密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

トランプ受難の始まり。ネクスト・トランプは小型プーチン

最近、捜査と証拠の包囲網の準備が整ったのか、トランプには受難の始まりのようだ。

(CNN) 米ニューヨーク州の司法当局は21日、ドナルド・トランプ前大統領とその子ども3人、および一族の経営するトランプ・オーガニゼーションが10年以上にわたり、自らの私腹を肥やすことを目的とした金融詐欺にかかわったとして提訴した。
ニューヨーク州のレティシア・ジェームズ司法長官(民主党)は訴状の中で、不正は不動産やゴルフコースを含めたトランプビジネスの全側面に及ぶと主張。トランプ・オーガニゼーションは不正な評価書を使って自らの不動産価格をつり上げ、金融機関や保険会社、税務当局を欺いたと訴えている。
ジェームズ司法長官は記者会見で、「こうした行為を合理的な判断ミスとして片づけることはできない」と強調。「財務諸表は大幅に誇張され、著しく水増しされており、客観的な偽りだった。従って詐欺的かつ不法だった」「トランプ氏とトランプ・オーガニゼーション、および同氏の一族の責任を問わなければならない」と力説した。

米ニューヨーク州司法当局がトランプ氏と子ども3人、トランプ・オーガニゼーションを提訴/TIMOTHY A. CLARY/AFP/Getty Images


被告にはトランプ前大統領とドナルド・トランプ・ジュニア氏、エリック・トランプ氏、イバンカ・トランプ氏のほか、トランプ・オーガニゼーションの最高財務責任者(CFO)だったアレン・ワイゼルバーグ氏、役員を長年務めたジェフ・マコーニー氏が名を連ねている。
ジェームズ司法長官は、州法や刑法に違反していた可能性もあると述べ、ニューヨーク州南部地区米連邦検察や内国歳入庁(IRS)にも通知したことを明らかにした。
米連邦検察はコメントを避けている。


訴訟では、不正に得たとされる2億5000万ドル(約360億円)を返済し、トランプ前大統領と3人の子どもがニューヨーク州で登記された企業の役員となることを恒久的に禁止するよう求めている。さらに、トランプ・オーガニゼーションの事業認可取り消しも求めており、もし認められれば実質的に同社はニューヨーク州での営業ができなくなる。
トランプ前大統領は以前、ジェームズ司法長官を「裏切り者検事」と形容し、「報復目当てで自分のために法的探りを入れている」と非難していた。トランプ・オーガニゼーションも「事実無根」だとして一切の不正を否定していた。
21日の発表を受けてトランプ氏側の弁護士はCNNに声明を寄せ、「本日の提訴が照準を合わせているのは事実でも法でもない。照準は司法長官の政治目標を前進させることのみにある。司法長官事務所は法的権限を逸脱し、一切の不正が行われていなかった取引を詮索(せんさく)している」と訴えた。


そして機密書類持ち出しの操作を、自分が任命した判事によって、遅らせる判決を受け、一息ついていたトランプだが、そうは問屋が卸さない。高位の裁判所が刑事捜査再開を認めた。

(CNN) 米連邦控訴裁判所は21日、南部フロリダ州にあるトランプ前大統領の邸宅「マール・ア・ラーゴ」から押収された機密指定のマークのある文書について、司法省が内容の確認作業を進めることを認めた。
地裁判事が先ごろ出した決定では、連邦捜査官によるこうした文書への作業が差し止められていた。今回の判断はこれを覆した。
第11巡回区連邦控訴裁判所の3人の判事は「機密記録の保管が『国家安全保障に対する極めて重大な損害』を引き起こしていないことを確認することに、公衆が強い利益を有していることは自明だ」と述べた。
さらに「その確認作業には必然的に文書の検証、それらにアクセスした人物や時期の確定、(もし存在するとすれば)どのようなソースや方法が漏れたかの決定が含まれる」と確認した。
押収文書を中立な立場から確認する「特別補佐官(スペシャル・マスター)」が行う記録約100点の一部セットの検証は中断されているが、今後は残りの押収資料の検証作業が進められることになる。こうした検証はトランプ氏の所有物や所有を主張できる記録が捜査官に利用されていないかを確認するために行われている。


徹底して偏りのない捜査、グレーなら被告人の利益に、ということを利用して、広大なグレーゾーンに居座り続けるトランプだが大統領になってしまったことで、彼は自分のグレーな人生のツケを払うことに。その他にも、レイプの裁判も進行しているらしい。


中間選挙を前に、選挙に影響を与えるとして、操作の中止などを訴えるも、今は議員でさえない”市民トランプ”


日本ではトランプの共和党支配、以前力を持つなどと伝えられるが、実は、共和党内でも
トランプ離れというか、やんわり距離を取る改選議員も増えている。
もちろん未だトランプな人はとってもトランプなのだが、かつてのトランプな人々が、彼のために、議事堂を襲い、自分の人生を大きく毀損し、トランプは彼らに御社も与えず、裁判費用や弁護士もつけてはくれない事実、をしっかり考えるべきだ。


ポスト・トランプを狙う、フロリダ州知事ディサントスは最近テキサスにいるベネズエラ移民50人を、全くの説明も合意もなく、マサチューセッツ州のリゾートアイランドに移送し、その費用を負担したと公表。
この行為は、「マサチューセッツ州、ニューヨーク州、カリフォルニア州などの州は、不法移民を奨励することで、米国に招待したこれらの個人のケアをより容易にするだろう」と述べ得意になっている。トランプな人たちにはウケる行為だろうが、『フロリダ州知事は、牛のように、移民の家族を飛行機で送り、女性や子供たちをどこへ行くのか知らされず、地元の役人や人々に警告せずに送るという秘密の計画を立てています。それは信じられないほど非人道的で堕落した行為です。』と非難されている。


このディサントスは危険な人物で、それこそ、アメリカのプーチンに成りかねない、差別偏見の持ち主で、独裁者気質だ。ただ自分を追い越されるのが嫌いなトランプが彼を標的にして共倒れになるといいなぁ、と思っている。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

経済・社会 人気記事 一覧 経済・社会ブログ天紹介所

さすが安倍派「あんな人たちに負けるわけにいかない!!」精神健在

民主主義国家を掲げて久しい日本において、有権者を前に「あんな人たちに負けるわけにいかない!!」と開いた口が塞がらない演説を、ぶちかました政治家がかつていた。
惜しくも、”あんな人たち”に属さない人間の怒りを買い撃ち殺された、そんな彼の不屈の精神を受け継ぐべく、彼の名を冠した派閥の人々は、あんな人たちに負けるわけにいかない!!」を合言葉にのこ苦境を乗り切ろうとしているようだ。

自民党・塩谷立元文部科学相(発言録)
 改めて安倍(晋三)会長に対して心からお悔やみ申し上げる。失意の中で約2カ月半が経ったわけだが、その偉大さを感じる。一方で残念ながら、国葬へのいろんな意見がある。


 旧統一教会(世界平和統一家庭連合)の問題では、本当に我々が標的にされるような状況の中で、悲しみと、つらさ、不愉快さも含めて皆さん方が結束を乱さず、耐え忍んでいただいている。何が問題なのか、あるいは反社会的とはどういうことかをはっきり議論し、明らかにして、そういったことに対しては、(関係を)断絶しなきゃならん。被害者に対しても、救済はどうできるかを議論していくことが必要だ


国葬は、在位最長の中で、大変なご功績を残した偉大な政治家の死を悼むということで、粛々と行っていただくことを切に望んでまいりたい。(会長代理を務める安倍派の研修会のあいさつで)


塩谷立議員は、いわゆる比例復活のゾンビ議員。安倍派はこういう議員がやたらいて、統一教会を差配していた安倍さんが神的存在であったろう。


自民党最大派閥は、此の期に及んで、反社の定義を議論するという。菅さんの苦し紛れの
屁理屈はまだ生きている。この際自民党をあげて、反射の定義を明文化したらいい。
こういう発言を聞くと、本当に目先のこと、自分のことしか考えられない、およそ政治家をやっていてはいけない人間の集まりだと思う。
彼らにとって、議員の仕事は、仕事(利権)を割り振る差配業でしかない。


「この世をば、我がよとぞ思う望月の欠けたることも、無しと思へば」と呼んだ藤原道長の
優雅な全能感に等しく、「この世をば、我がよとぞ思う、森加計桜、無しと思へば」と、
ほぼ悪行を封じ込めていた安倍晋三氏、さぞ現世への執着も強かろう。その安倍晋三の亡霊に率いられたゾンビ議員の群れ、なんてゾッとしない。この際ゾンビたちとともに成仏してほしい。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

経済・社会 人気記事 一覧 経済・社会ブログ天紹介所

ぬるい、”Next キャビネット”

立憲民主党が、国葬欠席表明をしてすぐ、元首相の野田氏が出席表明。
「元首相が元首相の葬儀に出ないというのは、私の人生観から外れる。『長い間ご苦労さまでした』と花を手向けてお別れをしたい」
こういう、どうでも良い”個人のお気持ち”を、折角だした党の方針と今後の評価につながる局面で出してくるか? のうのうと”私の人生観”を持ち出してぶち壊す。このぬるい頓珍漢さが、今まで国民の失望を招き、グダグダグズグズ立憲民主党を作ってきた。
党執行役員でないという理由で、欠席の拘束を受けないというが、首相にまでなった人物が平気で等の方針に背くことの影響を深刻に考え自粛すべきだろう。

その上で、野田氏は、国葬を実施するとの岸田文雄首相の判断に「拙速で、独善的に決めてしまった」と述べ、国会の関与がなく政府の説明が不十分と批判。安倍氏への評価は今後、冷静に検証していくべきだと指摘した、というのだから空いた口が塞がらない。


そんな未だに残念な立憲民主党が「次の内閣(ネクストキャビネット、NC)」を設置を発表した。



立憲民主党が、泉健太代表を首相に見立てた「次の内閣(ネクストキャビネット、NC)」を設置した。要となるネクスト官房長官に就いた長妻昭政調会長に、設置の狙いや低迷する党勢の回復にどうつなげるかを尋ねた。(聞き手・我那覇圭)
 ―最も訴えたいことは。
 「『政権を任せても大丈夫だ』と思ってもらえるように、NC(設置)を信頼醸成の第一歩にしたい。今すぐに政権を取れるほど期待が高まっているわけではないと理解しているが、準備をしなければ『万年野党』のままだ」
 ―どんな工夫をしたか。
 「党規約を改正し、NC
を政策の最高意思決定機関に位置付けた。『閣議』も毎週開き、『閣僚』13人には一段と重要な責任と当事者意識を持ってもらう。国会審議でも政府側の閣僚に論戦を挑み、どちらが真の閣僚としてふさわしいか見てほしい」
―NC設置は立民の源流となる旧民進党以来、5年ぶりだ。
 「旧民主党の下野から数えれば10年がたち、緊張感が薄れている側面はあった。『すべての人に居場所と出番のある政治』『まっとうな政治』というわれわれの政治理念を高く掲げて内閣を倒し、国民のために戦う内閣を新たにつくりたい」
 ―立民は15日で結党から2年となったが、政党支持率は低いままだ。
 「まずは国会で何をするかが大事だ。質疑を通じて、まだ明らかになっていない政府の問題点を指摘した上で、解決策を提案していく。初めから行儀よく提案しても政府・与党は聞かない。『立民は好きになれないが、やっていることは良いね』と受け止めてもらえればありがたい。各議員の地元での政治活動にも力を注ぎ、飛躍につなげたい」



昨今の国体ヒヤリングでも毎回毎回官僚に、あなたたちを責めてるわけではないんですよ〜と前置きをして始めるの、イラつく。官僚諸君だって、出世と公務員倫理の狭間で、腹をくくってやっているのだろうし、もしかしたら内心で政治家、特に野党なんかバカにしてるかもしれないし、全員が赤木俊夫さんではないんだ。まあ立民の皆さんがが、世論と解釈した合同ヒヤリングへのバッシングを、本当に素直に受け止め、合同ヒヤリングをやめてしまったし、その他の世論を受け、国体ヒヤリングとして復活しても、官僚の皆さんに”圧迫面接は”もうしません、言葉に十分気をつけますという誓いを言い続ける。
表現の不自由展もガソリン缶持参の脅しに、3日で中止、その後、その弱腰の姿勢を改め、覚悟を決め再開、このように対応してこそ、世論はついてくる。票が欲しいから、揉手でお願い。そんなんで『立民は好きになれないが、やっていることは良いね』なんて思ってもらえない。バイデンは”トランプな人たち”に、自分や政権を、好きになってね、などと無駄ことにエネルギーを割かない。ただ、淡々と国民平等にその命と生活は守る努力をするだけだ。自分のすべきことを媚びずにやる。もちろん説明は尽くすが、ご機嫌とりはしない。


ネクスト内閣?このメンバーを見て、おお、すごい、日本は変わるぞ!!などと思う人はいるのだろうか?


ネクスト首相とか、ごっこ感半端ない。NCとか、ずれてない?


ネクスト首相泉健太VS河野太郎
ネクスト官房長官長妻昭VS石破茂or菅義偉〜中略〜
ネクスト経産相田嶋要VS西村康稔(現役)
ネクスト環境相近藤昭一VS小泉進次郎
とか、誰?知名度弱い、そしてやっ頼りない感ある(まあ長妻さんはいいが)。


ど素人のイメージする、ネクスト野党連合。もちろん連合政権
ネクスト首相 辻元清美
ネクスト官房長官 蓮舫
ネクスト内閣担当相 田村智子 
ネクスト総務相 福島瑞穂
ネクスト法相 枝野幸男or米山隆一
ネクスト外務・安全保障 志位和夫
ネクスト財務金融相 階猛
ネクスト文部科学相 前川喜平
ネクスト厚生労働相 長妻昭 or 小池晃
ネクスト農林水産相 倉林明子
ネクスト経産相 森ゆうこ
ネクスト国交、復興相 山本太郎
ネクスト環境相 福山哲郎 
わ〜キラキラだ。
メディアに名前だ出ている人しか知らないので(かつ共産党ファンなので)、きっともっと専門性の高い優秀な議員もいるだろう。やっぱり立憲民主党内だけで、大臣を決めると、インパクトに欠ける。まあ政治はインパクトで考えてはいけないんだろうけど、自民党よりいいかも!!という、インパクトを出すには、立民内の勢力バランスで決めていくとちっちゃい自民党みたいで、見ている方もつまらない。
経産相ができる女性いないかな〜と考えて、グイグイいける感じの人、森さんがこの分野に強いかはわからないが、ガンガン勉強してグイグイいけそうと思った。田中真紀子さんとか、ぐいぐいいける人。で、机の下でお金のやりとりしない人。
女性6人、過半数に届かず。ネクスト法相あたり適任な女性議員がいるかも。ネクスト厚生労働相も阿部知子さんもいいかも。って、すごく偉くなった気分、フィクサー妄想。 


とはいえ、立民もかつて与党だった時の気持ちCome Back!!「旧民主党の下野から数えれば10年がたち、緊張感が薄れている側面はあった。『すべての人に居場所と出番のある政治』『まっとうな政治』というわれわれの政治理念を高く掲げて内閣を倒し、国民のために戦う内閣を新たにつくりたい」
一緒に戦うぞ!!という盛り上がりに欠けるメンバーだ。枝野さんなら戦闘モード出るんだけど、、。、立民内だけで評価なのか?
質疑を通じて、まだ明らかになっていない政府の問題点を指摘した上で、解決策を提案していく。初めから行儀よく提案しても政府・与党は聞かない。『立民は好きになれないが、やっていることは良いね』と受け止めてもらえればありがたい


解決策の提案、とか寄り添い型野党とか。今国民は国葬は法的根拠がないのでバシッと欠席、という態度を評価している。熟考の上、いろいろ欠席の正当性を挙げ、その上で慎重に欠席、というのは、公平性だの内心の自由だの論理性だの、自民党が鼻から無視し続けていることに、こだわり、ブーメラン回避のつもりなのか。それより連合と国民世論の両天秤、与党の顔色伺いに見える。
やってることが良ければ好きになるさ。なんで自分たちは嫌われるよね、前提を取るのか、そういう、うじうじしているところが、リーダーシップを求めている国民にとって、イラつく原因だ。


枝野さんは責任取って辞めたのに、泉さんは辞めないんだ。どんどん内向きになっている。
蓮舫さんの、芳野会長国葬出席批判、いいと思う。そういうアピールを党のカラーにして、切れ味よく、共産・社民・れいわと歩調を合わせ、国民の方を向いている政党であると宣言すればいい。今は、与党と連合の顔色を見ながら、『すべての人に居場所と出番のある政治』『まっとうな政治』させてね、、といういっても、何にも響かない。


立民、頑張って欲しいのよ。本当は共産党がもっともっと伸びて欲しいけど、戦中の共産主義者に対する排斥と偏見の植え付け、その後の、冷戦時代のアメリカの恐・共産主義プロパガンダ(今でも市民権のテストで、冷戦時代の何と戦っていたか?答え共産主義という設問がある。まだ、恐・共産主義 健在なんだ。)


ベンシャーンのこの絵 何度見てもすごい。大好き。

荒れ狂った、恐・共産主義プロパガンダとその犠牲者に寄せた絵。
なぜ共産主義者は怖いの?と聞かれたも大した答えが返ってこないのに、根強く人々の心に
インプットされている。だから、志位首相はむりだろうと、思うけれど、連立政権で共産党の議員が閣内に入れば随分空気抜けが良くなるだろうと思うし、山本太郎ファンの人は、彼が閣内で暴れるところが見たい(いつか、総理になって欲しいんだろうけど)だろう。
まさに日本をぶっ壊した功績で国葬、騙して、搾取して、そういうものだと大人しく言うことを聞く国民をこのまま維持するための国葬だ。しかし日本国民はそれを良しとしない。
だから国葬反対を叫ぶ声だ、日増しに大きくなっている。おとなしい国民性だから、怒りの暴力の発露はないとしても、他国ならそういうことが起こるレベルの政府の腐敗だ。
もう、エネルギーの枯渇した、かつての与党の、やりくりだけでは、政権交代は起こらないし、本当にめちゃくちゃにされた日本は立て直せない。真剣に、共産・社民・れいわと、選挙協力だけでなく、連立政権構想をかんがえるべきだ。
立憲野党連立政権の、ネクスト・キャビネットなら、きっと国民もワクワクする。

PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

経済・社会 人気記事 一覧 経済・社会ブログ天紹介所