密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

モラルハザード安倍首相側近の官邸幹部平気で弾圧発言

「読売の記事にはふたつの警告の意味がある。ひとつは、こんな人物の言い分に乗っかったら恥をかくぞというマスコミへの警告、もうひとつは、これ以上、しゃべったらもっとひどい目にあうぞ、という当人への警告だ」
メディア弾圧と、政府の個人に対する恫喝を、政府が自ら公表するという驚くべき事態。安倍首相側近の官邸幹部が記者質問に答える形で発言した。
もしアメリカで大統領側近がこういう発言をしたら、メディアは大騒ぎだ。右派メディアFoxでさは糾弾するだろう。もちろん発言当事者はこの発言が大統領の意向であるのかを厳しく追及される。


一国の政府が、自分隊の疑獄隠しに、証人の性的スキャンダル(全くのプライバシー違法行為でもなんでもない次元)を吹聴し、それを公メディアを使ってに重ねて脅しをかけるとは、ここまでセンスが狂っている劣化内閣。こういうことが功をそうするなんて、なんてヘタレな!!これで黙っているなんて日本の報道陣は誇りがないのか?!

と怒り嘆いていたら、情勢は変わってきたようだ。さすがに政権中枢部の人間が、メディア。証人脅しを認め公言しているのだから、黙っていられるわけもない。
これも驕れる安倍政権のオウンゴールとなった。
保守系といわれる、週刊文春・週刊誌新潮が徹底抗戦の特集を出し、いつたんは腰の引けたテレビも取材に殺到しているらしい。

記事より抜粋
「週刊文春」の記事は、文書では見えてこなかった省庁間の子細なやりとりや経緯が前川氏によってあきらかにされており、国家戦略特区による獣医学部新設がいかに加計学園ありきで進められたのかを裏付ける証言になっているという。



「『週刊文春』は、前川氏の告白を6ページにわたって紹介。そのなかで前川氏は、タイトル通り、一連の文科省作成の文書が『本物』であると断言しているのはもちろん、前川氏自身もいくつかの文書を保管していることや、それらを作成した担当セクション名やどういうシチュエーションで前川氏に渡されたのか、さらには『総理のご意向』と内閣府から突きつけられ、プレッシャーを感じたことなどを語っているそうです」ー週刊誌関係者  また、前川氏は読売新聞の「出会い系バー通い」疑惑にも言及し、その事実を認めた上で“違法な行為はしていない”と話している、という。


 一方、「週刊新潮」のほうは、問題の「出会い系バー」で取材を行い、前川氏の買春疑惑を報道。しかし、決定的な証拠などは書かれておらず、逆に読売の情報元は官邸であり、下半身スキャンダルによって前川氏に報復するとともに、前川氏の実名告白を報じないようマスコミを牽制する目的であったことを報じているという。


そして、この「週刊文春」の前川氏の告白や、「週刊新潮」の路線転換を受けて、前川氏の実名証言をつぶしていた新聞やテレビの空気も変わりつつある。実はいま、前川氏のもとには新聞、テレビの取材が殺到しているのだという。
 

前川氏の代理人や知人を通じたアプローチはもちろん、世田谷区の住宅街にある前川氏の自宅に行ってみると、多くの新聞、テレビの記者が入れ替わりやってきて、外出中の前川氏が戻ってこないかチェックしていた。ちなみに、新聞は読売をのぞく全社、テレビもテレビ朝日にTBS、フジテレビが取材に動いているという



「もちろん、いま、マスコミの目的は読売がやった前川氏の“出会い系バー通い”でなく、文春と同様、『“総理のご意向”文書は本物』と証言してもらおうというものです。NHKやフジテレビなんて、前川氏のインタビューまで収録しながら、官邸の圧力で潰されてますからね。現場には相当不満がたまっている。『赤信号、みんなで渡れば怖くない』とばかりに、各社が一斉に前川証言を報道する可能性もある」(全国紙政治部記者)


当然と言えば当然。自分たちの力にあぐらをかき、人の頭を踏みつけにしてきた安倍政権がツケを払わなくてはならない。トカゲの尻尾にされた籠池氏、そしてこの、前川氏。
黙って消えてくれると思うのはそれこそ、俺様トップの大きな勘違いだ。
メディアの現場だってそうだろう。


官邸は「いままで見たことがないくらいの、それは凄まじい発狂ぶり」(官邸担当記者)
しかも、その際、官邸幹部らはこんなセリフをちらつかせているのだという。
「前川がパクられたら、どうするつもりなんだ。犯罪者の証言を垂れ流したことになるぞ」


権力を持ったチンピラの恫喝?しかし、籠池氏にも逮捕を強行させようとしていた(いる?)が、籠池氏は野党に協力し、多分優秀な法的ブレインが付いているのだろう、冷静に効果的に、立ち回っている。
 前川氏は不当逮捕されないためにも、むしろ積極的にマスコミの取材に応じるべきだが、問題は新聞・テレビだ。このまま官邸の恫喝に屈するのか、それとも撥ね返すのか。──その結果は明日の新聞や夜のテレビ報道で判明することになるだろうが、このまま官邸の圧力に負けて言いなりになっていいわけがない。

官邸のセンスが狂っているのは、共産党が行っている情報源の秘匿という当然の義務を、
認めず攻撃材料にすているという点にも表れている。こういうセンスの狂った人たちが、
行政を行い、立法をコントロールし、司法に影響を及ぼす。


前川氏も優秀なブレインで周りを固め、野党と連携して、身の安全を確保しつつ、証言を行って欲しい。


かけ問題の決定的新文書、告発者が現れ、もっと良心の疼きと権力に押さえつけられる屈辱に耐えかねた人たちが後に続く可能性がある。天皇は、政権の横暴な特措法に直接不満を伝え、国連が、共謀罪に対する警告を命令書の形でこれも直接通達した。


絶対権力に真っ向から一人で対決できる人は、めったにいない。だがこの流れは、安倍圧政に対して不満を募らせる日本の国民にとっての最大の好機の到来だ


国民もマスコミも、もう空気を読んで迷っている時ではない。ここまで劣化し私物化された日本を取り戻すチャンスなのだから。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




共謀罪は国連が「深刻な欠陥ある法案」と指摘せざるをえないほど不完全で危険な法案

国連特別報告者ケナタッチ氏が、日本の共謀罪成立に重大な欠陥があるとして、安倍官邸に直接、国連からの"Mandate"が送られた。"Mandate"はこの場合、上位の立場からの正式な命令書・専門家による指導支持、を意味します。
通常国連に加盟し、良識のある民主主義国家であれば、これを重く受け止め、再考・改善に努めるのですが、すでに通常の民主主義国家ではなくなっている日本の安倍独裁政権は、これに強い抗議を表明、しかし、具体的に支持され、また質問されたことに答えず、国家同様の、問答無用の態度を示しました。


こうした強硬で愚かな姿勢は、またしても、日本の恥を世界に知らしめ、世界の中心で顰蹙を買うことになるでしょう。


東京新聞のみ、このことを4つも記事として載せています。2つの記事とわかりやすい表を転載します。



 プライバシーの権利に関する国連特別報告者ケナタッチ氏が、「共謀罪」法案に対し、プライバシーや表現の自由を制約する恐れがあると強い懸念を示す書簡を安倍晋三首相あてに送付した。法案の「計画」や「準備行為」の文言が抽象的で恣意(しい)的に適用されかねないなどと警告しており、国際的な視点から問題点を明示された形だ。
 書簡は十八日付で、法案で対象となる犯罪が幅広くテロリズムや組織犯罪と無関係のものを含んでいると指摘。どんな行為が処罰対象となるか不明確で、刑罰法規の明確性の原則に照らして問題があるとした。
 さらに書簡は、プライバシー保護の適切な仕組みが欠けているとして、懸念事項を列挙。「国家安全保障のために行われる監視活動を事前に許可するための独立機関の設置が想定されていない」と問題視した。
 政府は、犯罪の計画だけで強制捜査はできないが、令状がいらない任意捜査は必要性などがあれば認められる、としている。これに対し、書簡は「法案では令状主義の強化が予定されていない」と批判する。
 その半面、「警察がGPS(衛星利用測位システム)や電子機器を使った捜査で裁判所に令状請求する際、司法の監督の質が憂慮される」とも記述。政府側が歯止めとして強調する裁判所のチェック機能にも疑問を呈した。
 ケナタッチ氏は、情報技術(IT)に関する法律の専門家で、マルタ共和国出身。国連の人権理事会が二〇一五年七月、プライバシー権に関する特別報告者に任命した。 (辻渕智之)




【ロンドン=小嶋麻友美】安倍晋三首相宛ての公開書簡で、「共謀罪」の趣旨を含む組織犯罪処罰法改正案に懸念を表明した国連のプライバシー権に関する特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏は二十二日、菅義偉(すがよしひで)官房長官が同日の記者会見で抗議したと明らかにした日本政府の対応を「中身のないただの怒り」と批判し、プライバシーが侵害される恐れに配慮した措置を整える必要性をあらためて強調した。電子メールで本紙の取材に答えた。
 ケナタッチ氏によると、「強い抗議」は十九日午後、国連人権高等弁務官事務所を訪れた在ジュネーブ日本政府代表部の職員が申し入れ、その後、約一ページ余りの文書を受け取った。しかし、内容は本質的な反論になっておらず「プライバシーや他の欠陥など、私が多々挙げた懸念に一つも言及がなかった」と指摘した。
 抗議文で日本側が、国際組織犯罪防止条約の締結に法案が必要だと述べた点について、ケナタッチ氏は「プライバシーを守る適当な措置を取らないまま、法案を通過させる説明にはならない」と強く批判。法学者であるケナタッチ氏自身、日本のプライバシー権の性質や歴史について三十年にわたって研究を続けてきたとし、「日本政府はいったん立ち止まって熟考し、必要な保護措置を導入することで、世界に名だたる民主主義国家として行動する時だ」と訴えた。
 ケナタッチ氏は日本政府に引き続き、法案の公式な英訳文とともに説明を求めている。菅官房長官は二十二日、ケナタッチ氏の書簡に「不適切だ」と反論していた。
◆与党きょう衆院採決方針
写真
 犯罪の合意を処罰する「共謀罪」の趣旨を含む組織犯罪処罰法改正案を巡り、衆院議院運営委員会は二十二日の理事会で、衆院本会議を二十三日に開くことを佐藤勉委員長(自民党)の職権で決めた。与党は「共謀罪」法案を採決し、衆院を通過させる方針。二十四日の参院での審議入りを目指している。
 与党が理事会で「共謀罪」法案の採決を提案したのに対し、民進、共産両党は、与党が衆院法務委員会で法案の採決を強行したことに反発して拒否。双方が折り合わず、佐藤氏が本会議開催を決めた。「共謀罪」法案を採決するかどうかは与野党の協議に委ねた。
 法案を巡っては、安倍晋三首相(自民党総裁)が二十二日の党役員会で「今国会での確実な成立を目指す」と強調。高村正彦副総裁も「二十三日に間違いなく衆院通過させる」と話した。民進党の野田佳彦幹事長は記者会見で「審議は不十分だし、この間のやり方は極めて遺憾だ」と与党の国会運営を批判した。
 与党は法案の成立を確実にするため、来月十八日までの今国会の会期延長も検討している。  
<国連特別報告者> 国連人権理事会から任命され、特定の国やテーマ別に人権侵害の状況を調査したり、監視したりする。子どもの人身売買や、表現の自由に関する人権状況などの報告者がいる。政府や組織などから独立した専門家で、調査結果は理事会に報告する。


日本って、論理的交渉より曖昧・阿吽で交渉している部分が公的な部分でもすごく多い。
それは、単一民族の、良識への信頼、恥の文化を基盤にしているから成り立ってきたので、そこに良識のない、恥を知らない一部の人間が、論理的に曖昧にしている部分を利用して、都合のいいように悪用、変更解釈すれば、この信頼の部分から崩れてゆく。


日本もアメリカ並みの、明文化された論理的な政治家、警察組織、司法はの倫理規制、ルールを定める必要がある。もちろん現政権下では、その部分はすっぱぬき、国民の権利を縛る法制化のみ進んでいる。


国内でそれが成功したので、国際社会にも、自分たちの恣意的運用、問答無用の上から目線で全てを処理できると勘違いしている。


昨今のアメリカでのトランプ・ロシアゲートへの対処の動きを見ていると、当事者、利益を受けるものが捜査に携われないのはもちろん、倫理規定に触れる行為をすれば、罰せられる。捜査も一機関独占ではなく、第三者による捜査委員会も設立された。


日本の官僚の疑惑を同省に官僚に捜査させ、何もなかったと平気で言える日本の構造はトンデモない。盗人にも3分の利どころは全部の利だ。


共謀罪わかりにくい、わかりたくない、どうでもいい、そういう方たちは、これだけ、
共謀罪は国連が「深刻な欠陥ある法案」と指摘せざるをえないほど不完全で危険な法案である
これを無視することは、日本国民が、思考停止民主主義放棄していることであり、モラル後進国の面目躍如だ。



かつて治安維持法では、普通の庶民の愚痴、政治に無関心な人の言葉も取り締まられたいた。(エブルワンブログさん記事より転載)
和歌山・農業・五二歳――「今年は百姓は悲惨なものだ。連日の降雨のため麦や罌粟は皆腐ってしまった。これは今度の戦争で死んだ兵隊さんの亡魂が空中に舞っているから、その為に悪くなるのである。戦争の様なものはするものではない。戦争は嫌いじゃ。」(理髪店で話す、一九三八年五月警察犯処罰令で科料一〇円)


 岐阜・畳職・五二歳――「こんなに働くばかりでは銭はなし税金は政府から絞られるし全く困ってしまった。それに物価は高くなるし仕事はなし、上からは貯金せよといって絞り上げる。実際貧乏人は困っている。よいかげんに戦争なんか止めたがよい。兵隊に行った人の話では全く体裁のよい監獄じゃそうな。兵隊もえらいしええかげんに戦争は止めたがよい。日本が敗けようと敗けまいと又どこの国になっても俺はへいへいといって従っていればよい。日本の歴史なんか汚れたとて何ともない。」(或一人に話す、同年九月、陸軍刑法第九九条違反で禁錮六ヵ月)



 福岡・理髪業・三一歳――「皇軍兵士が戦死する場合無意識の間に天皇陛下万歳を叫んで死ぬ様に新聞紙に報道されているが、それは嘘だ。ほとんど大部分の者は両親兄弟妻子恋人等親しい者の名前を叫ぶということだ。」(数名に話す、同年一〇月、陸刑九九条で禁錮五ヵ月)


法政大学大原社会問題研究所(大原社研)のページより日本労働年鑑 特集版 太平洋戦争下の労働運動 第四編 治安維持法と政治運動 第一章 治維法・特高・憲兵による弾圧 第二節 流言飛語の取締り


一糸乱れぬ安倍政権はの忠誠ご奉仕が制度化すれば、政府の方針に文句を言う人間を、バンバン検挙できる共謀罪。今だって、政府のかを色を伺うマスメディア、忖度しまくりの官僚(警察官僚も含む)それでも、庶民はまだデモをし、文句や批判を言える。


”国民に主権があるのがおかしい” ”国民の生活が第一なんて国はおかしいと思う”そんな発言をする議員を野放しにしているどころか、擁護し中心に据える現政権。


”大丈夫、何にも変わらないよ”と昨今友人(在米日本人)に言われた脱力した。
そう思っているうちに、気がつけばがんじがらめ。その時、昔はよかった、なんでこんなことになったのだろうと心の中でつぶやいても遅い。


今なら、同じ間違えを食い止め、日本が本当の独立した民主主義を手に入れる、これは、
そのための試練だろう。世論で野党を後押しし、共謀罪こ今国会成立を阻止し、安倍政権に反撃の潮流を生み出そう。



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


受動喫煙防止法に反対する親父至上主義自民党議員

少し前に、医学者の友人から、受動喫煙防止法が自民党に潰されそうになっている。
受動喫煙は本当に危険なので、法案が成立に何か付与できることはないのか?というメールが来て、恥ずかしながら、この受動喫煙防止法というのを知った。


医師からの専門意見書や、署名を、この法案推進の山東議員に送る・署名サイトで署名集めをして自民党に送るなど、考え付くことを返信した。


そして、この大西議員の暴言が大きく取り沙汰され、この法案の国民の関心も飛躍的に高まっただろう。相変わらず弱者ひとくくりのずさんな神経。決して謝らない自民暴言オヤジ議員。”意味するところが違う”っていう、言い訳も聞き飽きた。
強者の視点で全て解決、想像力の欠如した硬貨した小さな脳みその保守オヤジ議員たちが日本の政治を劣化させている。


分煙に関して、アメリカでは、もうほとんど、公共での喫煙者は見かけない。シカゴに行ったとき、道端で喫煙する人たちがいて、”さすが?シカゴ”と思ったくらいだ。


良きにつけ悪しきにつけ、オリンピック時、諸外国のビジターの目から、文化+倫理後進国のイメージを払拭したい安倍政権は、喫煙と風俗関係の大掃除に乗り出している。


実際、日本はタバコ臭い。新幹線の禁煙車両でもタバコ独特の匂いがして閉口する。
コンビニにポルノ雑誌が置いてあるのも、日本ならでは。アメリカは、そういうものは専門店で扱っていて、公共には販売されない。いたるところに性産業が溢れている、未成年者や素人がブランド化して売春している日本の現状。これらのことが、改善されないと、非常に水準の低い国(どころかすでに人身売買大国とも言われている)ということがわかってしまって、大変恥ずかしい。


ところだ、こうしたことが、オヤジ神経を逆なでする。『日本会議の研究』の著者菅野完氏が、「日本会議とは、日本オヤジ会議』なのだと言っていた。
つまり、男様である自分たちの楽しみにガタガタ言うな、が根底にある。


家長として君臨し、家族を従え、社会で中心を担うオヤジ様を尊敬する社会を復権したい。大西氏の発言の、「私は50年タバコを吸い続けている。家でも自由に吸っているが子ども4人孫6人みんな元気に頑張っております。」にも象徴されている。


こういうオヤジには、庭先やベランダでタバコを吸っている男は情けない、家長の煙は家族は黙って吸い込むものだ、となるのだろう。


私は、ホタル族は、家族への思いやりの表れだと思う。自分の家族の健康と快適な生活を支えるのが、夫・父親の思いなのだから。


未だに日本は、自分が大威張りで家族、職場に君臨することが男の道と思い込んでいる勘違いオヤジが横行している。喫煙・ポルノ性風俗とともに、一掃してほしいものだ。


かまやつひろし氏の歌のに、『男らしいは、優しいことだと、言ってくれ〜』という歌詞がある。少し人生の悲哀をこめ、蛮カラ(意味のわからない人もいるだろう、死語か?)の青春を過ごした男が、結婚し、家族を持ち、かつての男らしさの幻想捨てて、”ちょっと情けなくなった自分”を肯定して歌っている。若い荒々しい男が、優しい夫・父になる。”男らしい”は優しいということだ。家族のために黙ってベランダでタバコを吸うことだ。


粗暴で横暴で権威主義の男らしさを崇めてきた日本の男性に、ちっとも男らしさは感じない。実際卑怯な弱いものいじめにしか見えない。


安倍政権の戦前回帰は優しさのない”男”がのさばる社会への憧憬の実現に他ならない。
それは国会での自民党男性議員の態度を見ていても明らかだ。


追伸
男性ばかりで片手落ち?なので、女性の喫煙について。女性の喫煙は、どちらかというと、自分を強く見せる、男性との対等化、自己防衛、バリア的な意味合いがあると、分析している。私も日本にいた頃のべつタバコを吸ってたが、結婚してアメリカに来て全く苦もなくケロっと吸わなくなった。純粋な愛煙家もいると思うし、タバコ好きの気持ちもわからないではない。ポルノ雑誌もそうだが、きちんと棲みわけし、楽しめばと良い思う。これは差別発言にも通じるのだが、不快を感じる人がいる以上、それらが社会の中心であってはならないのだ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら、両方を
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

昨日庭で、この写真のチップマンクが死んでいた。死因は不明。植物を植えるとそこを掘り返し、迷惑な奴だったけど、可愛い姿を見るのが楽しみだった。お墓を作った。
寂しくなるなぁ(涙)。


人気ブログランキングへ