密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

ミリー参謀の軍人として当たり前のコメントを大騒ぎ、政府広報に頼らない北朝鮮危機への適切な認識をしなければならない

安倍政権は何が何でも北朝鮮と対話路線に移行して欲しくないらしい。アメリカ側の軍人として当たり前の言葉を、北朝鮮危機への強硬姿勢のお墨付きとして吹聴。日本国内だけでも臨戦態勢にしておきたいようだ。

 小野寺五典防衛相は19日午前、ミリー米陸軍参謀総長と防衛省で会談した。ミリー氏は北朝鮮の核・ミサイル開発問題について「軍人としては不測の事態が発生した場合、すぐさま対応できるための準備を整える必要がある」と述べた。
米国のプロの軍人として当然の心構えだ。北朝鮮の核・ミサイル開発問題だけでなく、中東に対しても、中国に対しても、ロシアに対しても、「軍人としては不測の事態が発生した場合、すぐさま対応できるための準備を整える必要がある」のは当然だ。
 小野寺氏は会談で、「北朝鮮は『ほほえみ外交』を繰り返しているが、核・ミサイルの開発の姿勢はまったく変わっていない」と指摘。ミリー氏も「北朝鮮が核兵器の開発に力を入れている中、だんだん脅威、緊張度が高まっている」と応じた。ミリー氏はまた、「平和的解決を心から願っている」と前置きしつつも、「不測の事態」への準備の重要性を強調した。
「平和的解決を心から願っている」と前置きしつつも、「不測の事態」への準備の重要性を強調した。日本語トリックで、「平和的解決を心から願っている」を矮小化している。軍人としては「不測の事態」への準備は常に考えるのは当然。中東・中国・ロシアその他の国際関係においても、「不測の事態」への準備の重要性を強調することを忘れない立場だ。
 会談後、小野寺氏は記者団に「北朝鮮に対する圧力を最大限まで高め、北朝鮮が政策を変えるような状況を作るため、日米、日米韓が連携して対応することが必要だと改めて(ミリー氏と)確認した」と語った。
これはどうだろう? ミリー氏も「平和的解決を心から願っている」のだ。よほどのことが起こらない限り戦闘は避けたい、と米軍首脳部も考えている。よほどのこととは、北朝鮮がミサイルを米国領土に打ち込むことであり、また同盟国の領土に、過失ではなく攻撃を仕掛け、かつその後、適切な謝罪や弁明を行わない事態のことであろう。


また、大統領(トランプは不安だが、ベビーシッターがついている)と軍幹部は、被害によっての攻撃の度合いを検討しする、Proportional Responce(比例的応答=適切な報復措置)を常に検討するのであって、すぐに、韓国や日本の被害も考えても、また自国兵士の命の危険に鑑みても、即全面戦争だ、総攻撃だなどということはしない。各小型化などもトランプの大好きな口先脅しの域を出ない。強気のイケイケ強行姿勢は米軍も同調してくれると思っている、平和ボケの軍国ロマンのボケナス文民大臣たちのイマジネーションの中だけだ。真の平和は開講努力でしかなし得ない。圧力とは対話を引き出すためであって、安倍政権の態度は、北朝鮮攻撃に向かう道筋しかない。
 
ミリー氏は安倍晋三首相とも会談した。首相は「今後も緊密に日米が連携していくことで対処力、抑止力を高めていきたい」と語り、ミリー氏は「北朝鮮の緊張度は増しているが、(日米韓の)3国間で対処していきたい」と述べた。(相原亮)


『日米で!!』とりきむ安倍首相に対して、ミリー参謀は『3国間で対処していきたい』と述べているのだ。韓国の意思を無視して日米で圧力強化!!!などはありえないと読める。アメリカの優秀な人たちは、ましてや軍人は余計なことは決して言わない。
概ね、一般的な答弁に終始するミリー氏の文言を特別なものとしたい安倍政権の超訳会談だ。


だいたい北朝鮮が”軍事大国”という認識、北朝鮮が何をしでかすかわからない国という認識が、本当なのか、国民は政府広報ではなく再検証してみる必要がある。


まずこちらの グレン・カール氏(Glenn Carle)コラム 同氏は20年間CIAに勤務し、
国家情報評議会の”国境を越えた脅威のための国家情報”の副局長を務めた後退職。
最近、美人国際政治学者三浦瑠璃氏の発言で騒がれている「スリーパー・セル」を題材にとってのコラムである。三浦氏の発言に、多くの人が危惧を感じたということは、差別の恐ろしさや人権意識を持つ人たちがたくさんいるということで、ホッとしました。
安倍政権下で日本はかなり歪んだ醜い国になっているが、多くの良識のある国民はそれを良しとしていないと信じている。


北朝鮮への認識の手立てとして、また本当に北朝鮮工作員はテロを行うのか?国際政治学者と対峙するには十分なキャリアのグレン氏コラムを全文転載はしませんので、アクセスして読んでみてください。

3ページの記事だが、読みやすく、ユーモア満点で、かつ論理的に現在の北朝鮮がスリーパー・セルを大量に各国に派遣できる経済状態にないことを説明している。アメリカの元スパイはユーモアと文学的素養もあるようだ。
特に、情報過多の箱入り日本人に有益な警鐘が以下の文
人間は想像力が豊かなだけではない。自分の理解を超える現象を前にしたとき、本能的に筋の通る「ストーリー」を見つけて説明しようとする。そこに不安(この場合北朝鮮との緊張)が加わると、タブロイド紙の記者も教養ある学者も、「北朝鮮のスリーパー・セル」なるものをリアルな不安として大々的に取り上げるようになる。
そしてこう結んでいる
日本の防諜担当者なら、北朝鮮から暗号放送が流れてくること、そして日本にはさまざまなタイプの北朝鮮の工作員がいることを知っているだろう。また、暴力的な任務を与えられたスリーパーも理論的にはいるかもしれないが、基本的には情報収集が主目的であることを知っているだろう。そして北朝鮮で戦争が起きても、日本にいるスリーパーの脅威が跳ね上がることはまずないと知っているだろう。


確かにスパイ活動は、目に見えない闇の世界だ。そしてスリーパーは確かに存在する。だが、平均的な日本人がそれを眠れないほど心配する必要はない。それは日本の防諜機関の仕事だ。彼らが今この瞬間も、北朝鮮の暗号メッセージを分析してくれているはずだ。


とはいえ、政府に批判的なブログやツイッターを血眼で探し攻撃したり潰したり、デマやフェイクニュースを流す組織にばかり力が入っていそうな安倍政権、ミサイル情報も韓国か米軍から聞いてからJアラートを鳴らす安倍政権、それなら独自の情報収集をなんとかしたらと思うのだが。お金のない北朝鮮の真の武器はハッキングの技術と言われたいる。日本もその辺を強化してはどうか。ジャミングや軍事的ハッキング技術を高めるより不備のおおい大味のアメリカ兵器を買って物理的に射撃訓練をする?安倍政権。要は軍事費で世界に並びたい+トランプ・アメリカのご機嫌を取りたいだけ。


そもそも日本の防諜担当者はそんなに優秀なのだろうか?もちろん一般市民にはわからないことだ。日本の諜報機関がグレン氏の買いかぶりでないことを祈るばかりだ。かつ職務倫理をしっかり持って、一政権の恣意に忖度しスキャンダル集めなんて卑しいことをする機関でないことを祈るばかりだ。


こちらも納得の『経済から考える北朝鮮問題』わかりやすさが定評の大門ゼミです。

大門ゼミ「経済から考える『北朝鮮問題』――やっぱ対話こそ大事」1とことん共産党を始め、共産党のこうした番組配信は、なぜか”ほっこり”している。


視野を広げて見ると、政府の大騒ぎは理屈に合わないことが多いと思うのですが、どう思われますか?


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

銃規制を求める若者たちの抗議行動

フロリダのパークランドの高校銃撃後、同校の在校生らが、来月24日に首都ワシントンで銃規制を訴える大規模なデモを実施する。生徒らは事件を受け、「私たちの命のための行進」を意味する「マーチ・フォー・アワー・ライブズ」という運動を立ち上げた。


リーダーの1人、キャメロン・カスキーさんは、犠牲者のために哀悼の期間を置いたうえで、来月24日には全米の高校生がワシントンに結集すると宣言した。
カスキーさんらは銃規制に反対する全米ライフル協会(NRA)を批判し、NRAから献金を受け取っている政治家らを名指しして抗議する構えだ。


またそれに先駆け、19日のプレジデント・デーには、10代の若者たちが中心になって抗議行動が行われた。

(CNN) 米ホワイトハウス前で「大統領の日(プレジデンツ・デー)」の19日、若者たちが銃乱射事件の犠牲者を模して地面に横たわり、銃規制を求めるデモを実施した。
十代の若者2人が中心になって、「銃規制改革を求めるティーンたち」というグループを立ち上げた。フロリダ州の高校で14日に起きた銃乱射事件の犠牲者らに連帯を示し、連邦議会や州議会に行動を呼び掛けるためだ。
事件では約3分間の銃撃で生徒や教師17人が死亡したことから、主催の2人は当初、親しい友人ら17人で地面に3分間横たわるデモを計画した。

この話がソーシャルメディア上で広がり、最終的には100人以上の支持者が集まった。
銃規制を訴える民主党の下院議員も参加し、休日を返上して行動を起こした若者たちに「よくやった」と称賛の言葉を送った。
主催者の1人は「参加者や友人たち、取材に来てくれたメディアに感謝する」と述べ、「これは始まりにすぎない」「これからは議員の皆さんが私たちの世代の声を聞き入れてくれるよう願っている」と強調した。


またパークランドの高校の近隣の高校の生徒たちも抗議行動を起こしている。



アメリカ・フロリダ州パークランドの高校で17人が死亡した2月14日の銃乱射事件で、同州の高校生たちが銃規制を求める抗議デモを行った。


集票力のある全米ライフル協会(NRA)の意向を受けて銃規制に取り組まない政治家たちに、生徒たちは怒りをあらわにしている。しかし、学生の大半はまだ選挙権がない。


事件から2日経った16日、事件現場から数10マイル離れた、同じパークランド市内にあるサウスブロワード高校の生徒たちは、授業をボイコットして事件に抗議した。


事件から2日経った16日、事件現場から数10マイル離れた、同じパークランド市内にあるサウスブロワード高校の生徒たちは、授業をボイコットして事件に抗議した。


サウスブロワード高校に通う約50人の生徒たちは、銃規制と学校の安全を訴えた。 この2つの問題については、世論調査で大半のアメリカ人が支持しているにもかかわらず、政治家たちは及び腰だ。


学生たちは手書きのプラカードを掲げ、「政治家責任がある!」「ダグラスに正義を!」「子供たちを守れ!」といったスローガンを連呼した。デモの現場を通りかかった車も、クラクションを鳴らしてそれに応えた。


デモに参加したサラ・ロドリゲスさん(16)は、プラカードに「NRAはテロ組織だ!」と書いて抗議した。



サウスブロワード高校にいる未来の有権者たちが、教室を飛び出して銃規制の改善を求めて抗議した。


ロドリゲスさんはハフポストUS版に、「銃による暴力を終わらせたいんです」と語った。彼女は、自分たちの世代が大人や議員たちに対して「完全に失望した」と思っている。


「私たちの意見に耳を貸さないから、黙っていられなくなったんです。私たちが未来を担っている。私たちがどうにかしようとしても、彼らが聞いてくれなければ、何もできない」と、ロドリゲスさんは語った。


シェーン・デールさん(14)は、自分が所属しているマーチングバンドがいつもコンテストでストーンマンダグラス高校と競っていることから、 今回の事件をより現実味をもって受け止めている。


「ハンティングするのにAR-15なんて、誰も必要としていないでしょう。自動小銃を一掃しないといけない」と、シェーンさんは、銃撃犯が戦争で使われる武器を使用していることに言及した。


イアナ・シーマンガルさん(17)は、涙をこらえながら抗議デモに参加した動機を説明した。安全と感じられないことや政府が何の対策も立てないことにうんざりしているという。


「こんな目に遭うなんて。安全を求めているのに、安全なところはどこにもない...学校にも行けないなんて」


授業を欠席して問題になることは気にならないかと聞かれると、シーマンガルさんは肩をすくめた。


「全然。問題になったとしても、それだけの価値はあるから」


SNS上では、アメリカ全土の高校生たちが授業をボイコットして銃規制を求める抗議デモを行う計画が呼びかけられている。



手書きのプラカードには「NRAはテロリストの組織だ」色鉛筆で一生懸命作ったプラカードはまだ幼い、しかし、視点は、銃の自衛が何者をも守れないという真実と、愚かな大人たちへの痛烈な批判が込められている。


24日に首都ワシントンの「マーチ・フォー・アワー・ライブズ」は、大きなうねりを生み出すだろう。未成年であっても、その抗議や主張の方法は正当で高度なものだ。
それは子供達が自分の頭でものを考え、自分の意思で行動できるように生きてきたからだ。日本はまだ親の意識に、子供の人生、思考に対する”私物化”傾向が強くみられる上に、安倍政権による学校教育への介入により、ものを疑わない、自分で考えない教育へと変えられている。


高校生が、”NRAから献金を受け取っている政治家らを名指しして抗議する”のだ。
フロリダは銃の保有率が高く、NRAの会員支持者も多く、常に、銃規制反対の保守政治家が選挙に勝つ。しかし、子供達がそんな親たちにNOを突きつける行動は、きっと大きな影響力があるだろう。保守であれ、リベラルであれ、自分の子供や孫の顔向けできないようなことは、したくないというアメリカ人のメンタリティーは、名作映画『34丁目の奇跡』でも語られている。

共和党マーク・ルビオやテッド・クルーズなどはNRAから3億円の献金。銃規制に全く言及せず、メンタルの問題にすり替えたトランプはなんと30億円!!!


オバマがテロ支援者だの、民主党が、我々の銃を取り上げて、支配しようとしているとか、そんなデマを平気で信じ口にする人々も、自分の子供が命の危険を訴えた怒りの行動には向き合わざるを得ないだろう。銃規制を求め続けている大人ももっと頑張ろう!!!


このプラカードは日本の政治家にも突きつけてやりたい。

祈りやお悔やみだけじゃ足りない!政府関係者に必要なのは、行動するか辞職かだ。



PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

安倍「あんな人たち」麻生「普通でない人たち」

19日の国会答弁で、気になったこと。
麻生財務大臣への、佐川国税局長官はの国民の疑念と反発についてどう思うか、財務省前抗議をどう思うか、という立憲民主党の質問に、『実際普通でない人たちも多く見られた」『御党が主導した街宣車まで出ていた」などと答弁。加えて、柚木議員(大変、熱のある質疑だった)の同様の質疑に『市民運動というが普通の市民が街宣車など持ってないでしょう」などと、再び、立憲民主党主導のような印象操作をしつこく行なっていた。


このような、納税一揆は立憲民主党主導、街宣車を用意のような情報はネットでも広まって(ネトサポが広めて?)いる。街宣車というと、イメージとしては黒塗り日章旗、国家群かをガンガン鳴らす方をイメージしてしまうが、出ていたのは、普通の選挙中議員が上に立って演説するようなもので、今回に限らず、国会前などのデモの時は、その上に、野党の議員や、著名人、ママや学生代表、などの方が訴えをしていた。
立民の議員も、この発言が正しくないなら、その場で反論に出るべきだ。質問時間の短縮で、あれもこれもと詰め込んでいるので、余裕がないのかもしれないが、デマならデマ、
街宣カーを出したなら出したで、どういう経緯でなど簡単に説明する方がいいと思う。
壇上には、他の野党議員も揃って立っていたし、佐川氏国会喚問要求を求める演説なら、別におかしくもないだろう。


麻生氏は今までのデモに注意を払っていなかったのか、今回に限り、『街宣車も自分でちらっと見ました』などと大騒ぎしている。それでも、そんな印象操作を何度も国会で持ち出すというのは余裕がなくなっている証拠だ。


それにしても、問題が一気に不気がしてきていて、野党も追求することが多すぎててんてこ舞いだろう。 しかも一つ一つが歴代内閣ならすぐにふっ飛ぶ大きな疑惑・スキャンダル・暴言・失言・汚職が目白推し。そんな内閣が長期化し人事権を握り官僚も司法も顔色を伺って忖度し、国会では過半数を握り、やはり与党内でも人事権と公認で粛清し忖度与党議員で、なんでも強行採決。 それでも怖い国政選挙はしばらくないので、かなり無茶で押し切ろうとしている。そうして国政選挙の時はまた都合のいいことを言い、野党が不甲斐ないと印象操作をし、また過半数を握れるとたかをくくっている。


たかをくくられても仕方のない選挙結果を国民は二度も安倍一派に与えてきたのだ。
選挙に勝つたびに、彼らの態度はますます不誠実になり、ますます一般国民のための政治から離れたゆく。その結果、自分たちのやり方に、怒り、抗議する、一般国民を『あんな人たち』『普通じゃない人たち』などというようになった。


自分たちは、全体の奉仕者などではなく、全体を奉仕させる支配者にでもなった気なのだ。



PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ