密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

責任の所在 正義の所在・弁護士大量集団懲戒請求問題についての追記

弁護士大量集団懲戒請求について書いた記事に、猪野亨弁護士より、コメントをいただいました。コメントは公開しています。ここでも転載させていただきます。


<猪野亨氏コメント>
お読み頂き、ありがとうございます。
 この問題ですが、「軽率な浮かれ者たちには、警鐘を鳴らし、謝罪と取り下げで済ます部分が大半になる結果であればいいし」の部分ですが、これを一人5万円を払えば取り下げてやると言っているから問題だと思うのです。何人も「和解」しているというのですが、既にかなりの額になります。
 それにこれは明らかに共同不法行為です。胴元がとりまとめて一括して弁護士会に同じもの(名前だけ違う)を送ってきますからどう考えても1つの不法行為。その損害が3億になるなんてやっぱりおかしいんです。
 それに胴元は含まれていません。胴元は卑怯にも自分の身元は明かさず、この大量懲戒請求にも加わっていません。
 だから、私はこの請求には違和感があるのです。


私がいくつか勘違いをしていた点がありました。訴訟を提起されているお二人の弁護士に一人5万円を”示談金”とは理解していなかった。
損害賠償請求金額が5万円と勘違いしていました(確かに、裁判をするなら、安すぎますよね)示談しなければ提訴して、30万から200万くらいの賠償金額求めることになるだろう、と記者会見で言っておられた。
だから、”謝罪と取り下げで済ます部分が大半になる結果であればいい”というのは、厳重注意にとどめてくれればいいという意味で書いたのですが、誤りでした。
弁護士から5万円払わなければ訴える、と言われれば、払っちゃいますよね。動機が正義?とはいえ、確かに違和感はあります。


そして、もっと驚いたのが、この集団懲戒請求に請求を煽り、というか指導した、余命ブログの胴元は、自分では懲戒請求を出していなかったということです。提訴されている2弁護士は、胴元の刑事責任を追及したい、としています。どちらかというと、それだけでいいような気がしますが。それなら、より明確な社会正義の実行で、調査比用等もカンパで集められても問題ないように思います。


お二人によれば、示談を申し入れてきた人たちは高齢者(5万10万ポンと払えるなんて余裕のある人が多いのか?)が多く、自分たちの行動の結果がどういうことかわかっていなかったと電話で訴えたそうです。これは嘘・言い訳のような気がします。中学生でも、相手の弁護士をやめさせることを求める行動だと理解できるはずですから。ともあれ、いい年の人たちが、”日本を良くする”と信じてやったということです。朝鮮学校を排斥することがなぜ日本を良くすると考えるのか、理解不能です。しかし、私の日本の友人親族にも韓国を蛇蝎のように嫌っていることを言ってはばからない人がいるので、想像できますが、困ったことです。『その情報どこから?調べてみたいから』というと、嫌な顔をして沈黙することもしばしばです。


ただそういう人の論拠が、2チャンネルとかのネットの情報で、十分な検証をせずに信じて(虚構新聞の記事を事実と思って拡散してしまった知人の例もありました)それを自信たっぷりに周囲に話す、周囲はそんなことは普段考えていないので、へぇそうなんだぁ〜とすぐ信じる、という構図。その根拠に乏しい、一部を取り上げ、捻じ曲げ、意図的の拡散させた人間が、今回のように、自分の氏名住所を明かす抗議方法を提唱し煽り取りまとめ、しかし自分は参加せず匿名を維持して高みの見物をしている。この非常に傲慢で卑怯な愉快犯的態度を、このブログ主を信じてきた人たちは、よく考えてみる必要があると思います。


自分が元凶を作り、周りを動かし(でも直接指示はしていない)いざ責任を問われると、知らんぷり。安全圏にいて大きな顔をしている様子は、まるで安倍首相の態度のようです。


この胴元を刑事告訴できるか否か、法律家の努力に任せ、こうした無責任で犯罪的な煽りに踊らされる危険が常にある、一般人である私たちは、安易に他人の言動の尻馬に乗る、調べもせずに信じ込む、みんなが言ってるから、という同調ことを、意識してやめなくてはいけない、それは嘘ばかりの政権が、同じことを繰り返せば、国民は飽きて忘れるとたかをくくられる現状を変えてゆくことにも繋がると思います。


正義の多面性については、
「正義」とは何か 大量懲戒請求者に対する損害賠償請求の意義 - 弁護士 猪野 亨のブログ
を読んでみてください。正義の所在は常に時代の価値観に、その人の立ち位置に左右されます。だからこそ、一人一人が自分で考えてみる必要と価値があると思う。一見正義に飛びついて同調、フルボコに興奮するのは、ネトヨウの方々と同じになってしまいます。しかし、攻撃されて泣き寝入り、というか孤立無援で怯えているのも辛く悔しいことです。前記事のスタバでの不当な差別的発言に対するアメリカの人たちの対処に学ぶべきものがあると思います。不当にさらされた個人を擁護する社会、認識の浸透が助けになると信じたい。そして、追求すべきは無責任に同調した人たち(反省は必要ですが)ではなく、そのように誘導先導し自分は高みの見物をしているような人間たちです。自分の命は惜しんで玉砕を命じる戦時下の帝国軍部・上層部のような人たちです。軍部主導の日本偉いぞ強いぞに興奮しお互いを監視し縛りあい、最終的に引きずられ逆らうことを許されない体制に封じ込められ、悲惨な結果を招いた先の大戦を忘れてはならない。いい意味でも悪い意味でも”みんなが**”という日本人気質、しかし、今、同じ失敗を繰り返してはならない岐路に立っている。自分の頭で考え、自分で検証し、日常的に、冷静に穏やかに言葉を発する(デモは別、大いに怒りの声をあげて)努力がより必要な時だと思います。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

カリフォルニアのスタバ内で差別発言に周囲が抗議 多様性と人権意識はより良き社会の基調

最近問題続きで受難のスターバックス。でもこれは、誇っていい。

カリフォルニアのとあるスターバックスで12月のはじめ、信じられない人種差別が起きた。白人女性客が2人のアジア人学生を人種差別的な言葉で怒鳴りつけ、結果として警察につまみ出されたのだ。ハフポストUS版など複数のメディアが報じた。


問題の女性客は、韓国語で会話するアニー・アンさんとショーン・リーさんの2人の会話を聞き、突然いちゃもんをつけてきた。


女性客は「ここはアメリカよ。英語だけを使って」と2人に言い、嫌悪感を示しながら「外国語なんて聞きたくないの」と続けた。


アンさんはすぐにビデオを回し始め、撮った動画をFacebookに投稿した。
このビデオを女性の方は見るとかなり険悪 I hate it!!と言ってたし。銃を持ってなさそうな人だから説得モードになっていたけど、持ってそうな人なら、激昂させすぎると怖い。みんな感情的にならないようにするのはそれもあるし、些細な揉め事でも警察官に来てもらうのが常だ。誰かが口論を始めたら一目散に店をでろ、がフロリダでのDさんの教え。


騒ぎを聞きつけた店員がやってきて「すみませんが、当店ではどんな言語でもしゃべってOKです」と女性を諭した。


それに対して女性は「オバマ大統領は、アメリカにいる人はみな英語を話すべきだと言ったわ」と反論したという。分切り取り曲解、教育の重要性学ぶ権利についての発言だと思う。コンサバティブクリスチャンの狂信おばちゃんかと思ったが、オバマ大統領の支持者?というのは意外。アフリカ系は英語喋るからOK


店員は説得を続け「100%、彼らには自分たちの言語をしゃべる権利があります」と強調した。学生さんも店員さんも若いのに大したものだ。この国の若者は本当にしっかりしている。


腹を立てた彼女は次の行動に出た。


持っていたノートパソコンに文字を打ち始めて、「私が(こうして)クレームを入れるから、きっと痛い目を見るわ」と通告。


しかし、お粗末にも別の客に「(クレームの文章を書いてるわけじゃなくて)ずっと数字を連打してるね」と指摘されてしまった。これには、彼女色をなして、なんですって!!とワナワナインテリジェンスはありそうだけど、孤独な生活が長そうだ。若い子+アジア人にムカついたんだろう。


店員は、繰り返しこの女性に店を立ち去るように伝え、警察に電話しますよと警告。しかし、女性が立ち去らなかったため、とうとう店に駆けつけた警察官に連れ出される形となった。


アンさんのFacebook動画は、公開後またたくまに拡散され92万回以上再生された。この出来事は複数のメディアで報じられた。


アンさんと一緒にいたリーさんは、地元テレビ局のKRONに「女性客を怒らせるようなことは何も言ってないと思う」、「自分たちの会話に集中していただけなのに、急に女性が詰め寄ってきた」と話した。
アメリカ人、特に女性で、目の前で、外国語で会話されると疎外感みたいな感覚を持つ人がいる。何話してるの?と割り込んでくることも。これは、ソフトに英語で喋れ信号。まあパーティーの場だからしょうがないけど、滅多にないんだから、日本の喋らせてー!!という感じ。


騒動後、SNSを通じて多くの人が、2人に励ましのメッセージを送ったという。


リーさんは、素晴らしいメッセージの数々に感謝を示しつつ、このビデオを通じてアジア人への偏見がまだまだ過去のものではないと問題提起できれば嬉しいと語った。


また、リーさんはFacebookにこの騒動について以下のようにつづった。


"日々の必死な暮らしの中では、人種差別や移民への反発感情は、いつもはダイバーシティを強く訴えているこの西海岸の大都市でさえ、存在しているということをすぐに忘れてしまいます。"


"家族や友人に、これが起きた時のことを想像していてください。今までも想像してきたつもりだけど、実際に初めてこんな人種差別を経験すると、一気に身近な問題になりました。


みなさんにとっても(この問題がきっかけで)そうなることを願っています"


訂正の連絡はこちら
南 麻理江 ハフポスト日本版ニュースエディター

私にとっては人ごとではありません。残念ながら日本語で夢中でおしゃべりすることは本当に滅多にできませんが、楽しく会話している時にこんなことを言われたら、、、気弱な日本人としては、凹んでついすみませんなどと言ってしまうかも。でもそれではいけない時もある。


この記事に寄せられた日本読者のコメントに、いつもは投稿などしないのについ投稿してしまいました。みんなに合わせろ、我慢しろ、周りに気を使え、と抑え込む日本ですが、
いい面ばかりではありません。そうして一見正義を振りかざして、自分のストレスを発散する人間が日本にも多くいる。 そして世間はそちらに味方することがしばしばある。
不当なヘイト、差別にも、このスタバでの出来事のように、周りの人間が人権意識を持ち、勇気を出して、いさめる(冷静に、穏やかに、ユーモアを持って)ことのできる社会にシフトしてゆくべきだと思うのです。


かつ、こんな明らかな白人優位意識による自己ストレスの発散を(多分、彼女は孤独で満足のいかない人生を送っているのでしょう〜ここにこだわってしまうんですが、もしそうならネットへの投稿でどんな影響が彼女に及ぶのかが心配でもある、自殺したり、と心配したら、夫Dさんにそれは日本の人アメリカ人はしない、と言われた)若い有色人種の学生に、ぶつけた人のことを聞いて、嫌韓嫌中的憤懣で同調するとは情けない。


お寺など静かにしなければならないところで、大きな声で喋っている場合は、笑顔で静かに楽しむことを勧めることが大事です。普及率の高い英語ができると、楽に話しかけられるけど、こんにちわでも、ハローでもニーハオでもアニハセヨでも挨拶から始めるのがいい。ノートに『静寂』と書いて、お願いポーズで手を合わせるなんてのも、いいかも。
そんな自信のない人は、大目に見てあげよう。私はアメリカで慣れたから気にならない。


高圧的に静かにしろよ!!といきなり声を荒げることは、旅行の興奮から無邪気に大声で喋っているより罪が重い。特に女性に対すると国籍は関係なく、こういうことをする日本男性以外に多いです。あるいは多勢に無勢でネット弁慶という人もかなりいる?


我慢して我慢して、いきなり切れる傾向がある日本人(渡米当初、私も夫をよく怯えさせました。)その前に、穏やかな”ユーモア”のある会話での交渉の余地はたくさんあるはずです。日本政府の圧力一辺倒の外交、強いものには媚び、弱い(と思い込んでいる)相手には高圧的に威張る。そんな国を市民が体現していいはずはありません。好意を持って話してみれば、アメリカ人も中国人も韓国人も、広い心で応じてくれる人がたくさんいることも事実です。観光に日本に来る人たちは楽しみたくて、高揚している。声も大きくなりますし、はしゃぎます。でも悪気はない。そこへいきなり不愉快なやり方で注意をされれば、気持ちは台無しです。人によっては喧嘩になる。


私も日本に戻った時、観光地での、中国からの旅行者の多さに驚きました。埋め尽くされている、と言ってもいい。でも、年老いたお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんを日本に連れてきてあげているのです。日本なんかくるものか!!と言われるより、ずっといい感じです。京都で、路上土産物屋で、飾りを連鎖的に広範囲に落としてしまった(汗)時に、中国の旅行者女の子たちが手伝ってくれました(私は粗忽な日本人)。
”謝謝”というと、みんなとてもびっくりして、嬉しそうキャッキャとしていました。
中国では高齢者は無愛想ですが、素朴な気持ちを残している人々です。列を作らないのは、文化大革命当時の生き残りをかけた配給食物の争奪感覚の名残だと、中国の友人に聞きました。恥ずかしいがすぐには治らないと言っていました。韓国は日本と感覚がより近く、日本よりもっと礼儀や恩義を尊ぶ。言葉の通じる人も多い。こちらであったくさんの韓国の人たち、世話好きで優しい人たちと思います。またアーチストは論理的で抽象思考に優れている人が多い。


日本人にも、他国の人にも、偏見に凝り固まって自己肯定、被害者意識的恐れから攻撃的になる人はいます。全ていい人とは言いません。しかし一部です。無知や孤独が原因という場合もあります。


何度もしつこくユーモア・ユーモアと書きましたが、これに勝るものなしなのです。
日本の未来、ダイバーセティー(多様性)を認める社会は、まず好意、ユーモア
そして対話から。憎しみでも制裁でもありません。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

弁護士大量集団懲戒請求への対処は、匿名攻撃のリスクの学習として必要ではないか

多数の弁護士に対して極右的見解で集団懲戒請求が出されいたことは、


大量懲戒請求について - 弁護士 猪野 亨のブログ


大量懲戒請求を受けた者として述べる 大量懲戒請求に対する訴訟提起はかえって弁護士としての品位が問われないか - 弁護士 猪野 亨のブログ


で知って、とても気になっていた。


炎上という実質的な損害を被ることもある、匿名性を盾にした集団恫喝が、成功して萎縮を招いていた部分は大きい。
成功体験に気を良くして、みんなで叩けば怖くないとばかりに、増長した結果が、法律の専門家に対する集団懲戒請求だろう。叩いている人のほとんどは、あまり深刻に自分の行為を考えず、気軽の自己発散のつもりで行っていたのだろう。
勝つのは気持ちいい。自分のパワーに人々が萎縮し、怖がれば、気持ちいい。しかも自分は匿名で攻撃を返されない安心感もある。しかし、それが幻想だということを、匿名で言いたい放題のぬるま湯から頭を出して現実を知るのには必要なことなのではないかと思う。


アメリカでも、極右の人たちは、常に攻撃的でフェイクニュースを検証せず信じ込み拡散する。リベラルは常に防戦一方だ。それはリベラルな人たちは多様性を認めたい、つまり極右の人の存在も排除はしないという前提に立っているからだ。同じステージでの泥仕合はしない。しかし、故に防戦一方で、彼らの主張が大きな声にかき消されることもしばしだ。


2人の弁護士の方が反撃に出て、後に続く人も出ているようだ。


ネトウヨと思われる勢力から大量の集団懲戒請求を受けた弁護士2名が、昨日、霞が関の司法記者クラブで、請求者の提訴に踏みきるとの記者会見を開いた。
会見をしたのは、東京弁護士会に所属する佐々木亮弁護士と北周士弁護士。両弁護士は不当な懲戒請求が不法行為を構成するとして、今年4月、Twitter上で請求をした960名に対し損害賠償を求めて裁判を起こすと表明するとともに、訴訟前の和解も呼びかけた。両弁護士は6月20日ごろまでメールによる謝罪を受け入れるとし、それ以降は6月末日を目処に順次提訴するという。
 両弁護士は会見のなかで、自分たちは法律の専門家だからこそ訴訟で対抗できるが、一般の人々であれば、大量に襲いかかってくる集団の「悪意」と戦うことは簡単ではないと強調。このように思いを述べた。

<中略>
ことの発端は、2017年6月15日、東京弁護士会の理事者をはじめ10名に対し190名から懲戒請求がなされたことだった。懲戒理由は「違法である朝鮮人学校補助金支給要求声明に賛同し、その活動を推進する行為は、日弁連のみならず当会でも積極的に行われている二重の確信的犯罪行為である」なるものだったという。同年10月4日までに同じ内容の懲戒請求がなされ、合計で1000名を上回った。東京弁護士会だけでなく、全国の弁護士会に対しても同様の理由で会長らの懲戒請求が殺到し、数万件を超えているという。


記事は、煽りの中心サイト、ブログ「余命三年時事日記」の存在に触れている。
デマやヘイトに対して対処療法や最低線の防戦に回ってきたが、もう弱武人は眼に余るとする法の専門家が行動を起こしたことは、安易な扇動に乗る匿名の人々に、自身の行動の責任を自覚さ行為と結果には責任が伴うことを自覚させるきっかけになればいいと思う。


ただ、猪野弁護士の指摘するように、5万円の賠償金を900人に行うと、大金が発生する。結果を見れば、悪徳感もある。この賠償金の扱いは難しいかもしれない。


最終的にコアな主催者を除く、軽率な浮かれ者たちには、警鐘を鳴らし、謝罪と取り下げで済ます部分が大半になる結果であればいいし、軽率なフルボコは自分に跳ね返るという学習になればいいと思う。


今後も注視していきたい。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ