密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

検察審査会不起訴相当で山口氏”完全に終結”宣言 民事裁判で公正な審判を!

真実を明らかにする努力、またその過程により、不当に受けた深い心の傷の治癒がなされる可能性がある。裁判はその手伝いをする制度でもあると思う。被害者、加害者、双方言い分が食い違うのなら、裁判で検察側、弁護側で戦い真実を明らかにする努力がされるべきだが、詩織さんの場合、被害者の代弁者となる検察側が、平たく言うと”やりたくない”と言って裁判にしないということだろう。
だから、無作為に選出された日本国民(公職選挙法上における有権者)11人によって構成される検察審査会に不起訴が妥当かどうかの真偽を申し入れた。


この『不起訴相当』を受けて、勝ち誇ったように勝利宣言の山口氏声明発表。
5月29日に検察審査会への不服申し立てを行った相手方女性を巡る案件で、検察庁の昨年7月の不起訴処分の判断に加え、今般検察審査会においても、当該不起訴処分の判断を相当とする「不起訴相当」の判断がなされました。


 この案件に関しては、当該女性の記者会見の前後から、女性の主張を鵜呑みにし、私を犯罪者であると断定するかのような週刊誌や新聞、テレビの報道が大量に流布されました。しかし、11名の一般国民の方々により構成された独立性を有する組織である検察審査会は、当該女性の主張は勿論のこと、検察庁が保有する全ての証拠資料の提供を受け、3カ月以上の時間をかけて厳正に審査した結果、不起訴処分が相当であるという結論に立ち至ったわけです。


 一連の経過において犯罪行為があったと認定されたことは一度もなく、今回不起訴処分が確定したことで、この案件は完全に終結しました


 しかし、これまで一部の報道機関や政治家、記者、コメンテーターなどは、当該女性の主張のみに依拠して私を犯罪者と断定するような報道や発言を行い、私の名誉は著しく傷つけられました。大変残念であり、事案によっては法的措置も検討しています。


 今般の検察審査会の判断により、今後は私に関して誤った報道がなされることはないものと期待しております。万が一、私の名誉を傷つけるような報道が引き続きなされた場合には、そちらも法的措置の検討対象となることもご承知おきください。(産経新聞より)


国の最高レベルが関わっている案件のこと、どこでどう忖度が働くのかわからない。無作為の日本国民、というが こうした個人の尊厳を踏みにじることの白黒を無作為の11人かつその議論の過程も密室。無作為もその証明も検証の奉納もない。なんだかんだ言って密室なのだ。しかし、検察審査会の正当性の検証などの手立てはなく、また時間の無駄。


しかし山口氏”この案件は完全に終結しました。”は、いささか気がはやい。
検察が起訴できないことが、仕方ないですね、と結論されただけで、山口氏の行為は正当化されたわけでも、道義的責任がないと許されたわけでもない。臨時国会冒頭解散で、森加計問題が、完全に終結すると思っている”お友達”と同じ思考回路だ。


日本の新聞は、中立的?事実の報告で、本当に”終結する”かのような報道だが、なんとロシアの情報マガジン”スプートニク”が、民事裁判に発展か?という記事を出している。しかも、かつて横須賀で米兵にレイプされたオーストラリア女性に対する警察の対応と、その後の”不起訴”という扱いを経て、民事裁判で賠償金支払いの判決が下された例を挙げ、日本の社会の”レイプ=臭いものに蓋” ”レイプ=女性の自己責任”の現状に触れている。



女性が今年5月に記者会見し、顔を出した上で、2015年4月に元TBS記者の山口敬之氏に性的暴行されたことを明らかにした。女性はこれを受けて警視庁に被害届を出したが、2016年7月に嫌疑不十分で不起訴処分になったため、検察審査会に申し立てを行なっていた。この件で東京第6検察審査会は、21日付けで、慎重に審査したが不起訴を覆すに足りる事由がないとして「不起訴相当」と議決した。


女性は今年5月の会見で、女性が暴行を受けたとされる2015年4月4日の都内ホテルの防犯カメラ画像には、自分が山口氏に抱えられてホテルへ入っていく様子が映っていたと語った。女性は「私の意識が戻ったのは翌朝の午前5時ごろ。ホテルのベッドの上でした。私は裸にされており、山口氏が仰向けの私の上に跨っている状態でした。詳細については差し控えますが、はっきり言えることは、私はその時、私の意思とは無関係に、そして私の意思に反して性行為を行われていたということです」と述べていた。


ホテルの防犯カメラ、ベルボーイ、タクシー運転手の証言などをもとに高輪警察署は、準強姦容疑で逮捕状を発行した。しかし山口氏は不起訴になった。その理由は不明だ。山口氏が古くから安倍首相の取材を行なっており、両者が非常に近しい関係にあることから、ネット上では様々な憶測が飛び交っている。検察審査会が不起訴相当としたことで、今後は民事裁判に発展するかもしれない。


性的暴行事件・不起訴からの民事裁判で思い出されるのが、オーストラリア人女性が米兵にレイプされた事件である。日本在住のオーストラリア人女性、キャサリン・ジェーン・フィッシャーさんは、2002年に神奈川県横須賀市で性的暴行を受けた。バーで薬物を入れられて見知らぬ男(後に米兵と判明)にレイプされたにもかかわらず不起訴となったため、フィッシャーさんは東京地裁へ民事裁判を起こした。賠償金支払いの判決が下されたが、その時すでに犯人はアメリカへ逃げ帰っていた。フィッシャーさんは当時をこう振り返る。


日本の警察は私をあたかも犯罪者のように扱いました。私を拘束し、病院に行きたいという訴えも聞き入れてくれなかったのです。私が病院に連れて行かれたのはようやく翌朝になってからでした。2002年当時、日本の警察はレイプ後に行なわねばならないテスト(精液採取などに)必要なものは何も備えていませんでした。日本におけるレイプ捜査の最大の問題は警察に知識も準備も必要な設備もなかったことでした


なお、性的被害にあった女性が泣き寝入りせず、自分の受けた被害について語る運動「私は語ることを恐れない」も広まっている。昨年ウクライナ人の社会活動家アナスタシヤ・メリニチェンコさんが提唱したもので、ロシアにも広がりを見せている。
日本の社会はこの、「私は語ることを恐れない」が、最も厳しい社会である。それでも、
日本でも、広げて行かなくてはならない大切なことだ。性加害者に優しく被害者が踏みにじられる歪んだ社会を、まず自覚しなくてはならない。


裁判は、双方の代理人が法廷で論戦し、証拠を検証し、証言を求め、時間をかけて審議される。不当と思えば控訴もできる。少なくとも、一部の権力側の人間や、あるいは無作為の11人国民による闇から闇への決定だけで、何ら真実の追求すらできず、その間、雲隠れの被疑者?が早々に勝利宣言と勝ち誇りのマスコミ恫喝のような、普通の人間としても品性が疑われる傲慢な態度がまかり通ることは、あってはならない。


性被害にあった女性が、泣き寝入りせざるをえなくなったり、セカンドレイプまがいのバッシングを受けたり、今後の社会活動の障害になったり、何より本人の悔しさ悲しさを力と制度で社会が封じ込めることは、全体の意識を高め改革して行かなくてはならない。
詩織さんの事件はこのまま押しつぶさせてはならない。彼女の周りには、ジャーナリストや法律家がルーティングしているだろう。民事訴訟となると、お金もかかるだろうから、一般に援助募金を募ってでも、きちんと法廷で真実を明らかにすべく戦ってほしい。応援したい。


詩織さんは辛いだろうが、しかしこのままでは、心が折れたまま傷ついたまま人生を送って行くことになるだろう。性被害者に取って最もいたたまれないのは、謝罪の意思などない(どころか事実さえもない)という加害者の開き直りである。だから慰安婦問題は決して解決を見ない。


類は友を呼ぶ、山口氏の傲慢な勝利宣言が(実際、自分の身勝手な欲望をはきだし彼女を大きく傷つけたことは確かなのだから)、安倍首相の慰安婦問題への姿勢とかぶる。
もし、自分だったら、もし自分の母が、妹が、姉が、妻が、恋人が、同じ状況下でこのような言葉を受けたら、、と考えてみてほしい。人は罪を犯すし、被害者になることもあるが(命があって)、その後の傷の克服への大きな違いは、すべて、加害側の、傷受けた人間に対する、痛みへの共感と、自分の行為に対する後悔と、謝罪しようとする真摯な思いである。山口氏のごとき態度こそ、最低の男性の、身勝手さと狡さと卑しさの典型であると思えてならない。


性犯罪被害者に『済んだことは忘れて、前を向いて生きてゆこう』という助言は、正当ではないと思う。前を向いて生きてゆくために、自分をごまかして、無理に納得させれば、深い傷が内部から心を腐らせる。悔しくて辛いだろうけれど、周りにたくさんの信頼できる仲間を見つけて、守られて、時に慰めを受けながら、納得できるまで、戦いを続けて欲しい。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


戦争が起こらないと困る国運営、年金で軍事産業株購入!

国民の年金を増やすためには戦争が必要?

公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、軍事部門の売上高が世界で十位以内に入るすべての企業の株式を保有していることが、本紙の調べで分かった。国民が支払う国民年金や厚生年金の保険料の一部が、武器の製造で収益を上げる世界の主要な軍事関連企業を支えていることになる。 (中根政人)
 
軍事部門の売上高は、スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が上位百社分(中国を除く)を公表している。GPIFが今年三月末現在で保有する国内外の株式を見ると、SIPRIの調査(二〇一五年時点)で上位十社に入った欧米企業の株式をすべて保有していた。上位百社中三十四社の株式を保有し、国内では三菱重工業、三菱電機、川崎重工業の三社が含まれる。


保有する株式の時価総額(非軍事部門を含む)の合計は十社で約四千六百五十一億円、三十四社では約一兆三千三百七十四億円に上る。上位十社のうち米国企業は七社。
一位のロッキード・マーチンはミサイル防衛システムやステルス戦闘機F35を製造。
二位のボーイングは垂直離着陸輸送機オスプレイの開発を担った。
四位のレイセオンは、米軍がシリア攻撃に使用した巡航ミサイル・トマホークの製造元。
 

諸外国では、スウェーデンやノルウェーの年金基金は、非人道兵器の製造や環境破壊、人権侵害で問題が指摘される企業への投資を排除できるルールがある
GPIFは、委託を受けた運用会社が代表的な株式指数を基に、各国の企業の株を機械的に購入する仕組み。GPIF法など関連三法が購入先を恣意的(しいてき)に選ぶことを禁じているためだ。
 
GPIFの担当者は「年金財政上、必要な利益の確保に専念するよう法令で定められている」と説明。厚生労働省の担当者は「特定業種への投資を禁止するには法改正が必要だが、法改正すべきだとの議論は起きていない」と指摘する。
 
金融機関などの投資活動を調査するNPO法人「環境・持続社会」研究センター理事の田辺有輝さんは「株式保有が判明した軍事関連企業には、核兵器など非人道兵器の製造に関係する企業も含まれる。こうした企業の株式保有を排除できる法的なルールづくりが必要だ」と訴える。


◆紛争で利益 いいのか
 

公的年金は、高齢者の生活を支える社会保障制度の中核。積立金を確実に運用して、利益を上げることの重要性は疑いない。だが、それだけでいいのか。
 

GPIFによる株式保有が判明した軍事関連企業が本社を置く欧米の国々は、過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦に有志国連合として参加するなど紛争に直接関わっている。
 

各企業は紛争が激化するほど武器や装備品の売り上げを伸ばし、株価を上げる。株価が上がれば、GPIFの運用益も増える。
 増え続ける高齢者を将来養うための年金積立金が、国民の知らないうちに「軍事支援」に転用されている構図は、倫理上許されるとは思えない。
 現行法では、政治的な介入や担当者の恣意的な運用を防ぐため、業種を問わず企業株を自動的に購入する以外に選択肢はなく、こうした投資は排除できない。
 日本国憲法は前文で「自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」と宣言している。年金財源確保のためなら、他国で紛争を助長しても仕方ないということにはならない。国会でのルール見直しの議論が急務だ。 (中根政人)


という9月19日づけの東京記事。国民は自分たちの国がどんな国になってゆくのかを立ち止まって考えなくてはならない。前にも危険度の高い株に年金を突っ込んで大損させたことは記憶に新しい。


国内でも大企業が軍事産業に参入、そのために強行採決で色々便利にひとまとめした戦争法を強行採決。核兵器拡散につながりかねない核技術輸出(事故が起きたら、日本の国税で全額補償!!!)そのために非核三原則を無力化、唯一の被爆国なのに、核拡散防止条約も批准せず(かつオバマ全大統領の核先制不使用条約の締結の邪魔までした)。


北朝鮮とアメリカの戦争を煽る首相の発言。安倍アラートで国内は戦争前夜と怯えさせ軍事費はうなぎのぼり。


何人もの他国の破壊や無辜の人々の死(これは因果応報で明日は我が身の結果も招く)で
安泰のはずの老後は、75歳まで支給年来が引き上げられ、医療費負担は増額の一途。


こんな非人道的なことで運用した年金は、本当に国民のために使われるのかもわからない。法の文言を屁理屈で解釈し、密室政治で運用され、国会軽視、国会無視で議論によるチャツク機能を停止させ(臨時国会冒頭解散なんて最たるものだ)やってはいけない数々のルール違反憲法無視の安倍政権には、戦争で国民を潤わせるという卑しい浅知恵ならまだしも、もっと冷酷な、棄民政策・富国強兵の野望があるだけだ。


選挙に行こう! 平和国日本を取り戻そう。 平和憲法は今後の世界の要となる大変な宝なのだし、日本国民はこの大きな価値を守る使命がある。


その使命を果たす一票だ。もっと世界に尊敬できる価値観を発信できる代表を選ぼうよ!! 死ぬまで働く国ではなく、人生を楽しめる時間を得られる国、若い次世代の活躍を見守り、仕事子育てや数多な義務から解放されたハーベストを、人間として正しい方法で運用で増やし分配される、そういうことは決して無理なことではないはずだ。
諦めず、帰られることを信じて、選挙に行こう。



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


山尾志桜里氏次期選挙出馬に拍手!女性への過剰+不当バッシング無言の心ある人々は、これ以上社会の劣化に加担していけない。

違法行為なら、疑わしきは罰せず なのだが、疑いをかけられただけで、本人の否定も無視、公平な検証もないまま、”疑惑”というバッシングで、優秀な未来ある女性の代表を葬り去る暴挙を社会が犯しているのは許せない。


こういう場合嘘をつくもの、と思っているかもしれないが、人間そう上手に嘘をつけるものでもない。プロの詐欺師も、嘘がうまいというより人の心の弱さに付け込み誘導するそメゾットを手に入れ経験を積むから成功する。面と向かってはより難しいので電話詐欺が横行する。大概は騙される側が正常な判断を崩された中、自分の欲に騙されるのだろう。


安倍氏をはじめ政権幹部、官僚たちの国会答弁、決してきっぱり否定しない。大方は目が泳ぎ、手元の髪に目を落とし、最後は惚けたしてんの惚けた顔になり同じことや知事妻の合わないことを繰り返す。大根役者安倍首相は、早口になり、意味不明になり、逆ギレでごまかそうとする。人間そう正々堂々と嘘を言えるものではない。


山尾氏の失敗は、女性であるため男性の何倍も叩かれやすく足をすくわれやすい自身の立場への警戒が不十分だったことだろう。
逆に、不倫行為などしていないので、脇が甘くなった。不貞がないのだから、人に聞かれたくない話(政策助言や、プライベートの離婚に関してなど、)を密室ですることにためらいがなかった(本当にうかつであるが)のだろうと、私などは思う。


バッシングフィーバーしているマスコミ、自分の目と耳、あるいは多面的状況のをせず、週刊誌、TVのまた疑義過熱報道を信じて裏切られたなどと思ってしまった人たち。いい加減クールダウンしてもいい頃だ。私は山尾氏が横浜市長選で現役市長の応援演説に着いた時には、裏切られた、というより、やはり党利党略に従ういかなかったのか、とがっかりしたし、ブログにもそう書いた。でもれは彼女の政治家としての姿勢、今後の方向性についての懸念材料というだけのことだった。国会での彼女の論戦と真摯な情熱は未だ疑う余地のないものだと思っている。


今回の不倫”疑惑”騒動と本人がはっきり否定しているにもかかわらず、まるであったかのような大騒ぎとバッシング。事実を否定している自党議員を擁護援護できない民進党。またしてもとうに気を使ったのか、離党を申し出た山尾氏の、この結果のアンフェア。


こういうことだから、いい加減で印象操作のうまい安倍政権に何度もしてやられるのだろう。大勢の意見を鵜呑みにし検証しないそういうところをつけこまれている。
自分の目で見た、耳できいた誠実を嘘だと断じ、いい加減な甘言、見え見えの嘘、お金をかけた情報操作に乗っかってきた結果が、現在の一部の人間の政治の私物化、税金の私物化だ。


大方の人は、相手の言うことの真偽、誠実不誠実を見抜く能力が備わっている。そして最も危険なのは、その能力を、自分自身が信んじられないような外圧にさらされる時だ。
それが北朝鮮危機の大宣伝と、あの生理に働きかける(であろうー実際聞いていにので)Jアラート。また連日これでもかと流されるマスコミの、国民ガス抜き個人袋叩きバッシングエンターテイメントだ。


それでも、人質バッシングされた高遠菜穂子さんはイラクへの情熱を持ち続け、小保方晴子さんは自殺などせず証明を試み、諦めず次の道を模索し(当時、本当に心配していたが)、詩織さんも折れそうな心と社会体制の無理解に屈せず、決して逃げずに戦っている、と書いてアップしたのだが、先ほど、詩織さんが、山口準強姦容疑の真相究明を訴え検察審査会に不服申し立てをおこなっていたが、昨日、東京第6検察審査会が「不起訴相当」と議決していたことわかった。とリテラが報じた。裁判での公正な検証さへ許さないのか?安倍政権下でこの国は全く正義を信じられない国になった。激しい憤りを感じるので、記事を共有したい。このことについては後日また書きたいと思う。


最近の日本の女性たちは本当の強さを身にまといつつある。周囲に理解し支えてくれる人たちも増えつつあるのだろう。そして山尾志桜里氏も、無所属で出馬の意思を固めているという、とても嬉しいことだ。


結局本人しか知りえないこと、証明できないことなのをいいことに疑惑で煽り、大いに利益を上げた週刊誌や、国民の側に立つ、弱者切り捨て、税金搾取、政治私物化政権糾弾の急先鋒をくじき、安倍政権を喜ばせていいのか? 


少し冷静に考えれば、、検察という男性社会で頑張り、当選までなんどもチャレンジして議員になった女性が、それを破壊し捨て去る、妻子ある男性と恋愛関係に陥るだろうか?
地位ある男性が割と安易に不倫に走るのは、それが歴史的に社会に許されてきていて、現在も甘い対応がなされることが原因だと思う。夫が無関心で孤独を抱えた主婦が不倫に逃げ込むのでさえ、離婚覚悟でも、その後の生活設計、相手の受け入れ態勢などいろいろ考慮する。思いとどまる場合も多いだろう。誰もが、情熱に身を任せて人生をかなぐり捨てたりしない。


山尾氏に対するバッシングは一時代前ドラマ的不倫”幻想”に基づいたものでその結果起こったことはひどく不当なものだ。


未来ある人材がほんの少し躓いたとき、それ見たことかと袋田抱きにする、そんな社会に未来はない。無言の心ある人々は、これ以上社会の劣化に加担していけない。

山尾氏、無所属で立候補の意向 地元で支持者に説明へ
 民進党を離党した山尾志桜里衆院議員(43)が、次期衆院選で愛知7区から無所属で立候補する意向を固めたことが、関係者への取材で分かった。22日にも地元入りし、支持者らに説明する。


 山尾氏は週刊誌に不倫疑惑を報道され、7日に離党届を提出。同日夜に記者会見し、「支援者にさらなるご迷惑をおかけすると判断し、離党を決断した」と説明したが、その後は公の場に出ない状態が続いていた。


 しかし、離党届提出直後から7区内の民進の地方議員らに「次の選挙には出ます」と電話で伝えていた。28日の臨時国会冒頭での衆院解散の公算が大きくなるなか、有権者への説明の時期を早めたとみられる。関係者によると、22日は野党共闘を目指す市民団体が7区内の愛知県日進市で開く会合などに出席予定という。


 山尾氏が無所属で立候補の意向を固めたことについて、民進愛知県連の塚本久幹事長は20日、「党としても、どう選挙に関わるのかを早急に考えないといけない」と話した。(黄澈)


民進党は山尾氏を援護するべきだ。党首選が終わったばかりの混乱で、きちんとかばうだけの体制もなく(まあそういう元来体質でもなく)結局トカゲの尻尾をさせたのだ。
山尾氏を雇う東一候補としてっ無所属出馬させるくらいの矜持を見せるべきだ。



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ