密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

出せども出せども出てくる膿が止まらない

5日にNYを出て、フロリダに来ている。今回は、作品の搬出と、Dさん家族会で16日くらいしかいない予定だ。いつもは最速で着くことを目指しているのだが、今回は2泊して、第3代大統領トーマス・ジェファーソン邸と、まだ言っていない洞窟探索をし、フロリダの北にあるCedar Key(シーダー群島)に立ち寄った。特にトーマス・ジェファーソン大統領にまつわるアメリカの奴隷制度は興味深かったのでその辺も含め、後日ゆっくりと書こうと思う。


最短で向かうより、エネルギーがいって、出発前準備を含めると4〜5日くらい日本のニュースをじっくり読むことができなかった。やっとフロリダの家について、リテラをのぞいてびっくり、なんだか政治の私物化の膿から、安倍晋三そのものの膿がドロドロでて来ている大記事が3つ。なんとも浦島太郎のような気分になっている。


2003年の安倍家放火事件に潜む闇

文科省の現職局長が受託収賄容疑で逮捕、に絡みまたしても腹心の友優遇の事実が浮上。


そして前代未聞のオーム死刑囚を一気に7名、刑を執行した事実と、その前日の安倍を取り巻く一派の緩みきったパーティーとそれを緩み切ってツイッターに写真をアップした片山さつき氏や執行を命令した重みなど何処へやらの上川陽子法相に囲まれた、これも緩み切った安倍晋三の赤ら顔。



そして死刑執行さえ、Wカップ後の目くらましに使っている、なんでもありの安倍一派の人間性の大きな欠落。その上検察の勇往隠し疑惑。

どれ一つ取っても見過ごしにできない深い闇が垣間見える。
政権の膿を出し切ると言い放ち、一向にそうする気配もない、ごまかして逃げ切るつもり満々の安倍。しかし、膿の方は、もっと深い腐敗から、多方面に染み出して来ているのだ。


今までの膿とそしてよりどす黒い膿 これを看過しては、その毒が国全体を破滅に導く致命的な汚染となり、取り返しのつかないことになるだろう。
Wカップ応援ツイートで支持率回復なんて、ごまかしも消し飛ぶ、これらの報道。一過性で消されてしまわないように、おおきに追求しなくてはならない。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

なんのための外務大臣 一国の首相がこんなに出歩く国はないよなぁ

国の最高責任者が、ちょいちょい国を留守にする国日本。
なんのために外務大臣がいるのか?らリーダーシップをとって海外とコミュニケーションなどといい風にいうが、要は国内問題に直面したくないだけ、海外でちやほやされたいだけ。そんな首相外交は、決して有効に働いていないどころか、本人の軽さや不見識がにじみ出ていてマイナス、カモネギ状態。

国会のアディショナルタイムも残りわずか。延長国会は22日までだが、21日は土曜日だから、20日(金)が実質的な会期末だ。ところが、残り16日間のうち、安倍首相は8日間に及ぶ外遊で半分も日本を不在にするという。


 安倍首相は2日の政府・与党連絡会議で、11~18日にベルギー、フランス、サウジアラビア、エジプトの4カ国を訪問すると明らかにした。どれも、いま行く必要のない外遊ばかりだ。


「6月中に国会を閉じる予定だったので、完全に夏休み気分の外遊日程を組んでいた。EUの本部があるベルギーでは、一応、日EU経済連携協定に署名することになっていますが、訪欧のメインイベントはパリで毎年7月14日に開催されるフランス革命式典を見物すること。総理は恒例の軍事パレードを楽しみにしているそうです。日本文化博覧会の開会式にも参加します。中東でも特に重要な会談や喫緊の課題があるわけではなく、財界人を引き連れた物見遊山みたいなものです」(官邸関係者)


サウジアラビア、エジプトには、日本の民間企業関係者らの経済ミッションが同行する。当初はイランも訪問する予定だったが、米国のトランプ大統領に忖度して、今回は見送ったという。


■不在中に強行採決、不信任封じ


 安倍自民党は、この長期外遊をトコトン利用するつもりだ。安倍首相の不在中に国民の多くが反対しているIR関連法案や、参院の議席を増やす選挙制度改革、憲法改正の手続きを定めた国民投票法改正案などを強行採決しても、野党は抗戦手段が限られる。会期内に1度しか使えない内閣不信任案を首相不在時に出すわけにいかず、安倍首相が出席する集中審議も開けない。


「官邸サイドが国会延長を22日までと決めた背景に、外遊日程を念頭に入れた“不信任封じ”のスケジュールがあったことは想像に難くありません。首相の不在中に強行採決を連発して積み残し法案を処理し、帰国後の19日に不信任案を出しても、野党の抵抗は時間切れということになりそうです」(政治ジャーナリスト・山田厚俊氏)


 与野党の攻防が激しくなる会期末直前に首相がお遊びの長期旅行で不在なんて、常識では考えられないが、これも安倍首相が国会を軽んじていることの表れだ。


国のトップはあまりフラフラであれ毛ないのが普通、そのために、アメリカなら、国務大臣(ステイツ オブ セクレタリー・国家の秘書、取り仕切る人)日本なら外務大臣だ。それは大統領や総理大臣は全体を見て全てに対して、判断対応を迫られるから外遊。外交に専心する訳にもいかないからだ。こんなに総理大臣がフラフラ出歩く国はほかにはい。
国会軽視どころか、政治の軽視、国民を軽視している。
どうして、ワールドカップでこんな人間の支持率が上がるのか、理解に苦しむ。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

デタラメ無法がまかり通る状況が続く、学習性無気力を狙う政権

党首討論での、典型的安倍対応には、虫唾が走る。ますます酷さが加速する国会。
人間としての良識を基盤にした言葉が通じない、訳のわからない密室に閉じ込められたようなストレスを感じる。何をしても無駄だという状況に置かれることによる閉塞感・無力感、これを菅野菅氏は、”学習性無気力”と定義し、政権はそれを狙っている、そこに陥ってはいけない、と主張する。



菅野完:諦めずに怒り&追求し続けろ! ニュースインサイト2018年6月27日
やっても無駄だと学習してしまう恐ろしさ。不正な状況に怒り続けなくてはならない。
諦めや、怒りを表明する人への冷笑が、社会のレベルをどんどん低下させてゆく。


あまりに理屈に合わない正義のない日本状況と、安倍シンゾーの薄ら笑いに、状況から目を背け口をつぐみたくなる昨今。しかし、諦めない、流されない、必ず変化は起こすと念じて、無気力の学習をしてはならないと改めて思った。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ