密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

猛暑のオリンピック あてにならない、坊々首相の肌感覚

ちょこっと、被災地訪問しただけで、股関節炎症を訴えてトンズラした安倍総理。
そんな総理の”肌感覚”で、猛暑の東京オリンピック新国立競技場の冷暖房設備がカットされた。ここへきてイギリスメディアなどで、殺人オリンピックなどと喩やされることになっている。


予算がどんどん増大した競技場建設は、実は無駄な混乱によってドブに捨てられた予算が膨大。地盤に不適切な工法、その世界的建築家のデザインの肝を切り刻んで無様なものに変え、最後は取りやめ、違約金を払い、かつ、後任のデザインのパクリ疑惑で訴えられ、(パクリといえばエンブレムもそうだったが)その消えた予算の責任は誰も取らず、一番大切な、空調システムを削除する”肌感覚” 自分は冷暖房完備で汗もかいたことのない
人間の”肌感覚” 人間に対する、通常の共感力、相手の立場への想像力が極めて低い安倍総理の”肌感覚”


2015年の産経新聞の記事である。

2651億円→1640億→1595億円→1550億円。新国立競技場の整備計画の見直しをめぐっては、ギリギリまで総工費の削減が図られた。遠藤利明五輪相は安倍晋三首相の指示で、お盆明けから2回も新計画案を作り直したという。首相自ら新計画の発表前日となる27日、冷暖房設備のカットを指示するなど土壇場まで調整を続けた結果、旧計画から1101億円もの削減が実現した。


「冷暖房はなくてもいいんじゃないか…」


 首相は27日、官邸で新計画案を説明した遠藤氏にこう指摘した。これ以上ない削減を行ったと思っていた遠藤氏は驚いた。首相の手元には、冷暖房を盛り込み「総工費1595億円」などと書かれた新計画案のペーパーがあった。


 遠藤氏は7月21日、関係閣僚会議の議長に就任し、新計画作りに着手。お盆明けには、鋼鉄製「キールアーチ」の中止などを盛り込み、「総工費1640億円」との原案をまとめた。


 しかし首相は、平成25年末に財務省と文部科学省が合意した「総工費1625億円」より高額なことから、即座に再検討を指示。遠藤氏は外装などを簡素化する案を作り直し、27日に首相を再訪していたのだ。


 冷暖房設備は、競技場の座席の足元から冷暖気を流し、観客席全体の空調を行う。密閉型屋根のない競技場の座席に空調を入れた例は、世界でほとんどない。


 それでも、下村博文文部科学相と遠藤氏は26日、東京五輪が7月末から始まることを踏まえ、「障害者のためにも必要」などとして導入を確認した。冷暖房が日本の先進技術を世界にアピールする機会になるとも考えたためだ。一方、首相は大会の開閉会式が夜に行われることなどを考慮し、27日の最終打ち合わせまで考えた末に、冷暖房の中止を決断。仕様を落としても節約を優先させた形だ。


 「1595億円」案から冷暖房を外したことで、総工費の見積もりは1540億円に縮減した。ただ、政府は万一の熱中症対策として休憩所などの増設費用を同日中に積算し、ようやく27日夕に「1550億円」案がまとまった。


 関係者によると、複数の自民党幹部は冷暖房を入れた「1595億円」案の段階で了承していたという。首相周辺は「暑さを多少我慢してもらっても、費用の有効活用策を探る。それが首相の肌感覚だ」と語る。(水内茂幸)


一機1000億円のイージスショア2機導入をやめれば、十分お釣りがくる。
加えて、『冷暖房設備は、競技場の座席の足元から冷暖気を流し、観客席全体の空調を行う。密閉型屋根のない競技場の座席に空調を入れた例は、世界でほとんどない。』『冷暖房が日本の先進技術を世界にアピールする機会になる』これは本当に正しい目論見だ。温暖化もある、湿気や高温に悩まされる国、今後のオリンピック、ウインターオリンピックでのトレンドにもなり得る。野外レストラン、コンファレンス、コンサート会場、個人住宅への対応を見込めば(海外では野外の食事、快適なヤード生活に様々な設備が提案されている、ついでも蚊の対策も加味されればまさにビックビジネス)需要は計り知れない。

原発を売るより、平和的で環境に配慮し可能性の高い日本の技術に世界中から受注が来るだろう。


こうした可能性を潰し、少し暑さを我慢して、、などという、安倍お得意の浅薄なズレが、オリンピックを悲惨なものにする。


だいたい日本の夏は、他国の人にとっては、本当に厳しいものだ。暑さだけでなく湿度が高いので、夜になっても涼しくならない。一度7月に日本に来たDさんは、湿気でひどい靴づれ(歩きやすいように分厚い靴下とワーキングシュースが裏目に出た。足、生春巻き状態。無印の簡易サンダルを買ってあげた。それ以来、お気に入りで日本に行くたびにたくさん購入している)、汗疹、熱帯夜で不眠、2度と夏に日本に来たくない、と悲鳴をあげた。


体調をくずしたアスリートや、熱中症で倒れた人々を、『暑さを多少我慢してもらっても、費用の有効活用策を探る。』なんて、それで失われる、国際信用度、対策費用、何より人命に対する責任は取り返しがつかない大変重い。


一番安上がりで適切な方法は、オインピックを10月に延期することだ。
これを決断できない政府には何か特別な理由があるのではないか?

猛暑日が続いた今年。誰もが5年後の東京五輪は大丈夫?と思った。だが、関係者らが7~8月の開催に執着するのには理由があった。


 東京は今年の夏、35度を超える「猛暑日」が8日続き、過去最長を記録した。5年後の2020年東京五輪の開会式は7月24日で、8月9日に幕を閉じる。まさに、今年のうだるような暑さの時期と重なる。


 6月の就任以来、新国立競技場の建て替えに忙殺されている遠藤利明五輪担当相だが、自然との闘いも覚悟する。大会組織委員会や環境省、国土交通省、東京都などによる熱中症対策の連絡会議が動き始めている。


 マラソンや競歩では、太陽の赤外線を反射させて路面の温度上昇を抑える特殊な舗装の導入が検討されている。「敵」は単純な暑さではなく、湿度だ。蒸し暑さに慣れていない国の選手には、相当こたえるだろう。


 1964年の東京五輪の開会式は、秋晴れの青空が広がる10月10日だった。実は、当時も7~8月開催が候補に挙がったが、暑さ、湿度、食中毒など衛生面の懸念から却下となった。


20年大会も気候的には秋開催が理想なのだが、そうはいかない。国際オリンピック委員会(IOC)が、7月15日~8月31日におさまるよう、立候補都市に求めているからだ。


 IOCは五輪憲章で「選手の健康を守る施策を奨励、支援する」「スポーツを商業的に悪用することに反対」とうたっているが、実際には「憲章」に抵触している現実がある。


 最大の理由は、テレビの放送枠で人気プロスポーツとの争奪戦を避ける狙いがある。秋は欧州ならサッカー、米国は大リーグが佳境を迎え、アメリカンフットボールのNFLとも競合する。夏ならスポーツ界の「繁忙期」ではないため、放送枠を確保しやすい。逆に言えば、10月に五輪が開催されても、今のような天文学的な放送権料なんて払えない、という理屈である。


 それほど、テレビマネーの威光は絶大なのだ。IOCの繁栄を支える最大の収入源である放送権料は、10年バンクーバー冬季五輪と12年ロンドン五輪で計約39億ドル(約4690億円)。IOCは収入の9割を各国オリンピック委員会や各競技の国際連盟などに還元している。巨額の補助金を受け取る側からは異を唱えにくい。


※AERA  2015年9月7日号より抜粋


スポーツの祭典も人の命さえ金次第。利益追及は良心を麻痺させる。そして非難と責任は日本政府へ、それでも、いつのもごまかしが通用するものだろうか?



PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

民主主義とは、多数決とは、枝野幸男渾身の安倍政権悪政の総括

内閣委員会での山本太郎議員の魂の怒りに心を動かされた国民はかなり多いと思う。


そして、20日本会議で、枝野立憲民主党代表が、2時間45分に渡り、安倍悪政の総括と、ゆがんだ民主主義への認識を、安倍政権で歪められた多数決という暴挙の、本来の役割を、論理的にしっかりと語った。わかっているようでわかっていない多数決、改めて認識。

「安倍内閣不信任決議案」衆院 本会議(2018/0720)
普通3時間近い話など、途中で飽きてしまうが、さすがだ。一瞬たりとも論旨から気が離れることなく聞き入った。それだけ枝野氏の弁舌は熱があり、論理的で、かつ平易な言葉で語られた、嘘やゴマ化しがないものであったことの証明。
安倍総理の答弁など3分(いや10秒でも)で頭がグラグラして訳が分からなくなる。最近は声を聞くだけでイライラして生理的に拒否反応を起こす。そんな安倍答弁と比較すれば、いかに枝野氏の日本語が正しく、筋が通っているがわかる。相手を誤魔化すための詭弁とは違い、伝えようという真摯な思いがある。立場による違いを考慮し、公平性、論理的整合生にも常に留意して話している。


あまりにも、常識はずれの低劣悪質な問題とその厚顔無恥な誤魔化しが多すぎて、もう何が何だかわからなくなっている良識ある国民必見の枝野演説だ。


枝野氏は現実的な痛恨の過去の経験を抱えてきた。党首としてたった今、ぶれないビジョン、論理性、現実性、を持ち、その上で理想を持っている。国民の代表、政治指導者としての準備ができていることを示している。


なんと!!演説を文字起こしされた方がいます。もう誤魔化されない、民主主義の屁理屈歪曲を正す指針となる。これは保存版に値します。


また10分という時間で、非常に力強く特に、東アジアの平和への日本の位置付けに対する志位委員長の演説も素晴らしかった。柔和で厚実、人を不快にさせない穏やかな声と力強く論理的な説得力、忍耐+思いやり示せる人間性。志位さんは諸外国との交渉に本当に適していると思うんだけどなぁ。



内閣不信任案に対する賛成討論


枝野総理、志位外務大臣、山本太郎災害対策大臣、、、、実現しないかなぁ。
とにかく、彼らのぶれない怒りをもっともっともっと応援しよう、日本を救うには、もうこの道しかないのだから。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

アメリカのカジノ事情 日本とは違うメンタリティー

恥知らず冷血政権与党による被災者無視、いやその混乱を利用した感さへある、カジノ法案の強行採決、融通無碍の後からどうにでもなる間口の大きい入れ物だけゆるゆるスカスカ法案は、今後政権とそのバックに群がる利権者のいいように展開できる。


海外政府・資本が自国の政治中枢と結託し、国政を歪めることは、重大問題だ。アメリカにおけるロシアンゲートがその最たるものである。この問題で、最近とみに不安定なトランプ、『いつもは超マイペースの大統領に焦りが見えることも含めて、夏から秋の政局に大乱が生じる可能性を秘めてる』という識者の見方もある。(筆者の冷泉彰彦 氏は、私的には、まさに良識的中道リベラルで、常に、納得のできるバランスの良い見方をされています)
ロシア寄り発言で窮地に立つトランプ、秋の中間選挙までに態勢を立て直せるか | 冷泉彰彦 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト


カジノを巡り、日本の政治に、カジノ企業大手の資金が動いている、そしてスカスカの法案が強行採決されることは、国政介入、まさにカジノ・ゲート。


大手カジノ企業は、国内で飽和状態を迎え、頭打ちのカジノビジネスの活路をアジアに求め、新たな中毒者確保を目論む。米国内では難しい点も、シンゾーの独裁国家日本なら、なんとかなる?と前のめり。


アメリカでは、2016年時点で524のカジノが存在する。国としての法律ではカジノ規制について言及されず(インターネットカジノのような州をまたぐものは除く)、各州の州法で規定されている。ラスベガスを有するネバダ州をはじめとし23の州で商業カジノが認められている。ネットカジノ・スポーツ賭博はほとんどの州で違法。ビンゴや宝くじはほとんどの州で認められている。


ただし、大多数は、地域の大人の遊園地的なもので、お年寄りの年金を吸い上げ、刺激とお楽しみを提供する程度の施設である。Dさん家族と訪れたメンフィス郊外のカジノなど、ほのぼの感の漂う、田んぼ(のように見える湿原)に突然立っている。
ホテル三日月龍宮城みたいな感じだ。そこで、今日はいくら、と決めて楽しむ。お誕生日にはカジノで楽しむと決めている妹さんもいる。IDチャックがあり施設内には未成年者は立ち入れない。


日本と違う、大事なことは、アメリカのお年寄りは十分な年金をもらっている。少ない年金の人でも、引退を機に十分暮らせる土地に移りすみ、楽しく暮らせる選択肢がある。
だから地方カジノにも出かけて行ける。フロリダの家の近くにある、ホースレース・ドックレースなどは家族連れも多い。節度ある楽しみの一つ、やはりほのぼの系。


日本にラスベガス級のカジノ都市を作りたい勢いだが、どうせ日本政府が地方にカジノを推進しても、熱が冷めれば、最終的にそれを支えるのは地域にいるお年寄りと依存症の人達。でも、お年寄りは、年金は十分もらえるのか? 近い未来の75歳支給、それまで現役時代の半分の収入で身を粉にして働き、医療費の負担増、カジノを楽しむ余裕もない。テーマパークの二の前の寂れたIR施設と、ギャンブル依存症者と闇金の荒んだエリアが残るだけだ。ホノボノカジノは庶民締め付け日本では無理。


このほかに通称インディアン・カジノとよばれれる、アメリカ原住民居住区は州法の適用を受けず、カジノ解禁で、彼らの特権的収入源となっている。


首都圏のカジノ及びインディアンカジノはもう少し、プロ?っぽい。インディアンカジノは行ったことはないけれど、外から見たことはある。競馬場も併設されていたりもする。国道沿いによく、『インディアンカジノ**マイル→』というサインボードがある。誰が行くのかなぁ〜という田舎だけど、中は総合アミューズメントらしい。ヘリを仕立てて顧客をお迎えするというシーンをドラマで見たこともある。それなりの大きなルートがあるのだろう。


ショービジネスもカジノと切っても切れない。そしてマフィアも切っても切れない。エキサイティングな大きなゲームを仕切るのは、やはりマフィアの仕切りの力が必要らしい。


もちろんラスベガスをはじめとする、都市部郊外のギャンブラー対応のカジノでは、人生を破壊する人々、その手助けをする人々も集う。ただ、今回の日本のカジノ法のように、カジノが顧客に資金融資することは原則行われていない。しかも無制限・2ヶ月無利子なんて!!とんでもない。だいたいクレジットカード払い、そしてATMはある。(裏ではあるのかもーマフィア登場?)。だから、アメリカカジノ企業が、自国ではできないとんでもないことを日本では適用できるようにしている、という目をみはるトンデモなさだ。


アメリカ本土でも、かつて隆盛を極めた、アトランティックシティーは凋落が激しく、トランプも当地に参入したカジノを倒産させている。


かたや、砂漠に突如出現する、人工都市・不夜城・不動のギャンブル王国・ラスベガスは、また、押しも押されもせね、ショービジネスのメッカでもある。カジノ維持にはショービジネスが不可欠なのだ。一流のコメディアン・シンガー・パフォーマンサー(サカ・デ・ソレユなどは、各演目のシアターをいくつも持ち、毎日同時上映しているし、ブルーマングループやストンプもそうだ。何年もラスベガス内で過ごす芸人がほとんどだし、有名な人でも毎年、数ヶ月は興行を打つ)が常に舞台に立っている。実は、ブロードウェー・ハリウッドで名声を、ラスベガスで巨額の報酬を得る。一体日本でそれだけのショービジネスを供給できるのか?


日本のショービジネスに、カジノを支える厚さは皆無だし、何より楽しむエネルギーが桁違いのアメリカ人、中国人に比べ、日本人は本当にあっさりしている。興奮維持の体力がない感じがする。そういう点も、日本カジノの未来の廃退を予感させる。


歌舞伎や、和太鼓パフォーマンス?どうもギャンブルと食い合わせが悪い。日本の舞台芸術・文化はカジノ盛り上げに適さないと思うし、AKB系は児童虐待にしか見えない。


食文化もそうだ。ラスベガスは、全てがショービジネスで、それはレストランもしかり、人工的な奇抜な内装に、一流シャフのバカ高い値段の経営レストランが、カジノの周囲を取り巻いている。獅子落としの音を聞きながらの静かな食事や、うなぎ一筋100年の老舗に価値を感じる日本とは対極の価値観。カジノの騒音の真っ只中で、高額ワインを開け、奇抜な演出の料理が興じられる。


大金持ち以外の人は、ビュッフェ、様々なキャラクターのビュッフェが各ホテルに用意される。フランスの街並みの中のフレンチブュッフェ、イタリアのゴンドラの行き交う中のイタリア料理ビュフェ、シーフード・中華、スイーツなんでもありで、全てがフェイク、虚構の中で、ドーパミンを全開させ、食べ飲み、熱狂する。その興奮の維持こそがラスベガスであり、ギャンブルに集約されて行く。


カジノはほとんどホテルの地下にあり、時間の感覚を忘れさせる。常にアルコールが手配され、腹が減れば、カジノを離れることなく食べ、またギャンブルに興じる。


なんでこんなことを知っているかというと、ベガスのカジノホテルの補強ビジネスは、コンファレンス誘致なのだが、Dさんはよくフォトショップコンファレンスに参加していて、そのお供で、高級ホテルにコンファレンス割引で滞在したりする。前回は、この前、銃撃の大惨事があったマンダリンベイホテルだった(ニュースを見て震え上がった)。
波のプールとプールサイドでのカクテルはよかったが、ギャンブルは体質が受け付けない。しかし、Dさんがいない間、人間観察・見物にまめに練り歩いていた。
ホテルカジノ同士は地下で繋がっている。出口の分からない密閉感、人の方向と時間、金銭感覚を狂わせる装置に感服、私には怖さしか感じない。


地方のホノボノカジノならまだいい。おじいちゃんおばあちゃん達が手を繋いで、時々楽しみに来るような。もちろん人間の欲望、楽しみの中には、こうしてグロテスクに肥大した部分があることは認めるし、それを楽しいと感じる人々もいるだろう。短期間なら、グロテスクな虚構世界を、私でも楽しめる。


しかし、こうした、ドーパミン全開の、虚飾の派手な世界観は、多くの外国人観光客が日本に求めるものと一致しないように思う。日本を好きな外国人は、自分たちの文化に疲れ、懐疑を持ち、心を浄化するような気持ちで日本をおとずれる。


あるいは、質の高いディティールの美しさ、楽しさ、美味しさ、テコレーションよりシンプリシティー、騒音より静けさ(日本人は声とか動作とかが本当に静かだ、とアメリカにいると痛感する)そうしたものを発見したくて来る。何もかも、アメリカや諸外国に右へ倣えはおろかの限りだ。日本人が考えるより日本を訪れる人の見識は高い。日本は、またしても、自国の宝を破壊へ向かわせた。


もはや、日本の伝統文化がなんなのか?”美しい国”がなんなのか?全く理屈が通らなくなっている安倍政権の、狂乱の暴走だ。


こんな奴らを次の選挙で絶対に勝たせてはならない。自党の都合でなんの理もなく、選挙制度強行採決。そのうち選挙制度にもっとあからさまに手をつけるだろう。緊急事態条項で、永遠の安倍晋三総理を目論む? もうなんの衒いなく、堂々と独裁を行う安倍政権が、次に行うのは、恐怖政治かもしれない。しかし、まだ間に合う。
怒ろう山本太郎のように!!



PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ