密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

野党質問がややこしい?相当頭悪いよね。

安倍総理は5日都内で行われた年末エコノミスト懇親会において、「(遊説から帰国し)時差が激しく残っているなかにおいて、明日は(参院)法務委員会、2時間出て、ややこしい質問を受ける」と発言し、笑いを取ろうとしたようだ。


笑いのセンスの狂いと共に一国の首相としてのセンスの狂いが見て取れる。
ややこしいの意味は、”こみいっていて、わかりにくい。複雑で、めんどうだ。”と一般的に理解されるが、法務委員会での野党の質疑は、込み入ってもいなければ、複雑でもなく、分かり辛くもない。


野党側は、外国人技能実習生の現状と彼らの訴えを伝え、法案がこれらの実情について考察されていない事実、調査数の怠慢あるいは改ざんと呼んでいい大幅なブラフ、劣悪環境を訴えるすべを持たず失踪する技能実習生のサポート、死亡した実習生の原因調査さえ行なっていない無責任を追求し、その点をどう対処しているのか問いただしているわけで、これは、普通の心を持つ人間であれば、共感同情と共に十分理解できることだ。


それなのに、複雑、分かりづらいと断じるとは、どれだけ頭悪いんだ!!!!!


まあ、政治家としての情に欠けている安倍総理、自分と同じ立場の人以外はあんな人たちという認識の安倍総理、大日本帝国的選民思想の安倍総理にとっては、外国人実習生の惨状など、だから何?なんで騒ぐの?的な、理解の難しい事柄なのかもしれない。


心がないといえば、山下法相の表面的多弁型誤魔化し答弁も腹に据えかねる。実習生の死亡(水死、凍死!? 通常の若者に稀な症状の病死、自殺)に対する質疑にたいし、死亡事案は、個人のプライバシーに関わる家族への配慮などと、体裁のいいことを言っているが、家族は可愛い娘息子が遠い異国でどうして死んだのか絶対に調査してほしいはずだ。政府の守りたいプライバシーは雇用者側のプライバシーだ(雇用者を殴ったり、賃金を多方面で搾取したり、言葉のできない立場の弱い女性にセクハラをおこなような雇用者のプライバシーだ。実態悪辣雇用者ブラック企業として発表されたもおかしくない、いや調査で非が判明したら公表されるべきだ)政府は、そうしたことの調査を行なっていないのだ。家族の気持ちを引き合いに出すなど、恥を知れ、と言いたい。


そして、人の生命がかかった深刻な問題をややこしいと感じる安倍総理は、山下法相に答弁させた後「急にいま、有田委員がお示しになった、亡くなられた例については、私はいまここで初めてお伺いをしたわけでありまして、ですから私は答えようがない」と宣わっ
た。山下法相が長広舌を披露している間に、資料を読めばいいだろう。ベトナム青年の父母に当て対処を呼んだらいいだろう。自分が直接会っていないからコメントできないのであれば、内閣総理大臣は務まらない(陳情でも、ほとんど直接会うことなどないだろう、いやそういう考えだから、直接会う腹心の友、利益供与者以外は全て他人事ですますのだろう)


ベトナム人の友人がいる。彼女は今、母国に帰って家族や友人に会っている。家族の繋がりがとても強く、お父さんお母さんをとても尊敬し大事にする国柄だ。
有田芳生氏が、読み上げた、自殺したベトナム青年の遺書を聞いて、こxt会中継を見ていて初めて泣いた。友人がいつも楽しそうに語る本国の家族や、この国にいるとても仲のいい娘さん、誇らしく写真を飾っている息子さんのことを思い出して、日本が恥ずかしくていたためらなくなった。


韓国の友人にも、中国の友人にも、日本を恥ずかしく思いたくない。彼らは責めたりなどしない(友人関係に、国を絡める発想がないのだと思う)けれど、こういう事象があると、私自身が日本人であることを恥ずかしく思う。個々人がどれだけいい人間でも、国際的には、日本=安倍政権の所業になってしまうのだ。だからこの数々の悪法強行採決による日本破壊、間違った国粋主義による歴史修正主義が日本を跋扈しているうちは、日本国籍を離れるわけにはいかないと思う。



PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ