密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

民進党新代表を考察

民進党新代表候補は、枝野氏と前原氏。以前枝野氏は野党共闘に頑固そうなので前原氏、などとよく考えもせず書いてしまって深く反省、、。


お二人の立候補記者会見をみる。

最新!民進党代表選 出馬 枝野幸男 記者会見 2017年8月8日
枝野氏は、演説が上手だ。気持ちを動かす演説ができる人だ。これも党代表として大切な要素だ。アメリカの大統領は力強く人心をつかみ演説ができることがとても大切と考えられたいる。人々を立ち上がらせる演説。プレジデンシャルボイス(大統領の声)で人々を鼓舞し、なだめ、勇気付ける。


東日本大震災時、官房長官だったということの重い原点を踏まえ、理念や理想を語り、現実を考察する。衆議院で、戦争法に対する反対意見の長演説も大変感銘を受けた。
会見での主張も筋が通っていて、嘘やごまかしがなく、言っていることも納得できる。
震災の時に”枝野寝ろ/edano_nero"のハッシュタグがつくほど、必死に対応したことは、私の記憶にも強く残っている。
何かあると昼夜問わず、時間を置かずに直ぐに記者会見壇上に立ち、発生した事態を分かりやすく国民に説明しようとする枝野長官の姿勢に感銘を受けた会見視聴者が次第に増え、いつしかTwitter経由で「#edano_nero(枝野寝ろ)」を付けるなどその応援の声が登場した。


長官の疲れを知らぬ獅子奮迅の無双ぶりに、長官の健康を心配する声としてウォール・ストリート・ジャーナルを始めとする国内外の報道メディアで紹介された。


このことは海外のツイッターユーザーにも広まり、ハッシュタグは「#sleepforjapan_edano」「#EDN48」「#we_are_the_edano」など様々な派生型が生じ、類義ハッシュタグには「#jieitai_tabero(自衛隊食べろ)」「#ishihara_damare(石原黙れ)」「#kan_okiro(菅起きろ)」などが登場した。(ニコニコ百科より)


あとは、野党共闘で、共産党や小沢氏の自由党と正面から共闘してくれるかだ。
”民進党として譲れないところは守り抜く”、と言っているが、その守りぬく民進党の譲れないところ、を明確に言葉にしてくれればもっと納得できただろう。
しかし、言葉の人なので、党代表になれば、曖昧民進党理念もきちんと打ち出してくれると期待もできる。


さて方や、前原氏。この人、タカ派と呼ばれているので、もっとガチっとした強気で明快な人のかと思ったが、声に力がなく、具体的経済に対する政策など持っているのはわかるが、なんとなく、自民党の**担当とか**大臣補佐みたいな感じだ。
表情も精彩を欠く、お疲れ?なの?



【録画】民進党代表選、前原元外相が正式に出馬表明(2017年8月7日)


改憲に関して、安倍総理との違いを説明しているが、、、しかも主張している憲法改正は最重要でないと封印? 野党共闘について、公党間の競技は重く受け止めるが、蓮舫体制での支持率下落を受けて新たな体制の見直しをしなくてはならない、とこれも玉虫色答弁。


なんとなく、利巧な安倍、政治屋さん的な、言語明瞭の振り、どうとでも後で変えられる印象を受ける。蓮舫体制支持率下落の原因も、どうも、取り違えているような気がしてならない(共産党と近づいたとか、、)この人に決まれば、民進党は何も変わらないどころか、自民党との違いも明確にならないまま、落ちてゆくのではないか、、、と。


いま国民が望んでいるのは、ぐずぐずしない民進党。保守よりリベラルな民進党だろう。


専門家のアンチ前原見解も、納得できる。

まだ始まってもいない民進党代表選に口を挟むのは尚早かもしれないが、これが前原誠司と枝野幸男の対決になるとして、前原が勝てば同党は破滅に向かうしかなく、枝野が勝つことでかろうじて蘇生への活路を開くことができるだろう――というのが私の見立てである。


 前原は、最近は井手英策慶大教授の理論に従って、格差是正・福祉充実と財政再建とを両立させる政策研究に熱心に取り組んでいることは大いに評価できるけれども、外交・安保政策では昔も今も自民党国防族とほとんど変わらないタカ派であり、中国は「現実的脅威」であるとの基本認識の下、米軍との共同行動を可能にする集団的自衛権の解禁、自衛隊の敵地攻撃や先制攻撃の検討を含めた活動拡大、最終的な憲法改正などの主張を抱いている(例えば2005年12月の米ジョージタウン大学での講演)。改憲については、昨年9月の代表選でも最近の発言でも「9条1項、2項は守った上で、『加憲』で自衛隊の位置づけをするべきだ」(16年9月4日付朝日)という持論を吐いている。


安倍晋三首相と同じことを言っている――というより、前原の主張を安倍が横取りして「これなら民進党も引き込めるだろうし、少なくとも分裂させられるに違いない」と思って仕掛けてきているのが、今の改憲攻勢なのである。その時に、民進党が前原を代表に据えたのでは、「安倍改憲に協力します」と申し出ているのと同じことになって、同党は壊滅どころか消滅する。


それに対して枝野は、15年の安保法制が中途半端に集団的自衛権の容認に道を開いたことを「違憲」だと主張していて、もし憲法9条に触るのであれば、「自衛権は個別であれ集団であれ海外では行使しないことを明記すべき」とも言っている(週刊エコノミスト16年8月30日号)。


 ところで、いま水面下で始まっている野党4党の選挙協力協議では、「安保法制とその根拠となった14年7月の解釈改憲の閣議決定を取り消し、『専守防衛の日本』を取り戻す」ことが政策合意の第1項目となるはずで、枝野ならその方向で野党共闘を推進できるだろう。「脱原発」については「30年代に原発ゼロ」の民進と「即廃絶」の他党とは隔たりがあるが、「可能な限り速やかに原発ゼロ」ということでいいのだろう。枝野は「我々が野党のままでは脱原発が遅れる。政権につけばどんどん早まる、ということでいいのではないか」と私に語ったが、その緩やかさが枝野の持ち味だろう。


枝野氏に、海外で、日本のジャック・バウアー(米ドラマ24のキャラクター)と言われ、精力的に国民のために働いた(初動での批判もあるが、あの状況で誰も正しい判断はできなかっただろう)そのエネルギーを再び発揮して、民進党を牽引し、野党共闘を加速してほしいものだ。



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


またしても安倍総理”原爆”を”原発”と言ってしまった件 の動画

『またしても安倍総理”原爆”を”原発”と言ってしまった件』のフレーズが妙に笑いのツボにはまってみてみた動画。人のいい間違えをあざ笑ったりするのは褒められたことではないと重々わかっていながら、大笑い。


しかし、これは、ただの舌足らずの、漢字を読むのが苦手なおじさんのスピーチではなく、日本の総理大臣が、原爆の悲劇を悼み平和への誓いを立てる広島平和式典での厳粛なスピーチである。しかも、2度も、、、、、今更ながらに、こういう人が国のトップは情けなさすぎる。


面白うて、やがて悲しき、安倍晋三



またしても安倍総理原爆を「原発」と言ってしまった件2017年8月6日
壷阪道也 @gomizeromirai
またしても安倍総理原爆を「原発」と言ってしまった件2017年8月6日
一昨年の8月6日の広島での記念式典で「原爆」を「原発」と言ってしまい、言い直さないで読み上げた。
今回は、原発と読んで「間違い」に気が付き、間をおいて「原爆」と読み直した。
原稿があるのに、なぜ間違えるのか?


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


豪のオスプレイ墜落 3人の若者の命

Widow Maker-未亡人製造器の異名を持つオスプレイ。オーストラリア沖に墜落し乗員26人のうち3人が行方不明で死亡と断定され捜索は打ち切られた。


ベンジャミン・クロス26歳、ナサニエル・オードウェー21歳、そしてルーベン・ベラスコ一19歳の3人若者の命が失われた。

これが本物のオスプレイ、全米で見かける美しい鳥なのだ。


沖縄ではパイロットの努力で市街や住宅地を逃れ、海まで機体を運ぶことがでいたが、沖縄の人々は、常に、この不安定でうるさいWidow Makerの不安の中で生活している。
米兵だって、こんなものに乗せられるのだからたまったものではない。
ベル社とボーイング社が開発にかけたお金の分使われ続ける。
関東では、私の地元木更津にオスプレイが配備されているが、今度は横田基地にも配備されるらしい。



7日、米軍は、日本政府が求めている飛行自粛をアザ笑うかのように輸送機オスプレイを普天間飛行場から飛ばしてみせた。


 オーストラリアで5日に墜落事故を起こしたことから日本は6日に飛行自粛を要請。ところが米軍はこれを無視。この日、小野寺防衛相と会談したシュローティ在日米軍副司令官は、「運用上必要だと判断した」と日本の要求を歯牙にもかけていないのだからフザケている。


 元外務省国際情報局長の孫崎享氏がこう言う。


「米軍は“日本が米軍の運用に文句をつけることは許さない”ということを示すために、飛行自粛を要請した翌日に、わざとオスプレイを飛ばした可能性があります。北海道で間もなく始まる日米共同訓練にもオスプレイ6機が参加する予定です。北海道などは、オスプレイを参加させないよう防衛省に求めていますが、参加が見送られることはないと思います」


オスプレイは米軍機の中でも飛び抜けて事故が多い。米国では1992年から15年までにパイロットや兵士ら41人がオスプレイの事故で死亡。これまで普天間基地に配備された24機のうち、すでに2機が墜落事故で失われた。事故率はこの5年で1.8倍に増加している。


 恐ろしいのは、オスプレイが東京上空を飛び回る日が近づいていることだ。東京・横田基地に配備されるのは時間の問題だという。


「米軍は21年までにオスプレイ10機を配備する計画です。今年中に最初の3機を配備する予定でした。国防総省が最長で3年遅れると発表しましたが、それでも早ければ来年にもオスプレイが横田基地に配備されます」(軍事ジャーナリスト)


 横田基地の中心部から半径3キロの距離には、住宅や小中学校、保育園、病院、老人介護施設がある。


しかし、米軍が住民の生活に配慮しながらオスプレイを飛行させる可能性はなさそうだ。


 オスプレイの運用に関し、「市街地上空をヘリモードで飛ばない」などと日米政府の間で取り決めた12年の“日米合意”が存在するが、ほとんど意味がないという。普天間基地のピーター・リー司令官は“日米合意は順守する必要はない”との認識を示している。


「米軍が軍の運用について日本の介入を許さない以上、日米合意は意味をなしません。いずれオスプレイの事故が横田基地周辺で発生し、その際に日本政府が飛行中止を求めたとしても黙殺されるでしょう」(孫崎享氏)


 すでにオスプレイは訓練で日本各地を飛び回っている。いずれ東京で墜落してもおかしくない。


本土の人たちも、すぐに沖縄の人たちの気持ちが身にしみてわかるようになるのだろう。
対米従属でやってきた自民党には、地位協定見直し交渉は無理。 連立政権樹立で共産党に対米交渉・地位協定見直しを任せてみたいと本気で思っている。



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ