支持を得て国民の支持を失う。日本ファースト(右翼くさい!!)と連携なんて、どこまでぬるいのか!!


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ