密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

前川喜平前文科省事務次官会見と官僚のノーブレス・オブリージュ


今注目の前川前文科事務次官の証言潰しスキャンダル、菅官房長官の怪文書発言と前川氏への、レッテル張りを目的とした人格攻撃も、嘘や言い逃れどころか質問無視の繰り返し、問答無用の数の暴力に辟易している国民の目に、前川前文科事務次官の会見がどれほど誠実に映ったか、で政権への不信不快が強まる結果を招いたと思う。
まだの方は、こちら。

(全録)加計学園問題 前川前文科次官が会見1

(全録)加計学園問題 前川前文科次官が会見2


一度は腰の引けた、TVメディアもこの問題を取り上げている。
直撃グッディーも官邸が仕掛けた?スキャンダルと、前川氏の証言の信憑性は分けて考えるべきという姿勢を示し、MCの安藤優子氏も「前川さんの人間性と証言の信憑性を混同させようという動きがあるが、別の話」と番組冒頭から、何度も繰り返していた。


また、ゲストの「尾木ママ」こと尾木直樹氏は「ぼくら教育関係者はみなさん信頼しているし、絶大な人気者。気さくで威張らないし、官僚的ではない。慕っている人も多いですね」と菅氏の人格攻撃に反論。元文科省官僚である寺脇研氏も「(菅官房長官の言葉とは)全然別の話を省内で聞いている。『みんな残って下さい』と下の者は思っていたけど、(前川氏は)『自分は最高責任者として全責任は自分にあるんだから辞めなくちゃいけない』と言っていた」「(前川氏が)辞めた日、省内には涙を流した者も相当数いたみたいですね」と発言。こうした自発的な弁護が出てくることも、前川氏の人格故なのだろう。

直撃LIVE グッディ! 2017年5月25日 170525
ただ、安藤氏と寺脇氏は結局総理は知らなかった、というような最終的安倍イノセントを印象付ける擁護おこなつている点が、残念だった。


巷では”出会い系バー通い”が一人歩きして、”ストレスの溜まった官僚のはけ口行動だ”とか、”人格と証言は別”、のようにこの件は推定有罪で済ましているが、本人の言い分はそれほど伝えられていない。
出会い系バー問題
2017年5月22日、前川が文部科学省在職中に売春や援助交際の交渉の場になっている東京都新宿区歌舞伎町の出会い系バーに頻繁に出入りしていたと読売新聞が報じた。


文部科学審議官だった2015年頃から同店に通い始め、同席した女性と連れだって店外に出たこともあったという。この報道を受け、官房長官の菅義偉は22日の定例会見で「事実関係について政府としては承知しておらず、コメントは控えたい」と述べ、さらに事実関係の調査については「文科省で適切にすると思う」と述べた。


この問題に対し前川本人は、記者会見で「私が行ったのは事実。ドキュメント番組で女性の貧困について扱った番組を見て、実際に話を聞いてみたいと思った。食事をして、小遣いをあげたりしていた」と出会い系バーの頻繁な出入りを認め「そこで出会った女性を通して、女性の貧困と子供の貧困が通じていることがわかった。ああいうところに出入りしたのは意義があった」「不適切な行為はしていない」と主張した。(By Wiki)


だいたい高級官僚がそんな不用心な場所でストレスを発散するとは思えない。
性的スキャンダルが個人はもとより省庁の大問題になりかねない組織では、そうして部分にのトラブル回避のための伝統的な対処の不文律もあるようだ。


同氏は、当時の上司から、出会い系バーへの出入りを注意され、やめたとも語っている。
これが個人の嗜好なら、注意などでは済まされない、降格・左遷もありだろう。


優秀で、規制にとらわれない調査をする部下に対し、上司がたしなめた、という方が自然であると思う。


百聞は一見に如かず、前川氏の会見の姿勢、記者質問への誠実な答弁に現れている。
かつての同僚、部下、上司の被るトラブルに心を砕き、松野文科大臣にも『お世話になり尊敬できる方」「お気の毒」とかばってもいる(松野氏は地元選出の近所の人。歴史修正主義など支持せず、庇われるにふさわしい尊敬されるにふさわしい政治家になってほしい)


これだけ長い会見と質問、どれだけ繕っても、人格の悪い人間、嘘を言っている人間なら、ボロが出る。国民は昨今そういう見本を山のように見てきた。そいうい意味で目が肥えているだろう。


官僚といえば佐川理財局長のように政府に平身低頭し、平気で言いつくろいの嘘を繰り返す人々、という印象があるが、元来、彼らは自身の優秀さで日本の国をよりよくしたい”ノーブレス・オブリージュ聖なる義務”を抱いて入省する人も少なくない。私はかつて、人事院月報の仕事をした時に、この言葉を月報の中で見つけ、感銘し、お覚えた。
若い頃の地方の出こうで、地方行政から接待、女性斡旋などでズブズブになってしまう、”タニマチ”を防ぐというのがその月報の主題だった。その中で、自分たちの”ノーブレス・オブリージュ”を思い起こそうというものだったように記憶している。


だから、きっとそういう志でいる人もいるだろうと思っていたが、前川氏はまさにそういう人に見えた。故に、自身の忸怩る思いを抱え続け、最終的に引責辞任をし、自責以外は沈黙するつもりでいただろう。しかし問題はそれでは収まらず、”行政が歪められた”まま、であるゆえに会見に至ったように見受けられる。
ゲンダイの取材で元経産官僚の古賀茂明氏はこう言っている。
「文科省は、加計問題では抵抗したのに押し切られ、文科行政を完全に否定された。天下り事件では他省庁も同様のことをやっているにもかかわらず、文科省だけ詰め腹を切らされ、『安倍政権が天下りに厳しい』という演出のために自分たちが利用されたと思っている。このままでは文科省は虐げられたままで這い上がれない。そこで前川氏は、文科省全体を代表し、義憤に駆られて動いた、という意識なのではないでしょうか。実際、文科省内には前川シンパがたくさんいるそうです。ただ官邸はこれで、前川氏の個人攻撃を徹底的に強めるでしょう」


佐川理財局長はどういう気持ちでいるだろう?馬鹿な奴だと冷笑しているか?彼が羨ましいと思っているか?どちらにせよ、多くのノーブレス・オブリージュを胸の奥に抱いた官僚たちに、一石を投じた会見でもあったと思う。
後に続く証言、内部告発(これについては、ニュースソースの秘匿が絶対守られるべきで、政権側のでどころ不明で言い逃れは、不見識であり詭弁である。共産党の証言者を守る態度こそ、不正に声を上げる人たちを守るものだ)が出てくる可能性もある。


全員が全員、権力を手にしたら、”今だけ、金だけ、自分だけ”に出してしまうわけではない。また多くの国民の嘘か本当か、誠実か不誠実かを見極める目を持っている、そう信じている。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


消費税ー働き方改革ー軍事産業 すべてつながっている。山本太郎氏の名説明。

すごい情熱で”辻説法”続けている山本太郎議員。本当偉い、政治家の鏡だ。
この池袋東口の街頭記者会見は、内容が安倍政権の狡猾的日本私物化改造を大変よく
説明していて、いつも以上に感心したので、ご紹介します。
話のリズムもあり、人を飽きさせない点も、すごいです。

【街頭記者会見】170523池袋駅東口(前半)



後半は共謀罪。

【街頭記者会見】共謀罪反対!170523池袋駅東口(後半)



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


差別落書きの少年に読書の判決ー米・東バージニア州

東バージニア州は、NYからフロリダに行くルートのちょうど中間地点で、アメリカで一番貧しい州と言われたいる。主産業は酪農で、起伏のあある広大な草地にてんてんと牛が草を食んでいる。ヒルビリーと呼ばれる人々が多く住んでいる閉鎖的で保守的、経験なクリスチャンでもある住民たちは、政府からの関与を嫌い、社会保障の充実を政策にあげる民主党を忌み嫌っている。


この州に入ると、カーラジオから、絶大な人気を誇る極右ラジオのパーソナリティーの独特のしゃべり口で、ヒラリー・オバマの陰謀説が流れている。


もちろん大多数が、トランプ支持者である。しかし排他的ではあるが素朴で敬虔なキリスト教徒というのが大多数である、しかし、白人至上主義者 狂信的なキリスト教原理主義者も跋扈する。
ヒルビリーの人々は、現代社会を拒否し、読書を嫌い、ただただ自分たちの習慣を守る。そして子供達もそういう環境で育ち、その結果、自分と違う人間に対して敵意を持つこともしばしばある。これは、環境と教育の問題である。こうした環境の中、人生の選択、可能性の見つけ方を知らない、出口のない若者のルサンチマンが招いた、アフリカ系の学校に対するヘイト落書きに、裁判所が素晴らしい判決を言い渡したので、紹介したい。

(CNN) 米東部バージニア州でアフリカ系米国人の子どもが通う学校の校舎に人種差別的な落書きをしたとして器物損壊などの罪に問われた10代の少年5人に対し、裁判所がこのほど、読書や映画鑑賞を通じて世界観を広げるよう命じる判決を言い渡した。
検察によると、16~17歳の少年5人は昨年9月30日、同州アシュバーンの学校の校舎に侵入してナチス・ドイツのかぎ十字や、わいせつな内容、「ホワイトパワー」などの落書きをしたとして、器物損壊と不法侵入の罪で起訴された。
現場は地元のアフリカ系米国人の子どもたちのために1892年に設立された教会付属の学校だった。

被害に遭った校舎の周りで手をつなぎ、輪になる地元の人たち


判決は2月上旬、少年家庭裁関係地方裁判所のアベリーナ・ジェイコブ裁判官が言い渡した。


検察によると、判決ではハーパー・リーの「アラバマ物語」、エリ・ヴィーゼルの「夜」、チヌア・アチェベの「崩れゆく絆」などを課題図書に指定。この中から選んで今後12カ月かけて1カ月に1冊ずつ読み、感想文を提出するよう命じた。
読書に代えて映画を鑑賞することも認め、「シンドラーのリスト」「それでも夜は明ける」などの作品を指定している。
さらに、米ホロコースト博物館とアメリカ歴史博物館を見学して、自分たちの落書きがアフリカ系米国人の社会でどう受け止められたかに関する論文を書くよう指示した。
この内容は、連邦検察のアレックス・ルエダ検事が提案したという。元司書の母をもつルエダ検事は、こうした作品から戦争や差別について多くを学んだといい、少年たちにも学んでほしいと思ったと語る。「世界で人々がジェンダー、人種、宗教の名の下にどれだけひどいことをしてきたか、目を見開いてほしい」という願いを込めた。


差別や敵愾心は無知に由来する。そしてその無知により人生の変化に臆病になり、自分のアイデンティティーを脅かす、知性や教養を嫌い、敵視せざるをえない。


この少年たちに対する裁判所の判決は素晴らしいものだ。自己中心的な差別意識に凝り固まった大人たちとは違い、彼らには変化の可能性があることを信じたい。


知性は平和の糧である。今の国会があれだけ劣化しているのも、与党政治家も、官僚も本当の知性を身につけたこなかった、ただ物事を有利に回す小賢しさ、利益第一の効率の良い頭の鍛え方をしてきた故であると思う。


高校で教鞭をとる友人は生徒たちに、とにかく本を読め、と言っているそうだ。
彼女は今の子供達の想像力が平板であることをとても危惧している。


知性は知識を醸造して得られるものだ。ただ受験のための詰め込み教育では、知識は目的を達すれば流れ出てしまい、醸造されない。年号より、その時代を生きている人たちへの共感が大事だと思う。特に第二次世界大戦下の歴史的事実、凄惨な状態に置かれた人々の苦しみ、恐ろしさ、無念さを感じる想像力、共感力を持つことで、平和を願い続けられる。どうしてそうなったのかを学び考えることで、同じ過ちを避けられるだろう。
若い人たちに、人間の悲劇を歴史を通して正面から学んで欲しい。また大人も学び続けなくてはならない。このアベリーナ・ジェイコブ裁判官のように豊かな知性を持つ大人が子供達を導けるからだ。


アメリカの文学は、サリンジャー、アービング、カポーティーくらいしか読んでいない。アラバマ物語は原題”Kill Mockingbird-樫鳥を殺せ”でDさんの大オススメで映画を見た。アメリカ中部の人種差別・偏見を子供の目を通して描かれている。作者はトルーマン・カポーティーと幼馴染で、映画にも幼い彼が登場する。
エリ・ヴィーゼルの「夜」、チヌア・アチェベの「崩れゆく絆」は読んでいない。
ぜひ読んでみたい。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ