密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

お友達認可に甘えた、なんちゃって開学 仮面浪人推奨 ずさんな教授確保 

加計孝太郎氏も、安倍晋三氏も、大学時代どれだけ真面目に学問に勤しんだのだろうか?
その後もお二人とも、カリフォルニアへ語学留学 経歴には州立大卒業も、コース修了証書習得も記載なし、この点も安倍氏と同じ。
語学留学なんて、お金持ちのお遊びの口実(であることは安倍氏の英語のスピーチを聞けば明白)しかもそこで得た友人が同じ日本人坊々で、数十年後に悪巧み。


こうしたお二人ならでは、というか、学問を甘く見ているので、こういう大学を作ってしまう。要はお金儲け+息子のため? 息子さんは私人ゆえあんまり突っ込んでも、、と思いつつ、つい興味が出で調べてしまいました。


息子さんは、現在は山口大学の現在社会人コース博士課程に在籍。しかし博士課程社会人コースというのは 大学院にある連合獣医学研究科には特にない。社会人大学院というのは、一ッ橋など7つの大学に設置されているらしい、学部はビジネスや国際戦略などで、医学科学系はない。まさか加計さんのための特別なコース? 国立なのでそれはないとは思うが社会人コース博士課程の表記は見当たらない。山口と言えば、お父上の腹心の友の某総理のお膝元。指導教授は加計学園・倉敷芸術科学大学の前学長の教え子だとか。
ご本人も倉敷芸術科学大学で教鞭をとりながらの博士課程らしい。まあ、獣医学部で教える人が、4年制の学士ではさすがにまずい。だいたい、アメリカだと、どんな大学でも、そこで教えるためには大学院卒の修士の学位が必要なのだが、日本では、学士で大学教授やれるんだろうか? すぐに働く必要もないのに、大学を出て、国家試験も受けず、研究で大学院にも残らず、父の大学で教鞭で40歳、というのもどうなのかなぁ? ここへ来て、獣医大学を任せるために、広い人脈総動員で押し上げか? など、もしかしたら真面目な研究者であるかもしれない息子さんには悪いが、いろいろ考えてしまう。


しかし、そんな努力も、こんな初歩的なポカがあれば、なかなか実を結ばないのではなかろうか。

「文科省の大学設置審議会でしっかり審査して『可』とする答申が出ており、それに基づいて認可した」。加計学園の獣医学部新設の認可を受けて開かれた衆院文科委の集中審議。林芳正文科相はこう言って「問題ナシ」を強調していたが、申請書類を読めば読むほどホントに開学して大丈夫なのか? とクビをひねりたくなるのだ。


 大学設置審の専門委員は林大臣に認可答申する直前まで、加計獣医学部の授業カリキュラムや実習の問題点を指摘し、改善を求めていた。


 とりわけ深刻なのが、計画通り「教員」を確保できるかだ。獣医学部を持つ全国16大学の代表者でつくる「全国大学獣医学関係代表者協議会」会長の稲葉睦北海道大教授はJNNの取材で、学生80人に対して100人弱の教員がいる北海道大と、学生140人に対して約半分の75人の教員(予定)しかいない加計学園を比較し、〈75人で本当に(講義、実習を)やろうとしたら寝ていられないと思いますよ。先生がた〉と懸念を示していた。


そうしたら、ここにきて教員に就任予定だった帯広畜産大の教授が就任辞退の意向を示していると北海道新聞で報じられた。


 加計学園は就業規則の定年を延長するなど必死に教員の頭数をかき集めた様子がうかがえるから、就任辞退が相次いだら大変だ。生徒だって履修どころじゃない。


 注目は、この教授が北海道新聞の取材に「(就任意向の)最終確認は受けていない」と答えていることだ。文科省はHPで、大学・学部を新設する場合の「設置認可申請又は届出について」の質問例を公表。そこには「教員組織」について、こう記されているのだ。


〈Q 大学等の設置認可申請や学部等の設置届出をする際、就任が未定となっている教員がいることや、担当教員が未定となっている授業科目があることは問題ないでしょうか〉



〈A 申請又は届出の時点で教員組織等の計画が全て確定していることが必要です。そのため、就任が未定となっている教員(兼担・兼任教員を含む。)がいたり、担当教員が未定となっている授業科目がある状態で申請又は届出をすることはできません。また、完成年度までの間に定年等の理由で退職する教員がいる場合は、その後任となる教員や担当科目についても申請又は届出の時点で確定していることが必要です


つまり、帯広畜産大の教授の説明通りであれば、加計学園は確定しない教員の名前を申請書類に記入していたことになる。本来は認可どころか、申請すらできないのだ。いざ学生が入学したら先生は名前ばかりの「幽霊教員」だった――なんて最悪の事態も想定されるのだ。


 今からでも遅くない。入学後の生徒への影響を避けるためにも、林大臣は認可を撤回した方がいい


つまり、申請自体が見切り発車のずさんなものという見方ができる。お友達特権だから、いい加減でもなんとかブラックボックスの中で適当にやってもらえると思っていたのかもしれない。しかも、パンフレットでは、ぬけぬけと仮面浪人用の大学を標榜。真剣に勉学をしたことがない人間の、学問への尊敬の念のない人間の、なんちゃってな世の中をなめた軽〜い発想?


そんな人間が命を扱う分野の教育を手がける恐ろしさ。安倍氏も加計氏も、リッチボーイの波乗り人生でうまくやってきたかもしれないが、この問題は、他にも、建築費水増し、
バイオセキュリティーの杜撰さ、出来レースを裏付ける証言等等が次々に出てきている。
大きなうねりでご自慢のサーフボードがひっくり返されることもあり得る。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

民主主義捻じ上げの悪平等、自民党、野党質問時間縮小

議院内閣制:内閣が議会に対して責任を負い,その存立が議会の信任に依存する制度議会の多数派が内閣を形成し,政権の座につくことにより立法と行政との間に協力関係が築かれることにある。一般に議会は政府に主導されるため,議会独自の政策形成能力や監視能力が低下し,ともすれば多数派による独裁という危険性も指摘される。

政治的良心のない安倍政権下まさに、この制度の弱点が発露された。
いや、され続けている。
毎日新聞記事
https://mainichi.jp/articles/20171115/k00/00m/010/149000c
与野党は14日、衆院での質問時間配分を巡り、15日の衆院文部科学委員会では「与党1、野党2」とすることで合意した。与党が衆院選大勝を背景に圧力を強め、これまでの「与党2、野党8」から野党の配分が減少した。与党は予算委員会などでも配分見直しを求める方針で、野党は「国会の行政への監視機能が弱まる」として警戒を強めている。


 自民党の森山裕国対委員長は14日の記者会見で「(衆院の)先例集によると、国会議員の数で時間配分するのが原則だ」と強調。そのうえで「与党5、野党5」とした当初の提案を取り下げたとも指摘した。本来は与党分の時間を野党に「譲った」という主張だ。


 衆院の質問時間配分は、旧民主党政権時から「与党2、野党8」が続いてきた。ところが、先の通常国会で森友、加計学園問題に対する野党の追及が強まると、政権内に見直し論が浮上。7月24日の閉会中審査では、与党が「特例」として「与党3、野党7」を勝ち取った。


 さらに衆院選で圧勝すると、菅義偉官房長官が「議席数に応じるべきだ」と主張。安倍晋三首相が「丁寧な説明」を強調するのと逆行するように、野党側に一層の譲歩を迫った。立憲民主党の辻元清美国対委員長は「(安倍政権は)言行不一致で、加計隠しをしようとしている」と反発を強めていた。


 14日も平行線が続いたが、与党が委員長職権による委員会開催も辞さない構えを示したため、野党が軟化。国会冒頭からの混乱を避けたい与党も歩み寄った。


 「与党1対野党2」は100分率に直すと「33対67」。特例だった7月24日の閉会中審査より、野党の配分がさらに減った。今回も与野党は先例としないと確認したが、与党はこれを足がかりに配分見直しを他委員会にも広げる構えだ。だが、毎日新聞が11、12両日に実施した全国世論調査では質問時間について「野党に多く配分する」が54%に上った。度が過ぎると「おごり批判」を受けかねない。


3月の参院予算委では、自民党議員が「(首相の)礼儀を尽くしておられる姿は本当に好ましい」などと質問して批判を浴びた。民進党の大塚耕平代表は「与党の賛美する質問が中心になると、議論ではない」とけん制した。【小山由宇、水脇友輔】


質問時間を削るなら、答弁時間を含まないようにすべきだ。そうすれば、答弁者の冗長な無駄口は減る。いくらダラダラしようとも質問時間は減らないのだ。
自民党の言い分だと、共産党質問時間は7−8分!!!社民党にいたっては1分!
小池氏、各委員会12人一人30分の質問時間で6時間を提唱。早く仕事を辞めて、妻と美術館への手本を示す総理より、真剣に身を削って議論をする総理を見たい。
時給1000円でハードワークをしなければいけない人たちもいる。6時間が10時間でも、状況改善のために議論を尽くす議員が見たい。

自由な質疑・意見陳述保障が大原則
おごり、というより独裁完成へのステップだ。今回の選挙に勝たせれば、どういうことだ起きるか、わかっていたはずだ。選挙に勝たせておいて、こんなひどいことを!!というのは、さすがに言っていて悲しくなるが、やめるわけにはいかない。


野党がいくら頑張っても国民から信を得た(白紙委任状を得たと)と強弁する自民党は止められない。この選挙で、どれだけ、民主主義・立憲主義・議院内閣制の基本の信頼をぶち壊しても、選挙前に情報・印象操作、選挙テクニックで勝てると味を締めさせてしまった。


野党質問時間をこれからも減少させる動きを封じるためにも、今できることは、支持率を下げること。支持率が大きく下がれば、以前より、危機感を強めている自民党内の議員が安倍一強を崩す動きが出てくる可能性がある。


公明党も、学会信者の反発を身を以て知る選挙になった。支持率の下がれば、安倍離れが起こり、与党内の自浄作用が上がる。


森山裕国対委員長「(衆院の)先例集によると、国会議員の数で時間配分するのが原則だ」と強調。これを主張するならどのような先例なのかをかいらかにするべきだ。ちなみに、調べてみたが、衆院先例集を見ることはとても難しく国会図書館に行けば見られるかもしれないが、それでも、普通の人にはムズカ数と思う。戦争法の時に、砂川判決を盾にとって正当化したように、忖度官僚が目を皿にして正当化できる先例を探し出したということだろう。 そもそも先例があるから、というがそれを言うなら、今の安倍政権のめちゃくちゃも先例として残る。恐ろしい話だ。先例を持ち出すなら、その背景を明らかにし、妥当性を協議する必要がある。なんでも自己正当化のこじつけにするのが自民党のやり方だ。本当に政治が劣化している。


永田町フゥ〜ン録では、先の冒頭解散の憲法53違反、3つの冒頭解散先例の事情
三十四分頃から、今回の野党質問時間削減について歴史的背景も踏まえ語られています。
”国会議員の数で時間配分するのが原則”なんて話は針小棒大?森山氏が多数決で決めるという脅しをチラつかせていたことも平野貞夫氏怒りの言及。



議会政治は死んだか 平野貞夫×曽我豪×早野透 永田町フ~ゥン録 2017.11.11収録


「質疑時間を無制限に一晩中やればいい」ともおっしゃる。なかなか痛快。自民党のこじつけ正当化に惑わされないことが、一番大切と思う。


それから平野氏は最後に、国民が”非戦の覚悟”を持つことだ、ということも言っておられた。これはすごい矜持だ。与えられた平和でヌクヌクとやってきた70年だから、ちょっと北朝鮮が危ないと騒げば、安易に撃ち落そうやっつけよう、血の同盟だなどとアニメじみた(アニメに失礼だが)ことを言う。かつては、戦争のリアリティー大戦による犠牲の多さと悲惨さ、という点において日本人は戦争に懲り、戦争を忌み嫌っていたし、政権軍部の暴走を恐れてきた。しかしその記憶のない世代が増え、歴史を検証せず(どころか都合よくすり替えて)、イメージのみの勇ましい戦いを望んでいるように思う。知恵を尽くして、戦争を回避する”非戦の覚悟”こそ、真の勇気であると思う。


話は逸れたが、野党を後押しするのも、自民党自浄作用を即するのも、ひとえに安倍政権の支持率を下げることに尽きる。今、国民にできることはそれしかない。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

国会は野党と喧嘩する場という呆れた心得違い 議員の資質

魔の3回生ご要望の、国会質問時間。自民党質問に立ったのは、加計学園問題の当事者
義家前文科副大臣。なんと、加計問題そのものを捏造とぶち上げた。

15日の加計学園問題の衆院文部科学委員会の質疑は、質問時間が従来より増えた自民党や、持ち時間が単純配分より多い少数政党の質問が注目された。
15日の質疑は従来の「与党2、野党8」ではなく、「与党1、野党2」(与党80分、野党160分)で時間配分。


自民党の義家弘介氏は30分間の質問に際し「恣意(しい)的な報道を繰り返したマスコミ、野党による結論ありきの追及にじくじたる思いを抱いてきた」とメディアと野党の批判を展開した。8月まで副文科相だった義家氏は、加計学園を巡る圧力を示唆した前川喜平・前文科事務次官にも言及。「次官が司会の閣僚らの懇談会で、前川氏の『事実がゆがめられた』との発言はなく、加計問題も一回も取り上げていない」と述べ、辞任後に告発した前川氏を批判した。


 野党は「何のための時間増か」と反発。立憲民主党の辻元清美国対委員長は党会合で「おかしいと声を上げた人をさらにおとしめる質問だ。(このために)時間がほしかったのかと言わざるを得ない。立法府が行政をチェックする問題(意義)が問われかねない」と批判した。


 日本維新の会の足立康史氏の持ち時間は20分間で、自民の主張通りの「5対5」で想定される10分弱や、「2対8」での約15分を上回る。大政党の持ち時間が提供されたからだ。足立氏は、希望の玉木雄一郎代表と立憲の福山哲郎幹事長を名指しして攻撃。獣医学部新設に懐疑的な獣医師会から献金を受けているとして「仮に請託を受けて国会質問していれば、あっせん利得罪だ。犯罪者だ。首相を犯罪者たちが取り囲んで非難しているのが今の国会だ」と主張した。さらに「『総理の意向』との報道は捏造(ねつぞう)だ。大臣はどう思うか」と質問。林芳正文科相は「特定の報道について何かを断定するのは控える」とかわした。


 希望幹部は「コメントに値しない」と不快感を示した。立憲、希望両党は、足立氏への懲罰動議提出を検討する。【小山由宇】


義家氏は「文部科学省の組織的な天下り斡旋に自身も関与を指摘され引責辞任をされた前川前次官、恣意的な報道を繰り返してきたマスコミのみなさま、また、野党議員による根拠はないが結論はありきといった姿勢の追及に対し、忸怩たる思いを抱いてまいりました」と冒頭で発言。だとしたら、質問者ではなく、自身が今回避難した前川氏と同じ立場の参考人として、忸怩たる思いを晴らせばいい。だいたい、容疑者の一味が弁護士をやっているようなものだ。


同氏は、文科省内部文章でも「義家副大臣レク概要」と題されたものが存在している。「平成30年4月開学で早くやれ、と言われても、手続きはちゃんと踏まないといけない」「やれと言うならやるが、閣内不一致(麻生財務大臣反対)をどうにかしてくれないと文科省が悪者になってしまう」と綴られている。


また、「10/4義家副大臣レク概要」では、「私が萩生田副長官のところに『ちゃんと調整してくれ』と言いに行く。アポ取りして正式に行こう。シナリオを書いてくれ」「斎藤健農水副大臣に話した際には「何も聞いていない。やばい話じゃないか」という反応だった」という言葉が、義家副大臣の発言として記されているのである。


義家副大臣は当初、加計学園獣医学部開学に消極的な姿勢で、この話が無理筋だという認識をもっていたことが萩生田光一官房副長官や斎藤農水副大臣とのやりとりにも明らかに見てとれるのだ。
 

この間に何があったのか。本来、義家前副大臣には説明をする責任があるが、それがいまや官邸が描いたストーリーをただ主張するだけの質問者になっているのである。これでは委員会の時間の無駄としか言いようがない。(リテラ参照)
文科省から流出した内部文書には、“義家副大臣”の名前も! 義家は質問でなく、説明をしろ|LITERA/リテラ


そしてもうひとりの足立議員、この人は上手にお勉強して経産省官僚にまでなったのにどこで頭がひっくり返ったか、貧しい下品なボキャブラリーで民進党攻撃を国会の場で行いる付け、今回は、希望の玉木雄一郎代表と立憲の福山哲郎幹事長を名指しして攻撃。Twitterでは”朝日死ね”と公人とは思えないメディア攻撃した。この人の20分の質問時間人数配分では、今回議席を減らした維新、2;3なら13分くらい?7分もの時間を大政党から頂いている。どこにもこの大政党がどこの党か書いていない。自民党だろうがなぜ自民党と書かないのだろう。 与党が野党に質問時間を譲る?大層仲のいいことで、、、


国会は行政府のチャックの場、これを行政府ばかりチャックを受けるは不当と、野党をチャックしたいというトンデモの発言もした、呆れた痴れ者だ。
「自由討議でもいいので野党の議員についても質問し答弁を得る機会をセッティングしてほしい」と求めた。これに対し、冨岡委員長は「ここは文科委員会の席でございます。私見は伺いますが、しかる委員会等にご提案を」と諌めた。
あくまで場外乱闘に持ち込みたいらしい。加えて、報道機関にいちゃもん。”朝日死ね”ツイートと、削除謝罪拒否の言い訳に呆れる。人としてレベルが低すぎる、というコメントも。

【大竹まこと】日米首脳外交報道に対する欧米メディアのクールな反応 大竹まことゴールデンラジオ2017年11月16日
立場の違いをわきまえず、社会に怒りを向けた一市民の発言を逆手にとって我田引水。
そういえば、沖縄の県知事の工事差し止め命令に安倍政権が我が異議を唱えて法廷に持ち込んだ際、この制度は市民の権力側への抗議のためであり国が行うべきではない、という批判に、安倍総理(だと思う)私の、日本の一市民だ、と行天発言をしたことを思い起こさせる。ああ言えばこう言う、屁理屈だけは一人前で、結局筋が通らなくても、派手に買っている印象を与えたいだけなのだろう。人としてレベルが低すぎますね。


大竹氏は、彼も票を集めた議員だから、というが、だいたい足立氏は、小選挙区で落ちたら議員を辞めると豪語し、結局比例復活。これも、安倍首相の議員やめますよ豪語とイメージがダブル。足立氏は安倍総理が大好きで、安倍総理が大好きなトランプに習っているのかもしれない。とんだ3バカトリオだ。


結局こういう輩を跋扈させ、国会をめちゃくちゃに荒らしてしまおうという、安倍政権の思惑。それを忖度する質問議員がこれからもわんさか無意味な質問で時間を浪費する。 


まともな野党側の抗議を、いつも議長は「委員会でお計りします」というが、どうお計りされたのか、本当にお計りしているのか知りたいものだ。


メディアは今回のこの二人の、質問ではない”質問”のあり方にどんどん批判を加えて欲しい。私たち国民も、きちんと国会のあり方、責務を認識しなおし、与党の横暴な国会破壊に不支持を表明しよう。



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ