密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

ワーケーションよりバケーション

Go To Travel が、すっかりGo To Troubleになっている安倍政権。ステルス作戦でとにかくほっかむりしてなにもしない作戦に出た安倍晋三だが、分身たるアベノマスクの再来でまたもや国民の怒りを買っている。 そこまでして一体誰を設けさせたかったのか?


そんな税金の無駄遣いを尻目に、新たなキラキラキャンペーンをミスター”問題ない”の菅官房長官がぶち上げた。その名も”ワーケーション”


地方で滞在しながらテレワーク活用でのんびり仕事をしよう、というものらしく、”おもてなしHR”https://omotenashi.work/column/bits_of_knowledge/6374 という、これもいかにも電通くさ〜いノリのサイトで紹介されている。こういうことを調べてみると何処の省庁の所管なのかという出てくるべき情報が出てこない。


Wikipediaでは、
ワーケーションとは、「ワーク」(労働)と「バケーション」(休暇)を組み合わせた造語(かばん語)で、観光地やリゾート地で休暇を取りながらテレワーク(リモートワーク)する働き方。在宅勤務やレンタルオフィスでのテレワークとは区別される。
ノートパソコンやインターネットとモバイルブロードバンドが急速に普及した2000年代にワーク・エンゲージメントが高いアメリカで始まったとされ、日本でもリゾート地に置かれていた研修・保養施設を情報通信技術の発展に伴いIT産業のような出社勤務が必ずしも必要でない業態がサテライト・オフィスとして利用するようになったことで広まった。


”2000年代にワーク・エンゲージメントが高いアメリカで始まったとされ”って、
本当かなぁ? だいたい、アメリカ人は、バケーション中に仕事なんてしない。株が変動して顧客がハラハラしても担当がバケーション中だと電話にも出ない、なんてこともある。休暇中に仕事を持ち込むなんて、そういうのは休暇とは言わない。
このWikipediaも、何処の省庁の所管かも載っていない、どうも怪しい。


そもそも、忙しさ自慢なんてするのは日本人だけだ。忙しくないと自分がダメな人?みたいに思ってしまう社会が確かにあると思う。
(メキシコ人からみるとアメリカ人も仕事の虫?ードラマ刑事コロンボで、コロンボ夫妻が、クジで当たった?メキシコ旅行ではぐれ(お約束)、コロンボだけが取り残され現地の捜査協力に駆り出される。その時、コロンボが、『自分は休暇に来ても、仕事のことが気になっちまってねぇ、仕事の虫っていわれるんだが、、』と運転手に話すと『そりゃぁだんな、俺たちは”ただのバカ”て呼ぶよ』と切り返された。日本人に愛されるコロンボは仕事の虫で、メキシコでワーケーション?)


この”おもてなしHR”でも、実質的な不具合があるのに、そこはスルーしている。
3〜4日の旅行中どうしても仕事から離れられないビジネスマンや経営者がパソコン抱えて、旅行中仕事をする、というのなら、日本ではよくみる光景だろう。しかしワーケーションは、より長期の滞在、かつ特定の地域密着を匂わせる。だいたいどれくらいの滞在を見込んでいるのか?1週間?2週間?その滞在費用は?費用払うなら仕事なんかしたくないよね?そう思うのはワタクシだけ? だいたい、そのくらいの休暇をフルで取れないのなら、休暇の体制を見直すのが”働き方改革”ではないのか?


我が妹は、忙しい忙しいとしょっ中言っていて、倒れるまで休みを取らない。
姉が結婚してアメリカにいるのに、17年間、結婚式を含めてただの一度もきたことがない。彼女は、水戸黄門の印籠のように、仕事が忙しい、という。
ハドソン渓谷の深い緑も、フロリダの白い砂浜とエメラルドグリーンの海も、彼女はきっと見ることはないだろう。永遠に忙しいのだ。
忙しい人は寂しい、その人を思うことも淋しい。


話が逸れたが、だいたいそのくらいの短期滞在で仕事もしようというのなら、いざとなると、あれを忘れた、これを忘れた、など、テーター化していない諸々のことがトラブルの原因になる。ワーケーション前に全てデジタル化してフラッシュドライブに分類し、整理して再確認して、、、大仕事だ。機器が対応出来ているかとかの作業環境のチェックも必要だろう。


正業を持つアメリカ人の多くは、セカンドハウスを持っている。1人2件まで、夫婦で4件までの持ち家に税金が優遇される。それ以上だと税金が高くなる。ダブルインカムだと、夫の退職金で、家のローンを完済し、妻の退職金でセカンドハウスを完済するプランで、退職後はセカンドハウスでのんびり過ごすか、メインハウスを売って、南の地でコンドミニアムを買うか、バケーションビヘコー(キャンピングカーのすごいやつ)を買って夫婦で放浪の旅に出る人もいる。
セカンドハウスは、現役時代には、週末や休暇をのんびり過ごす場所となる。


ワーケーションのイメージのように、緑の囲まれた美しい環境で、リフレッシュし、お昼には家族でバーベQ、泳いだり、釣りをしたり、カヤックをしたり、ハイキングをしたり、という感じ。そこで、ちょっと溜まった仕事をかたずける、レポートを書く、そのくらいならアメリカ人もセカンドハウスで週末にやることもあるだろうが、そこはホテルではない。私物も置いてある自分の家だ。
セカンドハウスを持たない人たちもバケーションレンタルで休暇を楽しむ。ただそこに仕事を持ち込もうとは思わない(コロンボ以外は?)。


そういう点から見ると、安倍総理は理想的なワーケーション・モデルだ。
別荘で、午前中はテレワーク会議、その後ゴルフ、そしてお友達とバーベキュー・男たちの悪巧み、だ。きっと菅さんも総理をイメージキャラに据え、ワーケーションを打ち出すつもりかも(星野動画の二の舞だろうが)


だいたい日常の延長を別の場所でするとなると、車での移動は必須、意外なほど、色々持って行くものがあるのだ。我々も南北移動の時期は大騒ぎだ。


だったら、いっそ地方に家を持ち、テレワーク中心で仕事をし、月一度ぐらい、一泊か二泊で地域の中心地の会社に出勤する、というスタイルを本格的に推し進める方が、現実的だ。 そして休暇は100%休暇として取れるようにする。


ワーケーションは変なイメージをつぎはぎした、嘘くさいプランに見える。


共産党の志位委員長が、ズバッと名言
「怪しげな横文字を出してくると、大体ろくなことではない。余暇を過ごしながら仕事というのは、余暇と言わない。それは仕事だ」


共産党の志位和夫委員長は28日の記者会見で、旅先で休暇を楽しみながらテレワークを行う「ワーケーション」の推進を掲げた菅義偉官房長官を批判した。「怪しげな横文字を出してくると、大体ろくなことではない。余暇を過ごしながら仕事というのは、余暇と言わない。それは仕事だ」と述べた。
 同時に、新型コロナウイルスの感染拡大を巡り「政府が取り組むべきは、GoToトラベルがどういう問題を引き起こしているかについての分析だ」と強調した。


決して実質の伴わない、広告代理店政権の変なキャンペーンは、結局雇用者に有利な『働かせ方改革』でしかなく、また新規事業立ち上げのシステム委託企業への儲け話でしかない。


国民を騙してむしりとることばかり考えるから、こんな”怪しげな横文字を出してくる”のだ。


バケーションも、権利としてしっかりとれる社会、退職後も安心してハーベストを味わえるだけの年金を支給できる社会、その高齢者社会を支える人たちが仕事として充分満足する収入や将来設計ができるシステムのある社会、それを作るのが政治の役割だ。



PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

呆れた、アベノマスク再び

今日はウエストチェスターに日本食料品を買い出しに出かけた。途中3つの白いビニールのパビリオンが、ウエストチェスター・コミュニティーセンターの駐車場に立っていた。重傷者収容のためのものだ。フロリダでは見なかったので、改めて、NYの被害の深刻さを見た思いだ。NYCでも公園や広場に建てられている。
現在感染者0まで落ち着いたが、みんな、まだ厳戒態勢だ。道ゆく人も全てマスク着用。


NYタイム誌に日曜版にも、日本政府の不思議なコロナ対応の記事が乗っていた。
感染拡大中の旅行推進と東京除外など、海外では(日本のまともな人から見ても)首をかしげる無謀な対応だといった論調だった。


このGoToTravel(変な英語だ)キャンペーン、見切り発車で、事務局も8月まで無いらしい。なぜ、そこまでして、前倒しでやらなければならなかったのか?その上東京除外、でも申請者が県外在住ならいい、東京都に通勤していても在住でなければいい、東京発着はダメで乗り換えはいい、などもうめちゃくちゃだ。 物事をよく考えない政治家の鶴の一声に、官僚たちが右往左往して後付けの理屈をきっつけるからこういうことになる。
気の毒といえば気の毒だ。しどろもどろに言い訳しか出ない。


ところで、安倍総理のレガシーとも言えるアベノマスクが追加発注?と聞いて驚いた。
せっかく本人はステルスで隠れているのに、また国民の怒りの炎に油をそそく、追加発注。介護施設などに追加で8000万枚。全戸配布分とあわせアベノマスクの事業費は500億円を超えの税金無駄遣い。正気の沙汰では無いな、、、。

政府が新型コロナウイルスの感染防止策として始めた布マスクの配布事業で、介護施設や保育所など向けの布マスクの発注と製造が続き、今後さらに約8千万枚を配る予定であることが厚生労働省などへの取材でわかった。全戸向けの配布は6月に終わり、すでに店頭でのマスク不足も解消されて久しい。
配布はいつまで続くのだろうか。
 

「忘れた頃に突然、という感じだった」。東海地方にある保育園には、4月に続いて6月にも、職員用の布マスクが届いた。園長(53)は「万が一の時のために備蓄しているが、今のところ出番はない。自分で使うなら、もう少し呼吸しやすい形のマスクを選びます」と困惑気味だ。
 

政府が配布を続けているのは、介護施設や保育所、幼稚園など向けの布マスク。総額約466億円の予算で始めた全戸向けの布マスク、通称「アベノマスク」の配布とともに、こちらは約504億円の予算で3月下旬から配り始めた。カビや虫などの混入が見つかって回収騒ぎになった妊婦向け布マスクもこれに含まれる。
素材や形状もアベノマスクと同じだ。
 

政府の布マスク配布は、店頭のマスク不足が続いていた3月下旬、厚労省が緊急対応策として介護施設などに布マスクを配ると発表。4月1日には安倍晋三首相が、5千万余りの全戸へ2枚ずつ配ると政府の対策本部で表明した。布マスクは「質より量。とにかく早く」 政権は迷走した


 朝日新聞は、布マスクの配布事業で厚労省がこれまでに業者と結んだ全ての契約書計37通を入手。取材も踏まえて分析したところ、配布・発注済みの布マスクは計約2億8700万枚にのぼり、総額約507億円の費用がかかっていた。うち郵送やコールセンター、検品などの事務経費が約107億円を占める見通しという。いずれも入札をしないで業者に発注する随意契約だった。


ちょっと混乱ー”総額約466億円の予算で始めた全戸向けの布マスク”+ ”こちらは約504億円の予算で3月下旬から配り始めた”だったら、総額約1000億(検品費用80億を加えると)になるのでは?菅官房長官によると260億円で済んだということらしいがそれでも、800億近い全く無駄な、しかも不手際不評芬々たるアベノマスクを駄目押しとは?


使っちゃった税金については誰も責任を取らない、名目つけてばらまいちゃえば、国民はちょっと文句を言う程度で忘れ、選挙の時には勇ましい言葉を並べ、美味しそうなことを言えば過去は忘れてまた勝てる、そう踏んでいるとしか思えない。


このつけは次期選挙できっちり払わせるしか無い。

母は強し ポートランドプロテスト立ち上がるママたち

トランプがますます暴走している。共和党の中にも彼の行動を危惧するものが出てきた。


まず、中国への対応、大した理由を示せないの領事館閉鎖を言い渡し、中国も四川省の米領事館閉鎖と報復に出た。こんな時期にわざわざ国際関係を混乱させるトランプの意図は、ただ、低迷する支持率を盛り返すために”敵”を想定して強いリーダーを演出することだ。


国内でも、州の自治権を踏み越え、かつ一般市民に催涙ガスを浴びせる、という暴力を行使している。そしてなんと、7月22日夜、ポートランド市長が、デモの民衆に向けスピーチを行った際、その人々に向け催涙ガスを打ち込み、市長も被害にあった。


演説を聞いている民衆に催涙ガス?!トランプは”Law & Order"を行う強い大統領だと自画自賛している。国境の壁警護の人間を連邦政府の法執行職員と称して、NYC・シカゴ・フィラデルフィア・ボルチモア・オークランド・デトロイトにも大量に送り込むと言っている。これら全ての都市は民主党支持で固まっている場所だ。暴力で人々を黙らせ、民主党は暴力を容認していると騒ぎ立てている。


そんな中で、ママたちがデモ隊と法執行職員(トランプの私兵)の間の立ちはだかり、
”Wall of Moms”で抵抗を示している。

米オレゴン州ポートランドで続く反人種差別デモは、開始から2カ月近くがたつ。最近では、「ママ」たちの参加が増えている。


「ママたちの壁」(Wall of Moms)と呼ばれる一団は、デモ参加者と、デモ解散のために送り込まれた連邦職員らの間に入り込み、「人間の盾」の役割を果たしている。


Getty Images
「召喚されたママ Black Lives Matter」と書かれた揃いのTシャツの女性たち(21日、ポートランド)
女性たちは黄色い服を着ている。ヒマワリを手に、「連邦政府は去れ。ママたちが来たぞ」と声を上げる人もいる。


Getty Images
子守歌「Hands up please, don't shoot me」(両手を上げるから撃たないで)を歌う人も。


Getty Images
「雇われのまぬけども、帰れ。あんたらのママが心配してるよ」とプラカードを掲げる女性(21日、ポートランド)
ポートランド在住の母親べヴ・バーナムさんは18日、「ママたちの壁」を作ろうとフェイスブックで呼びかけた。


彼女は、連邦職員が「明らかな人権侵害をしている」のをメディアで目にし、行動を起こしたと米CNNに語った。


Getty Images
ポートランドでは、5月にジョージ・フロイドさんが警察の暴力で死亡した事件を受け、毎晩のようにデモが続いている。ドナルド・トランプ大統領は、これを抑え込むためとして連邦職員を派遣。市内の空気は張り詰めている。


Getty Images
腕を組み、抗議と連帯のこぶしを上げる「ママ」たち。右手奥には「ママたちは頭にきてる」と書かれたプラカードも(20日、ポートランド)
トランプ氏は秩序を回復すると主張するが、ポートランド市当局者らは、11月の大統領選挙で再選を目指して同市を利用していると非難している。


Reuters
「ファシズムに反対するママ」と自転車ヘルメットに貼った女性
所属の表示がない車両から出てきた連邦職員らが、路上でデモ参加者たちを手当たり次第に拘束しているとの目撃証言が出ている。催涙ガスも使用された。


国土安全保障省のチャド・ウルフ長官は今週、連邦職員は全員、警官だと示す記章をつけていると主張した。


Reuters
連邦職員と押し合う「ママの壁」(21日、ポートランド)
デモ参加の意思を示す「ママたち」は2000人近くに上っている。デモがすぐに収まる見込みはない。



Reuters
アメリカのママは特別に強い。家族の要なのだ。そして最も尊重される存在だ。
彼女たちの勇姿は、まるでエーリアンと戦うシガニー・ウィバーだ。
もし、トランプが他の都市に、法執行職員(トランプの私兵)を送り込もうと、そこでも同じ運動が勃発するだろう。


あと数ヶ月の命で、狂気のジタバタを繰り広げるトランプは恐ろしい。けれど民衆はそうやすやすと暴走権力に屈しない、それが、”United States of America”だ。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ