密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

安倍自民苦戦74選挙区、玉石混淆・希望候補の見分け票

安倍自民盤石、300議席か?などの報道で、ああこの国に未来はないのか?正義はないのか?と思ってしまいがちな、反安倍国民。
しかし、諦めてはいけない、まだ選挙は終わっていない。リベラル候補たちは必死で訴えている。そして74の選挙区があと一歩で自民を負い落とせるという。



実際、北海道や東京など、自民が激しく競り合っているのは立憲民主だ。自民がことごとく競り負けると、議席は激減する。


 自民は立憲民主の勢いに戦慄しているという。何しろ、動員もしていないのに、枝野代表の街頭演説には1000人単位の人が集まり、党のツイッターフォロワー数は数日で第1党になって、現在約18万人で独走中。個人献金も1日余りで900人超から、計1700万円が集まった。応援する有権者の熱気が、自民とはまったく違うのだ。


 さらに、自民が立憲民主を“目の敵”にする大きな理由がある。山口朝雄氏が続ける。


「選挙後の政権運営を考えると、なにがなんでも立憲民主の議席を少なくしたいのだと思う。改憲や安保法制で同じ立場の『希望』や『維新』は仲間のようなものです。一方、立憲民主は筋を通す本物の野党です。政権にとって目障りな勢力が力を持つことはどうしても避けたい。立憲民主さえいなければ国政を自由勝手にできる。それに立憲民主に躍進されてしまうと、トータルの数字で与党が圧勝しても、勝利がかすんでしまいます。もし立憲民主が50台に乗せたら、勝者は立憲民主のようになってしまう。何としても最小限の躍進で食い止めたいのです」


 自民VS立憲民主――この戦いが選挙を決める。
大手メディアが「自公300議席」と報じている10・22総選挙。しかし、289選挙区のうち、自民党候補が「当選圏内」に入っているのは、せいぜい150程度だ。残りの140議席は、どうなるかまったく分からない。自民党は51の選挙区で野党候補と接戦となり、23人の無所属候補にリードを許すか接戦となっている。


 安倍自民党は立憲民主つぶしに血まなこになっている。16日夜、安倍首相も出席した選対会合では、49の激戦区を重点区として指定。投票日まで残り4日。自民党はこの重点選挙区を徹底的にテコ入れする方針だ。激戦区の多くで立憲民主と戦っている。政治評論家の山口朝雄氏が言う。


「自民の最大の敵は、勢いを失った希望の党ではありません。安倍政権が恐れているのは、立憲民主旋風の背後にいる市民の力です。組織票ではありませんから、立憲民主の候補がどれだけ伸ばすのか読めないのです。安倍自民はなりふり構わず総力を挙げて立憲民主をつぶしにくるでしょう」


しかし、接戦区とはいえ、候補者が特に石玉混淆、希望の党公認だと、集団的自衛権容認、南京大虐殺否定、日本会議、神道ナンチャラ、靖国参拝議員の会なんて人々もいたりして、、、。そこで、ざっと調べて、色分けしてみました。


青は野党統一候補、ほとんど立憲民主党です。
緑は希望の党公認候補で(民進党や自由党からの候補)集団的自衛権に反対(その他夫婦別姓や女性宮家賛成、憲法(9条)改正反対 消費税反対、原発0などのリベラル的政策をあげていた人たちです。


驚くのは(周知の事実?)、民進党議員で、靖国参拝、南京大虐殺否定論者、もちろん集団的自衛権容認、憲法改正、女性宮家、夫婦別姓反対と、自民党以上にバリバリの人がいることです。こいつらが野党共闘潰しを、打倒安倍政権に優先したのか、納得。
維新は完全に無視しました。

マスコミは、未だに希望がどうの維新がどうのと書くけれど、共産党についてほとんど触れず、まるで泡沫政党扱い?しかし、この接戦選挙区で、共産党議員がどれだけ追い上げているのかなど全く語られていませんから、極右民進議員に入れるしかないのか?となる? こういうところが大変な片手落ちです。


だから、共産党に入れたくても死に票になるならと、極右でも希望民進議員に維新議員に、入れますか? 共産党も着実に支持を伸ばしている。彼らの活動をよく知る人たちの指示です。そこをもう少し押し上げるには、こういうメディアの誘導に載せらせず、自分の目で見て、耳を信じて、過去の発言をチャックして投票してもいいのではないでしょうか?


もし、でも共産党はなぁ、、、という人は、この、池内さおりさんの数年前のインタビューを見てください。働きづめの、忙しい、普通に保守的な両親に、共産党を言い出した時の家族の反対から、それを受け入れてもらえるまでの、心の葛藤と、自分の信じたことを曲げて合わせて方が、家族の幸せ、、と思い悩むなど、本当に、何ら普通の若者と変わることがない。違いといえば、純粋に人のために社会のために働きたい思い、偏見やステレオタイプを鵜呑みにせず、自分の頭で考え、歩もうとしたことです。


お寺も神社も好きで、ロックバンドもする、いかに周りのイメージが偏見に満ちているかわかる。案外彼らの方が自然体。生い立ちから、カジャルトーク、もちろん国内政治・国際情勢。もちろん政策も、納得の筋が通って説得力がある。


いかに私たちが共産党にステレオタイプ抱いていたか、わかる。

みわちゃんねる 突撃永田町!!第179回目のゲストは、共産党 池内 沙織 衆議院議員です。


メデイアが、共産党を無視して立憲民主党ばかりを煽れば、仕方ない希望の党でも、、と間違った候補を選べば、結局自民党、特に安倍政権体質、安倍チルドレン的傲慢ファッション保守を増やし、自民党内のハト派中道派による自浄作用も妨げることになります。


憲法を憲法の意味も知らず、お試し会見などと舐めきった提案をし、そこに非常事態条項などという危険極まりない独裁確定条項を入れる、主権が国民にあることが間違っているなどと、公言する、いい年をして大馬鹿政治屋の跋扈を今庄に許す。


我らが安倍さんで、森加計追求は不敬罪、そんなことを声高に怒鳴り散らす国会になる。
いくら枝野さんでも、そこに対峙するのに、共産党のあの強さ、ブレなさが絶対に必要


いくらメディアが冷たくても、それが差別的だとしても、長く風雪に耐えてきた共産党はそんなことでは折れないだろう、でも、国民は折れてしまう。そして正しいことを行おうとする共産党に背を向ける。そんな世の中を再来させてはいけない。


メディアが無視しても、主張がいいと思えば共産党候補に投票して欲しいし、比例で支えて欲しい。 この選挙の要は、共産党なのだ。


立憲民主党の躍進を、多くの無党派が支えるなら、リベラルは共産党を支えよう。
統一候補の立たない一人区は共産党、比例も共産党。


最後まで諦めない、マスコミに流されない、正しいの力を信じよう!!!


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

当然首相に居座る気満々、危機を煽ってゴルフ外交のトンチンカン

中間世論調査でも自民党の過半数はゆるがないという結果である。
この国の国民がどうかしているのか、世論調査がどうかしているのか、どちらにしろ、このまま安倍晋三に”信を与える”と言わせる結果にしてはならない。


何しろ、もうすでに、来月来日のトランプとゴルフ接待計画を詰めている。

首相、トランプ氏とゴルフも 来月5日、翌日に首脳会談


 トランプ米大統領が11月5日に来日した際、安倍晋三首相と「霞ケ関カンツリー倶楽部」(埼玉県川越市)でゴルフをする方向で調整していることがわかった。プロゴルフ選手も同席する見通しだ。6日には首脳会談を行う予定。


 複数の日本政府関係者が明らかにした。プレー後の5日夜には非公式の夕食会を開き、首脳間の信頼を深める機会とする考えだ。同ゴルフ場は1929年開場で政財界に多くの会員を持ち、2020年東京五輪のゴルフ会場になっている。


 安倍首相は昨年11月、大統領就任前のトランプ氏と会談した際、ゴルフクラブを贈呈。今年2月の訪米時にはトランプ氏所有のコースで、計約5時間にわたり共にプレーした。この時に世界情勢についてトランプ氏と長時間語り合ったことが、現在の首脳間の親密な関係につながったとの思いがあり、今回も「ゴルフ外交」を重視している。


 日米首脳同士のゴルフは、安倍首相の祖父・岸信介元首相がアイゼンハワー大統領と1957年にプレーした例がある。


 これに関連し、野上浩太郎官房副長官は17日の会見で、トランプ氏が来月5~7日に来日すると発表した。首脳会談や北朝鮮による拉致被害者の家族との面会などが予定されている。(小野甲太郎)


(朝日新聞デジタル 2017年10月18日 05時30分)
これだけ北朝鮮の危機を煽り、国民には無防備に頭を抱えうずくまらせ、老害ジャーナリストに、年末年始米軍事攻撃を吹聴させ、そんな時、のんきにゴルフ。


アメリカの大統領は忙しい、トランプはオバマ大統領がゴルフをしすぎると非難していた。本人が既にその何倍もゴルフに費やしていて、施設ゴルフクラブや別荘の毎週末の移動でセキュリテイー予算を使い果たさせているが、それでも、一国のトップは、やることがたくさんある時に、会社同士の接待のようにゴルフに興じているのは、クレージーだ。


おもてなしではなく、外交をしろよ!!!それより、まだ首相でトランプ似合う気満々
が腹に据えかねる。


国民の皆さん、これでいいのか?安倍様のなされることはどんなことでも、庶民が塩子の言ってはならない、そんな社会になっちゃうよぉぉぉぉ。


投票に行こう。自民を勝たせてはならない。いろいろいいことを言っても、自民のすべての票は安倍に通じる。その証拠に、もうゴルフ、選挙結果も出ないうちから、一番にやることか?


野党統一候補を勝たせ、そうでない小選挙区自民に投票せず、比例は共産党。
ここで立憲民主だけに偏れば、反安倍リベラル勢力は減退し、共産党の追及力が国会から弱まれば、どれだけの悪法が勝手に作られるか、どれだけお供だち優遇の政治が行われるか分かったものではない。ここで自民党が勝てば、自民党内の自浄作用も失われ、安倍晋三とともに日本は腐ってゆく。


社会が荒廃し、人々の心があれ、少数派、弱者が排斥の対象、攻撃の対象にされる。
どうか、無力感を持たず、選挙に行って、国民主権を表明しよう。


ゴルフなんかしなくても外交はできる。何も国のトップがベタベタ仲良くすることはないのだ。外交は新首相。安倍元総理はお友達としてトランプをゴルフにご招待すればいい、自腹で!!!!!


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

あと少しで勝てる!東京12区大阪6区北海道10区

自民対象、公明盤石で、安倍万々歳選挙予想。 どうせ投票なんかで政治は変わらないんだ、という無力感を誘う。しかし、立憲民主党は大フィーバー(古すぎ?)共産党演説では、応援の声と拍手が湧き起こる。全勝神話を持つ公明党も追い上げられ苦戦しているらしい。

選挙区は全員当選――「全勝神話」を誇る公明党に異変が起きている。選挙区に出馬している9人のうち、なんと3人が落選危機に直面している。もし、9人中3人が落選したら公明党に激震が走る。


「10日の第一声で山口那津男代表が『小選挙区で最も激戦なのはここ』と訴えた北海道10区と、太田昭宏前代表が出馬している東京12区、さらに大阪6区は接戦となっています。“まさか”が起きる可能性があります」(政治評論家の伊藤達美氏)


 中でもヤバイとされるのが東京12区。選挙区内の自民党組織とギクシャクしているのが原因だ。都議選の時、18年間連立を組んできた自民と手を切り、都民ファーストと連携した結果、12区がある北区から出馬した都議会自民党幹事長だった高木啓氏が落選してしまった。自公の間にシコリが残り、いまだに隙間風が吹いている。野党共闘候補である共産党の池内沙織氏が猛追している。


「池内氏は前回も太田氏と戦い、比例復活しています。12区は共産党の重点選挙区です」(都政関係者)


 北海道10区も野党一本化で立憲民主の候補が追い上げている。大阪6区も同様の構図だ。


 しかも、創価学会員の一部が公明党にソッポを向いているという。ある学会員が語る。


「流れが大きく変わったのは2年前の安保関連法の成立直前です。『創価大学有志の会』の反対署名は1300人以上に膨れ上がりました。その後、サイト発起人に対する嫌がらせなどで“沈静化”したかに見えますが、反対運動はゲリラ化し、全国に拡散。ネットなどで反対運動が激しくなっています」


 実際、選挙戦が始まってから、若手学会員らしきツイッターの間で〈公明党はむしろ立憲民主党に近い立ち位置なのにどうして批判の刃を向けるのか〉といった疑問を投げかける書き込みが急増している。水面下で公明への批判票が立憲民主に流れる可能性もありそうだ。


 安倍自民党に従属してきたツケが回っている。


安倍自民党に従属してきたツケを回さなければならない。
この区の住民の方、あなたの一票が重い、政治は変えられる。
大阪6区の中村史好氏(立憲)北海道10区神谷祐(ひろし)氏(立憲) そして東京12区は池内さおり氏(共産)
接戦です。北海道は、地域での野党共闘が実現し、頑張っている。しかし比例が立憲に集まりすぎると自民党を利する結果になると懸念されている。比例は共産党!!


そして東京12区、池内さおりさんは、とても存在感がある。



2017.09.18「日本共産党街頭演説@赤羽駅東口」: 池内さおり 衆議院議員 (東京12区・比例東京ブロック予定候補)【10/10】
説得力のある力強い演説。頑張れ!!
とてもチャーミング。
投票!野党統一候補  比例は共産党!!



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ