密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

立民・野田元首相、国葬出席へ、、、とことん足を引っ張る。

岸田さんのストレスが最高潮で、解散総選挙有り?と巷が騒ぐ中、やっと野党第一党立憲民主党が国葬拒否、欠席の意思を明確にした。遅いけれど、まあ、いい。
ところが、ここからまた、行きつ戻りつ、グダグダの立民が始まる? 野田元首相が、自分は執行役員に当たらないとして国葬出席を表明。よほど安倍さんが好きなのか?口車に乗って政権を明け渡した張本人が、党のイメージをぶち壊す行動を安部さんの得意技”言葉尻を捉えて正当化”に倣って、出席を正当化。

立憲民主党の野田佳彦元首相が安倍晋三元首相の国葬に出席することが17日、分かった。関係者が明らかにした。立民は執行役員の欠席を決めたが、最高顧問の野田氏は執行役員に当たらない。
野田氏は首相当時の2012年11月、党首討論で自民党総裁の安倍氏に衆院解散を明言。直後の衆院選に敗れたため、安倍氏が首相再登板を果たした。


安倍長期政権の助産婦。何故この人が立憲民主党に入ったのか?国民民主党に行けばその方がお似合いだ。リベラル政党であるがゆえ、個人の自由意志を尊重するのが基本であるが、首相まで務めた人間は、党の意思に反する行動をとる。こういうところが、立憲民主党が野党第一党としてのリーダーシップ、国民の不満の受け皿になりきれないところだ。この差離党勧告でもしたらいい。立憲民主党は無根拠の、民主主義無視も国葬に反対!!その姿勢であれば、解散総選挙も戦えるだろうに、、、、。


統一教会問題でヨレヨレ、国葬で恥の上塗りでも、自民党は選挙に勝てる気でいる。二階爺様の「自民党は、ビクともしない」ってやつだ。


おっさん政治に対抗して、女性が推進で戦うのはどうだろう。辻本党首に、蓮舫代表代行、西村ちなみ幹事長 野党連携は、福島瑞穂社民党、田村智子共産党、大石あきこれいわ新撰組で、連携会議をして選挙を推進する。大石議員もおっさん相手で頭に血がのぼることもなく、いい話し合いができるだろう。


男性陣は一歩下がって、下から支える。パワハラ的圧力は禁止。


そもそも、こちらの諸悪の根源、連合の芳野友子会長が出席、に蓮舫議員が批判したという。《『組合員の視点に立った運動を展開するとともに、全ての勤労者・市民に共感される運動をめざす』連合トップの判断。国葬よりも優先されるべきコロナ禍、物価高の労働者支援を政府に求める立場なのでは》
今こそ、こういう人物を先頭に立てて次の選挙を戦ってみるべきだ。この発言に、ネット上では、非難する声が多数あがっているという。まあ、さもありなん、物言う女が大嫌いな、弱虫マッチョは、辻本・蓮舫・福島瑞穂が大嫌いでなんでもクレーム、中には、容姿・年齢にまつわる差別的侮辱。口汚いものも多い(まあ”おっさん”も同じようなのもか)。
《「国民に弔意を強制する事に反対」と言いつつ、国葬儀に出席する事に異議を唱えるとはね。弔意を表すなと強制する自己矛盾に気付かないのかよ》


《押し付け、強制はあかんと言いながら、他人に欠席を強制させるんですね》


《圧力ですか?「弔意を示さない事の強制」は控えるべきです》


《蓮舫さん、あなた自身がコロナ禍、物価高そっちのけで国葬反対をアピールしていることに気づいていないですね》弔意を表すなと強制する


こういうまぜっ返し理屈で買った気になるやつ小学校の時いたよね。”弔意を表すなと強制する”その矯正は、国が行うことが問題とされている。国葬問題を、個人のツイッターで発言することは問題なく、蓮舫氏に”強制”の権力はないのだ。きちんと日本語の文章を理解してほしい。
「労働組合の中央組織『連合』は、立憲民主党の最大の後ろ盾です。このツイートはそのトップに対しての苦言であって、蓮舫氏に『弔意を示さないことの強制』という意図はないように思われます。そもそも蓮舫氏が国葬に反対しているのは、弔意云々ではなく、閣議決定のみで決めたというプロセスの問題です。


 ただ、蓮舫氏はTwitterにわざわざ案内状の写真をあげて不参加を表明したので、国葬反対派の “顔” のような立場として見られるようになりました。国葬反対派は『弔意を強制するな』を合言葉にしているので、蓮舫氏が批判されるのも、致し方ないといえるかもしれません」(政治ジャーナリスト)


 蓮舫氏は9月9日、自身のTwitterに国葬の案内状の写真をアップし、《閣議決定だけで時の政権が国葬を決める、国権の最高機関たる国会を無視したこの決め方に反対です。欠席します》とツイート。


 これに対し、実業家のひろゆき氏が《人の葬式に行かない人は、黙って行かなければいいだけです。「行きません」とわざわざ言う必要はないと思います。遺族と参列者に失礼です》とツイートするなど、波紋を広げている。
Yahoo News よりhttps://news.yahoo.co.jp/articles/bf2d6122fbadbd96a4f5a65a09196dd9b78cb49b


こちらもまぜこぜに、国家権力により弔意の強制に抵抗するのであるて、たとえインフルエンサーで、その意見に強い影響力はあってもそれは強制力ではない。
ひろゆき氏という人も、わかってまともそうにまぜっ返しているが、ただの葬式じゃない、国葬で、国民の税金で賄われ、国民の生活特に都民の生活に支障をきたす、犠牲を払う事態も起こる。喜んで我慢しよう、というような人なら(中村哲さんとか)こんなに問題にはならない。国民の半数以上が、あの人ちょっとひどいよね、森加計桜誤魔化さないでほしいよね。自分の好き嫌いで税金使って優遇してるよね、という嫌な感じが一般庶民にまで染み込んでいる人物だから、反対しているのだ。近所のおじいちゃんが亡くなったのとはわけが違う。そもそも故人の葬儀は済んでいる。今の問題は民主主義のルールをどこまで屁理屈で捻じ曲げ強行できるかということだ。これは、安倍式自民党の象徴的行事であるからだ。


言葉の意味を捻じ曲げたり、拡大したり、一般化に矮小化したり、そういうの、もういいよ
蓮舫さんも辻本さんも、どんどん矢面に立って、あのドラクロアの名画「民衆を導く自由の女神」のように、うんざりしきった日本の国民を鼓舞してほしい。

戦う女性が必要だ。権力維持の仲間内の談合と妥協・密約と利権、”おじ様の皆さん”が腐らせた日本を大掃除しなくてはならない。
彼女たちの推進力を根本から支え、協力体制を取れる男性もたくさんいる。田村智子さんも社会に発言しているし、攻撃も多いだろうけれど、共産党は、揺るぎない姿勢でガッチリ支えている。ちょこっと攻撃されると党内からも批判が起こったり、抑えたり、ひどい場合は謝罪させたり、こういうことを、おっさんたち〜もといおじ様方がしているうちは、お飾りマスコットでしかない。
今回の蓮舫さんの行動をきちんとささえるのか、立憲民主党の生き残る道だ。女性議員たちが、もっと主導する力として台頭してほしい。野田さんは国民に移れ。
「民衆を導く正常化=清浄化の女神たち」の活躍を望む。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

経済・社会 人気記事 一覧 経済・社会ブログ天紹介所

立憲民主党やっと欠席表明+河瀬直美が見たカンヌの風景

立憲民主党、やっと国葬欠席表明をした。とりあえずよかった。もし最後までグズグズ決めかねて、言い訳がましいことを言っていたら、もう終わり、というところだろう。
国民は、自分たちの声を無視し、隠蔽改ざん虚偽答弁、強行採決、反社広告塔、歴史修正、教科書コントロール、辺野古基地 森・加計・桜1.5億 権力であべとも逮捕潰し、国民の税金で、認諾1億、もう色々色々、我慢に我慢を重ね、その果てが諸悪の根源の国葬だ。
こういう時こそ、国民の気持ちを代弁して、国葬欠席を掲げるべきだ。構想強行なら、当然欠席、同日企画される反対デモに出席すると、即座に公言した志位委員長はかっこよかった。業を煮やして欠席表明した辻本・蓮舫も。
政治巧者のおじさんに囲まれ、折衷案ベストの泉健太により、この際辻元清美党首にしたらいい。この際等3役全部女性、なんてすれば、イメージ一新。
岡田さんも安住さんも枝野さんもしっかり縁の下の力持ちに徹して、次期選挙に勝ちに行く。そのくらいしないと、グズグズグダグダ立憲民主党のイマージは刷新できない。
低支持率が続くなら、解散総選挙 もささやかれているのだから、そのくらい変えて、立ち向かってほしい。風は吹いているのだから、このチャンスに、自民党をメッタメタにきりきざんでほしいものだ。


ところで、1964年市川崑監督の記録映画は、その斬新な構図と前衛的アプローチ、そしてオリンピックの中で、すべての人々の顔を拾い上げる、日本国民を勇気付けるもので、内外から芸術と評価された。
2021年強行オリンピックのドキュメンタリーを手がけた河瀬直美監督の上映が不調であるという記事を見た。東スポだけど。

第75回カンヌ国際映画祭に出席した2人の映画監督の明暗が分かれている。東京五輪の公式記録映画「東京2020オリンピック」を撮った河瀬直美監督は大苦戦している一方、是枝裕和監督の「ベイビー・ブローカー」は絶好調。客足は雲泥の差だ。関係者からは「そもそもカンヌでの評判にも差があった」との声も出ている。


 河瀬監督が総監督を務めた「東京2020オリンピック」は、アスリートを中心に描いた「SIDE:A」、アスリート以外を中心に描いた「SIDE:B」の2部構成となっている。「SIDE:A」は今月3日に公開されたが、映画館は閑古鳥が鳴いている状況。興行収入も散々な結果となった。


 24日に公開された「SIDE:B」は、「SIDE:A」よりも苦戦しているという。
「まあ、最初から苦戦するのは目に見えていた。2部構成で〝『SIDE:A』は見てないけど『SIDE:B』だけ見よう〟と思う人はまずいない。どう考えても『SIDE:A』より客足が落ち込むのは当然でしょう。見に行った人は『客席に3人しかいなかった』と言っていたほど」(映画関係者)


 原因は大きく分けて3つある。1つ目は映画の内容そのものだ。同関係者が指摘する。
「『SIDE:B』は、非アスリートを中心に描くとしていた。東京五輪は1年延期になり、コロナ禍で反対運動が激化、さらには開閉会式の演出担当だった野村萬斎さんが辞めたり、テーマには事欠かないはずなのに、実際には森喜朗さんとIOCのバッハ会長の思いが中心に描かれていた。日本では大きなバッシングを浴びた2人の言い分を流した感じがして、あまり共感が得られていないのが実情」


 2つ目は劇中歌。まさかの光景が映し出されたという。
「『SIDE:A』では歌手の藤井風さんが主題歌を担当していた。『SIDE:B』も当然、同じ曲だと思われていたが、なんと最後に流れた曲は、河瀬監督自ら歌っていた。自分で作った歌らしいけど…」(前同)


 最後は公開前のひと悶着だ。昨年末にNHK―BS1スペシャル「河瀬直美が見た東京五輪」で間違った内容の字幕が流れた問題に加え、今年の4、5月には「文春オンライン」にスタッフへのパワハラ疑惑を立て続けに報じられた。 同関係者は「これらの疑惑にきちんと答えてこなかったことも印象が悪かった。映画の客足に影響したかもしれない」と指摘している。


 一方、「SIDE:B」と同じ24日に公開された是枝監督の韓国映画「ベイビー・ブローカー」は絶好調だ。公開後3日間で約1億7000万円の興収を記録した。


「国内興収ランキングでは3位だが、1位は世界的に大ヒットしている『トップガン マーヴェリック』。2位、4位はドラゴンボールとアンパンマンというアニメだから、大健闘でしょう」(宣伝会社関係者)


 今年のカンヌ国際映画祭では、河瀬監督の「東京2020オリンピック」と是枝監督の「ベイビー・ブローカー」が、「絶賛された」と報じられているが…。


「『ベイビー・ブローカー』は絶賛されたけど、『東京2020オリンピック』は途中で帰る観客も少なくなかった。『ベイビー・ブローカー』は、『大きな賞を取るのでは?』と期待されたが、キリスト教関連の団体から贈られるエキュメニカル審査員賞にとどまった。これは2018年に『万引き家族』で最高賞のパルム・ドールを受賞してから4年しかたってないことが影響したのでは、と言われている」(前同)


 河瀬監督にとっては厳しい現実を突きつけられてしまった。


本来ドキュメンタリーを製作する映画監督にとって、今回の五輪ほどの題材はそうはない切り口満載のチャンスだったはず。ただし政権礼賛し仲良しな姿勢をつらぬかねばならなかったのなら、大こけして当然だろう。


歴史に残る、感染病の災禍に強行された五輪、無理に無理を重ね無観客で開催、お弁当大量廃棄、選手村の不備、不徹底な行動ルール、開催前のスタジアムデザイン問題、エンブレム盗作問題、反対派のデモ、そのデモへの捏造印象操作(NHKおよび河瀬再度関与)
そして現在、続々と問題が発覚している、五輪誘致汚職問題と、スポンサー利権不正問題。


市川監督の芸術に匹敵する存在感のある、腐敗日本を象徴するオリンピック、その虚城が崩れる安倍銃撃、すごい映画が作れただろう。もし河瀬監督が、昭恵さんとのお友達関係に溺れていなければ、だ。歌ぐらいはご愛嬌だ。『あん』は本当にいい映画だったのに。


いっそ、『SIDE:C』を是枝監督でも、いやドキュメンテリーなら、森達也監督でも、想田和弘監督でも、原一男監督でも、とってもらいたい。
お友達でつまらない開会式や記録映画をやってしまう。つくづく文化水準の低い国だ。


劇的な安倍氏銃撃の後、舞台は大転換、壮大なフィナーレに結びつくか?それは、国民の声と、国民の一票。それを受け止める野党の共闘。検察の覚悟と、メディアの矜持だ。



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

経済・社会 人気記事 一覧 経済・社会ブログ天紹介所

反省、、只のクレーマーのようにコメント連打してしまった。

いつも楽しく視聴している、”哲学系じゅんちゃん” アメリカ政治について教えてくれる、
”アメリカ政治”さんゲストというので拝聴していていたのだが、ついコメントして、それが止まらなくなって、異様に連打してしまった。通常意見が違おうと、非道暴言や悪言を聞こうと、嫌なら切ればいいんで、コメントはしないのだが、ホストのじゅんちゃんが、以外にも、アメリカ政治ひどい、日本の方がマシ的な反応を聞いていると、とても、Upset(というのが、翻訳サイトでは動揺とでるが、心配不安ストレス?胃痛のことをUpset stomach というが、これがUpset)理解の修正補足などという思い上がった余計な試みをしてしまい、ただ自己嫌悪をに陥った。それでも、アメリカにもいいところがあるんだよ〜ブロガーとしては、伝えたいこともあるのだ。

【前代未聞】今トランプが捜査されている理由がとんでもない〜アメリカ政治さんとライブ〜


”じゅんちゃん”もあれだけの勉強家で、理解力・読解力、思考力に優れた青年でありながら、アメリカのこととなると、軽い?知らない?人任せ?(彼の配信は、普段から、すごく好意的に視聴てますし、勉強になっている。)
注目はトランプ、そして彼の次期選挙の影響力。解説者の”アメリカ政治”さんも政治システムのことをわかりやすくお話していて、とても知識と冷静な判断をお持ちなの方なんだろう。ただ、わかりやすく簡易的にご説明していただくと、どうしても日本に住んでいる人には、日本の認識、常識をベースに理解するので、あれ〜、、、という風に認識がずれて動いていくように思う。主に”じゅんちゃん”の受け答えからの判断した。彼が日本の視聴者の理解と反応のアベレージというのは、日本人にとってかなり高水準で好意的な見方だろうと思う。


国際政治学者、アメリカをよく知る著名人、帰国子女、様々な人たちが、特に、政治・軍事
などでコメントをするのを耳にすると、ベースの説明を丁寧にしてもらわなければ、ただ、
ヘェ〜アメリカってやっぱり力づくのバカで横暴な国なんだ〜。日本はましだね。という好ましい印象が形成される。これは日本にクラス人にとって、心地いいけれど、大切な点の見落としが生じる。


山本太郎さんがムキになって国会でまくし立てて一般的になったジャパンハンドラー、軍産複合体に支配され、兵器を売るために世界各地で戦争の火種を仕掛けうアメリカというイメージ(ウクライナも台湾もアメリカの格好の金儲けの機会と論ずる一部の左派言論人)しかるにトランプがアメリカの価値観解体のヒーローだという見方(これは反知性主義の台頭、ポストトゥルース・フェイクニュース・陰謀論に席巻される社会であり、日本ではこれに否定的な人たちまで、トランプの価値観解体、などと面白がっているのに驚かされる)昨今は、中絶の権利を保障した最高裁判決を、現最高裁が覆した自体に対し、なんて馬鹿な国なんだ!!と思う(この判決と保守的支持者に対しては、ワタクシもな・ん・て!!馬鹿な国なんだ!!と思う。)しかし、保守的と言われる州でも、この判決に不満・批判が募り、住民の反発は起きている。過半数のアメリカ人はそんなに馬鹿じゃない。
たとえ村から出たことがなっくても、若い世代は、21世紀を生きているのだよ。一応大人しく聞いたふりしていても、おじさんおばさんの理念?的たわごとより目の前の現実の方が大きい。この判決は中間選挙に大きく影響を及ぼすと言われている。
悲願達成・好事魔多し共和党。


昔、何かの逸話で、盲目の僧たちが象について話すと、ニョロニョロ蛇のような生き物、大きな丸太のような生き物、ザラザラした表面を持つ山のような生き物、薄くてヒラヒラした生き物、固く尖った生き物、と様々な意見を語り、誰も相手の意見を受け入れようとしない。当たり前だ、みんな自分の経験を語っているのだ。アメリカについても、語る人たちは、私も含め、同じようなものだろう。
日本にいた時から、家父長制大嫌い・男尊女卑を憎む・内心の自由個人の尊厳が一番大事という性格を、抑えてなんとか日本の生活を営み、アメリカへ。現在、ワタクシの触っている部分のアメリカ、幸運にもNY在住のリベラル読書中毒の民主党支持者の夫を持ち、周りはアーチストが多いので、皆民主党支持、夫の故郷のSt peteはフロリダ州の中でも、めずらしくリベラルな街、LAに住む従姉妹も強烈な民主党支持という、空気の美味しいアメリカにタッチしている。 かなり青い色眼鏡をかけている。


経験に知識が加わった人・学者さんなどは、より包括的な見解があるだろうし、アメリカに住んでいる人であれば、その国の市民感覚というものも備わっているだろう。アメリカで勉強した人は、誰からどこで知識、治験を得たかで、だいぶ違う。
政治留学の議員さんなどは、留学先、寄宿先、受け入れ先が共和党サイドであるように、感じる。もちろん自民党政治は共和党政治のコピーであるのでさもありなんだし、党や政府がおかなを出しているなら、それに役立つ人間関係づくりこそが重要だろう。


こうした様々なアメリカを日本に伝える人がいて、その人たちの見解を、また自分のものとして考え伝える人がいる。


全く間違っていないだろうけれど、どこか見失っていて、そういう日本は、アメリカだけではなく、その他の国々についても、生半可な我田引水に陥りがちだ。耳障りのいい政府の跳躍外交にコロッと騙され誘導される原因もそこにある。政府も意図しているかというと自分たちも信じて、見たいところしか見ていないので、という部分もある。安倍国葬弔問外交計画を見れば言わずもがな。


敗戦時の恨みと、民主主義への憧れと自由の享受、戦後は、テレビ・冷蔵庫・スパム・チョコレートにくわえタバコのGIに憧れも持った日本の庶民。今や経済大国で、食文化とアニメは世界一の自負もある日本が、未だ国際音痴なのは、その他国への理解の軽さ、自国の民主主義への思いの軽さによるものだ。アメリカだって、今のアメリカになるまで、日本では信じられない価値転換、意識・社会革命を何度も成し遂げてきた。血も流れ、道の半ばで倒れた人々もいる。それでも、日本に鼻で笑われる、トンデモナイ国で、「政治体制、司法、民衆意識はいきずまってますね」「日本の方がまだいい」と簡単に批評されてしまうのか、と思うと悲しい。
むしろ、そんな素晴らしい日本なら、相手を見下げて、まだマシ意識で満足するより、もっとよく調べて、歴史とその過程の努力と実績を見て、学ぶことが先ではないか?


民主主義国として同等にいうが、彼らは1787年(一応憲法制定から)から、自由民主主義国家を目指し、奴隷解放(奴隷を買って所有していた人たちからしたらトンデモナイ暴挙だし、経済的損失)その有色人種および女性の人権・平等(同じ食堂に入るとか、バスに乗るとかから、様々な制度、)を法で定め、参政権を勝ち取り、その後も、住居問題など、経済的、生理的トラブルの少しづつの改善を今も、続けている。もちろんLGBTに対する差別、未だ心理的差別が根本にある警察との摩擦BLM運動、マウンティング志向の男性が存在する以上根絶は難しいMeToo運動、格差社会、移民政策、すべて現在進行形だ。ここで間違えて欲しくないのは、アメリカは何一つ、諦めていないということだ。また民主主義は暇ない努力の積み重ねで、これでいい、努力をやめたらたちまち後退してしまうと思い続けていることだ。その例が、堕胎禁止判例だ。 


一応の結論など欲していない、みんなそれぞれ、諦めないでより良い未来に向かおうとしているのを、一括りにアメリカは制度的に無理、みたいに結論づけて、考えるのをやめにしまうのは間違いだ(まあ日本の人たちにとっては他人事ですが)でも、そう思って、終わりにする日本の”旬”の考え方が、前首相の私物化、法の捻じ曲げを、もういいでしょうという声で、曖昧に流してしまった結果、この国のモラルハザードが大変なことになっている。
オリンピック問題で検察が動いて、少しあるべき姿を取り戻しつつあるが、国葬は、何の根拠も話し合いもなく、時間切れで押し切ればいいとばかりだ。政府が安倍政権から継続したいる開き直りを押し通している。


トランプが目に見えてアウトなのに逮捕されないなんて、、日本ではあり得ない、とじゅんちゃんはいうが、本当に? そう思うのは、長い間すぎる、司法・メディアコントロールの何をしても無駄という社会的諦観から、安倍ショックで検察が動き出したことへの、反動的評価。もう忘れてしまったが、本来、こういうの法治国家、三権分立国家では普通だから。


アメリカの、検察・司法はまだ腐っていない。共和党・保守派支配が揺るがないところもあるが、良い判決を行なっている地方裁判所はある。その結果、トランプは脅しといやがらせ、暴力を暗に煽り立てて脅しても、選挙結果を覆せなかったのだ。司法長官だけでなく、共和党の多くの人も、遵法精神に則り、家族の安全の不安と戦いながら、開票を行なったし、自分の義務を果たすべく、公聴会で証言した。その姿は感動的でさへあった。
人間の善的意志の力を信じられる、公聴会で、多くの人がそう感じ、それこそがアメリカ人の原動力でもあると気持ちを新たにした。毎日ではなくても。大統領選は4年に一度そうした自分の信ずべきものを発露する機会(トランプな人々もそれは同じだ)なのだ。
ただその発露が、フェイクや陰謀論で誘導されると、議事堂に暴力的発露を行なってしまうという結果に至った。そしてそこには、ある意図を持つ誘導が働いている、それを法のもとで、明らかにしている。彼らが信じ崇拝巣しているのは、詐欺師であるからだ。


今も、トランプは着々と、あらゆる方向から、別の捜査(FBI CIA NY地検(税金)選挙不正ジョージア地検ほか。フロリダ州マール・ア・ラーゴ捜査の件および機密文書管理などの連邦法案件・周囲の汚職・ロシアンゲート、そして議事堂襲撃事件の公聴会)が進んでいる。旬の話題を提供し、毎日同じ事件を微に入りしを穿ち報道し、国民葬評論家になってなんぼの日本と違って、庶民が忘れても、追求者は、コツコツと確実に、仕事をし、ある日結果が目の前に提示される。それまで誰も確かなことは発言ない、浅はかな戦略かつ、注目を集めないと死ぬ病のトランプを除いては。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

経済・社会 人気記事 一覧 経済・社会ブログ天紹介所