密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

焦りゆえに声高 国内も国外も安倍首相のイージーシンキングと軽率発言でメタメタ

この数日は、セント・ピータースバーグの中心にある、モーランアートセンターでの企画展をキューレートした友人が滞在、今後の展開などで、アーチストのスタジオ訪問や、いくつかの美術館のディレクターとのミーティングに同行していて、なかなかブログをかけないどころか、日本の記事もチェックできなかった。日本の状況にやきもきしたが、本業のアーチストとしては、本当に、刺激と実りの多い時間だった。展覧会の写真も含めてそれについては、別に書きたいとも思っている。


さて、柳瀬氏証人喚問では、打ち合わせ見え見えでとぼけ通され、自民党議員がもう済んだとばかりがなり立て、安倍応援団も声高にこうたくさんなどと勢いづいている、北朝鮮に対する拉致問題も安倍が自分が司令塔で米韓中に働いかけているだなどという戯言を声高に国内向けに大見得を切って、テレビなどでも色々行っているというを聞いたきりで、どうなっているのかハラハラしていたが、ことはそう簡単に進まなかったらしい(当たり前だ!!)

まさに泣きっ面に蜂だ。急転する北朝鮮情勢をめぐり、蚊帳の外批判にイライラを募らせる安倍首相は自ら外交無策をさらし、恥の上塗り。一方、強気の北朝鮮は拉致問題について朝鮮中央通信の論評を通じ、「解決済み」と再宣言。23~25日に予定される核実験場廃棄の公開取材では日本メディアを対象外とした。


 史上初の米朝首脳会談を控え、日本抜きの和平構想が着々と練られているともいう。もはや安倍政権は蚊帳の外どころか、排除されているのが実態だ。


北京ルートなどを通じて努力」の赤っ恥


 安倍首相が醜態をさらしたのは、11日に生出演した“親密メディア”フジテレビの「プライムニュースイブニング」だ。南北首脳会談で金正恩朝鮮労働党委員長が口にした「(拉致問題について)韓国や米国など周りばかりが言ってきているが、なぜ日本は直接言ってこないのか」という発言をめぐり、真偽を問われた安倍首相は虚を突かれたのか目をキョロキョロ。


「あの~、金正恩委員長に直接言わないのか、ということであると思います」とトンチンカンな釈明を始め、「われわれは北京ルートなどを通じてあらゆる努力をしています」とシドロモドロだった。
金正恩は結構細かく日本の、安倍首相の発言をチャックしている。はっきり言って、二枚舌外交ならいいが、おただの国内向けの大嘘である外交の安倍を見透かし、酷評もしている。トランプだって、プーチンだってこうした安倍発言は掌握しているだろう。
人徳がある冷静で我慢強い文在寅大統領ならいざ知らず、トランプ・プーチン・金正恩は、こうした安倍国内向け宣伝に黙って使われたりしない。その結果がじわじわ出てきているのだ。



「北京ルート」は在中国日本大使館を通じた各国との接触を指しているのだが、これすらマトモに機能しているのか疑わしい。朝鮮半島情勢に詳しい東京新聞論説委員の五味洋治氏は、日刊ゲンダイのインタビュー(4月6日付)でこう指摘していた。


〈北朝鮮がミサイルを発射するたびに、「政府は北朝鮮に対し、北京の外交ルートを通じて厳重に抗議した」と報じられ、拳を振り上げて怒りを表明したかのようですが、実際は北朝鮮大使館にファクスを送っているだけなんです〉


■いまだに大使館ルートの周回遅れ


 改めて五味氏に聞くと、呆れた様子でこう話した。
「中国の習近平国家主席や韓国の文在寅大統領は金正恩委員長とすでに直接交渉し、6月12日にセットされた米朝首脳会談ではトランプ大統領も直談判に臨む。関係国が首脳外交を展開する中、安倍政権はいまだに大使館ルートで対話の糸口を探っているというのですから、周回遅れもいいところです。CIA(米中央情報局)が中心になって動く米国は、数年前から北朝鮮の交渉担当者と携帯電話で直接やりとりをしていたとも聞きます」


 一方、2度の平壌詣でで米朝会談をまとめたポンペオ国務長官は「北朝鮮が速やかに早期の非核化に向けて大胆な行動を取れば、北朝鮮の繁栄に協力する用意がある」と言及。制裁緩和を飛び越え、経済支援にまで踏み込んだ。どういう腹積もりなのか。
資源開発ですよ、中国に取られてなるものか、、てところでしょう。


「北朝鮮が保有する核弾頭やICBM(大陸間弾道ミサイル)の一部を国外に搬出させ、北朝鮮が誠意を見せたとの理由で経済的なサポートを始める。これが米国が描く青写真だといいます。コトを急ぐのは、中朝関係の修復によって中国が北朝鮮への影響力を強めるのを懸念しているためで、対北支援に積極的な韓国はもちろん、爪はじき状態の日本も巻き込む算段です。兆円単位の戦後補償が見込める日本は、北朝鮮のヤル気を引き出す重要なファクターですから」(米韓外交関係者)
重要なファクター?北朝鮮には現代社会のネットワークに不可欠な貴重な鉱物資源が大量に埋蔵されている。これはアメリカの衛星の調査で明らかになっている。つまり北朝鮮は、これから大きなビジネスチャンスを米中どちらとでも渡り合え、大きな八反の可能性を秘めている。ゆえに、開発資金などどこでも率先して差し出すだろう。歴史修正主義で同胞の韓国にも散々金で横っ面を叩くような交渉をして来た日本の戦後賠償金に色気を出して足元を見られるようなことを、したたかな金正恩がするとは思えないし、貴重な資源開発の日本を一枚加えるほど、中国も、トランプも甘くないと思う、素人考えですが、、。


関係国が米国プランに沿って動きだせば、日本固有の案件である拉致問題の棚晒しは避けられない。拉致問題解決を米朝国交正常化の前提とする安倍政権にとって、悪夢のシナリオだ。安倍首相は6月8日からカナダで開かれるG7サミットでの日米首脳会談を模索し、米朝会談直後の再来日をトランプに要請しているようだが、トンデモない手土産を渡されること必至である。




はっきり言って、安倍首相は、中国にも韓国にも北朝鮮にも嫌われている。トランプ・プーチンにはアンパイのカモと思われている。結局、国の代表は、よほどの大国(アメリカはトランプでもなんとかなる、なんとかするけれど)でもない限り、人徳と誠意、そして知性・親和力(正しい歴史認識と相手の立場や気持ちをおもん測れる想像力)だ。基本は人間性・人間力によって信頼を勝ち取るに尽きる。そういう点において安倍首相も河野外務大臣も全く勘違いの態度を取り続けてきた。拉致問題も彼らが進めるのであれば、にべもなく解決済みとされるだろう。


もっと誠実で、人間的厚みと知性のある代表が交渉すれば、拉致問題再調査も可能性はあると思う。中国も韓国も、北朝鮮でさえ、話し合い次第で譲歩できるほど外交的に成熟しているからだ。


自分たちの認識とは裏腹に、アジアの幼稚園児は日本だけ。加えて、安倍首相は、なんだか国会でも、もう通用しないフェイクデマ答弁を前川氏を持ち出して言い出したようだ。それを聞いて、また声高に力ずくのネット凌駕を目指す安倍応援団。しかし以前ほど人々を怖がらせることも、納得させることもできていないことに気がつかないのは本人たちだけだ。


明日は最後の美術館ミーティングで、その後友人を空港に送り届ける。そのあとゆっくり、国会中継と、プライムニュースをチェックしようと思う。



PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

芸術か無礼か?安倍夫妻おもてなしデザートに物議 盛り付けアート”Segevart”

海外でちょっとした物議を醸した、安倍ご夫妻へのイスラエルのおもてなし晩餐。
畳を思わせるランチョンに実物大の鋳物づくりの革靴に盛り付けられたチョコレート。


ワシントンポストによると、器は著名なインダストリアルデザイナー・トム・ディクソン(Tom Dixon)によるもので、『ドアストッパーとしてもお使いいただけます』という、もうジョークにもならない?触れ込みの”器”であるらしい。


土足厳禁の日本の畳の文化を知る”知日家”がこのデザートを”他国文化に対する侮辱”、マナーにうるさい人々は”食卓に靴”に対して、感情を害しかつ心配しているようだ。


しかし、アートは常識を破ってなんぼ。特に海外での、唖然とするような発想に、日本的美意識は追いついてゆかないこともしばしば。


このシャフのレストラン、イスラエルのSegevartの作品?

食欲も吹っ飛ぶアートパッション
お皿の上に顔があってもいいじゃないか!芸術は爆発だ!!ですね。懐かしい。

妖精トロルのステーキ&ピザ?美しい。

勘弁してくれ、、。

これはちょっといいな。

店内もハイセンスに攻撃的

かつレトルトも販売、TVにも進出とイケイケのカリスマシェフ。


こうして、普段のお仕事を見ると、革靴デザートは日本文化の、シンプリシティーへの憧憬と尊敬が見て取れる。このSegevart,トランプ大統領がイスラエルを訪問した昨年5月にセレブシェフはダブルヘッドのトランプとネタニヤフの形のデザートを提供したようだ。幸運にもこの画像は見つけられなかった。


畳を革靴で踏みつける西洋文化国の日本侵略の暗示などと意地悪は言わないようにしないといけない。日本は、突拍子もなく、攻撃的で、醜い芸術に不寛容すぎるかも。


とにかく、このように、一流シャフにもてなされ美食家の安倍首相は外遊をやめられないだろう。加えてゴルフ、観光などもご用意されれば、日本で野党議員やマスコミに色々言われたストレス解消に逃げ出したくなるよね。そして安倍ご夫妻の極楽外遊を支えるのが、牛丼・ラーメン・おむすびを愛する国民の血税。


また、このような歓待はひとえに安倍大名行列=企業トップの随伴。


ワシントンポストにはこんなネタニエフ首相発言が、、


ある記者はこう口部を切った。「夕食時に靴を食べるのが間違っていることを知るために文化に言及する必要はありません。しかし、この件は、日本の首相訪問による唯一の論争ではありませんでした。」金曜日に、ネタニヤフはこの件のメディア報道についての不満を短いビデオクリップで彼のFacebookにアップロードした。


「日本の首相が訪れたことを伝えたい。彼は世界第3位の経済をリードしています。彼は大企業のトップであるビジネスマンの大代表団を伴ってきました。あなたは名前を知っています:三菱、三井、そして他の多く。メディアでこれについて何か聞いてきましたか?何もない!だから私のFacebookを開き、みなさんにお知らせする "と、ヘブライ語でネタニヤフは投稿した。


トランプと気の合いそうな、実利主義の独裁気質?記事はこう続く、


イスラエルのジャーナリストは(ネタニエフは何も伝えないとFacebookに投稿したが)、ヘブライ語のメディアは日本首相(御一行様)の様々な側面について50以上の項目を取材し記事にしたと指摘し、イスラエルのニュースのウェブサイトは両首脳は記者会見さえ開催していないと強調した。


「今こそ、ネタニアフ首相はフェイクニュースを垂れ流すことをやめるべき時だ!
メディアは実際に今回の訪問について事前に報道していたにもかかわらず、日本首相との会合にはプール・フォトッグラファー(代表して写真を撮り、他者に提供するしカメラマン=政府側の指示どうりの写真を撮る御用写真家)のみを許しジャーナリストの出席を許さなかった。この事実、あなたは今回の恥ずかしい投稿を削除すべきでしょう」とイーデット・アハロノットの長年の外交特派員であるItamar Eichnerは書いています。


ネタニエフ首相も、トランプ・アベに負けず劣らず、マスコミ排除に余念がなく、フェイクニュースを垂れ流し、国民を敵味方に分断し、外国の脅威を煽る人物のようだ。


お友達大企業を引き連れ、開発途上国に資金援助してお仕事を受注。それはそれでいい。同時に国内の一般国民の暮らしを豊かにすることができるなら。しかしそれは決して還流しない。かつマッチポンプで、安易に中東の火種に手を突っ込んで、軽率なカッコばかりのテロと戦う声明を出し、長年NGOや国際NPOなどのボランティアが積み上げた現地での実績と戦争をしない国日本の信頼関係を潰し、危機を煽り国民を誘導し、あわよくば手付かずの分野武器製造販売で儲けようという安倍政権。


勝手にどんどん戦争に関わってゆく”外交の安倍”は亡国首相だ。いつもなら、北朝鮮がミサイルを撃ってくれて、支持率回復を望めるものが、もうそれも期待できないので、せめて、Jアラートだけは鳴らしておこう、訓練させておこうという、国民を馬鹿にしきった
力づくの無理筋危機あおり。もうボイコットしたらいいのに、、。



PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

必要なのはセクハラ再発防止立法と省内セクハラ防止マニュアル 麻生かき回し暴言防波堤に騙されるな

暴言全開で火に油を注ぎ続ける麻生副総理。他の問題のマスコミでの扱いを減らすためにわざとやってるとしか思えない。男尊女卑の女性の人権・モラル後進国日本が、今やセクハラ意識が大流行だ。これを流行で終わらせないためにも、確かにある種の法によるの罰則規定があってもいい。セクハラ罪もありということになる。


国民の代表である国会議員、特に女性議員は女性の生活、社会での暮らしやすさ、人権の尊重に向けて改善していって欲しいのでこうした動きは歓迎したい。


20年くらい前、当時、人事院と呼ばれていたところに、アート協力?で出入りさせてもらったが、その時の院内の方々の話題の一つが、人事院政策のセクハラマニュアルだった。ちょうど、その頃に官庁内で、セクハラにあたる行為の規定や注意事項をまとめて配布を開始していたようだ。私は、省内の人事を預かる人事院が動いていることに、さすがだなぁと希望を持ったものだ。このマニュアルは一体どこにいったのか?人事院が率先して作ったのだから、政府官庁には、どういう行為がセクハラに当たるのか、どういう言葉がセクハラに当たるのか、が書かれたマニュアルが存在しているはずである。


今や悪名高き財務省は自主研修を行ったようだ。


財務省は九日、福田淳一前次官がセクハラ問題で辞任したことを受け、幹部職員らを対象としたセクハラ防止研修を開いた=写真、朝倉豊撮影。講師に招かれた菅谷貴子弁護士は「セクハラに関する財務省の感覚と世の中の常識が非常にずれている」と強調し、再発防止に向けて当事者意識を強く持つよう訴えた。
 

財務省は通常、職員の昇進時などにセクハラ研修を行っているが、それとは別に一定以上の幹部を集めてこうした研修を実施するのは初めてという。
 

研修には幹部職員のほか、省内でセクハラ相談を受けるセクハラ相談員も参加した。


「セクハラに関する財務省の感覚と世の中の常識が非常にずれている」と言われるが、”世間の常識”もそれほどとは思えない。もっと理不尽で野卑な心を傷つける行為、言葉が、冗談や叱責の仮面を借りて横行していると思っている。


セクハラ防止マニュアルと、それに対する罰則法規定は、センスの中に男尊女卑DNA
の組み込まれているこの国には必要かもしれない。


それから、福田氏をめぐるセクハラ過熱世論が、セクハラと、性犯罪被害と被害者に対する人権侵害と社会全体の空気の意識制度改善とごっちゃに論じられているような気がして気になる。これは、同根であっても、全く別次元の問題なので、なんでもセクハラセクハラと言ってしまえば、安倍応援団の人たちのいうように”魔女狩り”化してしまう。


そういう意味でもセクハラ防止マニュアルと、それに対する罰則法規定=犯罪まで行かない女性差別を明文化する必要はあると思う。


性暴力被害者に対しての、理不尽な自己責任バッシングや、本人の罪悪感、周囲の被害者への”穢れ”視、警察・病院の対応対応などもはもとより、家族や恋人、周囲の対応なども本人を必要以上に苦しめる。根底の歴史的な”処女信仰”や”穢れ”意識改革や学校の性教育でも、性暴力被害後の対応なども行うべき(行われている?)だろう。知識こそ大きな力になるだろう。


麻生氏はただ騒ぎを煽り周りを怒らせ、安倍防波堤役を勤めているだけ。最近の安倍他人事ほっかむりと、蚊帳の外からなんとか中に潜り込んで、手柄を盗みとり、また外交の安倍で挽回を図りたい見え見え作戦が成立するのも、セクハラと国民の怒りを一手に引き受けて煽る麻生防波堤があったればこそ。


しかし、モリカケ問題は、暫時的に可逆し続ける。柳瀬氏の国会招致で、麻生氏が国民怒らせ作戦に邁進しても、世間の目は、また安倍政治私物化を思い出す。
野党の追及に期待したい。そして、マスメディアは、もうジャニーズ山口報道も大概にして、この国の根幹を揺るがす腐敗にも紙面を割いて欲しい。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ