密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

映画”あん”を見た。命の選別を語る人は是非見て欲しい。

Dさんがいきなり、『日本の映画で、AN というのがあって、”鳥焼き”を作ってる話だ、という???その後、ドリヤキ、Sweet、と来て、そういう映画知らない?』と言われても、どうも要領を得ない。NYタイムスに紹介されていて、ぜひ、みたいと思ったそうな。結局、”ドラえもん”(が好きで、目覚まし時計を欲しがっていタコとがあった、やれやれ、、)から、どら焼きを作っている小さな店のドラマ、だということがわかった。
まさか、”次郎の寿司”的な伝統の技ものか?と、早速調べて、英字幕付きでみられるものを探したら、見つかって、二人で見た。


2015年発表で多くの映画賞を受賞した、樹木希林さん主演映画だった。本当に素晴らしい映画だった。


日本の監督は、黒沢清監督とか是枝監督、岩井俊二監督のものなど好きで見ていたが、河瀬直美監督のものは見た事がなかった。これから、見てゆきたい。


まだご覧になっていない方もいると思うので、内容に触れることはしたくないが、
淡々とした時間の流れの中、細やかな機微を紡ぎ、しかしそこから絞り出すような、悲しさ、切なさ、不条理、そして優しさを感じることのできる映画だ。
こんな作品が公表されているのに、平板に命の選別や存在の優劣を効率で決めた方がいいという人がいる事が信じられない。同じ日本人である。論じる前にぜひ見て欲しい。

あん
あん
Video On Demand


もう一つ先週、”こんな夜更けにバナナかよ”英語字幕付きをみつけて、一緒に見た。
この映画は、安倍総理が感激して、主演の大泉洋さんと高畑充希さんを食事に招待して歓談したことで話題になった。王様か大統領かという振る舞いであるけれど、いい映画だったことには違いない。安倍さんは、舩後靖彦氏とも交流があるようだから、こうした、施設から出る事ができずに一生を終わるようにさせられている、重度障害を持つ人々の、自立の問題に興味を持ってそれを政策に生かしていただけるならいうことはない。


しかしこういうお友達は、自分の好感度アップリストの乗っていても、優遇リストには載せてないようだ。


まあ不愉快な話はさておき、実話をベースにしたこの物語の主人公を演じる大泉さんの個性がすごく重要だったと思う。悲しいことに、準主役を演じた三浦春馬さんが自殺された。役柄も、真面目で、自分を追い詰めるタイプの医学生だった。近くに”鹿野さん”のような明るく押しが強いKYで不屈の友人がいたら、何か変わっていたかもしれない。


こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
Video On Demand

コロナで、どうしても人と会う事が少なくなる。そんなに人付き合い好きでない人はこれ幸いと引きこもり生活をするけれど、やはり、人間は社会的生き物で、人との関わるがウザくてもそれでどこか、自分を自分で閉じて追い詰めすぎないように、バランスを保てている(人間関係で追い詰められるというのもあるけれど)のかもしれない。


昔、増田 みず子さんの小説”シングルセル”の中で、人との距離や関係をそぎ落としていきたい主人公が、細胞について考える場面がある。シングルセル=孤細胞、と称んでいる(普通は単細胞という)のだが、他の細胞と切り離された、シングルセルは、その皮膜を厚くする、(外界との流通を遮断する)のだが、最後には、自身が乾いて死んでしまう。それが、今でも頭に残っている。


シングル・セルでいたいと思いつめた時期もあったが、今は、ツイン・セル
で、いい映画を共有できれば、一人で見るよりもより自分が潤う気がする。


日本には素晴らしい映画を作る才能ある監督が海外の評価を得ている。彼らの、また未来の彼らの土壌も、効率だとかなんだとかつまらない算段で、荒らしたり、枯らしたりして欲しくない。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

イソジン吉村よりインディファレント安倍

余程危機感と不満があったのだろう、維新吉村知事の高評価。イソジン以来袋叩き状態だ。維新の人らしく絶対非を認めない、謝罪もしない態度で押し通そういう態度も、昨今の会え政治の無理が通れば通り引っ込むの成功体験にあやかろうという算段か。


それにしても、共産党穀田氏は会見の場で、このイソジン問題についてコメントを求められ、『まあ、騒ぎほどの問題でもない』といった。そう、こんな大騒ぎする問題ではない。ただのおっちょこちょいの先走り。維新はそんな政党だろう。イソジンは良い迷惑だったろう。


そんなことを大騒ぎするより、6日の広島での安倍会見の空疎さに避難を集中させたらどうだ。大騒ぎは、安倍サイドの職員が貴社の手を掴んだとかいうことで盛り上がっているが(まあ、安倍親衛隊もどきの気分でそんなことをする側近が出てきているのは、大問題だがー安倍総理をお守りする、安倍総理にお仕えする、そんな意識で国家公務員をやられてはたまったものではない。給料は税金なのだ、ということを思い出して欲しい)
本来は、あの、言い訳的会見、今まで以上に何も語らない、何も答えない、逆ギラすらない、この”国難”において、ボワんと無関心な態度こそ問題にすべきだ。
体調が悪いなら、この状況の舵取りはできないので、禅譲でもなんでも退陣すべきなのだ。安倍晋三は、コロナ禍になんの関心も持っていない。安倍周辺も、”ほっときゃ治る”
程度の認識で、無症状、軽症者の行動制限をして経済を停滞させる方が愚策とでも思っているかのように、Gotoキャンペーンを無理やり推進続けている。


もしそれで、感染が広がって、多少国民が重症化して、命を落としても、政権がお得意の因果関係が確認できないと言って、うやむやにしてしまえる、そんなとこだろうと思っていたが、案の定もう布石を打っている。

 政府の観光支援策「Go To トラベル」事業で、観光庁は5日、事業に参加する宿泊施設で新型コロナウイルスの感染者がどれくらい発生しているかの情報を公表しない方針を示した。同日開かれた国会の野党ヒアリングで明らかにした。
 

観光庁幹部は理由について、ホテルで感染したのか、別の場所で感染したのかなど線引きが難しく「公表することで風評被害が広がる恐れもある」と説明した。野党側は地域別ではなく全国での数字で構わないと譲歩したが、観光庁側は応じない方針だ。
 

そもそも観光庁は感染状況をつかみ切れていない。前日のヒアリングでは、「Go To」に参加する長野県のホテルが従業員の感染を公表したのに観光庁が把握できていなかったことが発覚。観光庁は情報把握が遅れていることを認めた上で、感染情報を集約する厚生労働省から情報提供を受ける仕組みづくりを始めたと弁明した。


 また、観光庁は、7月下旬に感染が判明した福井県の6人が旅行先の沖縄で宿泊したホテルが「Go To」参加事業者だったと明らかにした。前日に野党から問い合わせを受けたが、把握できていなかった。(森本智之)


調査する気など全くない。利権都合で決めたことを強行し、後は野となれ山となれ。責任の所在もうやむやにして、誰も責任を取らない。泣くのは巻き込まれた、ホテル・旅館、末端の旅行代理店担当者、感染者やその家族、感染拡大させられた地方の人々だ。


一斉休校・緊急事態発令・アベノマスク・星野源コラボあたりまでは、安倍晋三も自分で自覚的にやっていた感があるが、やることなすこと不評で裏目に出てもう嫌になってしまた+周辺も、もう安倍さん憧れアイドル化で国民人気を盛り上げよう作戦はもう無理ということがわかったので、すっかりヤル気を失ったように見える。そこで、真の自民党本流政治家、年季の入った金権利権政治おっさん爺さん達が主導権を握る、GoToに関しては、安倍総理は腑抜けたお飾りの様相だ。本人も、もう何が何だか”良きに計らえ”で、会見で用意されたふりがな付きペーパーを読み上げるだけのことしかできないようだ。


彼の頭の中には、オリンピックまで総理でいること(拉致問題解決や改憲もうただの呪文みたいになってしまった)、そのくらいしかないのかもしれない。自分たちの感染拡大無視、経済優先で無症状者を動きまわらせる方針が、他国から”行くべきではない国”と認識され、”おもてなし”と手を広げても誰もこない、無人の自主オリンピック?を意地でも開催させるつもりか? 年内にアメリカのワクチンが成功して、予約している6000万人分を購入しパパッと収束できる、なんて都合のいい夢を見ているのかもしれないが、そう簡単ではない。このような、全てにおいてのご都合主義の甘い見通しは、日本を奈落に突き落とす。


ホロコースト生還者であるエリ・ヴィーゼル(Elie Wiesel)の、「Love(愛)の対義語はHate(憎しみ)ではなくIndifferent(無関心)だ」という言葉がある。


安倍晋三の自分の周辺の人間以外の人々に関するIndifferent(インディファレント)と、自分たちのイメージの中の”国”が第一の情のない新自由主義新報の自民党中枢が、如実に今の日本の惨状を作ったと言える。
自分と自分の仲間以外の人間のことには、まるで想像力を持たず、都合よく命の線引きをし、生産性がない時って捨てることもそうだ。


とにかく、もう自民党は、その多様性があった、という良き部分を腐らせ、経済まっしぐら、日本国万歳が最高価値観の人々に乗っ取られてしまったのだから、もう、自民党議員を選ばない、そうして大きな痛みを伴うカタルシスを経なければ、日本は正常に戻らないのだろうと考えてしまう。



PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

アメリカと日本の情報の齟齬がきになった件

YouTubを流し聞?していたら、バラエティー?ニュース?ショウの”ひるおび”という番組が出てきた。そこで、トランプのTikTokの対応について話していた。専門家らしき人が、アメリカ側のTikTokに対する厳しい対応は、国家安全保障上の問題、などと深刻に話していて、日本も真剣に考えなくてはいけない、などと意見を述べていて驚いた。


なぜ驚いたかというと、このトランプ+ポンペオVSTikTokのことを、今朝、D さんと話したばかりだったからだ。それは国家安全保障なんてものではなく、対中強硬姿勢がウケがいいと思っているトランプが、人気のTikTokに目をつけて言いがかり的にぶち上げたのだが、これがアメリカの若い層から猛反発を受けて、肝心の大統領選で、また票を大きく減らすことになりかねないと焦っている。という毎度のトランプ喜劇だった。


しかし、日本がこれを受けて、コロナガス抜き反中感情を煽って、トランプ+ポンペオにくっついてTikTok危ないなどと大騒ぎすれば、またハシゴを外されバカを見るかもしれないない、あんまり乗っかりすぎない方がいいなぁ、煽りすぎない方がいいなぁ、と心配に思った。


”ひるおび”専門家は、ジョー・バイデンにまで言及し、トランプさんは渋々だが、次期大統領候補のバイデン氏はより対中強硬姿勢で、TikTokは一切許容しない姿勢だ、と述べていた。


バイデンが対中強硬姿勢???あり得ないと思いつつ調べてみたら、大統領選のバイデン陣営は、キャンペーンスタッフに、TikTokは使用しないように求めた。ということだ。


しかしこれは、TikTokという会社に対してとか、中国という国家に対相手の国家機密云々や、貿易摩擦とかのことではなく、例えば、ロシアンゲートのように、情報操作や乗っ取りを注視して、インターナショナルのSNSをキャンペーン中に使用しないでほしいというものだ。前回選挙でもロシアから、サイバー攻撃、フェイクニュースやネガティブキャンペーンがあったと言われているし、個人のアカウントを乗っ取られ、そういうものを拡散されることは避けたい、と思うのは選挙陣営では当然だ。


逆に大使館封鎖やTikTokへの圧力など対中強硬姿勢を強調しているトランプこそ、自分の選挙に有利に働いてくれと中国に働きかけた、チャイナゲート問題も浮上しているので、
これは、ポーズ? あるいはマイクロソフトのTikTokの買収に一役買っていくらかもらう算段なのか、しかしそれも成功するとは思えない。中国もTikTokも大統領選の11月までのらりくらりしていればいいのだ。


日本の有識者やアメリカ通は、どうもトランプをまともに扱いすぎる。トランプさんは〜って、思いやりコメントがあったりして、なんなんだ〜という感じです。


もうひとつ気になるのが、沖縄での、米兵による感染拡大の懸念だ。もちろん日米地位協定は敗戦時から日本だけほぼそのままの状態でドイツやイタリアのように独立国として、交渉をしてこなかったため、植民地のような扱いのままになっているから、これは交渉して変えなくてはならないと思っている。
ただ今回、米軍基地から沖縄一般市民へ拡大している、米兵および軍属は、来日後検査もせず、自由に行動している、という報道に首をかしげる。


米軍は、軍内での感染をもちろんとても問題視していて、当然母国から新規に派遣される人員には検査と2週間の隔離を行なっている。
息子さんが海軍で今度日本勤務が決まった、友人も、検査陰性でも、2週間はどこにも出られないみたいなのよ、と話していた。
アメリカ兵とその家族が、自国からコロナウイルスを持ち込み、検査も隔離もないまま、日本の駐屯基地と日本国内を自由に歩き回っている、というイメージができてしまうのは報道の仕方による印象操作に思えてしまう。


もちろん米軍が、日本政府に、兵士たちの感染情報を公開しない、という姿勢に、強い反発が起こるのは当然であると思うが、米軍もバカじゃないので、多分基地内でも、日本以上の感染対策は行なっているとみていい。日本に来てから羽を伸ばして、どこかで感染し、それを兵舎で拡散した、という方が、頷けると思うのは、アメリカ寄りの見方になりすぎているだろうか。ともあれ、一応米軍は新規派遣者に検査と2週間の隔離を命じているという事実はある。(フロリダでは元海軍が多いらしく、日本にいたことがあるという人にたくさん話しかけられる。一度日本に住んだことのある人は、そこから、仏教、寺建築造園、着物、茶道、華道、書道、盆栽、寿司(日本料理)などの興味を持続し自分なりにどんどん広げていることがうかがわれる。地位協定は不平等だし、日本を治外法権として非道な行動をする米兵もいるだろうけれど、多くは、日本の生活を貴重な体験とし、その美点を心に保って、生涯の興味の対象としていく人がたくさんいることも知ってほしい)


それより、沖縄に対する、あの菅官房長官のいやらしい会見にはゾッとした。
巧妙に責任転嫁して、まるで玉城知事が何もしていなかったかのようなことを言うなんて、どんだけ憎いんだ〜!!という感じしか伝わらなかった。


こんな心根の人が、日本国民と、他国の国民の間に立っていては、どれだけ関係が歪められるか、マイナス外交しかできないんじゃないかと思うと、その方が恐ろしい。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ