密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

大阪市民は、それでいいのか?慰安婦像撤去問題における吉村市長による姉妹都市解消措置

昨日の記事、”歴史修正主義、自称愛国者の海外での墓穴”の続き。
リテラでもこのサンフランシスコ市長への吉村市長の恫喝にもならない恫喝と、それを後押しする安倍首相の圧力にもらない圧力の国際的恥かきを取り上げている。

結局愛国と称し、彼らが騒げば騒ぐほど、こういう考えの人たちによって、慰安所が作られ多くの女性がまさに”苦海”に沈まされた、というリアリティーが鮮明になる。
彼らの愛国は日本人を他のアシア諸国より上に設定し、その優越感を誇りと勘違いしている幼稚な愛国心だ。今回も市長が中国系アメリカ人であるという点で、より高飛車に出ているのではないか?と疑われる。


だいたい日本ほど、セックス産業が盛んで大っぴらな国は少ない。そうして利用者である男性の大半は自身の性の発散をお金で解決しながら、感謝するどころか、”売春婦”と目下に見て蔑むという、とんでもない男性優位社会が今でも継続しているのだ。


成人女性の合意の上の売春行為だけでなく、年端もいかない少女、障害や貧困に苦しむ女性をを取り込み、近隣アジア諸国から、騙して入国させパスポートを取り上げ売春をさせる事態も後を絶たない。こういう現代版慰安婦状態の扱いを今も継続している国が、どのツラ下げて『日本の名誉』などと宣えるのか、まさに”Shame on You!!-恥を知れ”だ。


吉村市長は、市民の意見を聞いて、また市議会にはかって、抗議し、姉妹都市解消を申し入れたのだろうか?大阪の市民は、大阪市が国際的に歴史修正主義の市として世界に認識されることをどう考えているのだろうか?


安倍首相も首相の立場で勝手な発言を発信するが、彼の意見に、歴史修正主義に日本国民の何%が賛同するだろうか? 


一部の極右団体が資金力にものを言わせ、アメリカで新聞広告を出したり(ニュージャージー州で発行されてるローカル紙「スター・レジャー紙」)、パレードしたり、日本人会で講演したりしても、それに着目するアメリカ人は少ない。しかし今回は市を相手取って、しかもリベラルで文化レベルの高い大都市サンフランシスコを開いてどおっての大騒ぎ。ご丁寧に一国の首相まで後押し発言を公式に送るなど、トンデモぶり大宣伝だ。
スター・レジャー紙の読者を多く抱えるニュージャージー州パリセイズパーク市の公立図書館には「日本帝国政府軍が慰安婦として20万人以上の女性と少女を拉致」などと記載された慰安婦碑が2010年に建立され、ニューヨーク総領事館や自民党の国会議員が同市に撤去を求めたが、拒否されたままになっている。
櫻井氏ら歴史事実委員会は、2007年に米下院が慰安婦問題に関する対日非難決議を採択した際はワシントンポスト紙に反論広告を掲載している。


アメリカに住む日本人の一人として、非常の情けなく、恥ずかしい。


大阪は、私が初めて企画展を開いていただいた場所であり、多くのユーモアと独特のインテリジャンスを持つ人々に出会えた街であり、韓国の人たちの街である鶴橋も活気にあふれていた。声高に怒りをがなり立てたり、人を直裁に侮辱するなど、大阪には似合わないと私は思っている。最近は変わってしまったのだろうか?そういえば安倍ベッタリTV番組や、安倍KissAss大物お笑い芸人は関西系だ。だいたいコメディアンが権力者するよりしてどうする”Shame on You”だ


心ある大阪市民は、市長の行動が自分たちの総意でないというメッセージを示してほしいと思う。"I am not Yoshimura . I love San Francisco."



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

またグラム上院議員、今度は在韓米人退避勧告発言

リンゼー・グラム氏はサウスカロライナ州サウスカロライナ州選出の上院議員。この人のNBCニュースのインタビューに、日本は大きく反応している。


【ワシントン=共同】グラム上院議員(共和党)は1日、米国を標的とする核弾頭搭載の大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発を阻止するため、トランプ大統領が北朝鮮との「戦争」も辞さないと語ったとNBCテレビの番組で明らかにした。


 グラム氏によると、トランプ氏は「戦争が起きるなら向こうでやる。大勢が死ぬが、米国ではなく向こう側で死ぬ」と話したという。グラム氏は、北朝鮮がICBM開発を続けるなら「軍事力行使は避けられないだろう」と述べた。


 これを受け、サンダース大統領報道官は1日の記者会見で「大統領は北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止する必要性を明確に語ってきた」とだけ説明し、軍事力行使を含む「全ての選択肢」がテーブルの上にあると繰り返した。


なんかデジァブだなあ、と記憶を辿ったら、この人、8月にトランプ氏は「戦争が起きるなら向こうでやる。大勢が死ぬが、米国ではなく向こう側で死ぬ」と話したと、NBCテレビの番組で明らかにし、これも日本に大きなショックをあたえた。



2017/8/2 11:13
【ワシントン=共同】グラム上院議員(共和党)は1日、米国を標的とする核弾頭搭載の大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発を阻止するため、トランプ大統領が北朝鮮との「戦争」も辞さないと語ったとNBCテレビの番組で明らかにした。


 グラム氏によると、トランプ氏は「戦争が起きるなら向こうでやる。大勢が死ぬが、米国ではなく向こう側で死ぬ」と話したという。グラム氏は、北朝鮮がICBM開発を続けるなら「軍事力行使は避けられないだろう」と述べた。


 これを受け、サンダース大統領報道官は1日の記者会見で「大統領は北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止する必要性を明確に語ってきた」とだけ説明し、軍事力行使を含む「全ての選択肢」がテーブルの上にあると繰り返した。


この時も不思議に思ったが、彼は何の権限で、緊張する対北朝鮮危機を煽ることを言うのだろうか?米上院議員は定数100人のうち共和党員は52人、下院は定数435で共和党が241人。彼は393人の中の1人だ。


本来慎重であるべき公人の発言としてはいささか軽率、あるいは意図的に何かを煽っているのかと疑いたくなる。


CNNは、グラム氏この両方の発言について一切取り上げていない。
この人は超保守で、軍事委員会に所属、ミニタリーアクションにか関わることが大好きで、真の重鎮マッケイン上院議員ベッタリさんだった。彼の発言を、しかも委員会での見解でもない個人的意見をペンタゴンが注目するとも思えない。


トランプの「戦争が起きるなら向こうでやる。大勢が死ぬが、米国ではなく向こう側で死ぬ」発言も、トランプが彼に語ったと、彼が言っているだけで、トランプからはそれについて何もない。


グラム氏北朝鮮のミサイル攻撃の前に攻撃するべきと思っていて、不安定なトランプに影響を与えたがっている。そのためにテレビで余計なことを話すのだろう。
所詮アメリカオンリーの狭量な白人至上主義の発想だ。


確かに北朝鮮の強気の挑発に、軍は強い対応の準備もしているだろう。けれど、誰も無用な犠牲を出す戦いはしたくないのだ。


グラム氏の意見に着目し、騒ぎ立てることは、維新足立氏発言を日本の公式見解として他国が憂慮するようなものだ。もっとも、現在の日本政府は、トップもネトウヨレベルであるから、アメリカよりうんと危険だ。


ジャパンハンドラーのアミテージさんは、日本を良く勉強しているコンサルタントであって、日本を支配するアメリカの司令塔などではない。現に彼はもう政治の中枢にはいない。本人もインタビューでこの日本の認識に驚いて、一体どうやって日本をコントロール配すると言うのか?たった一人の個人でさへ、私は、コントロールできたことなどないーと驚き顔で述べていた。同じようにこのグラム氏の煽り発言も、足立発言ぐらいに抑えておかないと、戦争を知らない日本が過剰反応し、返って火種となりかねない。


本来、日本は、戦わずして勝つ外交を模索するべきなのだ。”勝つ”というのは、東アジアの平和的均衡をもたらすことで、誰も殺さない、殺されないことだ。隣国からの信頼と友好を勝ち得、穏やかな、懐の深い確かな意見者と認識されることだ。これからアジアは中国がリーダーシップをとってゆくだろう。その際にも、日本はキーストーンとして、自立した意見を持ち存在を示してゆかなければならない。しかし、どちらにしろ、非常に偏った情念と、軽い思考を持つ安倍氏が政権のトップにいる以上、日本は不安定で危険な存在であり続けることは国際的に見て間違いない。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

歴史修正主義、自称愛国者の海外での墓穴

日刊ゲンダイの室井佑月さんのコラムで触れていた、慰安婦像をめぐる、サンフランシスコと大阪市の揉め事について、面白い見解の記事です。
吉村大阪市長の理不尽ないちゃもんと脅しにもならない恫喝に、きっぱりとした態度をとった エドウィン・リー市長はDoctor of Jurisprudence degree (法学博士号)を持つ弁護士であり、民主党所属の初のアジア系の市長。リベラルの都市サンフランシスコで、再選も果たした方だ。長い記事なので記事要約しましたが、興味のある方は本文を読んでください。動画もついています。


姉妹都市解消の理由として吉村市長が挙げているのは、在米中国系民間団体が設置した慰安婦像と碑文をサンフランシスコ市が公共物化したこと。


問題の慰安婦像は、朝鮮半島と中国とフィリピン出身の若い女性3人が手をつなぎ円を描く様子を描いたブロンズ像。作者はイギリス生まれの彫刻家Steven Whyte。


サンフランシスコの市議会は慰安婦問題の市への寄贈を受け入れる決議案を11月14日の時点で全会一致で可決しており、エドウィン・リー市長は10日以内に拒否権を行使することが可能でしたが、自動執行を待つことなく、11月22日に決議案への署名。


吉村市長が問題視したのは碑文の記述です。吉村市長は碑文に対して「『日本軍が強制連行し、数十万人の女性を性奴隷にし、そのほとんどが捕虜のうちに亡くなった』というのは、一方的な主張だ。確実に歴史的事実でないものは日本バッシングになる。違うものは違うと明確に意思表示すべきだ」と主張。


慰安婦像について吉村市長がリー市長との会談を求めた書簡に対して、サンフランシスコ市側はメールで「会談は可能だが、慰安婦像について交渉の余地はない」と返信。


安倍首相も「我が国政府の立場と相いれず極めて遺憾」と述べ、リー市長に対し拒否権を行使して像を受け入れないよう政府として申し入れたが、効果なし。
吉村氏問題史の像に記された碑文は、
Our worst fear is that our painful history during World War II will be forgotten”


— former “Comfort Woman”


This monument bears witness to the suffering of hundreds of thousands of women and girls, euphemistically called “comfort women,” who were sexually enslaved by the Japanese Imperial Armed Forces in 13 Asian-Pacific countries from 1931 to 1945.


Most of these women died during their wartime captivity. This dark history was hidden for decades, until the 1990s, when the survivors courageously broke their silence. They helped move the world to declare that sexual violence as a strategy of war is a crime against humanity for which governments must be held accountable.


This memorial is dedicated to the memory of these women, and to the crusade to eradicate sexual violence and sex trafficking throughout the world.


「私たちが最も恐れるのはこの痛ましい第二次世界大戦中の歴史が忘れ去られることだ」
かつての「従軍慰安婦」


この記念碑は遠回しに「従軍慰安婦」と呼ばれ、アジア13ヶ国で1931年から1945年の間に大日本帝国軍によって性奴隷にされた数十万人の女性と少女たちの苦悩を証言するものです。


女性らの大半が戦争中にとらわれの身のまま死んでゆきました。この悲惨な歴史は1990年代に至り、生存者らが勇気を持って沈黙を破るまで何十年も隠され続けてきました。彼女らは軍事戦略として行われる性暴力が、政府に責任のある人道に対する罪であることを世界が言明するための後押しとなりました。


この記念碑は性奴隷にされた女性たちの記憶と、現在も世界中に広がる性暴力と性的人身売買を根絶する運動のために捧げられます。
Wartime sex-slave memorial’s inscription finalizedより引用、拙訳


吉村市長の主張との齟齬を指摘しておくと、碑文の「most of」を「ほとんど」と訳してしまうのはニュアンス的に行き過ぎで、せいぜい「大半の」といったもの。


また「Japanese Imperial Armed Forces」は確実に大日本帝国軍の事をさしていますが、なぜか吉村市長は「日本バッシングになる」と述べている。


ナチスドイツと現在のドイツが別物であるように、大日本帝国と現在の日本は別物だからです。つまり大日本帝国軍の所業が非難されても現在の日本がバッシングされたことにはならない。であるなら、吉村市長は大日本帝国と戦後日本を連続した存在とみなす思想信条の持ち主であるからこそ、大日本帝国軍による慰安婦問題に反発している」とみなされても不思議はない。


「吉村市長は大日本帝国と戦後日本を連続した存在とみなす思想信条の持ち主であるからこそ、大日本帝国軍による慰安婦問題に反発している」とみなされても不思議はなく、であれば、サンフランシスコ市議会も市長も歴史修正主義などに屈するわけにはいかず、慰安婦像の寄贈受入を拒否しないのは当然の帰結。
(以下原文ママ)
そもそも、なぜ市議会は慰安婦像の寄贈受入を全会一致で可決したのか
この時点では吉村市長の自爆のように見えますが、問題のターニングポイントは2015年にまで遡ります。慰安婦碑の設置が議題とされたサンフランシスコ市議会監理委員会の公共安全と近隣サービス委員会がこの年の9月17日に開催されました。


この委員会で証言を行ったのは先日のトランプ大統領のアジア歴訪の際に韓国での夕食会に出席した元従軍慰安婦のイ・ヨンス(李容洙)さん。


カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像撤去訴訟の原告の1人であり、在米日本人らによるNPO法人「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」の目良浩一代表は、わざわざ委員会を訪れて歴史修正主義全開の演説を行ったのみならず、このイ・ヨンスさんが「嘘吐き」で「単なる売春婦」と個人攻撃を行ったのです。以下に目良浩一代表本人によるブログポストを引用します。


私は、そこで言われている慰安婦説が、史実に沿わないことを説いた。第一に、20万人説が、虚偽であること、第二に、強制連行があったとすることが真実でないこと、更に彼らが性奴隷であったことが真実でないと述べた。更に、具体例をあげますとして、「本日ここで証言されたイ・ヨンスさんは、サンフランシスコ州立大学の人類学教授、C.サラ・ソー氏の2008年の『慰安婦』と称する図書によりますと、ある日の早朝に友だちと共に家をこっそり出て、慰安婦の斡旋員のところへ行き、」と述べた時に議長のマー氏が制止した。


マー氏: イさんは、そんなことは言っていない。君は、彼女が嘘つきだというのか。
目良: 最後まで言わしてください。
マー氏: 彼女はそんなことは言っていない。
目良: 私は、彼女が言ったことを繰り返すことはしません。この本に書いてあることを述べているのです。この本を読んでください。続けます。
そこで赤いドレスと革靴をもらって大いに喜んだ」とあります。これがこの本に書いてあることです。


(_サンフランシスコ市議会委員会への参加者からの報告! _ 歴史の真実を求める世界連合会より引用)


日本人の自称保守界隈のこうした歴史修正主義と個人攻撃に対してカンポス委員は「恥を知れ」と批判。大きな拍手が湧き起こりました。
*議員は『、遠い他国に勇気を持ってやってきや、Guran'ma Yiを個人攻撃するなど、恥を知れ。日本政府がBehind(背後)にいないことを願い信じたい。」と演説した。
つまり日本の自称保守界隈による歴史修正主義的発言とイ・ヨンスさんへの個人攻撃によってサンフランシスコ市議会に慰安婦像が必要であると強く認識させてしまい、全会一致での寄贈の受入に繋がったということ。「歴史戦」を標榜して攻め込んだつもりが、極めて壮大なオウンゴールを決めてしまったということになります。


平たく言うと自称保守界隈のいつもの面々が、慰安婦像について国内の支持者向けのアピールと同じノリで海外で演説を行ったところ、当然のように総スカンを食らった揚げ句「歴史修正主義者が存在している以上、このモニュメントは必要だ」と結論づけさせてしまった今回の騒動。


日本に「歴史修正主義国家」のレッテルを貼り、国自体の品位を貶めた最悪の行動です。


「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」とは、会長を務めるのは日本会議代表委員の加瀬英明氏。発起人として「新しい歴史教科書をつくる会」の創設者である藤岡信勝前会長、自称保守界隈のなでしこアクションの山本優美子氏らが名を連ねている組織。


NYでの在特会パレードや、日本人会館でのアメリカでは誰にも相手にされないトニーロマーノの公演、首相まで顔出しの新聞講義広告など、日本では成功するかも知れないが、
アメリカでは逆効果の恥の上塗りだ。



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ