密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

バズフィードのロシアンゲートにおける”トランプ偽証指示”スクープへの憶測

米政府機関の閉鎖長期化、民主党のペロシ下院議長アフガニスタン訪問に対し、軍用機の使用許可をしないと通告し(かつ大統領が自国のNo3の紛争地への訪問予定を公表するという異常行動)世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)への代表団派遣を中止しなど、米国市民のほとんどが、重要と考えていない国境の壁の建設の費用をめぐる、トランプのただの”絶対喧嘩に負けない”という人生ポリシーで、大きく国益を損ない続けているアメリカ。 もうみんなこんな大統領にうんざり。トランプの無茶振り人気を盾に、常に無理めの法案(堕胎禁止や、学校での祈りの法制化、公立高校の廃止、保守派最高裁判事の任命+オバマケアの撤廃)を通すためトランプを支持してきた共和党内の議員たちや、学歴のない白人層=いわゆるトランプな人々の中でも支持離れが起こっている。


こんな大統領で後2年やっていたら、さすがにアメリカが危ないと危機感を募らせる保守派も出てきている。そんな、弾劾を望む人々に強烈な朗報をもたらしたバズフィードのスクープ、個人弁護士で、6つの罪で控訴されているメイケル・コーエン氏が、トランプ大統領マイケル・コーエン氏に議会での偽証を指示した、と報じた。


しかし、異例なことに、マラー特別検察官の事務所は18日夜、報道は「正確ではない」とする声明を発表したことでより物議を醸している。



トランプへの個人崇拝の呪縛から解き放たれたと語るコーエン氏


(CNN) 米ニュースサイトのバズフィードは17日、捜査当局者2人の話として、トランプ大統領が元個人弁護士マイケル・コーエン被告に議会での偽証を指示したと報じた。一方、マラー特別検察官の事務所は18日夜、報道は「正確ではない」とする声明を発表した。


バズフィードが伝えた当局者の話によると、トランプ氏はコーエン被告に対し、ロシアの首都モスクワでの「トランプタワー」建設計画をめぐり、実際より早い時期に交渉が打ち切られたと証言するよう指示。コーエン被告本人がマラー氏のチームにトランプ氏の指示と認めたとしている。


CNNはこの報道内容について確認できていない。


マラー氏の報道担当者はコーエン被告に関するバズフィードの報道に対し、「特別検察官事務所に対する特定の発言に関する記述や、当事務所が入手した文書や証言の特徴付けが正確ではない」と述べた。


特別検察官事務所が進行中の捜査に関するメディア報道について、法廷外で声明を出すのは異例。


一方、バズフィードは声明で、「特別検察官が異議を唱えている点について引き続き報道と特定に当たっている。記事の正確性に自信を持っている」と述べた。


トランプ氏の弁護士を務めるジュリアーニ元ニューヨーク市長は18日午後、声明を出し、トランプ氏がコーエン被告に偽証を指示したとの情報は「全くの誤り」と主張。「マイケル・コーエンは有罪判決を受けた犯罪者であり、うそつきだ」とした上で、被告の主張について刑の軽減を狙ったでっち上げとの見方を示した。


同日夜にはツイッターで、マラー氏が否定の声明を出したことを称賛。メディアはバズフィードの記事に関する報道で反トランプの偏向を示したと批判した。
ホワイトハウスのギドリー報道官は、コーエン被告の証言の信ぴょう性を否定した。コーエン被告はバズフィードの報道に対してコメントしていない。


民主党の下院議員で情報特別委員会委員長を務めるアダム・シフ氏は報道を受けてさらなる調査が必要だと要求。「今まで最も深刻な部類に入る」「それが正しいかどうかを把握するために必要なことは全てやる」と語った。


オバマ政権下で司法長官を務めたエリック・ホルダー氏は「証拠の検証は必要だが、もし真実であれば、議会は弾劾手続きを始めなければならず、(司法長官候補の)バー氏は少なくとも、マラー氏が発見した資料の関連部分に言及しなければならない」と述べた。


マーラー調査チームは不可侵の大きな権限を持ち、独立独歩で、十分な時間をかけて着実に調査を進めている。今回のことに関しても、一部でも不正確な内容、証言の言葉の違いであってはならず、調査内容は最終的な布告までは、明らかにはしたくないだろう。しかし、声明の出し方から、バズフィードの報道が事実無根、でもなさそうだ。下院はこの件で独自の調査を行うだろう。


トランプも、ペロシ下院議長への意趣返しだの、壁への無意味なこだわりだの、やってる場合ではなくなりそうだ。



PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

支持率回復改憲誘導のための嫌韓扇動はとても危険

よくある軍事上のニアミス(でさえないと思うが、、)事態を、常軌を逸する嫌韓に先導し、まだまだ引っ張って、愛国ブームを盛り上げたい安倍政権の浅薄で幼稚な計画に丸のりするメディアや愛国な人々の狂宴、には、うんざりを通り越して、危機感を覚える。


文大統領の“無礼”という表現だけをとりあげて、国民感情を煽り、事態を解決しようという意思は皆無の日本政府。


工学博士で著述家の牧田寛氏はこう言う。



「軍事機密が関わるやりとりは、密室であっても大原則は相互主義です。韓国国防部の発表を見る限り、シンガポールでの協議で日本側はごく一部の情報を提示することを示唆し、韓国側には広開土大王型駆逐艦の全電子情報を提供するように求めた。それが本当なら極めて悪辣なことで、植民地主義とみられても仕方ありません。韓国側が『無礼で、事案解決の意思がない強弁である』と表明するのは当然のことです。
<日刊ゲンダイ記事より>


ハンギョレ紙の記載では、
16日、軍関係者の説明を総合すると、日本は実務協議で、哨戒機が収集したレーダー情報と広開土大王艦の追跡レーダー周波数情報全体を交換しようと主張した。これに対し韓国は「情報の非対称性」を提起し、日本側の要求を拒否した。哨戒機が照射されたというレーダー情報と広開土大王艦の追跡レーダーの全体情報は等価の情報ではないということだ。国防部関係者はレーダー情報は軍艦の命だ。これを公開すれば、電子戦の状況で攻撃を避けられなくなる。日本が不確実な情報を提供する代わりに、私たちにはすべての情報を提示しろというのは、無理な主張」だと説明した。


この記述も牧田寛氏の意見と一致する。まさに、事実を冷静に捉え、今後このようなことが起こらないように、お互いに検討鋭意努力をする、という次元の事案を、ここまでことを大きくし、騒ぎ立てているのは日本側で、しかもこういう事態の謝罪のなんのを持ち込んで高圧的に強弁する姿勢も、慰安婦や徴用工と同レベルになれ下手子供じみた意趣返し的様相がある。


<ハンギョレ記事続き>
韓国は実務協議で、日本の哨戒機の接近が、日本政府が先日のテレビ会議で威嚇飛行のパターンとして提示した、艦船に向かって進撃する飛行▽模擬攻撃飛行艦艇の船首を横断する飛行に当たると、問い詰めた。日本の哨戒機は当時、広開土大王艦の周辺を10分間旋回し、3度も威嚇飛行を行ったと、軍関係者は説明した。日本は、韓国の艦艇が脅威を感じたという説明は理解できるが、哨戒機が威嚇飛行をしたことは認めなかったという。韓国軍用機が日本艦艇に向かってそのような飛行をしても日本は抗議しないのかと問うと、日本側は「抗議しない」と答弁したが、「公式の答弁ではない」として前言を翻したという。
 

韓国は今回の実務協議で、この問題を政治争点化する日本に強い遺憾を表明した。韓国は実務協議にレーダー分野の専門家まで動員して事実関係の究明に乗り出したが、日本側の代表団には専門家が参加しておらず、そもそも軋轢を解決する意志がなかったのではないかという声も上がっている。韓日は次回の実務協議の日程も決めることができなかった。
ノ・ジウォン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)


文章の具体性を見ても、韓国側の言い分は理解できる。日本のメディアでこれほど筋の通った報道をしているだろうか?


今危険視し、喧嘩するのは韓国ではない。専門家である軍事(日本は自衛隊か、)関係者で協議し、お互いの相違点を、謝罪云々などという実のないことにこだわらず、今後の再発防止のために(威嚇飛行と取られかねない飛行、やレーザーの照射、その後の意思疎通の問題など)、許容すべきところはして、現実的にことを収めるべきで、一部の政治家の世論先導の思惑に翻弄されるべきではない。


韓国は日本の敵ではないし、文化の近い隣人として、尊敬を持って向き合うべき人々であることを、忘れているのは日本の方だ。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ぼやき、結局中途半端民進党に戻る?立憲民主党

今回は、ただのぼやきです。福山幹事長の定例会見を見た。案の定、伊勢神宮参拝について、一年前の逢坂議員の安倍総理いぜ神宮参拝をLINEで発信したことに対する、質問主意書安倍総理の伊勢神宮参拝に関わるLINEでの発信に関する質問主意書
安倍総理の伊勢神宮参拝に関わるLINEでの発信に関する質問主意書 提出者  逢坂誠二
 平成三十年一月四日、首相官邸のLINEの公式アカウントで安倍総理は、「安倍晋三です。伊勢神宮に向かう道中、新幹線から美しい富士山が見えました」(「本発言」という。)と発信している。
 静粛な環境の下、歴代の総理大臣が年頭にあたり伊勢神宮に参拝することは、社会通念上、国民に受容されていると考えられるものの、その行動を首相官邸のLINEの公式アカウントで告知することは、伊勢神宮の活動に関する助長、促進につながるものと考える。
 このような観点から、以下質問する。
一 歴代の総理大臣が年頭にあたり宗教施設である伊勢神宮に参拝することは、社会通念上、国民に受容されていると考えているのか。政府の見解如何。
二 本発言が発信されることで、伊勢神宮への参拝者が増加し、特定の宗教施設の活動を援助、助長、促進するものではないのか。政府の見解如何。
三 本発言をLINEで発信することは、「昭和四六(行ツ)六九 行政処分取消等」(最高裁判所大法廷判決 昭和五十二年七月十三日)でいうところの、「当該行為の目的が宗教的意義をもち、その効果が宗教に対する援助、助長、促進又は圧迫、干渉等になるような行為」に該当し、日本国憲法第二十条に反するのではないか。政府の見解如何。
四 静粛な環境の下、内閣総理大臣が年頭にあたり伊勢神宮に参拝することは、社会通念上、国民に受容されていると考えられるものの、その行動を事前に、首相官邸のLINEの公式アカウントで告知することは、伊勢神宮の活動に関する助長、促進につながり、不適切ではないか。政府の見解如何。
 右質問する。

に対して、今回の立憲民主党議員の参拝は矛盾するのではないか?という記者質問に、『議員が個人として参拝したもの』という自民党が毎度毎度言う同じ答えを口にしたことに対して、うんざり、がっかりした。ブルータスよも前もか、、、と言うか、なんか結局与党を目指すと、与党のような対応になるんだよね。まだまだ道のり遠いのに、言葉で言いくるめる傲慢与党臭プンプン。



だいたい、枝野さんたちは個人として参拝したと言うが、今まで毎年参拝していたの?
信仰は継続。大事な勝負の年だから、神頼み、それも日本の保守派受けのいい新党神社?なんで伊勢神宮。まあ、宗教にフレキシブルな日本人、神頼みは神社というのはわかる。だったら、近所の小さな神社に、別々に行けばいいじゃないですか。


そんな根性の野党第一党が、打倒安倍政権の大義を利用して、共産党にまた一方的に候補取り下げ圧力をかけ、支持率ほぼ無しのかつての仲間国民民主とは受け入れ会い、自民を減らすより、共産党を弱体化し(今より多くの人たちが共産党の応援に回っているので、そうはならないと思う、がしかし前回選挙で緊急事態の犠牲的取り下げで議席を減らしてしまった故に、共産党の質問時間が減らされ、法案提出権がなくなってしまったことは国民にとって痛恨の事態だ。)国会で、うちわ取引の駆け引き政治をやろうとでもいうのか。


民進系だけでは、最後の詰めが甘く、共産党無くしては、安倍政権の私物化隠蔽改ざんなどの大問題の半分も暴けなかったのだから、共産党に候補取り下げを一方的に求めることは、安倍政権を利することになる。


今野党は纏まろうとしている(本当にぃ〜?)のに水を差すのはいけないけれど、今回の
立憲民主党議員の、安倍とかぶる参拝行動と、その言い訳は、とても舵取りを任せられる信念があるとは思えない。今の日本を救うのに、普段拝みもしない神様に誓うなんて甘っちょろい覚悟で何ができるのか。自民ののおこぼれの保守票を狙うより、反安倍怒りを持っている、全体主義・国粋主義に危機感を持つ、普通の国民に寄り添いその票を大切にして欲しいですよ。しっかりしてよ、野党第一党!!!!!!!


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ