密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

民進常任幹事会、新党移行、党名変更、現状維持を”改革”?残念なのは相変わらず

常任理事会で解党の選択肢?と産経が報じ、同党国会議員も知らないことをメディアが先んじて報道、と蓮舫氏は不快感を示したようだ。


離党希望者、特に参議院議員は、当然の選択肢として、共産嫌い改憲集団的自衛権容認原発再稼働派は希望の党へ、共産党を含む野党共闘賛成、安倍政権下での改憲反対、戦争法・集団的自衛権容認撤廃、原発0派は立憲民主党へ、どちらとも言えない人たちは民進党と住み分ければいいだけだ。


元来民進党は、リベラル、極右、はっきりしないの3つに分かれており、それが前原クーデターで顕在化した。


支持率を見ても分かる通り、民進党の不人気は、第二自民党ばりの超保守派の俺が俺がの権力志向と共産党を何が何でも排除という上から(どこが上なんだか、、)目線の傲慢野党共闘潰し(究極のことを前原氏はしたわけだが)を行なっていた超保守派(彼らは、支持率低迷は小池氏のせいにしているが、自分たちが不人気であるとそろそろ気づけ!)


常に、はっきりしない、連合の顔色伺い、でも安倍政権は許さない、仮面リベラルの現民進党についても、国民をイライラさせる原因であって、これも支持率は伸びない。


13日の常任幹事会では、やはり残念な民進党の面目躍如だったようだ。

民進党は13日の常任幹事会で、低迷が続く党自身を刷新するための再生策として大塚耕平代表が示した新党移行、党名変更、現状維持のまま党運営を改革とする三つの具体的な選択肢を含む改革案について了承した。国会対応では、来年1月の通常国会召集までに立憲民主党や希望の党との統一会派の実現を目指す考えも打ち出した。今後、選択肢に関する議論を本格化させ、結論を得たい考えだ。
 当初、新党として出直すため「解党」との言葉を盛り込むことも検討されたものの、調整の過程で「後ろ向きのイメージを与え、党が混乱する」(幹部)と見送られた。


何だか、此の期に及んでもまだ、自分たちが見えていないんだなぁ。”三つの具体的な選択肢を含む改革案”って、新党移行=意味がない。党名変更=意味がない。現状維持のまま党運営を改革とする=それしかないでしょう今のところ。それにしてもこんな発想しかできないとは、大塚耕平、退屈な男2代目襲名おめでとう。


決められない、筋も通せない、反省もできない、三つの具体的な問題点を明らかにした常任幹事会でした。


枝野立憲民主党は、今の所、民進党のようにブレたりしない、筋の通った主張をするストレートさに、安倍自民の受け皿を期待できるというのが国民の選挙戦を通じての印象だろう。正しいことを真正面から主張し実行する共産党を、前時代的印象操作とステレオタイプで国民が尻込みする中、立憲民主党に票が集まることはいいことだし、共産党や自由・社民・市民連合との、待ちに待った共闘の支柱になる期待も大きい。


立憲の趣旨に賛同する参議院議員は、何のためらいもなく移籍すればいいだろう。”居丈高”などと評される枝野氏だが、ここで民進党残留組を全て受け入れれば、またグズグズの折衷政党に戻ってしまうのだから、ここは、悪口を言われても、筋を通すべきところだ。


結局解党さへできない決められない民進党は、立憲にも行けない、希望にも行けない(たとえ保守派議員でも今の支持率と混乱からしたら行きたくないだろう)大局観のない折衷主義議員団の受け皿として存続して行けばいいと思う。今更枝野氏の軍門に下るのもプライドが許さない無所属当選の大物議員が中心に、民進党を存続すればいい。逆に、下手に、かつての仲間をもう一度などと、橋渡しに動くから、枝野氏に嫌な顔をされるのだ。


立憲、民進、希望の統一会派など、何を寝ぼけたことをいつまで言っているのだ。希望の党と立憲民主党は統一会派を組めようはずもない。希望の党はイケイケの勝ち組気分で排除した側、かたや、その希望の天敵の共産党の協力で押し上げられた新党にして野党第一党。
ここで立憲が民進を仲介に希望と統一会派など組めば、国民の立憲への期待は、あっという間にしぼむ。このことは枝野代表は十分認識している。だから”昔の仲間”との安易な合流を拒むのだ。ここがわからない民進党幹部は、政治センスが鈍磨している。だからかつての野党第一党はここまで支持率を下げ続けてきたのだろう。


離党したい議員は全部気持ちよく送り出して、しばらくは、是々非々のそれこそお得意のどっちつかずで、党のカラーや存在意義が出てくるまで(出てくるならいいが)支持率低迷でも頑張ってゆけばいい。 
時には、国会でかつても民進仲間で連携した国会追求をし、いい仕事をして行けば、国民も見直してくれるだろうし、勘違いイケイケ保守の希望の党を離党して、民進党に戻る保守派議員も出てくるだろう。(ジリ貧の希望超保守派は維新と合体W
そうして、次の参議院選までには、だいたい整理がついてくるだろう。


地方議員の年内の決断を即し、またぞろ、”居丈高”呼ばわりをされる枝野氏だが、やはり新党であっても、できるだけ早く堂々と野党第一党を張れる体制を整えるに越したことがないのだから、これも理にかなっている。

立憲民主党の枝野幸男代表は20日、民進党所属の地方議員について、「立憲民主党に来るなら来てもらわないと、そろそろ待てなくなってきている。年内くらいが期限だ」と述べた。国会内で記者団の質問に答えた。


 枝野氏は「民進の仲間だったので(擁立する場合は)優先したいと思っているが、立憲から地方議員選に出たいという人も待っている」と強調。2019年の統一地方選に向けた選挙準備を急ぐ観点から、早期の決断を促した。(2017/11/20-18:05)


枝野氏も、空気を読んだり、同調圧力忖度したり、ができない人のように思う。言ってることも、理論派の共産党と近しいと(私のような素人は)思うのだが、本人は一線を画して、”保守”を名乗ることにこだわっている。そんなところが、ちょっと”何だかなぁ、いらぬこだわりに、見えてしまうのだが、氏がメディアに顔出しして、質問に答えたりしていることは筋が通っているので、こういうことを積み上げ国民の信頼をもっともっと勝ち取って野党の支柱となる安定的な野党第一党になってほしいし、できれば連立政権を受け入れ政権交代を果たしてほしい。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

NYCで爆弾テロ未遂+アラバマで民主党候補が勝利は大事件

NYの中心部のポートオーソリティー・バスターミナルで手製爆弾で自爆テロを試みた事件が11日に起こった。5人が負傷、犯人も火傷を負ったというので、粗末な弱い爆弾だったことは幸運だった。犯人はISISかぶれの永住権を保有するバングラデシュ出身の男性ということだ。


ポートオーソリティーは空港バス、路線バスのみならず、アメリカ各州から長距離バスが発着する巨大バスターミナル。慣れないと道に迷うくらい、広くて複雑。

ミュージカルのメッカ、ブロードウェー・タイムズスクエアーも近い。タイムズスクエアーは、数年前、自動車に爆弾を仕掛けて停車していたが不発、NYPDが取り押さえたという、怖い話もあった。
結局、余計な憎しみを煽ればその分危険も呼び込む。火中の栗に素手で手を突っ込んだ、類人猿大統領。国のトップのいい加減な発言で、人が死ぬのは、(犯人は、FBでトランプへの反発のメッセージを出していたし、エルサレムではデモで実際に死者が出ている)本当に理不尽だ。


だが、トランプ・共和党支持の国民も、トランプな傾向にほとほと嫌気がさしているのが、アラバマの補選で共和党候補が敗れてという歴史的大事件(アメリカではそういう感じなのだ)で見て取れる。


もちろん、この、トンデモ元保安官の30代の頃のセクハラが敗北の原因であると言われている。しかし、超保守の人々は、女性の権利など、何ら問題にしていない。大事なのはイエスと聖書、自分たちの宗教解釈のみ正しいと信じ、他人に強制したい人々なので、セクハラなんて、不届きな女のたわごと、くらいにしか捉えない。現にトランプはセクハラ大王、それでも彼を崇めているのが、こうした保守系の女性たち。だからこの補選も、民主党が勝つことは不可能に近いと、夫Dさんは言っていた。 ところがどうだ!!! 民主党の勝利確実!!
当確のジョーンズ氏は検察官出身で、1963年に同州バーミングハムの黒人教会で爆弾が爆発し4人の少女が命を落とした事件で、爆弾を仕掛けた白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン」(KKK)のメンバー2人の有罪判決を勝ち取ることに貢献した。
ジョーンズ氏は勝利演説で、「選挙の一貫したテーマは尊厳と尊重だった」と語った。
この選挙運動は法の支配がテーマだった。当たり前の礼儀と良識、この州のどの地域に住んでいようと全員の人生が公平に扱われるようにすることがテーマだった
まさに、今、人々が必要としていることである。

CNN) 米南部アラバマ州の上院議員補欠選挙は12日に投開票が行われ、CNNの集計によると民主党のダグ・ジョーンズ候補が共和党のロイ・ムーア候補を抑えて当選を確実にした。ジョーンズ氏の支持者らは午後9時半ごろ、当選確実の知らせを受けて大きな歓声を上げた。同氏は「ありがとう、アラバマ」とツイートした。
ジョーンズ氏はこの後、支持者らの前で勝利を宣言し、「この選挙戦は尊厳と敬意がテーマだった」と述べた。


保守強硬派で知られる同州元最高裁判事のムーア氏は、かつて少女らにわいせつ行為を繰り返したとの疑惑が浮上して波紋を呼んだ。しかしトランプ大統領は今月初め、ムーア氏への支持を正式に表明していた。
ムーア氏は午後11時半ごろに登壇したものの敗北を認めず、再集計を求める構えを示唆した。両候補の票差が1%に満たない場合は自動的に再集計となるが、その可能性は低いとみられる。


アラバマは共和党の地盤として知られ、民主党が上院の議席を獲得するのは25年ぶり。民主党は同州での接戦を制することで、来年の中間選挙に向けて大きな弾みをつけることになる。


共和党は震え上がっているだろう。トンデモトランプの暴挙は共和党の支持層をも蝕んでいる。みんな我慢の限界だ。アメリカしか頭にない一部の人たちの選んだ大統領が何をしたか?アメリカの歴史に残る無残な行政とも呼べない政権運営とめちゃくちゃな外交、モラル破壊と分断を生んでいる。


トランプ自身も、少なくとも15人の女性が、セクハラから性的暴行、女性の近くでのみだらな振る舞いまで様々告発を受けている。これに対して全く知らない人だとまたしても嘘を垂れ流し、即座に写真映像などでファクトチェクされてしまうという、いつもの体たらく。


トランプのツイートは、
「膨大な時間と費用をつぎ込んだにもかかわらず、民主党は(政権と)ロシアとの共謀を明示することができていない。だから今度は女性たちによる虚偽の告発と作り話に乗り換えたわけだ。私はあの女性たちを知らないし、会ったこともないというのに。まさにフェイクニュースだ!」
ロシアゲートも、確実にしっかり前進している。フリン氏が司法取引に応じたとこはトランプ陣営にとって、大変恐ろしい事態だ。強がっても不安あのでついツイートしてしまうのだろう。このアラバマ補選で、トランプに見切りをつける共和党議員が増えることは間違えない。中間選挙で、共和党の多数議席を切り崩し、議会に取る大統領罷免ができるくらい民主党には頑張って欲しい。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

”Democracy is falling part quickly”オバマ氏の警鐘


オバマ時代が懐かしい。これほど頻繁に大問題を起こすトランプのトンデモぶりは、最悪大統領と言われていた、ブッシュ2を軽く超えた。


オバマ氏は、再三暗示的な方法でトランプを諫めようと発言しているが、トランプには暗示など理解できない。知的レベルの違いを考慮すべきだろう。


今回の警鐘は、国民に向け、民主主義のもろさを訴えた。”Democracy is falling part quickly”この言葉は今の日本の有権者もしっかり考えるべきだろうと思った。

ワシントン(CNN) 米国のオバマ前大統領は9日までに、米国の有権者に対し民主主義への参加の継続を促し、自己満足はナチス・ドイツの隆盛をもたらしたと警告した。

米シカゴ市で開かれた経済関連の会合で演説した。同会合のビデオ映像によると、オバマ氏は「民主主義の庭園の手入れが必要。そうしなければ物事は極めて急速に崩れる。我々はその事態が起きている社会を目撃している」と強調した。
トランプ大統領を直接意識した発言なのかはビデオ映像からは明瞭でない。オバマ氏は過去1年、暗示的な方法ながらトランプ政権による気候変動対策などの政策を再三批判してきた。


オバマ氏はシカゴでの会合でナチス・ドイツに触れ、1920年代や30年代に音楽や芸術、文学に満ちあふれていたウィーンの舞踏会に言及。この華やかさが永久に続くと思われたが、その後、6000万人の人々が死に、全世界が混沌(こんとん)に陥ったと指摘。「物事を注視し、投票しなければならない」と続けた。


また、米国の歴史的な事例を持ち出し、自らの政治的英雄とあがめるフランクリン・ルーズベルト元大統領による第2次世界大戦中の日系米国人の強制収容を指摘。この措置は米国の制度の脅威になったとし、検閲が承認されたマッカーシー時代や法統治に背き弾劾(だんがい)前に辞任した米大統領の存在に注意を向けた。


報道の自由の重要性も弁護し、在任中、正しく報道せず怒りを再三覚えた体験も紹介。だが、報道の自由の原理の重要性は認識していたとし、大統領としての職務の一環はこの原理を維持させることだと主張した。


民主主義、自由、平等は、それを行う人々の、不断の努力で成り立っている。、そして、それを怠れば、民主主義のあらゆる部分が、簡単に欠け落ちてしまうことも、理解しなければならない。現に安倍政権のもと、どれだけの民主主義の原則が
欠け落ち剥がれ崩れてしまっているのかを、目にしてきた。
単なる、バラマキや、口先だけの甘言公約に惑わされず、私たちも、オバマ氏の言葉通り、「物事を注視し投票しなければならない」

PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ