密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

民主党が共産党と組めない理由

岡田、長妻、枝野各氏は共産党とは政権をともに出来ないと名言。選挙協力は受け入れてもいい。細野政調会長は、共産党との選挙協力に反対し「共産党と我々が目指すものは違うと明確に言わないと、民主党の存在意義はない」と強調。枝野氏らは「安倍首相は保守ではない。急進改革で、日本が大事にしてきたものを壊そうとしている」などと批判したうえ、民主党こそが「保守本流」と自称していることのこと。


民主党の真の狙いは、安倍政権に不満のある自民投票の取り込みではないのか?つまり、極右の安倍政に対して、枝野氏自認の「保守本流」として、かつての自民党路線の継承し、政権に返り咲く。自民おこぼれ票を取り込むには,共産党は鬼門であるが、一人区選挙協力での組織票の譲渡は欲しいのと、それよって,共産党が議席を減らせば,政権を取った暁の彼らの発言権を弱くできる。排他的であった過去立場の遠慮から、自己犠牲もやむなしの共産党を、政権に関わらせず、しかし野党共闘をある程度受け入れて民主党中心の選挙協力をさせ、共産党の勢いを削ぎ、SEALsやその他の団体にも、反安倍野党はまとまった、と見せて支援させ、寝返って与党になった後(もちろん暫定政権などにするつもりもないので)、野党は結果議席へらすので、発言など無視できる。反自民の民主党員の反発も回避できる。人としてどうか?を別にすれば、まさなWinWinの妙案である。もし政権に十分な票がえられなくても、自公の票を減らせれば,反自民で票を投じた人たちの気持ちを裏切って、彼らとの連立もありだろう。政策が近いんだから、問題ない。


民主党は、戦争法案撤廃NO-見直しである。原発再稼働OK, 辺野古移設賛成ここに、消費税増10%TPP問題 派遣法、残業代0法案、教科書問題、国立競技場問題、年金社会保障問題など、安倍政権が無茶苦茶に荒らしたものを、国民サイドに取り戻すのか?たしか企業増税は反対だった(蓮舫議員が共産党とめない理由でいっていた)。彼らは,一強他弱をくずし安倍総理を退陣させれば,特に今の路線は悪くないと思っているのではないか?国会でのあの反戦争法案は、一部の議員は本気だったと思うが,首脳人は、追求の詰めも甘かった。本心反対していなかった。若手中堅の真摯さの影で、口をつぐんでポーズを作っていたのではないか?


単に疑り深い私の憶測だが、彼らの言動を見ていると、どうもそんな気がしてならない。『政治は騙し騙されるパワーゲーム。真剣に野党でまとまって安倍政権の悪法をくじき、民主主義、立憲主義 国民主権を取り戻すなど、世間知らずの永遠に与党に慣れない共産党戯言ですよ。ご心配なく賢い我々に任せておけばいいのです。一度は与党になった、野党第一党ですから。』なんて、思っていない事を切に祈る。


よろしかったら、クリックお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


教育と自衛隊体験

リテラの記事:稲田朋美自民党政調会長「でも、たとえば自衛隊に一時期、体験入学するとか、農業とか、そういう体験をすることはすごく重要だと思います」と発言。教育の一環として自衛隊の体験入学を男子・女子に限らず組み込むべきだと云う(農業とか?同じラインではないでしょう)。彼女らは戦後教育が日本を駄目にしたと言うが、敗戦後、教科書は民主主義教育ななったが,教育の現場では,体罰が行われ、部活でも根性論のしごきは普通。家庭でも”愛の鞭”と云う名の下で、両親のストレスが,暴力、暴言を呼ぶ状況が多く行われていた。明らかに軍国主義教育、理念の名残であり、自分たちの受けた有無を云わさぬ支配、暴力の連鎖であり、大戦時子供時代を過ごしたストレスーそれに引き換え、恵まれすぎている,甘やかされているという気持ちもあったのではないかと思う。最近の子供たちを見ていると,この連鎖がやっと薄まって来ていると感じる。多くの若い人たちが自発的に発言行動し、大人たちは彼らを認め彼らに学び,自らも変化しようとする行動をおこしている。


アメリカに来て感心した事は、大人の子供への接し方で、ほとんどの両親は子供に声を荒げる事がない。ぐずる,きかん気の子供に大しても、目線を同じにして,落ち着いた声で、言葉によって、話し合いをする。子供が納得するまで、決して感情的にならず、子供が感情的になっても、それは社会に通用しない、正しい態度ではないと諭す。謝ればキスをして抱きしめる。子供が泣きながら部屋に駆け込めば、時間を置いて部屋を訪ね二人の間の問題について話し合う。ノックをし、少し話していい?と聞いてから部屋に入る。時に、ママが攻防に疲れきっていたり怒っていたりする時はパパが交代,あるいはその逆もある。ただし,両親は一枚岩で決して子供の側につかない。親がカッとなって怒鳴ったり、叩いたりしてしまった場合は、子供に謝り,許しを請う。これがベイシックである。良く出来ている人も入れば、努力のいる人もいるだろうが、私のあった人たち−若いカップルも含め、全員がこの態度をとっている。日頃はくだけている(クレージーともいう)人も、子供といる時には、大人の威厳を感じる。子供の要求に妥協しない−うるさいから,可哀想だからと云う理由で、主張を変えたりしない,変えるのは子供が論理的に親を説得した時だけだ。ホームパーティーなどでも、子供はメインではないので、大人たちは自分たちの楽しみを優先,子供は我慢である。時には子供でグループを作り,庭や子供部屋で楽しむし、大人の会話に入りたければ”エクスキューズミー” ”メイ アイ トーク サムシング”と云って,注目を喚起する。それでもなかなか注目されないと、”ハロー アイ アム スピーキング イングリッシュ!!”と、ここまでくると、大人たちも苦笑いで”OK"と注目する。子供の頃から社会に受け入れられるための方法を学ぶ。


この方法は非常に実によく機能しているようだ。子供たちは論理的で,自分の主張を持っているし,それを伝えるすべを早くから構築している。「子供は口を出すな」「女はだまれ」「生意気を云うな」「子供のくせに」「女のくせに」「青二才のくせに」日本には、年齢、性別にたいしての、全く論理性のない有無を言わさぬ命令形の言葉はたくさんある。こういう言葉と,愛の鞭で鍛え上げられることが、いい教育なのだろうか?


息子さんが米海軍に就職した友人が、まず心配した事は、軍隊では最初に”自分の頭で考える”ことを放棄する教育を受けることだ。戦地で上官の命令にいちいち自分で考え吟味していたら,行動が送れ、自分自身と仲間の生死にかかわるからだ。自衛隊も軍隊だ。上記の教育としての自衛隊入隊は、自分の頭で考える事の放棄の訓練の勧めではないか。その他に,企業新人自衛隊研修ー体育会系人材確保などを政府が企業に提案を検討ということもあった。国立大学の人文科学系学部の廃止もしかり。現政権は国民の自立的思考の排除を計画している。加えて,教育の場での教師の政治的中立をもとめ、文部科学正副大臣に体育会系、対話より力の威嚇による飼育を是とする人物を据えている。教鞭をとる人たちも踏ん張り時である。子供たちに取って一番大事な事は、尊敬できる大人に出会うことだからだ。


よろしかったら、クリックお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


民主党埼玉県連党員会で、”そんな事行ってる場合か!!”

民主党埼玉県連党員会。党員サポーターから「共産党嫌だ、そんな事行ってる場合か」「みんなもう,しらけている」「前向きな提案がない」などの発言、直接岡田代表に声をぶつけている。それを受けて、岡田代表、自分の地元意見交換では,共産党と共闘,国民連動政府構想受け入れを望む声もあったが、後援会は共産党NOだったそうで、多方面の意見があるとかなんとか、逃げ口上? この意見は民主党支持の人たちの声である。


どうも,岡田代表危機感足りないんでは? 一般国民の危機感は切実だ。死ぬかもしれない自衛隊員とその家族、働いても働いても,先の見えないシングルマザー、老後の貧困に怯え、過労死ぎりぎりまで働かされる労働者、進まない原発作業、先の見えない仮説住宅暮らし、長い差別の継続に憤りながら、体を張って基地建設反対をする沖縄の人たち、世界一美しい海と貴重な生態系の破壊。ほとんどの人が身につまされる,明日は我が身なのだから。一刻も早く安倍政権を倒して、現状を立て直して欲しい。もしここで民主党が国民連合政府構想に同調する決断力、状況判断が出来ていれば、参議院の反戦争法案論戦と,国会前,全国デモの勢いのまま反安倍政権で集中いかれただろう。そうであれば、ここまで,安倍政権も好き放題にはできなかっただろう。国会開催要求無視、辺野古民意完全無視力づく工事開始、今の安倍政権は野党共闘なんか怖くないんだ。参議院選も民主がぐだぐだ言ってるうちに、バラバラになり、おそれるにたらず,オウンゴールしてくれる。民主党も維新も実は友達。一番怖い共産党、うるさい生活、社民の勢力を巧く潰してくれるんだから。自分の党の党員サポーターまで、いらいらさせ、しらけさせているくらいだから。


今重要なのは、政権を取った後の細かい政策の擦り合わせなんかじゃない。民意を盛り上げ、国民の不満,不安の確固たる受け皿になり、政権を変えられると云う希望の元に、反安倍勢力をまとめ,参議員選まで引っ張ってゆく事だ。慎重論、取らぬ狸の皮算用、必要なし。**の穴の狭い御託をならべてないで、共産党によろしくおねがいしますと頭を下げ、握手をしてこそ、野党第一党を自認できる。


よろしかったら,クリックをお願いたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村