密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

低姿勢だが、決して謝らない、決して本当のことを言わない。

気味が悪いほどの低姿勢、しかしよく聞けば、決して、謝罪の言葉は口にしない。
自分の感情的反発が国民の反感を買ったことについて、”残念だ”と述べた。
”誤解がある”とか、”残念だ”というのは相手の受け取り方を、非難しているのだから、全く反省をしていないのは明白、というより安倍信三という人は、生理的に謝罪できない?
頑ななまでに非を認めることをせず、言葉のトリックで謝ったように見せるのは、慰安婦への謝罪文でもそうだった。


低姿勢で、”これは嘘でしょう”とういう嘘をつきまくる。都合の悪い質問にはマトモに答えず、いつものように持論を一方的に垂れ流し、低姿勢で、”これは嘘でしょう”とういう嘘をつきまくる。「正式に申請が認められた(今年)1月20日の特区諮問会議で知るに至った」「知り得る立場にはあったが、具体的な説明は私にはなかった」と答弁。加計学園が正式に認められるまで、加計学園が特区申請していることを知らなかったそうだ。
まさか!!そんなことはありえないだろう。
大串議員は総理とか消しの会食ゴルフの回数をあげ、『本来公務員は利益供与にあたる人間と、食事をしても、ゴルフをしてもいけない。まして加計氏が食事代を持たちう事実。
特区の議長である人物が、この事実はまずいのではないか?だから、20まで知らなかったと言っているのではないか?」と追及した(公務員法のこの部分に、(なぜか)各大臣や裁判官などは、法的な拘束は受けない。しかし道義的責任は問われるだろう、という追及)


「では、後で20日以前に知っていた事実が出てきたら、責任を取られるのか?」と聞かれると、のらりくらりと、関係のないことを述べ立てて、決して責任を取るとは言わない。傲慢なあざ笑いと、逆ギレ、汚いヤジはなくなったが、本質的には何も解決を見ない。


そして、「総理は自分の口から言えないから自分が言う」と前川氏に行ったとされるキーパーソン和泉洋人首相補佐官は、キレ気味に「言っていません!」と繰り返した。
しかし、その後、言ってないと思う、記憶に基づいて行っていない、とトーンダウンし、
「前川氏は証人喚問を受けるとを了承していますが、和泉氏はどうですか」と問われると、「国会のことは国会でお決めいただきたい」=与党多数なので通るはずがないことを傘にきた発言だ。

安倍首相は「李下に冠を正さず」という言葉を何度も繰り返した。24日午前から始まった衆院予算委員会の閉会中審査。安倍首相は“腹心の友”が理事長を務める「加計学園」の獣医学部新設計画に関し、改めて「(理事長の)加計さんは学生時代からの友人だが、彼が私の地位や立場を利用して何かを成し遂げようとしたことは、ただ一度もない」と関与を全面否定したが、テレビ中継を意識して最も強調したのは「低姿勢」だ。


質問のトップバッター、自民党の小野寺五典議員が「単刀直入にうかがう」と切り出し、加計氏との関係を問うと、安倍首相は普段のまくし立てるような答弁を控え、ゆっくりと穏やかな口調でこう釈明した。


「私の友人が関わっていることで国民の皆さまから疑念を持たれるのは当然のことだ。今までの答弁ではその観点が欠けていた。足らざる部分は認めなければいけない」


数々のゴーマンな態度が、内閣支持率暴落の要因との自覚はあるようで、安倍首相はしおらしい態度に努めたが、それを打ち消すように感情を爆発させたのが、前文科次官の前川喜平氏から「キーパーソン」と名指しされた和泉洋人首相補佐官だ。


 この日も前川氏は和泉氏から「総理は自分の口から言えないから自分が言う」と獣医学部新設で対応を促されたと重ねて証言。対する和泉氏は、興奮した口調でこう答弁した。


「獣医学部新設は『岩盤規制』の象徴。総理は常々『スピード感を持って進めるように』とおっしゃってきた。そのことは申し上げたかも知れないが、『総理が自分の口から』という極端なことを言えば記憶に残っているはず。その記憶はないから、言っていません」


 あまりに感情的な口調に議場がざわつくと、「言っていません!」と繰り返した。


他の証言者も前川氏以外は、内部文書に残された安倍首相の“お友達”への便宜をにおわす発言を、岩盤規制突破に向けた指示にスリ替えた。


■「腹心の友」の学部新設「知らなかった」


 質疑者が与党から野党に移ると、安倍首相の態度は一変。都合の悪い質問にはマトモに答えず、いつものように持論を一方的に垂れ流し始めた。


 官邸の関与をめぐり、前川氏と和泉氏の主張は真っ向から対立。民進党の大串博志議員が偽証罪に問われる証人喚問を行い、真偽を明らかにするよう安倍首相に求めると、途端にのらりくらり。「委員会から要請があった中で、松野大臣も山本大臣も和泉補佐官も藤原審議官も出席している。誠意をもって真実を話している」と何度も言い募り、「国会のことは国会でお決めいただきたい」と明言を避けた。



 加計孝太郎理事長との関係については「政治家になるずっと前からの友人関係」と説明したものの、「獣医学部を今治市にという話は一切なかった」などと、新設計画については知らぬ存ぜぬの一本調子。「正式に申請が認められた(今年)1月20日の特区諮問会議で知るに至った」「知り得る立場にはあったが、具体的な説明は私にはなかった」と答弁。


これには議場がどよめき、激しいヤジが飛び交った。


 今治市とのパイプ役を担ったとみられている柳瀬唯夫首相秘書官(現・経産省審議官)も出席。国家戦略特区での獣医学部新設を提案する2カ月前に、今治市の課長級の担当者らを官邸に招いて面会していた疑いが浮上しているのだが、「記憶にないので覚えていない」を5回も繰り返した。


「丁寧な説明」とやらは、どうなったのか。


猫をかぶって、大ウソをついて、国民の支持率が回復すると思っているなら、大甘の見通しだ。



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


蓮舫氏記者会見は好感度を上げた。

蓮舫代表選人から、野田幹事長起用も合わせて、いまひとつピリッとしないどころか、都議選では党内分裂を産んで、野党共闘を望む国民のストレスは上がりっぱなし。
しかし都議選敗因が蓮舫代表の二重国籍問題だとする意見はピントハズレも甚だしと思っていた。しかし、これを受けての蓮舫氏の記者会見は、党首としての責任においてプライバシーの一部公開を行うものの、その影響は一般へのいかなる波及もあってはならないとし、また、日本国籍以外を持つ立場の人として、また子供を持つ母親として、真摯で切実な訴えもここrに響くものだった。



民進党・蓮舫代表記者会見 2017年7月18日


また記者質問において、ネット情報を根拠に記者とは思えない不勉強でいじめまがいの質問を行おうとした産経の記者の「三重国籍の疑いについては?」との質問に、良い意味での蓮舫氏らしい切れ味のよいやりとりでビシっと決めた。
以下そのやり取り


産経「ネットの情報ではあるんですけど、いまなお蓮舫さんが中国籍をもっているんじゃないかとか、三重国籍の疑いがあるんですけど、タレント時代、インタビューで『台湾籍』『中国籍』と発言を展開されていて、三重国籍の疑いも言われているんですけれども、その点について」
蓮舫「3つ私が国籍をもっているということですか? もう少し丁寧に質問お願いします」
産経「台湾籍と中国籍と日本籍」
蓮舫「台湾籍と中国籍って一緒にもつことができるんですか?」
産経「そこも含めてご回答いただければ」
蓮舫「もう少し丁寧に質問お願いします」
産経「ネットで言われている真偽不確かな情報について『ない』ということを言っていただきたいんですよ」
蓮舫「ネット上で言われている真偽不確かなことを、いま産経新聞さんが私に理由でなく確認されているという質問でよろしいですか? あり得ません」 


この会見を聞いていた人は、薄れ掛けていた蓮舫氏の魅力を再確認できたのではないか。
横浜市長選でもまとまらなさを露呈した民進党であるが、この会見のように、他の野党推薦の候補に一本化するようなビシっとしたリーダーシップを発揮してほしい。


市長選で、野党推薦候補の伊藤氏が、自公推薦候補の林前市長を下せば、民進党もやはり野党共闘に集中すべき、当の足並みを乱す保守派は、自民党へでも、小池新党へでもどんどん出て行ってもらうように腹をくくれるだろう。


蓮舫代表、どうかシャープな英断を見せて欲しい。



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


横浜市長選;投票率を上げ、カジノより給食伊藤候補応援

都議選の次は、横浜・仙台市長選。仙台は仙台は事実上、民進と社民が支持し共産と自由が支援する前衆議院議員の郡和子と、自公が支持する会社社長の菅原裕典との対決になる。市政そのものに特に争点があるわけではない中で、昨年の参院選でしっかり共闘を組んで民進党の桜井充を当選させた野党4党が、ここでも勝って、次の衆院選にまでつなげていけるかどうかが見どころとなる。


横浜は、地元の民進党は割れてしまって、旧民主系は林を推し、江田憲司民進党代表代行はじめ旧維新系は伊藤大貴を支持し、それを共産、自由、市民連合が支援する。
自公候補有利が伝えられる中、”カジノより給食’のスローガンで伊藤候補が伸びてきている。ここは是非、伊藤大貴候補当選で、カジノはいらない、子ども隊に給食を。特に貧困家庭、一人親家庭に置いて、お弁当こそ親の愛的親学目線の押し付けより、給食(昔に比べれば、本当に美味しくなった)は必要だろう。



コワモテの菅官房長官のシブヅラが目に浮かぶ展開になってきた。お膝元の横浜市長選(30日投開票)は野党が分裂。自公と連合神奈川が推薦する現職の林文子市長(71)の3選が確実視されてきたのだが、加計学園疑惑をはじめとする一連のアベ不信で対立候補の追い上げを許しているのだ。その原因をつくったのがほかでもない菅長官自身でもあるから、表立って支援できないジレンマに陥っている。


 選挙戦の争点は、菅長官が旗振り役を務めるカジノ誘致の是非と、市民から根強い要望がある市立中学校での給食実施だ。菅長官と林市長は横浜にカジノを誘致しようとしている。


 一本化に失敗した野党勢からは、反カジノを明言する新人2人が出馬。民進党の江田憲司衆院議員や共産党などは伊藤大貴元市議(39)を支援する一方で、かつて民主党に籍を置いていた長島一由元衆院議員(50)も立候補している。


選挙情勢に詳しいジャーナリストの横田一氏は言う。


「伊藤候補が掲げる〈カジノより中学校給食〉という訴えが広がりを見せていて、林市長と一騎打ちの様相です。争点を分かりやすく浮き彫りにした戦略が奏功し、子育て世代の有権者の関心を集めています」


■黒星なら安倍政権に決定的な打撃


 子どもを持つ親にとって給食は死活問題。ギャンブルに税金を費やすくらいなら、給食に回せという声が高まるのは当然だ。主食とおかず、牛乳がそろった「完全給食」の実施率は神奈川を除く1都5県の公立中で96.9%超(2016年5月1日現在)。ところが神奈川はわずか27.1%。横浜市はゼロで弁当持参が基本だ。


「菅長官の地元で黒星が付けば、安倍政権にとっては決定的な打撃になります。絶対に負けるはずのない選挙態勢を敷いているだけになおさらです。だから、菅長官も本当は前面に立って選挙を戦いたい。でも、菅長官がウカツに表に出ると、有権者の“スガ嫌い”に火が付くだけなく、カジノ誘致の是非が注目され、かえって選挙戦が盛り上がりかねない。投票率が低ければ自公は絶対に負けないが、都議選のように投票率が50%を超えたら、逆転必至です。それで、菅長官は告示後、一度も街頭でマイクを握れずにいます」(野党関係者)


 前哨戦の仙台市長選(23日投開票)は野党候補が10ポイントリードしている。


横浜市長選で自公が担ぐ現職の林市長が敗北したら、安倍政権は一気に崩壊に近づくことになる。


菅官房長官のお膝元、せひとも、野党共闘候補の若いエネルギー伊藤大貴候補当選を果たしたい。横浜市民の皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。

氏名:いとうひろたか
生年月日:1977年(39歳)
出身地:東京都
最終学歴:早稲田大学理工学部
所属:民進党→無所属


東京生まれ
大学卒業後日経BPに就職。
記者として産学連携や知財・世界環境に対する政策などを担当。
2006年に同社を退職
2007年 横浜市議会選挙に出馬し、初当選。
以降、2011年・2015年と連続当選。


「横浜にカジノは似合わない」趣旨の持論を発現。
代替案としては『山下ふ頭の再開発』を提案。



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ