密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

議会倫理の崩壊、まだ恐怖政治が行われていないだけで、日本は既に独裁国家だ。

既に起こってはいけないところまで、進んでしまった。自民党のトップが大きく関わっている疑惑の追及に必要な資料開示に、与党に了解がいる?! こんな理不尽は小学校の学級会でも起こらない。自分たちに不利な資料の公開権を握れれば、もう審議の体をなさない。この発言の重要さをスルーしては、すでに瀕死の国会は独裁政権のただの機関に成り下がる。

学校法人「森友学園」への国有地売却問題に関する資料の開示について、大塚拓財務副大臣が20日の参院国土交通委員会で、「本件は相当、政治的な問題になっている。一般的に与党の理事に相談するのは普通だ」と発言し、開示には与党の了解が必要との認識を示した。
真相解明に向けた政府の姿勢をただした共産党の辰巳孝太郎氏への答弁。辰巳氏は「国交省や財務省が『与党の許可が得られないと資料を出せない』と言ってきた。三権分立の観点からもおかしい」「与党による事実上の検閲だ。行政機関と与党が一緒に疑惑を隠蔽(いんぺい)しようとしている」と述べ、政府の対応や大塚氏の発言を批判した。


 辰巳氏によると、売却価格を不動産鑑定価格から約8億円値引きした根拠となる地下埋設物の確認箇所を記した地図などの開示が「与党の許可」を理由に拒まれているという。(杉浦幹治、南彰)


加えて、自民党の驕りの象徴、共謀罪への自民党の活用方の本質が現れたヤジ。



やっぱり、そういうことか――。21日、「共謀罪法案」を審議した衆院法務委員会。安倍政権の“ホンネ”が次々とあらわになった。


これまで安倍首相や金田勝年法相は「一般の人は対象にならない」と強調してきた。ところが、盛山正仁法務副大臣が「一般の人が処罰の対象にならないことはないが、ボリュームは大変限られている」と言ってのけたのだ。


 副大臣の事務的なドサクサ答弁だったが、これまでの説明を百八十度転換する答弁である。大臣と副大臣の“食い違い”を指摘された金田大臣は反論不能。副大臣がホンネを口にしたことに、金田大臣は“あーあ”という困惑した表情だった。


 それだけではなかった。安倍政権の本音が出たシーンがもう一つあった。質問者が民進党の階猛議員から枝野幸男議員に交代した時のこと。政府の答弁があまりにヒドイので、委員長の許可を取った上で、2人が少々相談をした。それを見ていた自民党の土屋正忠理事が大声でこう叫んだ。

「あれは、テロ等準備行為じゃねえか!」


野党議員2人が話し合っただけで、「共謀罪」に抵触するとドーカツした格好だ。怒った階が、「どういうことだ」と土屋氏の肩に触れると、自民議員が「手を出すな」「暴力だ」と大騒ぎ。ほとんどチンピラと変わらなかった。


それにしても、2人が集まって話しただけで「共謀罪だ」とは、この法案の実態を表したものなのではないか。


 民進党の逢坂誠二理事はこう言う。


「人が集まって、何かを相談しただけで、テロ等準備罪のイメージを抱いている人がいるということです。恐ろしいことです。与党の本音が出たということでしょう」


 安倍政権は一般人も「共謀罪」を適用すると認めている。絶対に阻止しないとダメだ。


土屋正忠理事は、議会にいる資格はない。共謀罪が法制化すれば、彼のような人たちが、自分の気にくわない市民運動に、同じような声を上げる。
今現在も、『政治的中立』に名の下に、メディアでの言葉狩りが行われている。
メディアの役割は政治批判、権力監視であることの前提をひっくり返し、中立で縛り、権力で恫喝する。憲法は権力者、為政者を縛るものである前提を無視し、数の力で自分たちの都合のいい国会運営をし、会見で、国民主権を取り上げる。
『国民に主権があることがおかしい』と発言した、憲法違反の西田昌志議員は未だに国会で森友防衛最前線で、ご活躍?している。 もう、戦後70年支えてきた公務員憲法擁護義務など崩壊している。


これも全て、自民劣化議員を国会に多数送り出した国民の責任だ。
議会掌握と、政治倫理の崩壊で、この国は既に安倍独裁国であるが、共謀罪で、恐怖政治を敷きやすくなり、今まだ可能性のある、政権交代も封じ込められる。


共謀罪阻止、それには、内閣支持率の低下しかない。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


乱立告発 昭恵夫人・夫人付き職員 国家公務員法違反

ついこの前、「森友デモ実行委員会・告発プロジェクト」が安倍夫妻を刑事告発する騒ぎがあり、これについて多方面から賛否が示された。当ブログも、急いては事を仕損じる。安倍夫妻刑事告発 - 密接な関係にある他国からと題して意見を書いた。


この件の賛同者に名前が挙がっている、ジャーナリスト田中龍作氏はご自身のサイトでこう取り上げている。田中龍作ジャーナル | 【アベ友疑獄】昭恵刑事告発はオウンゴールか 小沢代表「時期尚早」


そしてここへきて、昭恵氏と夫人付き職員に絞っての告発が、また2件出されている。

安倍晋三首相の妻、昭恵氏が昨夏の参院選で候補者の応援に行った際、首相夫人付の政府職員を同行させたのは国家公務員法(政治的行為の制限)違反にあたる疑いがあるとして、元大阪高検公安部長の三井環(たまき)氏が20日、昭恵氏と夫人付職員3人に対する告発状を東京地検特捜部に送付した。


 告発状によると、職員3人は昨年6月22日~7月9日の計14回、昭恵氏の選挙応援に同行。三井氏は、これらが昭恵氏と職員が共謀して行った選挙運動に該当すると主張している。三井氏は取材に対し、「政権が国家公務員を使って選挙活動をしたことは大問題」と話した。



学校法人「森友学園」(大阪市)が大阪府豊中市の旧国有地で目指した小学校建設を巡り、国の予算措置の方針を学園側に漏えいしたとして、高松市の男性が、安倍昭恵首相夫人と夫人付の政府職員に対する国家公務員法違反容疑の告発状を大阪地検特捜部に提出したことが19日、分かった。


 特捜部は内容を慎重に検討し、受理するかどうか判断する。


 告発状によると政府職員は15年秋、学園の籠池泰典氏からの問い合わせに、工事費の立て替え払いは「16年度で予算措置を行う方向で調整中」などと記載した文書を学園側にファクス送信。昭恵夫人は職員の情報漏えいをそそのかしたか、教唆したとしている。



森友学園の問題をめぐり、安倍晋三首相夫人の昭恵氏と夫人付職員だった経済産業省の谷査恵子氏に国家公務員法違反の疑いがあるとして、政治経済誌『日本タイムズ』発行人の川上道大氏は4月18日、検事総長と大阪地検特捜部宛てに告発状を送った。


【告発状の写真はこちら】


 告発状では、昭恵氏の夫人付職員だった谷氏は2015年10月~11月、森友学園側から「小学校敷地に関する国有地の売買予約付定期借地契約」について問い合わせを受け、国家公務員でありながら、職務上知り得た秘密を森友学園に漏えいした疑いがあると指摘。昭恵氏は首相夫人という優越的立場から谷氏に対し、秘密漏えいを教唆した疑いがあると主張している。


 川上氏は3月、森友学園が「瑞穂の國記念小學院」の建設をめぐり、補助金を国土交通省に水増し請求したとして、同学園の籠池泰典前理事長を補助金適正化法違反容疑で大阪地検に刑事告発し、受理されている。


 川上氏は今回、昭恵、谷両氏を告発した理由を本誌にこう語った。


「籠池氏を告発したのは、背後にいる大物、黒幕、巨悪を捜査であぶり出し、事件の真相を解明してほしいからです。今の国会では、何も解明されていない。昭恵氏は記者会見もせず、証人喚問にも応じていません。国民はモヤモヤするばかり。籠池氏への告発に加え、近畿財務局職員への告発も受理されています。安倍首相への忖度さえなければ、今回の告発も受理されるはずです」


 検察はこの告発を受理するのか、否か。注目される。(ジャーナリスト・今西憲之)


元大阪高検公安部長の三井環氏+市民グループが東京地検特捜部に告発状を送付。公務員の選挙活動随行による国家公務員法違反。
政治経済誌『日本タイムズ』発行人の川上道大氏が大阪地検特捜部に、告発状を送った。職務上知り得た秘密を漏えいした、教唆の疑いによる国家公務員法違反。

中日記事の、高松市の男性=川上道大氏だろう。そうでなければ同時期に4件の告発となる。


今回の2件はきちんと絞った罪状と、昭恵氏と彼女に随行していた政府職員に絞られている。
野党が国会でどれだけ招致を求めても、安倍首相以下自民党は、これを死守するだろうから、彼女を告発し、法廷で証言させることは合理的である。


しかも、森友デモ実行委員会の場合と違い、私人である昭恵氏への告発である。現職総理への告発などということは、相手もプロの大物政治家でよほど用心深く防御壁を張り巡らせているだろうから、単なる憤りや勢いで法的糾弾はするべきではない。しかし、昭恵夫人へのそうした面は壁が薄いように思う。


さて両地裁特捜部は、国民の注目の集める告発にどう対処するのだろうか?司法と官邸の癒着・忖度の度合いを測る、試金石である。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


”我が闘争”読後レポート まさに安倍政権の教本

前の記事で、ヒットラーの我が闘争を学校教材として認める閣議決定を海外メディアが報じ始めた。いい機会なので、昭和16年に日本で出版されたものを読んでみた。


序文からして、帝国軍部の国民教育の様相が色濃い。
全体を通じて、オーストリア・ハプスブルグ王家とオーストリアのドイツ人に対する自己の劣等意識に裏打ちされた彼らへの否定。共産主義と相容れなかった(論破された?)恨み、その背後にユダヤ人がいるという妄想と、当時富を得ていたユダヤ人たちが真のドイツ人の富を盗んででいるという妄想(これはヒットラーだけではく当時の貧しいドイツ人に信じられたいた。現在の移民が仕事を奪うと熱り立つトランプ支持者と同じ、また在日韓国人が特権を受けて優遇されたいるというのも同じ。)が中核をなした、負け惜しみと恨みの書であり、敗戦の復習を近く国民教化の計画書。内容は同じことの繰り返しが多く(表現は劇的で、一つの執着が渦のようぬぐるぐるスピードを増しているようだ)
そして、自己鼓舞と自己優位性の誇示が散りばめられ、よほどヒットラーと価値観を共にしていなければ、同じ憤懣が渦巻いてうなければ、退屈ですらある。


書いた本人が「ヒトラー一揆 (Hitlerputsch)」の失敗による、拘束中(でも、普通のアパートの個室に軟禁状態だった)ので、その暇とストレスと憤りで書きなぐった、自己肯定のための本。民衆支配のマニュアル本、思想でもなんでもない。


過剰なドイツ民族の優位性へのこだわりと、特にユダヤ人に対する、冷静さを欠いた妄想的恨みがエスカレートしてゆく。
筆が進むにつれ、キリスト教(特にプロテスタント)、オーストリアへの憎悪から、ポーランド人 チェコ人(その他東欧諸国)への批判も始まり、結局すべてを否定するので、正しさとは、真実とは=ドイツ人だけになっている。


ドイツ弱体の恐怖から、ドイツ国民の徹底教化プランを提唱し、 武力による侵略植民地化の必然を解き、平和はユダヤ人の陰謀といい、また、”パンのための戦いと(ドイツ)自由のための戦い(英国)”の例を引き、民衆には理想などを見せる必要があると、プロパガンダのテクニカルな重要さを考察している。


何より1915年の第一次大戦下での、連合国側の宣伝ビラ(ヒットラーにとってはフェイクニュース。事実はドイツ国民説得するための終戦の呼びかけで、ヒットラーは、まず無知な女子供によってこのビラが支持されたと愚痴っている。)がドイツを苦しめ敗戦したと断じている。


また、反戦を呼びかける、新聞、学者・文化人への批判。共産主義者による反戦運動の広がりに対する憎しみ、そしてまた、その陰にユダヤ人がいる、という妄想。


印象的なエピソードは、118ページ第一次大戦で従軍し毒ガスで目をやられたヒットラーの入院中の病院の前を、『数台のトラックに分乗した船員が、ユダヤ人に指揮されながら、手に手に赤い旗を振って、革命歌を高唱しつつ通って行ったのである』”ユダヤ人に指揮されつつ”は疑わしいが、11月革命の発端を目撃したものと思われる。これはヒットラーにとって相当のトラウマになったことだろう。弱り目に祟り目とはまさにこのこと。しかし彼はこれで政治家を志してしまった。そして明らかにこのトラウマが、共産主義者虐殺、ユダヤ人ホロコーストにつながったのだ。


この後ヒットラー君の大活躍の記述になるのだが、ここでもユダヤ人に対する強迫観念全開で、全て悪いことはドイツ帝国の瓦解を企む悪の枢軸ユダヤ人の陰謀(と操られている共産主義者)になっている。
*ヒットラーの帝国崩壊の敗因の分析
1新聞: 新聞を読むのは、1それを無批判に鵜呑みにする人、2どんな記事も信用できない(という域に達した人々ーと彼は書いている)3批判を見て判断する人がいるが、大半は、1の人々であり、新聞が絶対的な支配力を有するのは、この人々である。
ほとんどの新聞はユダヤ人に支配されていて、政府は何ら対策を講じなかった。


2性と結婚の問題:ユダヤ人の世界侵略に性を利用する。まあ要約すると、敵国人を誘惑して子供を産み民族を劣化させる、という、トンデモな、、、。


3:ドイツ軍大敗の責任を裁く。帝国ドイツ軍は対外対内問題で優柔不断で臆病。議会は無脳力であり戦争を恐れ、極端にこれを避ける努力のみをした。(いいことじゃん!!)
しかしその努力が反対に、大戦に導くことを全然気づかなかった。(これは史実上何を指しているかが不明。当時の左翼政権が降伏を受け入れたことか?ドイツの右派は、戦い続ける、敗北を受け入れないと主張して政府の決定を裏切り”後ろから刺された”と表現し不満が渦巻いていたー何処も同じだ、、。)


この反省点を踏まえ、ヒットラー・ナチスは、新聞(メディア)を制御し、ユダヤ人を殺し、全体主義の独裁国家に突き進んだ。


彼は、日露戦争を賞賛し、二度目の世界大戦の必勃を解き、英米に低く見られていると憤り、平和的経済的均衡など役に立たないと断じている。国民の鼓舞に国歌「ドイツよ上へ!」の重要性と、「ハイルー万歳」と宣誓させること、特に青少年へのそれの必要性を説き、戦闘による英雄的精神の賞賛を広める。


ドイツ国民を強くするために、ドイツの労働者の潜在エネルギーを国のために集中すること、大衆の国民教育のための社会改革、そして『我々の国家主義的な観念の一面を、無慈悲なほどに、また狂信的なまでに、大衆に向けて繰り返すことのみが、唯一の大衆獲得法である』と書いている。


国会で何を聞かれても自分たちの観念(安倍政権の場合は、観念というより幼稚でいい加減な、自分たちに都合の理屈だが、)だけを繰り返す、安倍政権の姿がダブる。『民衆の見解なるものは、大体において感情でなり立っているもので、理性の領分は極めて狭い、したがって民衆は、理知的な中途半端なものに無感覚であるが(ここは訳が悪そう意味が通らない)が、暴力には容易に征服される』とも書いている。大衆は強者の勝利を望むとし、弱者に対し滅亡あるいは隷属しか望んでいない、と定義して強者の論理を展開し、大衆掌握に非常なエネルギーを注いで行く。そして悲しいかな、それは成功を収めるのだ。


民族の血の純潔、優れた肉体、女子は子供を産むためのものベースであり、男女とも、個性は二次的なものとされ、国家のための優秀な国民であることが第一義であるとしている。そして『我々ナチスは大衆の主人でなくてはならない』と書いている。


この人は、チラシのデザインの色の効果にも気を配り、演説のコツ、哀調を交えることから、身振り手振りまで、本当に細かい未来の計画をしている。 読んでいくと粘着質の思考に気分が悪くなる。しかも大きなお世話にユダヤ人日本壊滅陰謀論まで、、、。


この本は大衆掌握の為に愛国ー自国の優位性を声高に叫び人々を鼓舞し独裁を完成、その後の恐怖政治による大衆支配の教科書である。


また今のネトウヨの陰謀論、全体主義者の自国、自民族礼賛、排他、弱者排除思想、差別主義、妄想的共産主義及びシオニズム恐怖症、の原書であり、どのように扱っても、学校教育に活用は無理だ。安倍内閣はここから子供達に何を学ばせたいのか?


ヒットラーの主観で語られた状況、歴史的推移には客観性がなく100万歩譲って、これを教材で取り上げるには、別の角度からの注釈が多数必要で、教育勅語のような、反面教師的な部分での使用であっても、とても困難で、多くの誤解、偏見が生じる可能性のあるトンデモ本の類だ。


ただ、読んでいただければわかるが、今の安倍政権は確実にこの”我が闘争”をマニュアルとしているしとしか思えない。 誰かが読んで、作戦を採用しているのだろうと思う。
思い当たること満載である。”ナチスに学べは”は本当だった。恐ろしい話だ。



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ