密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

でしゃばり山本地方創生相「勝負は終わっている」の

みょうに前面にだ違って張り切る山本地方創生相
安倍ブチ切れ獣医学部全国展開発言を受けて、火消し役を買って出た?

加計問題「勝負は終わっている」 山本地方創生相


■山本幸三地方創生相


 (学校法人「加計学園」の国家戦略特区での獣医学部新設について)挙証責任というのは規制監督省庁にある。この原則をしっかり認識してもらわないと、今回のような話も全く理解されないわけであります。


 今回の話というのは、(国家戦略特区)ワーキンググループで議論していただいて、去年の3月末までに文科省が挙証責任を果たせなかったので、勝負はそこで終わっているんですね。もう1回、延長戦で9月16日にワーキンググループやってますが、そこで議論して、もう「勝負あり」。その後に何を言っているのかという気がして、私はなりませんけども。


 それを踏まえて、きちっと(国家戦略特区)諮問会議に上げて粛々と議論を進めてきたわけで、一点の曇りもない手続きにのっとったやり方でありますので、満幅の自信をもって、これはしっかりやりたいというように思っています。特区の成果がしっかり上がれば、全国展開が一番望ましいわけで、それに向けて全力を挙げていきたいと思います。(地方自治体の首長らから国家戦略特区推進の要望を受けて)


(朝日新聞デジタル 2017年06月26日 23時35分)


この説明では一般庶民は何が勝負アリなのかさっぱりわからない。
大前提として、国家戦略特区ワーキンググループに絶大な信頼を置いているのだが、そもそも 本当に信頼に足るものなのか? ここまできたらメンバー選出の根拠も明らかなしなくては、『国家戦略特区ワーキンググループが議論したから』では納得できない。


この問題は安倍総理及びその周辺の、権力の私物化という疑惑なのだから、ワーキンググループも私物化人選で、すべて政権の恣意的運用に都合良いメンバーが組まれた可能性もある。


『(国家戦略特区)ワーキンググループで議論していただいて、去年の3月末までに文科省が挙証責任を果たせなかったので、勝負はそこで終わっているんですね。』とドヤ顏トークしているが、言語明瞭意味不明。


『(学校法人「加計学園」の国家戦略特区での獣医学部新設について)挙証責任というのは規制監督省庁にある』と言い切っているが、これも、『「加計学園」の国家戦略特区での獣医学部新設について』の”何”に、『挙証責任』が発生したのか?  問題は、加計学園に決定する過程で、加計学園のみに決定するような誘導が行われたか否かであり、それが行われたかどうかの挙証責任を問うのなら、文科省はすでにその過程で重要な要素となる内部文書を提出している。それを受けて、挙証責任は内閣府に写っているのではないか?


「加計学園の獣医学部新設は内閣府が主導し、そのトップは菅長官です。つまり、問題の実質的なキーマンと言っていい。本来なら率先して説明責任を果たすべきで、何もしないのは無責任極まりない。文科省の内部文書についても否定していましたが、今回のように『言った、言わない』の水掛け論を防ぐために公文書制度があり、公文書管理の所管は内閣府。担当の役所の番頭役でありながら、きちんと文書を残していた文科省の対応に難癖をつけるのはおかしいでしょう。反論するのであれば、国会の場で行うべきです」
「森友・加計問題を考えるシンポジウム」のコーディネーターを務めた東大名誉教授の醍醐聰氏


問題の本質の間もすっ飛ばして、難しい言葉で、まるで終わっているかのように誘導する、小賢しい官僚上がりのKissAss大臣の煙巻トークにだまされるほど、国民はバカじゃない。


本当に言うのなら、
学校法人「加計学園」の国家戦略特区での獣医学部新設において行われた、加計学園のみに有利な采配があったかどうかという疑惑の、挙証責任というのは、特区の最高責任者・議長である安倍総理にある。この原則をしっかり認識してもらわないと、今回のような話も全く理解されないわけであります。が正しい。そのような


武村 正義氏が石破氏氏との対談で言っていたが、
「自分で議長を務めているなら、知り合いには、今回は応募は待ってくれ、自分が辞めた後にしてほしい、というのが本来の筋」と言っていたがまさに正論。それが権力を預かる者の本来のあり方。 安倍屁理屈で、都合よく自分も一市民を主張してみたり、総理の立場と、自民党総裁の立場を使い分けたり、権力の恩恵で活動している妻を私人扱いしたり、すでに”道理”を踏み外しまくっている。


理屈の合わないものに、無理に屁理屈で押し通しても、難しい言葉で花見雨に巻いても、
原則をしっかり認識している国民には、全く理解されないわけであります。ということを、しっかり認識してもらわないといけない。


そんなこともわからないから、三バカ大臣に名を連ねてしまうのだ。



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


今度は自衛隊私物化;稲田防衛相選挙応援

せっかく強引幕引きしたのに、次から次へと問題噴出。あとで謝罪したものの、防衛相としての資質(もうすでに不適切という判断が下されているのだが)に大きな問題がある発言だ。

 稲田朋美防衛相は二十七日夜、東京都板橋区で開かれた都議選の自民党候補を応援する集会で演説し「ぜひ当選、お願いしたい。防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としてもお願いしたい」と支持を呼び掛けた。自衛隊を政治利用するもので、行政の中立性を逸脱したと受け取られる可能性がある。野党は「即刻辞任すべきだ」(蓮舫民進党代表)と批判した。稲田氏は同日深夜、国会内で記者団に「誤解を招きかねず、撤回したい」と語った。「職務を全うしたい」として辞任は否定した。
 

野党は政権批判を強める構えで、安倍晋三首相は加計学園問題に続き、七月二日の都議選投開票を前に、新たな火種を抱え込んだ格好だ。稲田氏の発言は、防衛省と自衛隊が組織を挙げて候補者を支援すると主張したようなもので、法に抵触する恐れもある。
 稲田氏は演説で「隣の練馬区には自衛隊の師団もある。何かあった時に自衛隊がしっかりと活躍できるのも地元の皆さま方の協力があって初めて(可能だ)」とも指摘した。板橋区に住む、陸上自衛隊練馬駐屯地(練馬区)の関係者を念頭に置いた発言とみられる。
 演説後、記者団から発言の真意を問われた稲田氏は「練馬駐屯地も近いし、防衛省・自衛隊の活動に当たって地元の皆さま方に大変、ご理解、ご支援をいただいていることに感謝していると申し上げた」と釈明した。二十七日深夜には「防衛省、自衛隊に限らず、政府機関は政治的に中立で、特定の候補を応援するのはありえない」と述べた。
 民進党の蓮舫代表は「防衛相の地位にありながら、自衛隊を政治的に利用するもので看過できない」として辞任を求めるコメントを発表した。


◆政府高官「こればかりは、まずい」
 稲田防衛相が「防衛省・自衛隊、防衛相として」と前振りをして、自民党候補者への支援を要請した発言が「自衛隊の政治利用だ」との批判を招くのは必至だ。当日中に撤回したとはいえ、東日本大震災を巡り「まだ東北で良かった」と失言した今村雅弘復興相が四月に更迭されたばかり。学校法人「加計学園」を巡る問題がくすぶり続ける中、閣僚による失言の連鎖で政権への逆風がさらに強まった。
 発言を伝え聞いた政府高官はしばらく絶句した後に「こればかりは前後の文脈と関係ない。まずい」と頭を抱えた。自民党の閣僚経験者は「東京都議選への影響が出る」と懸念。自民党議員には豊田真由子衆院議員が秘書への暴力行為で離党届を出すなど、不祥事が相次いでおり、公明党幹部は「オウンゴールの大合唱だ。野党に付け入る隙を与えただけだ」と憤りをあらわにした。
 

一方、野党は政権批判に勢いづく。加計問題も含め、臨時国会や閉会中審査の開催を強く求めていく方向だ。
 民進党の山井和則国対委員長は取材に「自衛隊の政治利用は絶対にあってはならない。稲田氏に防衛相の資格はない」と辞任を要求。「安倍晋三首相の任命責任も問われる」と非難した。


<行政の中立性> 憲法第15条は「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」と規定。公職選挙法は「公務員が地位を利用して選挙運動をしてはならない」と定め、公務員に政治的な中立性を求めている。自衛隊員も同様に、自衛隊法で政治的行為が制限され、政令で地方公共団体の議会議員選挙などで特定の候補者を支持することを禁じている。2012年には当時の沖縄防衛局長が部下への「講話」で、沖縄県宜野湾市長選を巡り投票所に足を運ぶよう求めたことが問題視され、防衛省訓令に基づく訓戒処分を受けた。
(東京新聞)


誤解を与えたというのが典型的な自民党議員の失言謝罪だが。実際は誤解の与えようもなく、はっきりトンデモ発言をしているのが常。一候補に「防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としてもお願いしたい」はっきり言っちゃってる。 自分が防衛相だから、自衛隊も防衛省も自分の命令一下で選挙応援する、とぶち上げたのと等しい。
共産党小池晃氏のツイート
小池晃 @koike_akira
稲田さんは、南スーダン日報でワンアウト、「森友学園顧問弁護士だったことない」でツーアウト、今回の「自衛隊としてお願い」でスリーアウト、チェンジ!即刻罷免すべき。
これまで大臣を続けさせてきた安倍首相の責任重大。
今日12時半から稲田発言のあった板橋(大山の文化会館前)で訴えます。
2017年Jun27日 21:15


こういう感覚・認識の人間をトップに頂く自衛官が本当に気の毒だ。



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ご夫婦で口緩む?改憲前倒しとメディア批判 身内講演会の安心感 

トランプは世論の逆風が強まると、自分の支持者の集会を開いて、好き放題言って賞賛を浴び”元気をもらう”を繰り返している。


安倍ご夫妻も、同様に、内輪の批判などでようはずもない講演会では、大いに語る。
加計批判が続くことに”頭にきて”戦略特区獣医師全国展開をぶち上げ、焦りのためか、改憲前倒し、急げや急げ猛レース!!

安倍晋三首相(自民党総裁)は二十四日、神戸市内で講演し、憲法改正について「自民党で改正案の検討を急ぐ。臨時国会が終わる前に、衆参の憲法審査会に自民党の案を出したい。二〇二〇年は、新しい憲法が施行される年にしたい」と明言した。自民党は年内の改憲案の取りまとめを目指し、党内議論を進めてきたが、首相はそれを前倒しさせる方針。秋に召集予定の臨時国会で憲法審査会に提出する考えを示したのは初めて。


 首相は臨時国会に提出する理由について「憲法施行七十年の節目にある本年中に、自民党が先頭に立って歴史的な一歩を踏み出す決意だ」と強調した。


 首相は五月の憲法記念日に、戦争放棄や戦力不保持を掲げた九条の一項、二項を維持したまま、自衛隊の存在を明記することや教育無償化の拡大など改憲項目を提案。この日の講演でも「自衛隊を憲法にしっかり位置付け、合憲か違憲かという議論を終わりにしないといけない」と語った。


 党の憲法改正推進本部は自衛隊明記など四項目を中心に議論を開始。保岡興治本部長は首相の指示を受けて「遅くとも年内をめどに提案を取りまとめたい」としていた。

ただ、本部は首相提案を巡る議論を本格化させたばかり。今月二十一日の会合では、年内取りまとめの方針について「あまりにも性急すぎる」「時間制限を設けずに、自由に議論する機会をつくってほしい」との異論が出ていた。


 首相が自民党案の国会提出を臨時国会に前倒ししたのは、来年の改憲発議を目指すからだ。発議には、衆参両院の本会議で総議員の三分の二以上の賛成が必要だが、来年十二月には衆院議員の任期が満了し、衆院選後も三分の二を維持できる保証はない。


 自民党案の提出が早ければそれだけ、憲法審査会での審査時間を確保しやすくなり、国民に審査を尽くしたとの説明がしやすくなる、との判断があるとみられる。


焦っている。何を焦っているのかといえば、自分が首相のうちに何が何でも改憲、に執着している安倍首相にとって、森友・加計問題で高支持率安泰政権が揺らいできたことと、力で抑え込もうとして行った、共謀罪中間報告強行採決の横暴は反発を生み、新文書の続々と出て、支持率が急落。 苦しいときの、北ミサイル頼みで、4億もかけてお笑いのCMを流し、これも外して、都議選惨敗の危機。
逆風になると、自分の身内、味方のTV番組や講演会で強気の発言をして、自己満足。
『逆風に 神戸の空は、五月晴れ』と一句読んでご満悦。
ところが、日本国首相であるので、自己満足・癒しの演説では済まされないのだ。


改憲を憲法順守義務のある首相が主導して行う、まして国会での討論以前にスケジュールまで決めて出すというクレージー。 逆風の理由が’総理の人格が信用できない’なのだから、いくら強権を振りかざしても、国民投票で結果が得れれないことはわかり砂ものだが、自分の地位が揺らいでいるため、当たって砕けろヤケクソの逃げろや逃げろ猛レース


方や、すっかり雲隠れしていた、昭恵夫人も、味方に囲まれ、メディア批判。

 安倍晋三首相の妻、昭恵氏が23日、岐阜市で講演した。森友学園問題での報道機関の指摘を念頭に、「批判はして頂いて結構ですが、こちら側が伝えたいという思いもきちんと伝えて頂きたい」と述べた。


 2月の訪米時に、トランプ米大統領夫人のメラニア氏が昭恵氏の日程に同行しなかった点を米メディアが批判的に報道したことを引き合いに、「『印象操作』と言われていますが、本当はメラニア夫人はそういう思いじゃなかったのに、マスコミによって作り上げられてしまう。大変怖いなと、自分のことを思いながら感じました」と報道への不満をにじませた。


 昭恵氏はこの日、岐阜県経済同友会の招きで講演。約1時間、東日本大震災の復興支援や自ら経営する飲食店について語った。


(朝日新聞デジタル 2017年06月23日 19時08分)


ミレニア夫人がメディアで避難を浴びたのは、それがファースチレディーの公務であるからで、夫人だどういうつも地下などは問題ではない。どうしても、体調などで都合がつかない場合、自分の代理、イバンカなどを差し向けるべきだ、そこまで気が回らないことが
ファーストレディーの資質にかけるから、メディア批判につながったのだ。


それがファーストレディーと呼ばれる人の責務である。こうしたことを、自分の気持ちを分かろうとしてくれず避難するマスコミへの、憤懣攻撃に引用するのは、いささか幼稚。




昭恵さんはすべて良かれと思って、夫の地位的特権と、パワーを最大限に”近しい人”に役立てようとした、善意でしかなかった、と言いたいのだろうが、私的サークルの運営ではない、ことは国民から委託された政治的権力と血税のかかった、公平公正の求められる事案であることが、わかっていなかったのだろう。


『こちら側が伝えたいという思いもきちんと伝えて頂きたい』のであれば、ことは簡単
記者会見なり証人喚問なりで話されればそれで済むことで、誰も拒否していない。
むしろ多くの国民が望んでいる。


夫婦揃って内弁慶の甘ったれ。しかし、その結果、関わったために破産と投獄の憂き目に会う人もいるのだ。その反面、ご夫妻は、私人に戻っても、美食とゴルフと楽しい仲間との集まりを続けて行かれるだろう。ただ、血税を湯水のように使う王侯貴族的行動は諦めていただくしかない。
お二人のためにも日本が民主主義でよかった。そうでなければ、前時代のように断頭台の露と消える悲劇もあったかもしれない。 だから、危機感煽りでの脅しや口先三寸の国民懐柔を止め、これ以上民主主義を破壊せず、静かに退陣するべきだ。そして決して終生暮らしに困ることのない恵まれた生活を送ればいい。ただ他人の人生を左右する立場には二度つかないで欲しい。


それから、個人的野望で、国民投票850億円の血税を使い、しかもお試し改憲なんて軽いノリ、とんでもない話だ。重ねて言う、1日もはやく総理を辞めて私人にもどって欲しい。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ