密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

NHK北ミサイル発射の誤報、世界中が報道

NHKが北ミサイル発射という誤報を流したことが、世界規模でニュースになっている。韓国とのオリンピック協調がうまくいって、トランプもしばし矛を収めたこの時期に、ミサイルをぶっ放すようなことをして何になる。



東京(CNN) 日本の公共放送NHKは16日、北朝鮮がミサイルを発射したとの誤った速報を流し、番組の中で謝罪した。

速報は午後7時前、スマートフォンのNHKアプリなどで配信された。「北朝鮮ミサイル発射の模様」とし、全国瞬時警報システム(Jアラート)が出て政府が「建物の中や地下に避難を」と呼び掛けていると伝えた。
しかし数分後に「速報は誤りでした」「Jアラートは出ていません」と修正した。
米ハワイ州でも13日、弾道ミサイルの脅威が迫っているとの警報が誤って送られる騒ぎがあったばかり。職員によるボタンの押し間違いだったとされる。
北朝鮮のミサイル問題をめぐっては、カナダのバンクーバーで現地時間の16日、同国と米国が関係国の外相会合を開催。日本や韓国も参加したが、北朝鮮にとって最大の貿易相手国である中国は出席していない。


危機を煽りいたずらに国民を怯えさせ、高額武器購入、軍国主義化を主導する政府。
外交で回避できる状況になっているのに、ここぞとばかりに、国民にミサイル危機を認識させるNHKとJアラート。介護離職・ひとり親家庭の貧困も”欲しがりません勝つまでは”で押し付けるつもりか。戦争の準備より平和の努力を。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

祝 統一会派ご破算

散々、民進+希望の統一会派に反対を唱えていたが、やっぱり無理があったのね。
前原氏といい大塚氏といい、独断専行で筋が悪い決断にみんなを引っ張るリーダーシップ
さすがに前原大英断で懲りたのか、皆さん2度もイヤイヤ踏み絵をしたりしない。

希望の党と民進党は17日、双方の執行部が進めていた統一会派の結成を事実上、断念した。民進側が会派結成に関する結論を見送ったことを受け、希望は緊急役員会を国会内で開き対応を協議。その後、玉木雄一郎代表は両院議員懇談会で民進を批判し交渉打ち切りを明言した。民進内では交渉を主導した大塚耕平代表らへの批判が相次ぎ、一部から責任論も出た。
 玉木氏は両院懇で「民進は統一会派結成を申し入れてきたのに、決められなかった。交渉はいったん今日で終わりにしたい」と述べた。
 執行部の一人は「会派を組むのを断念する」と語った。
(共同)


それでいいのだ!バカボンボン。祝・統一会派ご破算

PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

民進・希望統一会派、安倍政権に対抗するために一つになる、の詭弁

本当に困ったものだ。立民を中心に、野党共闘が今度こそ動き出すぞ!という期待と希望が国民の中に芽生えて来たのに、それをぶち壊す、民進+希望の自称”反安倍政権”。彼らが考えていることは、安倍政権の暴走を止めるために野党が一つにまとまることではない。だって、彼らは共産党アレルギーで排除でしょ? 反安倍政権の要石、確かな野党共産党の働きは、安倍政治に不満を持つ国民は誰も文句のつけようがない。まだ、偏見先入観で投票は躊躇、もっと敷居の低いところは、、で枝野立民が受け皿になり、それでも、共産党の主張は変な言い訳や解釈がなく、すっきりと納得できるのだから、共闘して戦ってほしい、これが反安倍国民の願いだと思う。


民進+希望の言っている、安倍政権に対抗するためには野党が一つに、は、翻訳すると、
『自分たちが中心で、再び与党に返り咲くためには、野党(元民進党仲間)が一つにならないと、、でも共産党は嫌いだから、共産党を孤立させて、後の野党は取り込んで、自民党といい勝負したい』なんだろうな。小さい!浅い!くだらない!!!!


彼らは国民の方を向いていない。枝野氏は顔を国民に向け、”草の根” ”ボトムアップ”を標榜しているから、支持を得ているのだ。それにひきかえ、民進+希望が統一会派を組んで野党第一党を立民から奪う行為は、民意からかけ離れ、安倍政権に利するだけだ。
また、分裂前の”決められない・ブレル・覆す・好き嫌い”の民進党、いやその右傾化バージョンが復活するだけだ。


そういえば、彼らは、”安倍政権の暴走を止めたい”とも、”立憲主義を取り戻す”とも”国民に政治を取り戻す”とも言っていない。彼らが目指すのは、”安倍政権に対抗する”なのだ。対抗して何をするのか?これが一番大切なことだが、そこが分かっていない、その辺はぼかして、とりあえず数合わせだ。対抗して、おんなじようなことを自分たちがする、その”自分たちが”という満足のためだけにガタガタする政治屋さんの議席執着と権力志向の態度が、国民に見透かされ、もっと支持率が減るだろう。


彼らが彼らのちっとも上でないのに上から目線・議員様目線で施行錯誤していては、到底安倍政権の敵ではない。卑属な志や権力志向は同じでも、相手は魔法のプリズムを持っているのだ+鉄面び問題ないおじさんもついている。(安倍晋三のプリズム・前の記事参照)



こんな数だけの野党第一会派、次期国会で醜態をさらせば、時期国政選挙では頼みの数も激減するそしてまた安倍自民が大勝ちするお手伝いをする。それならば、今のうちに、己のポリシーが明確にできるグループを作り出直す方が先々のためだ。


とはいえ、今回の彼らの愚かな行動は自分たちの首を締めると共に、大事な時期国会も他の野党の邪魔をし骨抜きにし安倍にディスられ、好き勝手を許すことに、なりかねないことが大きな不安材料だ。


あなた方が今どれだけ数があっても、安倍政権に対抗できる望みはないのだから、立民党や共産等の邪魔をしないように、せいぜい、おとなしくしていてほしい、これが反安倍政権の国民の願いだ。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ