密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

民主党下院過半数奪還、上院ならず。マイノリティー候補の躍進も期待の新星の勝利はならず

昨日はTVに首っぴきだった白熱の米中間選挙!!!
民主党の勝利を祈って、作ったチキンカツをつまみながら、TVで観戦(という表現がふさわしい)


下院の435全議席と上院100議席のうち35議席の選挙だ。大方の予想通り、上院では改選されない議席も合わせて共和党が51議席で共和党が多数派を維持。 一方、下院は民主党が223議席を獲得、民主党が多数派を奪還することになった。


共和党の上院過半数を決めたのが、テキサス州では元大統領候補の共和党現職テッド・クルーズで、民主党期待の新星ベト・オロークが、大接戦の末破れた。テキサス20年以上共和党が勝利を続けてきたところで、べト・オロークの追い上げに、まさか!?の快挙を期待したが果たせなかった。


トランプは上院勝利を強調するが、100議席中35議席のうち、16議席の勝利を、
自分への指示と強調?結果次第で回答を変える詐欺師トークだ。
下院で223議席獲得の民主党の、その内容が、トランプへの怒りと抵抗を表している。



6日に投開票が行われている米中間選挙で、初のムスリム(イスラム教徒)の女性下院議員が2人誕生した。
ミシガン州13区で勝利した民主党ラシダ・タリーブ氏は元州議会議員。民主党予備選でブレンダ・ジョーンズ氏を破り、同党候補となっていた。同区では、共和党などから主要な対立候補が出ず、勝利が確実とされていた。
タリーブ氏はパレスチナ系米国人としても初の連邦議員となる。


ミネソタ州5区では、ソマリア系米国人のイルハン・オマル民主党候補が圧倒的な得票率での共和党のジェニファー・ジーリンスキー氏を下した。


「イルハン・オマル氏はソマリアの難民キャンプで生まれ、12歳の時にアメリカに移民してきた。彼女はたった今下院の議席を手に入れた。ソマリア人は現在、ドナルド・トランプの渡航禁止令で米国への入国を禁じられている」とツイートする女性もいた。


ジャーナリストのハナ・アラム氏はオマル氏の勝利を称える人たちの動画を投稿し、「ミネアポリスでは、イルハン・オマル氏の勝利を祝って人々が歌と踊りを披露している。正式に決まった。オマル氏とラシダ・ダリーブ氏は、下院初のムスリム女性議員となった」と書いた。

今回は、合計約240人と記録的な人数の女性候補が、出馬した。


ニューヨークでは、29歳のアレクサンドリア・オカシオ=コルテス候補(民主党)が当選。史上最年少の連邦下院議員となる。


下院ではほかに、上記の民主党からイルハン・オマル候補(ミネソタ州)とラシーダ・タリーブ候補(ミシガン州)がそれぞれ当選。


さらに、民主党からシャリス・デイビッズ候補(カンザス州)とデブラ・ハーランド候補(ニューメキシコ州)がそれぞれ、米先住民女性として初の下院入りを決めた。


デイビッズ候補はカンザス選出で初めて、同性愛者だと公表している下院議員にもなる。


マサチューセッツ州からは、アヤンナ・プレスリー氏(民主党)が同州初のアフリカ系女性として下院入りを決めた。


バージニア州10区では民主党のジェニファー・ウェクストン候補が共和党現職のバーバラ・コムストック氏に勝利。


フロリダ州27区でも、民主党のドナ・シャララ候補が共和党のマリア・サラザール候補を下して議席を奪った。


これが米国民の声であり、民主主義の醍醐味だ。


トランプが、16人のレッドゾーン(歴史的に共和党指示地域)での勝利に胸を張るしかないのは、こういう動きに目を向けられたくないからだ。


上院の過半数維持で、大統領の弾劾は遠のいたが、ホッともしていられない。下院を民主党が大きく過半数を制しことで、トランプの差別的政策は実行が難しくなり、ロシアゲートの捜査の上でも、追求の邪魔をできず、拒否し続けて税関係の書類提出をせざるを得なくなるだろう。これはロシア問題はおろか、彼の汚い商売や、脱税、寄付金詐欺などの事実がドロドロでてくることにつながる。


知事選では、期待の民主党候補たちは今一歩及ばず、特にフロリダでは、知事選のギラム氏に加えて、上院も議席を失うという残念さ。嗚呼フロリダよ、どこへゆく。


フロリダの選出議員地図も、青と赤に真っ二つだ。ワニとアナコンダより数の少ない人々が、トランプ指示を強く堅持する。幸運にもわが町St Petersburgは民主党指示ですくわれた思いだ。


嬉しさも、中くらいなり、おらが秋。かな。 でもとりあえずトランプ暴走に歯止めをかけ、ロシアゲート追求が進展することと、女性・マイノリティー議員の躍進は嬉しい。



PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

永住権と帰化・国籍取得をごっちゃにしている?

蓮舫さんの国会質疑を見ていて、思ったこと。
日本は永住権を得るために、10年日本に住まなくてはならないという。
さて、10年の間、どんなステイタスで、日本に在留するのか? 就労ビザが5年で2回更新?その間家族帯同は認められない? 欧米からのホワイトカラーは、自国同様、大きな家に住み、家族も一緒に来ている(虎ノ門のアメリカンクラブが留学生援助のチャリティー版画展を組織していて、そのための作品搬入で訪れる彼らの家は、一等地の大きな家や、コンドミニム、別の国に来ているようだった)



アメリカでは、永住を望むものは、入国の時期に関わらず、申請を出すことができる。
申請に際し、スポンサーと呼ばれる、市民権・永住権保有者(雇用者・家族等)があれば、優位に進む。それのない人は、”くじ” でアトランダムに選ばれる。だいたい5年くらいだし続ければ得られると言われている(トランプはこの制度を廃止しようとしている)


複雑な申請には、移民弁護士の力を借りないと難しい。移民局は毎年制度を変え、申請を困難にしているからだ。それが、受け付けられると、インタビューが行われる。
インタビュアー(移民局審査官)は、部屋に入って5分で不正申請者を見ぬくと言われている。映画”グリーンカード”のチャンチャラおかしい誤魔化しは一発でバレる。


さて、安倍総理は、移民政策は取らないという。総理の言う”移民”とは、永住を許可しないと言う意味だろう。つまり日本は、帰化か、ビザ滞在者しかないと言うことだ。
自国の国籍を保有して、かつ日本に永住できる資格は許可しないと言うことだ。
では、日本における永住権とはなんなのか、わけがわからなくなる。


日本の外国人労働者輸入は、アメリカでの日本人労働者の立場に似ている。多くの日本人労働者は、企業駐在員とその家族で、永住は前提としない。帰国の産業を推進するための駐在で、”お客さん”である。


彼らは企業に保障され守られている。社会も日本人社会を形成し、独自のヒエラルキーで生きてゆく。時間が来たら帰国する。


しかし、日本政府が求める外国人労働者は、政府の言い分”特別な技能を有する”者はごく一部で、大方は、工事現場、介護、宿泊施設の掃除やベットメイキングに従事する。
家族の帯同もなく5年も過ごすことは、かなり厳しいし、企業も、単純肉体労働者への
保護、保証の制度を設けるとも思えない。”お客さん”の立場で呼ぶのなら、それなりの扱いを考えるべきだ。


なんでも、検討中、後で決めるというような、恣意的な法案では、とても、文化・宗教の異なる人々の移住を、恒久的に保護し維持することはできない。


自己都合だけのなんちゃってアイデア入管法改革?は、拙速に行うべきではない。
日本は、きちんと法整備をして、移民・難民受け入れられる国になるべきだし、その共生についても考えてゆかなくてはならない。




PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

日本メディアにできる?NBC及びFOX!!が、トランプ陣営の差別的選挙広告の放送を中止

今日は、中間選挙の投票日だ。下院は民主党の巻き返し、上院は共和党過半数に変化なし、各州知事選は、カラード(有色人種)候補が民主党から立候補、善戦している。
そんな中NBCと、なんとFOXが、トランプ陣営の差別的選挙広告の放送中止を行なった。

(CNN) 米NBCとFOXニュースはそれぞれ5日、トランプ米大統領の陣営による反移民広告の放送を中止すると発表した。
広告はトランプ陣営が先週後半に公開していた。30秒の長さで、中南米から米国を目指して北上する移民集団を侵略者、犯罪者扱いする内容だった。


NBCは4日夜、トップクラスの視聴率を誇るアメリカンフットボールの番組でこの広告を流して批判を浴びた。この日は注目の試合中継があり、番組の視聴者は2100万人に上った。


NBCは5日の声明で「検討を進めた結果、広告の無神経な性格を認め、至急放送を取りやめることを決めた」と述べた。


FOXニュースとFOXビジネス・ネットワークも、この広告を計十数回放送していたが、NBCに続いて同様の決定を下した。親トランプ政権の姿勢で知られるFOXの決断には「意外」との声も上がった。


広告はさらに米フェイスブックも流していた。同社は5日午後、扇情的な内容がフェイスブック広告の規定に反するとの見解を示し、有料広告としての掲載を中止すると発表した。


CNNにも2日にこの広告が持ち込まれたが、差別的と判断して放送を断っていた。
トランプ陣営の責任者、ブラッド・パースケール氏はツイッターで、NBCとCNN、フェイスブックを名指しし、「フェイク(偽)ニュースのメディアは市民が見たり考えたりすることをコントロールしようとしている」と批判したが、FOXには言及しなかった。
トランプ氏は記者からの質問に「その件については知らない」と答えた。広告の侮辱的な内容について聞かれると、「侮辱的なことは色々とある。君たちの質問も侮辱的なことが多い」と返した。


たった一人の犯罪者を取り上げ、その民族全体のイメージを作り上げ、貶める。
通常でも共和党のネガキャン選挙広告は卑劣なものが多いが、対立候補への誹謗中傷に終始していて、一部の民族、国籍の人への攻撃は今までなかった。
共和党がトランプに影響され狂って来た証拠だ。


こうした広告を取りやめたNBC・ FOXの姿勢は、マクメディアの矜持だ。また Facebookも公共への悪影響阻止の責任を果たしていると言える。
そして彼らを動かしたのは、多くの良識ある市民であるということが最も重要なことだ。


日本でも、差別発言などに対し良識ある市民が声を上げることが多くなって来た。しかし、その声は政府の側で無視され押しつぶされる。メディアが、市民の声をもっと反映さ
せ”公平中立”などという政権の”圧力”をはねのけ、市民の声を後押しする決断が欲しい。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ