密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

「歴史は繰り返すかもしれない」中国の肖千駐豪大使

異次元軍拡をごり押ししている岸田政権。敗戦が悔しい戦争を知らない子供たちが、戦争を夢見て、失われたニッポン魂を取り戻そうと躍起だ。ロシアのウクライナ侵略を利用して国民を脅し、全く意味不明の先制攻撃容認をお馴染みの字面を変えて作戦で、反撃能力などとのたまい、お得意の閣議決定で、もう決まったことというイメージを流布定着を図る。先んじて財源論を全面に出している。財源論より、憲法違反の議論が先。


勇ましいイメージが好きで、しかし臆病で、柳を幽霊に見えてしまう、平和日本の国民。
こうもあまちゃんバカの右翼政治家たちの口車に乗るとは、いささかガッカリした。


どれだけのウクライナ女性や子供たちが国外に脱出しているのか?命からがら辛い逃亡を強いられていたが、それでも地続きで逃げられた。他国にいる親類縁者を頼って逃げる家族も多い。日本の人々はどうやってどこは逃げる?他国に縁者のいる人がどれだけいる?
全てを失う、それでも命を守るため逃げなくてはならない。勇ましく諦めないウクライナの男性諸氏をお手本に、逃げ場がないけど戦うぞ!!一億総玉砕だ!!などというのは、想像力の中だけで成り立つ姿だ。上級市民のみ海外に非難が可能。他は狭い国土を逃げ惑い、いやその前に、放射能汚染が各地に広がる。”敵国”の方が人道的落としどころを考えて行動するだろう。人権意識後進国のマッチョ日本政府は、そういう想像力さえ働かない。
彼らが判断の甘さに気づいた頃は、もう遅い。アメリカが出張って手打ちをしてくれるまでやられ続ける。日本はスタミナがない。いくら予算を増やして武器兵器を集めようと、兵士という人的資源もなく、兵站という原資もない。
そもそも、この軍拡・反撃必要世論の発端は、ウクライナのアメリカが派兵しない、という事実を早のみこみして、”アメリカは守ってくれない!!パニック”によるものだ。
アメリカは戦争をし続け、そのマイナスも身にしみているし、また自分たちが動くことの意味をある程度理解している、MAGA以外の人々は。だから、筋の通らないことはしないし、できない。
安倍さんが望むように、アメリカをバックに勇ましく先陣を切る日本、のような行動は、アメリカは望まない。そんなに表層的なことではない。結局最後は多少であれ、煽りを食うからだ。


そもそも、反撃されそうだからと、主観的根拠をもとに、他国の領土に攻撃を加えれば、これは先制攻撃だ。宣戦布告だ。こういうことこそ、アメリカのお伺いをたてるならいいが、いきなり突出して、”やっちゃえ日本!!”のようなことをする要素がある。一番危ない安倍さんはもういないが、それでも、忖度でアメリカの意向を見誤る可能性は未だ大いにある。


今日CNNにこんな記事が上がった。

シドニー(CNN) 中国の肖千駐オーストラリア大使は10日、旧日本軍が第2次世界大戦中にオーストラリアを攻撃したことに触れ、日本は同じ行為を繰り返す可能性があるとして、対日関係には慎重になるべきだと主張した。
肖氏は首都キャンベラにある中国大使館での記者会見で、「我々が歴史を忘れれば歴史は繰り返すかもしれない」と言及。「第2次大戦中、日本は豪州を侵略してダーウィンを爆撃し、オーストラリア人を殺害し、オーストラリアの捕虜を人道的に受け入れがたい方法で扱った」と述べた。
肖氏はまた、日本はオーストラリアへの大戦中の行動について謝罪していないとの誤った主張を展開。そのために同じ行為を繰り返す可能性があるとした。


肖氏の発言は、日本の山上信吾駐豪大使の発言について記者に問われた際のもの。
山上氏は10日のオーストラリア紙に掲載されたインタビューで、オーストラリアと日本は対中関係には慎重であるべきだと述べ、理由として、政策や戦略に関する中国の基本姿勢に変化が見られないことを挙げた。
CNNは山上氏の事務所にコメントを求めているものの、返答は得られていない。オーストラリアの公共放送ABCは、肖氏の発言に「困惑している」との山上氏の言葉を伝えた。


日本が中国を仮想敵国化しているのは見え見えで、その日本が大軍拡、恣意的判断で先制攻撃可能な国の方向性づくりに余念がない昨今の風潮を見れば、かつての侵略国の姿を思い出すのも無理はない。もちろん戦後賠償は一応決着しているので、肖千大使の発言は、いささか煽りを含んでいる。それでも、まず口火を切ったのは、日本の山上駐豪大使であるらしい。

日本の駐豪大使による暴言、中国大使館が反論


発信時間:2021-08-31 15:50:43
 日本の山上信吾駐オーストラリア大使は29日、豪スカイニュースの司会者であるスミス氏のインタビューを受けた際に、再び気炎を吐いた。中国との関係の問題について言及した際に、豪州は「孤軍奮闘ではない」と述べた。

 山上氏は最近、対中問題について異常に熱心な姿勢を示しており、多くの外交の場で「豪州は中国との関係処理を非常によくやっている」と称賛し、かつ頻繁に豪メディアのインタビューに応じている。豪ABCによると、山上氏は7月下旬に公の場で、中国からの経済的な圧力に対処する豪州の行動に「賛意」を表した。山上氏は何度も多くの場で、「豪州は孤軍奮闘ではない、日本と豪州は共に立つ」という決まり文句を口にしている。豪紙「ブリスベン・タイムズ」のインタビューでは、中国企業のダーウィン港の賃貸問題について仲違いを唆し、「日本の佐世保や横須賀港で同じようなことが起きるとは想像できない」と述べた。


 山上氏の度重なる暴言について、駐オーストラリア中国大使館は先月公式サイトに「駐オーストラリア中国大使館報道官の発言」と題した声明を発表し、「日本の駐オーストラリア大使は中国について気炎を吐いた。この人物は先ほどキャンベラでの外交活動において、日本軍国主義が第二次大戦中に犯した深刻な罪を公然と美化し、当然ながら中国大使からその場で厳しく非難された。彼は中国大使を宴会に招待したが、言わずと知れた理由により婉曲的に断られた」と明確に指摘した。また「中国の経済規模は2010年に日本を抜いた。しかし今日も一部の帝国の夢を持つ日本人が歴史と現実を直視できていない。ところが歴史の発展がこれらの人物の意志によって変わることはない」とした。


 ABCは今月、中国側の態度について「駐オーストラリア中国大使館は日本の大使による悪辣な発言を非難した」と報じた。スミス氏はインタビュー中に本件について山上氏に質問したが、後者は過激な発言をしたことを否定し、本件に関する議論を続けないと弁解した。


中国メディアサイドはこう記しているもし山上大使が、肖氏の発言に「困惑している」というのなら、彼は外交官としての資質に欠ける。この発言は、2021年8月、まだ安倍さん健在で、こういう経路の発言は日本政府内で受けが良かっただろう。中国メディアの悪意ある解釈というより、官邸の顔色を伺った大使のウケ狙い発言、そして公に糾弾され、とぼけた、という方が、納得できる。



日本与党政治家・閣僚たちは自分たちの思い込みだけで、過剰な発言をよく考えもせず行いがちだ。何しろ、安倍政権以来、国の中枢には暴言・迷言・嘘・言い逃れがあふれていてきた。さらに最悪なのはそれらの発言に事実を沿わせようと改ざん・忖度が横行しているということだ。そういうことは、メディアの力の弱い、素直で、無思考で、惑わしやすい人々の多い国内では通用するかもしれないが、国際社会では絶対無理だ。


日本の戦後対応・謝罪・補償に対しては、長く納得を得られず、未だに引きずることもある。明快に国際法の元決着をしたことを蒸し返していいとは思わないが、加害側の高飛車な態度や、被害を受けた人々の気持ちを無視し、国の上層部の都合判断で押し付けた結果であれば、もちろん遺恨は残る。


そして、忘れてはならないのは、日本は残虐な加害行為を行った侵略国であり、いくら日本国内で修正しようとも、変えがたい国際的認識なのだ、ということを忘れてはいけない。
日本国内を歴史修正して、日本を再び侵略できる国、”強い”日本にしたい人たちが大勢出てきて久しいが、世界が日本を評価するとすれは、日本の素晴らしい平和国憲法の理念と、それを体現すべく努力している日本国民だろう。


内弁慶の二枚舌外交ならまだしも、最近は軍国礼賛が表面化し、そうした発言が不用心の独りよがりを極めている。暴言王麻生太郎が、国民がまるで軍拡を支持しているかのように、宣わったようだ。インターネット時代、どこの国にでも伝わる。
まさに、肖千大使のご懸念どうり、
「我々が歴史を忘れれば歴史は繰り返すかもしれない」
そしてこの懸念は日本国民こそ、しっかり持つべきだ。


(アメリカの日本市民に対する無差別大量殺戮について、アメリカにおいても歴史上最悪の戦争犯罪と認識されている。大統領が、高官が原・水爆投下地を訪れ、千鳥ヶ淵で献花をするも民主党政権においては重要な行動とされている。ただし多くのアメリカ人は、原・水爆投下の決断はやむを得なかったという認識も持っている。原爆投下を肯定する催しに際しては、多くの日系人が抗議活動を続けている。レーガン大統領時、日系人で収容所に送られた家族に、戦後補償と、謝罪を行った。)


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

経済・社会 人気記事 一覧 経済・社会ブログ天紹介所


新年生け花+米下院議長決まらず。

明けましておめでとうございます。日本の皆様は七草粥を召し上がっておられるでしょうか。年末に誤って左腕に竹刀を突き刺してしまい、これは自分ではどうにもならないレベルと判断し救急へ。さすが日本制の刃物、1時間は何の痛みも感じず、傷口も綺麗、でも時間が経つごとに、内側から盛り上がって、どれだけキツく抑えていても、火山な様相に。結局5針。左手が動かないし、かなり痛いので何もできず、アメリカに来てはじめて”おせち”をサボってしまつた。ブログも書けない。左手がないと、こんなに不便かと実感。ドクターには腕でラッキーだったね、と言われ、丈夫な皮だと褒められ?た。


今日やっと痛みが和らいだので、ブログを書いてみる。
これらは、腕を刺す前に活けた、ホリデー生け花。
クリスマス用。


お正月用。

花を生けていたのがせめてもの慰め、でもやっぱりおせちが無いと(お雑煮もつくれていないので)お正月気分はこの生け花のみ。
怪我って、本当に油断いや魔がさす、で起こるんだなぁと再確認。刃物やパワーツールを使うことが多いので、今年は特に刃物には注意せよ、という啓示と受け止めてます。


さて、アメリカの下院が困難に直面している。下院過半数を共和党が奪還し、議長は原則として共和党トップのケビン・マッカシーがなるはずなんだけれど、超極右議員たちが反発し、11回目の投票の今も、議長が決まらない。議長が決まらなければ、下院議会はひらけない。下院は予算案の先議権がある。つまり予算についての議論が停止したままになる。
こういう前例はなかったわけではないらしい。年僕戦争の前に議長が数ヶ月決まらなかったことがあったようだ。

(CNN) 3日に始まった米下院議長選は5日に11回目の投票を行ったが決着がついていない。下院を僅差(きんさ)で制した共和党では、ごく一部の議員が同党トップのマッカーシー院内総務の議長就任を阻む状況となっている。
反対する共和党議員は20人で、下院共和党の10%に満たない。保守強硬派の「ウルトラMAGA(米国を再び偉大に)」を掲げる議員連盟「フリーダム・コーカス」のメンバーの中でも半数以下だ。
こうした強硬派もその要求は一つではない。共和党のケン・バック議員(コロラド州選出)は「20人を分けて考える必要がある」と指摘する。
同氏によれば、その一部は「マッカーシー氏以外の人物に投票したい」という人々だ。過半数の獲得の上で取りこぼしが許されるのは4票だが、問題は「マッカーシー氏はありえない」と考えるグループの人数がそれよりも多いのかどうかだ。


他には規則を変えたいという議員や、政策面でこだわりを持つ議員がいる。「もし(共和党ナンバー2のスティーブ・)スカリス氏がこの3つのニーズを満たせたら、彼が前進して議長職に就ける」とバック氏は語る。
反対票を投じる議員の一人、ラルフ・ノーマン氏(サウスカロライナ州選出)は、マッカーシー氏が債務上限の引き上げより政府機関の閉鎖を優先することが譲れない一線だと主張する。これが示すのは予算審議が経済に影響を及ぼす危険な将来だ。


下院議場での争い自体が自分の求めていたものだと語る議員もいる。スコット・ペリー氏(ペンシルベニア州選出)は「我々は米国民にこのプロセスが機能していることを示している」と発言。ダン・ビショップ氏(ノースカロライナ州選出)も「これが機能している民主主義だと本当に思う。もし今のワシントンに不満なら、同じことをしていては満足できないと確信している」と語る。
マッカーシー氏は6日正午までの休会が決まった後、交渉は進んでいるが「期限」は設定していないと述べた。議長選までに意見の相違を解決すべきだったとの批判に対しては「解決しようと試みた」と答えた。
情報筋によれば、マッカーシー氏のグループと反対議員らの交渉は5日夜も続いた。大きな進展はあったものの、いくつかの点で議論が続いているという。週末には4人以上の議員がワシントンを離れることもあり、事態の行方は不透明だ。
議員の間ではしびれを切らす様子が見られ始めた。穏健派もマッカーシー氏が示す譲歩について、共和党による効果的な統治を困難にするといら立ちを隠せない。


マッカーシー氏の譲歩
マッカーシー氏は現職議長の解任採決を求められる人数を、これまで共和党の半数としていたところ、1人にまで引き下げる規則変更を提案することに同意した。以前、5人に引き下げる提案をしていたが、さらに譲歩した形だ。マッカーシー氏はこれについて「問題ない」「私は弱い議長にはならない」と強気の姿勢を示した。
マッカーシー氏はまた、強力な権限を持つ下院規則委員会に、フリーダム・コーカスからより多くの議員が参加することを認めた。同委員会は本会議にかける議案を決定する。
同氏はさらに、反対議員が優先事項に挙げるいくつかの法案を採決にかけることにも同意した。これには委員の任期制限や国境保全の計画に関する提案が含まれる。だが、こうした譲歩をしても反対議員の一部の支持を得られるだけで、他の議員が示す懸念には対応していない。


ある穏健派の共和党議員は5日、CNNの取材に、マッカーシー氏が示した多くの譲歩を快く思っていないと語った。議長の解任採決を要求できる人数を1人まで引き下げれば、債務上限や予算などの項目で統治がほとんど不可能になると懸念を示し「こうしたわずかな仲間は4票差しかない多数派の弱い議長を望んでいる。国民はこんな共和党を見たくはないだろうと懸念している」と語った。


議長が決まるまで下院のこう着状態は解けない。議長の選出には特定の人物に投票した議員の過半数の獲得が必要だ。棄権や特定の人物に投票しない「出席」の票がない場合、その票数は218となる。
共和党は222議席。マッカーシー氏が議長となるために失えるのは4票だけだ。


7回目では、民主党のハキーム・ジェフリーズが212票でトップであり、マッカーシーが201票、2021年からフロリダを代表する無名の黒人議員バイロン・ドナルドズが19票、なんとドナルド・トランプが1票。そう下院議長は下院議員の中から選ばなくてもいい。憲法に明確に下院議員であることと示されていないためそういう風に解釈されたいるらしい。
だったら、リサ・チェイニーを議長候補にし、民主党の212を彼女に、そして共和党から
8人の票を獲得すれば、彼女が議長に就任し、超党派の下院が誕生する。また極右MAGA達に大きな影響力を与えることも阻止できる。リサ・チェイニーなら大統領継承権3位にふさわしい。まあそんなことは起きないだろうが。
マッカーシーは、Weasel(イタチ、小狡く立ち回るやつ)で、トランプにも、マール・ア・ラーゴまで出かけ、KissAssで指示をお願いした、が、今回は効果なかったようだ。
とにかく、混乱する共和党内の内ゲバで、国民がうんざり氏はてるのを、まだしばらくは眺めて入られそうだ。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

経済・社会 人気記事 一覧 経済・社会ブログ天紹介所


子供じみたテキサス・フロリダ知事の嫌がらせ。カラマ・ハリス薄着の移民をプレゼントに

そもそも、こういうことを思いついて実行したのが、ネクスト・トランプ、フロリダ知事のロン・ディサントスだ。不法移民問題に悩まされる水面の国境沿いの州。だからトランプの馬鹿馬鹿しい国境の壁に歓声を送ってしまう(ほんの少ししか実現せず〜そんなことに予算を割くなら他にいい使い道があるだろうに)
そういう人たちの溜飲を下げた?のが、ロン・ディサントスフロリダ知事のくせに、テキサスのことに口を出し、移民バスを仕立て、不法移民をマサチューセッツのリゾート島に送り込んだ。その際マサチュウセッツ州とも、地元に島にも連絡もせず、いきなり送り込んだ。
”フロリダ州のロン・デサンティス知事(共和党)は、移民が「より緑の多い場所」に行けるように移動に協力すると、州内の行事で述べた。”
デサンティス知事は昨年、移民をマーサズ・ヴィンヤードに送れば、「国境は次の日にはしっかり管理される」と記者団に話していた。フロリダ州議会は今年、移民を輸送するために1200万ドル(約17億円)を計上している。
これは詭弁だ。移民の人たちは自分たちの国と帰国の近い場所のやってくる。NYなど大都市を除けば、北はスカンジナビアや東欧などからが定着し、フロリダはベトナムから、また南アメリカから、もちろん国境を接する、テキサス・アリゾナ・ニューメキシコも南アメリカからの移民がやってくる。南アメリカからの人々をいきなり酷寒の雪に閉ざされる北部アメリカに送り込むというのはどれだけひどいことか。しかも今回はわざわざこの後区間の時期を選んで、着る物も与えないまま送り込むとは。アボット知事は、自分の悪辣さを世間に知らしめて得意になっているようだ。ディサントスは「より緑の多い場所」詭弁をいうだけいやらしい。


ロン・ディサントは自分はイタリア系なので、色のついた肌の人は人間扱いする必要がないと思っている。ただ、この島とマサチューセッツ州はのも移民たちを手厚く保護して、仕事を与えたということだ。
ところが、これに味をしめた、テキサス知事アボットが、よりひどい対応で、この後区間の中、薄着の移民タッチをカラマ・ハリス副大統領の官邸前に置き去りにした。(これ以前に、2022年9月15日、アボットは、アメリカ=メキシコ国境を越えて拘束されていた主にベネズエラからの不法移民101人を乗せた2台のバスをワシントンD.C.のアメリカ海軍天文台の近くにあるカマラ・ハリス副大統領の自宅に送りつけた。9月17日、アボットはハリスの自宅にさらに50人の不法移民をバスで送りつけた)。
移民たちは、暑い地域から着の身着のまま、命からがらでやってくることも多いので、半袖のTシャツという出で立ちもある。そんな彼らが、ワシントンDCの雪の中に置き去りに、、、。しかもカラマハリスが有色人種だから、っていう、女性だから、っていう、右翼アルアル嫌がらせ?


でもご安心を。すでに対応する団体が組織され、今回も事前に情報を受けて、対応したそうだ。

(CNN) 米首都ワシントンにあるハリス副大統領の公邸前に24日夜、中南米からの移民を乗せたバスが続々と到着した。厳寒の中で降ろされた移民らを、支援団体が避難させた。
バイデン米政権の当局者によると、まず2台のバスが公邸前に止まり、乗っていた移民らが地元の避難所へ送られた。
その後、零下8度近い寒さの中でさらに数台のバスが到着。CNNの取材班は、バスから降ろされたTシャツ姿の移民らが毛布を配られ、別のバスで地元の教会へ向かう場面を目撃した。
ワシントンには今年の春から毎週、南部テキサス州から移民バスが送り込まれてきた。受け入れにあたるボランティア団体のメンバーによると、メキシコ国境で活動するNGOからの連絡でこの日の到着予定を把握し、準備を進めていたという。
バスに乗っていたのはエクアドル、キューバ、ニカラグア、ベネズエラ、ペルー、コロンビアからの移民。バスの目的地は当初ニューヨークだったが、悪天候のためワシントンに変更された。
同メンバーは「バスが来れば常に歓迎してきた。クリスマスイブでも、凍える寒さの中でもそれは変わらない」と語った。
テキサス州のアボット知事はこれまでバイデン政権の移民政策に抗議して、メキシコからの越境者をバスで移送する作戦を取ってきた。その目的地には副大統領公邸も含まれている。
ホワイトハウスの報道官はアボット氏を名指しして「氷点下のクリスマスイブにどの連邦、
地方当局とも調整せず、子どもたちを路肩に放り出した」「この政治ゲームは命を危険にさらすばかりだ」と非難した。


愛国とか言いながら実は、自分に投票する人間しか相手にしない。アメリカは移民の国だ。
イタリア系だって先に移民したアイルランド系に意地悪されたという。黒人の公民権運動、女性の参政権も、そういう人間の劣性からの争い、差別を乗り越えてきて、未だ葛藤している多民族国家だ。そんな国の中にたまる僻みや劣性を再び煽り大統領になったトランプ以来、後に続けと恥知らずが愛国者のが銃を振りかざし大声で跋扈する。しかし、そういう卑しい愚かしい態度に、人権を重視して対抗している人々がいるということが、今回のイブの出来事におけるクリスマスプレゼント、と言える。


<以下ごく個人的、怒りのつぶやき。>
ところで日本のYouTubでこのアボットの行為を賞賛し、日本も同じことをすべきだ、といっているものを見かけた。こういうク*な日本人がいるのに驚いた。日本はアメリカに比べて、移民との人種摩擦はまだ少ない(とはいえ入管の非人道的扱いと毅然のなされなさは、日本人の別な性質によるものであるとは思う。また外国人が日本で技術を学ぶためのシステムを事もあろうに日本と現地ブローカーが悪用し、詐欺まがいの金銭搾取と労働力搾取を行っているのも、無根拠の日本の他国への優越的気分が根本にあるんだろうと思う。)ただアメリカの不法移民問題とは少し違うと思う。アメリカの現状への知識も興味もないだろう奴が、こんなことを嬉しがって日本も!!などと発信するなんて、なんて恥知らずだ、とタイトルを見ただけで、相当気分が悪かった。”日本人様”でもアメリカに来ればマイノリティー(ただ、この国に来て、体が小さく、髪が黒く、顔が平板で、英語が下手くそという理由で、アジア人だという理由で、ひどい扱いを受けたことはない。日本では電車でつき飛ばされた(痴漢などというもってのほかのことも)ことはあったが、こちらで気を使って庇ってくれる見知らむ男性も多い。基本的に弱いものを庇い、そして尊重する社会文化でもある。

ただ悲しい哉、最近はトランプのチャイナウイルス発言から、アジア系への暴力が起こっている。こちらは、ハラスメントなどという生易しいものではなく殺人及び殺人未遂だ。
こういう自分のストレスの行き場を他人種にぶつけるバカ・クレージーはどこにでもいるが、もちろんほんの一部だ。日本でもこんな浮かれてバカは一握りだろうけれど。)
人種・国籍の優越なんて感じること考えることこそ馬鹿の証明だ。〜以上。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

経済・社会 人気記事 一覧 経済・社会ブログ天紹介所