密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

重要問題山積なのに、モリカケか!?という印象操作。

国会が一年にわたって、嘘のデーターや改ざん文章をもとに、かつ首相およびその周辺の嘘答弁で実質空転したり、重要法案だなんて行っているけれど、全て、安倍周辺お友達ネットワークの便宜や利益、戦前回帰願望の国民監視支配にとって重要な法案で、国会に上がっているから成立させることが国民にとって重要のようにいうが、変えない方が国民にとって良い結果であるものが大半だ。TPPも売国的無策を露呈しゴテゴテ。


外交局面が危機的で、モリカケどころじゃない? イヤイヤご心配なく、蚊帳の外だし、、。余計なことをしでかすより、アジア周辺国に嫌われ、ヨーロッパ先進国に白眼視され、米露中加えて北朝鮮にもに舐められバカにされている”外交の安倍”が表舞台から消え(政治舞台からも消えてほしい)てくれる方がいい。そして、心機一転、平和憲法を有する日本を前面に出し、東アジアの平和に貢献、国連にも人道的人的物的支援を行う国として、改めて表明し、トランプ・アメリカには、ここでも平和憲法を立てて、毅然と対応してこのトンデモ大統領が辞めるまで付かず離れず、かつ独立国であることを示して行かなくてはならない時だ。


安倍さんの代わりがいない?確かに、安倍さんほど、人の論理性倫理観を狂わす才能を持った人(自分が論理的思考を持っていては絶対できない、あのわけのわからない長口舌答弁はすでに芸当の域だ)はいないので、この安倍纏を振れば、人々は脳を狂わされ、判断力を麻痺させられる。それを良いことに、自分たちのデザインする格差社会、そのうち階級社会を確立し、それを不可逆的にするために、国民の70年学んできた?民主主義を否定させ、立憲主義を破壊し、そういうことを理解できないように、反知性主義を広め、明日、明後日のことしか考えられない、上のいうことをおとなしく聞く国民教育・制度を徐々に作り上げてきたのが現政権と自民党。もはや怖いもの無しで大手を振って傍若無人・無理を通して道理を引っ込める、その最たるものが、強行採決と、国会の学級崩壊だ。


政権側の、見え透いた印象操作に、簡単に納得して、野党が悪いの、だらしないの、他に人がいないのという国民が多いのは、明らかに、安倍周辺の悪巧みが効いてきている証拠だ。かつ、どう言うわけか、ブランド(権威だの伝統だの)に弱い日本人にとって、特別な家に生まれたなどと認識される、安倍・麻生なんかは特別な人だからみたいな、変な使用人根性があるんではないか? イギリスには遠く及ばないが(W)アメリカにも名門家系はある。しかし、人々が、尊敬と憧れを示す、真のヒーローは自分の能力と努力で、環境を変え、未来を切り開いた人たち、困難に立ち向かい克服した人たちに対してだ。


その、麻生大臣がお勉強されている(安倍周辺有識者?ブレインや広告代理店はもちろんもっと真剣に勉強しているだろう)ヨーゼフ・ゲッベルスの言葉「もしあなたが十分に大きな嘘を頻繁に繰り返せば、人々は最後にはその嘘を信じるだろう。」も、”十分に大きな嘘”である。安倍総理のように後先考えず、感情的に、病的につまらない嘘をつき続け、それを繰り返しても、人々は最後にはその嘘を嫌でも見破るだろう。


小沢一郎氏は共同記者会見で。モリカケにかまけてて需要法案放置についての質問に、こう吠えた。「モリカケに勝る重要問題があるの?」山本代表も「重要法案というけれど、政府にとって重要、国民にとって止まった方がいいようなものばかり」と答えた。全く同感。


安倍政権支持率上昇については、「支持率なんて大してことでははない。国民の皆さんの現場への不満は大きなものがある。しかし飢え死にする状況にないから、表に出ていない。」「審議拒否とマスコミはいうが嘘ばっかついてるような奴とは議論にならない、しらに存ぜぬでは議論にならない、(野党の)審議拒否じゃない審議に応じようとしないのは政府の方、何もビビることないんですよ」「マスコミの言うことなんか気にすることない。真実を述べる、国民は本当のことを言えばわかるものだ。体制派の意見にビクビクするこたぁないんだ」と太郎さんがホローに回るほど豪快痛快に吠えた。「国民にわかるような闘争をしなければならない、野党はそこが希薄」演出だけの安倍政権に引き換え、野党は演出下手というのはあるなぁ。

【2018年5月22日】小沢一郎代表・山本太郎代表 共同定例記者会見


まあ、民進系保守議員たちのように、国民に媚びていて、実は舐めていて、良い感じに誘導しよう的なことをして、ボスザル争いで仲間割れ、ブレブレの方針転換、理念のない折衷主義を行なっていけば、バカな嘘でもつき続ける人間の方がいいやと思う人も出てくるだろう(どっちも愚かなことだ)


しかし、リベラルメディアからでさへ無視されがちな、日本共産党など、政党の中で、最も女性議員が活躍し、生き生きと男性陣とも対等に渡り合い助け合い、マスコミの記事を未消化で議題に上げるようなことをせず、故に、きっちり追求をし、国会各委員会でも都政でも弱い立場の人のために、骨身を惜しまず働いている。党首の志位委員長はアジア各国とネットワークを広め、国連核拡散防止委員会でも、信頼を受け、誠実で穏やかな態度で関係を構築している。文大統領や習国家主席ともうまくやれるだろうし、金正恩も礼節を示すだろうし、トランプ・プーチンにも舐められない人材だと思う。でも共産党だから、と対象外なんて(野党共闘でも閣外協力とか当然みたいに言われていたり)、理不尽だ。国益を損ねるとはこのことだ。


勝手に無視しておいて、人材がいないなんて、資本主義社会への盲目的追従を民主主義と勘違いしている悲しい愚かしさだ。野党=国民民主党ではないのだ。共産党は最も民主的な政党だ。自分の不見識を言い訳に安倍さんしかいない(まあ安倍さん大好き安倍応援団の人はいいけど)は、怠惰すぎる。


別に立憲枝野氏でもいい(その方が受け入れやすければそれでまとまって政権交代まで信頼を構築してゆくしかないーそれでも連立政権なら共産党からも閣僚を任せる英断をしてほしい)国民の鉄砲玉、辻説法の山本太郎議員でもいい、正義の極妻?森ゆうこ議員でもいい、納得できません!の福島みずほ議員でもいい、伊藤詩織さんの問題で頑張る柚木議員でもいい、ボコラレやすいがくじけない小西洋之議員、その他、頑張っている野党議員はたくさんいるし、みんな、安倍氏より頭はいいし、誠実だし、正直だし、論理的だし、倫理的だし、国家公務員法を理解しているし、ポツダム宣言も読んでいる。


それでも、安倍さんしかいない、自民党しかないなんていうのは、かつての一億総中流時代のおまかせ政治幻想を引きずる国政平和ボケだろう。


野党はだらしなくない。だらしないのは、自分が正しいと思う人間を応援しきれない、安全圏という柵の中で屠殺をまだまだ先と見てみないふりをしている平和な無思考の家畜化する、庶民という名の日本の国民だ。


野党とひとくくりに判断せずに、まず個人を応援しよう。忙しくて忙しくて、政治のことなど全く興味なしのわが妹が、前の選挙の時には、枝野さんという方の言うことは、すごく理解できた!!と言っていた。これはすごいことだし、またそうあらねばならない。


こんな、美しくない国になってしまった日本を取り戻すには、国民が理解できる言葉で訴える、自分の心に響く、共感できる個人をまず応援しよう。民進分裂は確かに中途半端な保守派の傲慢さと愚かの極みであったが、カタルシス(悲劇的浄化)でもあった。その結果、無駄に肥大した野党第1党の民進系がわかりやすくなった。ゆえに、野党とひとくくりにして、だらしないと言う言葉を、無関心無思考の言い訳にせず、まず誰の言うことに納得し、共感し応援するかを見極める努力から始めたい。そうでなければ、またしても、電通仕込み演出上手の安倍政権の思う壺。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

”蚊帳の外”安倍首相の悪あがきは関係国のいい迷惑のお邪魔虫

考えることは自分のプライド維持と国内向け宣伝。小さすぎる最高責任者”外交の安倍”の次なる滑稽戦略(宣伝)は、シンガポールでの米朝首脳会談に飛び入り?

来月12日にシンガポールで開催が予定されている史上初の米朝首脳会談。安倍首相が当日、現地入りするのではないかという仰天情報が飛び交っている。政府は、外務省の金杉憲治大洋州局長を派遣する方針だ。


 さんざん対北「圧力」を唱え、北朝鮮との対話を拒否してきた安倍首相が、今になってノコノコ出かける理由は何なのか。


「安倍さんは北朝鮮問題で“蚊帳の外”といわれていることを非常に気にしています。政権が気をもんでいるのは、中国や韓国が米朝会談に何らかの形で参加すること。実際、その可能性はゼロじゃありません。そうなると、日本はますます『置いてきぼり感』が強くなってしまう。中国と韓国が現地入りするなら、とにかく自分も行って『一緒の写真に納まりたい』と考えているようです」(外交関係者)


要するに、蚊帳の外と批判されないようにしたいというワケだ。一説には、安倍首相は24日から訪問予定のロシアで、プーチン大統領に「一緒にシンガポールに行こう」と呼びかけるのではないか、とか、米朝会談が行われる隣の部屋で待っているつもりらしい、といった話も流れている。


金正恩に会えるのか


 問題は、たとえ現地入りしたとして、金正恩委員長に直接会うことができるのか、「蚊帳の外とバカにされたくない」という動機だけで、外交成果なんて期待できるのか、ということだ。元外交官の天木直人氏はこう言う。


「安倍さんは、行くなら、金正恩と会わなければ、みっともなくて帰ってこられないでしょう。『拉致被害者全員の即時帰国』と意気込んでいる以上、手ぶらで帰国できるはずがない。成果ゼロでは、ただの恥さらしですからね。かといって、従来通り圧力一辺倒の主張を繰り返しに行くだけでは融和ムードに水を差すことになる。北は『拉致問題は解決済み』という立場です。仮に安倍さんがシンガポールに行くとして、どのような“成果”を持ってこられるか見モノですね」


「外交の安倍」を自負しているようだが、安倍政権の5年間で拉致問題は何も進展していない。北朝鮮とコンタクトするルートすらない。「北京の大使館ルートを通じて対処」「米国と完全に一致」などと壊れたレコードのように唱え続けているだけだ。とうとう、金正恩から「日本はなんで拉致問題を直接言ってこないのか」と揶揄される始末である。どこが「外交の安倍」なのか。


このことをDさんにいうとまず「Is he invited?-彼は招待されているの?」
一国の首相が現地に行くのは、太平洋局長を派遣するのとは全く意味が違う。
米朝会談である。日本が首をつっこむ結われも余地もない。そうでなくても、金正恩はアメリカ主導で言いなりにならないための揺さぶりと、中国との関係強化をアメリカに見せつけている。自分が偉大であると思い込むことが大好きなトランプの虚栄心、中間選挙を睨んで花火をあげたい国内情勢、そしてなにより巨額の富を生む、北朝鮮開発利権とその強力なライバル中国を睨んで、トランプ・アメリカの方がなんとしてもと、会談成功に前のめりの状況を作り出している。トランプの性格分析も的確だ。


そんなトランプにとって、安倍氏がやってくるなんてことは、大事なディナーの席にハエが紛れ込むのと同様で、煩わしく不快なだけし、当然全ての列席者の不興も招く。


だからトランプはバカなペットを遊んでやる暇はない。長い忍耐と交渉で米朝会談までこぎつけた立役者の文在寅大統領も同様で、来てもらっては困ると思っているだろうし、内心この宗主国気分丸出しの外交音痴の隣国の首相を立ててやる筋合いはないと思っているだろう。中国も同感で、歴史修正主義者の安倍を助ける気は毛頭ない。もちろん日本首相参加が重要な平和の要なら大人の彼らは無視はすまいが、今では、”蚊帳の外”で、がなりたてるトンチンカンなお邪魔虫にすぎない。


米中韓以上に日本情勢を情報収集し、安倍現状を分析している北朝鮮は、安倍首相にほんのチョツピリでも、国内向け宣伝のチャンスを与えたりしないだろう。日本からの賠償金だの支援だの、アメリカと国交を結び中国と友好関係を強め、韓国と民族融合の絆を取り戻せば、いくらでも、ATM並みに引き出せる。日本包囲網完成だ。今どうこうするの必要はない。


仲良しのプーチンも、自分が参加したければ、中国を通じてでも参加できる。トランプも拒否はしないだろう。なんで、お邪魔虫を連れて行ってあげなくてなならない。恩など売らなくても、このうすらバ*の坊ちゃんからは、これもATM並みに、いくらでもお金を引き出せる手腕がプーチンにはある。安倍と違って、各国首相連に無視できない存在感を示すプーチンは、その気になれば、いろいろ固まった時に、さっとやって来て利権にあずかるハゲタカ方式は得意中の得意だから。


安倍首相が行く行かないの選択肢が自分にあると思っているなら滑稽だ。自分は仲良しのつもりで、呼ばれてもいないパーティーに、しかも、実は嫌われていて迷惑なので、招待されなかったのに、のにのこのこ出かけてゆくのは、成果0どころかマイナス。


真剣勝負の各国首脳の間を、例の屁っ放り腰の揉み手でウロウロする安倍が目に浮かぶ。
日本の恥をこれ以上広めないでくれ。蚊帳の外が悔しかったら、人の助けを借りず、自力で日朝首脳会談をやってみろ。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

加計氏、安倍首相に獣医学部構想相談 無思考答弁のツケはいつ払う

良識のある政治家なら、いや一般の社会でも、こんな子供の屁理屈のごときを押しい通す人間はそうはいない。屁理屈と逆ギレで、軽率発言をし、それを信じられないことに、閣議決定で正当化し、データーや公文書改ざんで、合うはずのない辻褄を合わせようとし、メディアに圧力をかけ、野党の質問時間を削り、もう絶対無理筋の行政私物化の露見一切の責任を認めず強引に幕引きにしようと躍起になってきた安倍晋三をはじめとする政権の面々。


それでも、ボロが次々に出てくる。チェスで言えば、もう何度チャックがかかっても、キングだけが一コマづる逃げ回る、見苦しい行為を平気で続けている。そうしていれば、いずれみんなが根負けするだろうと思っているのだろう。飽きてくる人もいるだろうがその都度モリカケ新事実が出てくるのだ。いよいよ、言い逃れも難しい状況に、一コマづつの移動で逃げても、徐々に逃げ道を断たれ、チャックメイトが近づいている。

学校法人「加計学園」の獣医学部新設について、2015年2月に学園の加計孝太郎理事長が安倍晋三首相と面会して学部新設の目標について説明し、首相が「新しい獣医大学の考えはいいね」と返した、と記録された愛媛県の文書が存在することがわかった。打ち合わせをした際の加計学園側の発言を記録したものだという。愛媛県は21日、こうした内容を含む獣医学部関連の文書を、参院予算委員会に提出した。


これまで安倍首相は、加計氏について「私の地位を利用して何かをなし遂げようとしたことは一度もなく、獣医学部の新設について相談や依頼があったことは一切ない」と語っていた。また、加計学園の獣医学部新設計画を知ったのは17年1月20日、と説明。文書には15年2月の段階で加計氏から相談があったと記録されており、発言の整合性が問われそうだ。


 愛媛県の文書は「報告 獣医師養成系大学の設置に係る学園関係者との打合せ会等について」との題名で、「27.3.」と時期が記されている。文書は、「加計学園から、理事長と安倍首相との面談結果等について報告したいとの申出があり、3月3日、同学園関係者との間で打合せ会を行った」と始まる。


 この中で、加計学園から県への報告として、「①2月25日に理事長が首相と面談(15分程度)」し、加計理事長から首相に「今治市に設置予定の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなどを説明」。「首相からは『そういう新しい獣医大学の構想はいいね』とのコメントあり」と記されていた。


 別の文書では、15年3月24日に首相官邸で柳瀬氏と加計学園関係者が面会した際のやりとりとして、柳瀬氏が「獣医師会の反対が強い」とし、「この反対を乗り越えるため」「内閣府の藤原地方創生推進室次長に相談されたい」と述べたことが記載されていた。加計学園は今治市、愛媛県とともに同年4月2日、藤原豊地方創生推進室次長(当時と面会を実現させている。



民主主義を理解していない、権力に奢った自分の友人への殿様采配と、幼少期から培われてきたであろう、後先考えない口から出まかせのうそ。この人のために何人の真面目に仕事をこなしてきた役人が、自分でも嫌になるだろう整合性の取れない言い訳を、大それたデーター捏造や公文書改ざんを行わざるを得なくなってきたか。


それが、国の一大事、国民に知らせては大パニックになる事象であるとか、必然性があるのなら、まだ使命感や、責任感で行うこともできるだろうが、ただの甘えた大バカの政治家の個人的満足、偏向思想のための馬鹿げた行動の尻拭いのためだ。


前川氏もけだしこう言っている。「柳瀬(唯夫元首相秘書官)さんは気の毒。安倍さんというむちゃくちゃな政治家をかばうために人間としても公務員としてもあるまじき姿を晒している」


菅義偉官房長官は22日午前の記者会見で、当時の首相官邸への入邸記録が破棄されているため、面会は確認できなかったと説明し、菅氏は「入邸記録は業務終了後速やかに廃棄される取り扱いとなっており、残っているか調査を行ったが、確認できなかった。残っていなかった」と述べた。面会記録やスケジュール表も「ない」とした。


しかし、もう安倍官邸が自分たちの都合のいいように記録の隠蔽、改ざんを行うことは今までお経緯の中で何度も露呈してきた。つまり政権サイドの記録など信用性0である。


そもそも、この安倍氏の認識の甘い無理筋の私物化の始まりにおいて、決して公正で清廉潔白な政治家とは思えない安倍友・下村元文科大臣ですら、〈下村文科大臣が一歩引いたスタンス>を取っていたという。


安倍加計面会についての愛媛県新文書には、
〈①2/25に理事長が首相と面談(15分程度)。理事長から、獣医師系大学空白地帯の四国の今治市に設置予定の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなどを説明。首相からは「そういう新しい獣医大学の考えはいいね。」とのコメントあり。
また、柳瀬首相秘書官から、改めて資料を提出するよう指示があったので、早急に資料を調整し、提出する予定。〉
〈②下村文科大臣が一歩引いたスタンスになっており、県においても、官邸への働きかけを非公式で実施いただけないかとの要望があったが、政治的な動きは難しい旨回答〉


つまり、下村氏は、総理のお友達だからと言って、イージーにことを進めることは危険と思っていたのだろうし、それは、先に出ている愛媛県文書・下村文科相が「加計学園は課題への回答もなくけしからん」と述べている ことにも見て取れる。


ところが一強が続く中、何をやっても大丈夫、逆に安倍に逆らうのは不利となってきて、政権内、与党の、最低線の倫理も崩壊したのだろう。まさに悪貨は良貨を駆逐する。
崩壊の、ほんの少し手前で止まっていた政治家の良心、さすがにそこまでは、やってはいけない、というセンスも、安倍晋三と彼の無条件応援団という、悪貨によって駆逐された。


質の落ちた貨幣が価値を崩壊させるが如く、日本の政治倫理はもう崩壊寸前である、大げさではない。それでも悪貨どもがまだ幅を利かせ、質と価値を偽り続ければ、もう目をつぶって悪質な貨幣価値を信じ込もうとする人も少なくない。国民の支持率回復の兆しとは、とっくに不換紙幣に成り下がった日本を、まだ世界の舞台にいると、全力で嘘をつき通そうとする安倍晋三を、やはり信じようとする国民の、思考停止、信じがたい従順さ故だ。


我々は、この5年で日本は恐ろしいほど劣化し国際社会と乖離していることを自覚するべきだ。



PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ