密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

安倍政権の冷酷 国民の命綱、水道をも売り渡す。

公営カジノの公益性さへ危ういカジノ法案をまたしても強引に闘争としている安倍政権。
利益の70%が経営企業に渡る公益性を担保しないことが明白で、しかもトランプの最大の献金者ラスベガスサンズの参入がほぼ決まっているという売国法。
しかしカジノは遊興であり、ラスベガスやモナコのように長続きするとは思えない。
もっと恐ろしいのは、水道の民営化=海外企業の参入である。

よほど「カジノ延長」と呼ばれたくないのか。安倍政権がまたトンデモ法案を出してきた。水道法改正案がきのう(27日)、衆院厚労委で審議入りした。大阪北部地震では断水や漏水があちこちで発生。「水道管の老朽化対策の緊急性が高まった」とする公明主導で、与党は今国会での成立に躍起だが、真の狙いはズバリ、水道事業を民営化し、日本が誇る水道技術を外資に売り渡すことだ。


 実際、麻生副総理は2013年4月、米シンクタンク・CSISの講演で、「日本の水道はすべて民営化する」と国際公約した。民営化によって経済合理性を優先させれば、いずれ料金は暴騰し、貧乏人は水さえ飲めなくなる恐れがある。


「法案では、上下水道施設は自治体が所有し、運営権を民間に包括的に委託するコンセッション(官民連携)方式を採用すると定めています。浄水場の維持管理から、水質検査、料金徴収まで民間に任せる事実上の民営化です」(野党議員)


政府は民営化で限られた予算を効率的に活用できると期待するが、その見通しの甘さは、海外の事例が教えてくれる。


 フィリピンのマニラ市は97年に水道事業を民営化。米ベクテル社などが参入すると、料金は4~5倍に跳ね上がり、メーター設置料を払えない低所得者は水道の使用を禁じられた。ベクテル社は99年にもボリビア第3の都市コチャバンバ市の水道事業を買収し、ダム建設費調達を理由に料金を2倍以上も値上げ。雨水の利用にまで料金の支払いを求め、耐えかねた住民たちは大規模デモを起こし、200人近い死傷者を出す紛争に発展した。


 先進国では水質やサービスの低下が多発している。米アトランタ市は排水管損傷や泥水噴出が相次いでも、行き過ぎたコストカットで復旧できる技術者が不足。03年に再公営化に踏み切った。仏パリも日本と同じコンセッション方式を採用した結果、14年間で水道料金は倍増。やはり10年に再公営化している。


 15年までに再公営化を決断した自治体は世界で180に上る。民営化の旗振り役であるパソナの竹中平蔵会長が5年前に産業競争力会議に提出した資料によると、日本の上下水道の資産価値は126・1兆円。地震被害がチャンスとばかりに、あえて周回遅れで国民の“命の水”を売り渡すなんて許されない。


水は命綱である。こうしたものこそ国できちんと管理するべきだし、自由競争の土壌にあげてはならないものだ。カジノ=ラスベガスサンズ TPPと種子法の廃止=モンサント
水道民営化=ヴェオリア・ウォーター このままでゆくと、いずれこの国はボロボロになる。 


コストでしかものを考えられない竹中平蔵をはじめとする安倍ブレインの日本食い尽くし政策を止めなけでば、幸福で文化的な最低限どの生活さへ奪われてしまいます。高プロのトリックに見られるような、支配層に吸い上げられる安い労働力、国民は彼らにとってコストの数字でしかない。どうしたらいいか、今なら間に合う、安倍政権への不支持を表明し、立憲・共産・自由・社民・無所属・市民連合とともに、安倍内閣を辞任に追い込むことだ。



PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

苦い言い訳より、離党の決断を 国民民主党は野党第一党であってはならない。

こういうことになるから、共産党は候補を大量取り下げをして、希望の党の野党第一党の阻止に出たのだ。そもそも、民主党ー民進党が嫌われ続けた理由は、政権与党当時のトラウマばかりが原因ではない。主張が定まらない、足の引っ張り合いをする、ぶれる、裏切る、そういうところが、最悪安倍政権であっても、より嫌われてしまう原因だったことは明白。


立憲民主党と、腹に据えかねて覚悟を決めた無所属の会が、ぶれずに野党共闘に向かえるのも、この旧民進の与党病を引きずる勘違いな連中が、まとまって国民民主党になってくれたから、と言えなくもない。


それでも時々野党づらして、コウモリコッコ、国民には反安倍政権のふりをして、で、
それに変われる対案の出せる政党、政権交代可能な二大政党なんてちゃんちゃらおかしい。 周囲に、またモリカケか、と非難されれば、引っ込める。


やっと手にした参議院での野党第一党のポジションを利用して、与党にすりより、見事に国民を裏切ってくれた。 予想通りすぎて、情けなさすぎて、目も当てられない。



28日の参院厚労委で強行採決された「働き方改革」関連法案。29日の参院本会議で可決され、成立する見通しだ。与党は過労死促進法とも呼ばれる「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)に対する反対の声を無視し、数の力で押し切った格好だが、看過できないのが、参院野党第1党の国民民主の“裏切り”だ。


 審議すればするほど、高プロの立法事実がないことが明らかになり、政府の答弁も説得力ゼロ。世論の約8割が成立を望んでいないにもかかわらず、国民民主は参院の審議時間が衆院を上回ったことから、舟山国対委員長は「丁寧な審議を重ねてきたのは事実だ」として、採決を容認してしまった。立憲などが提出した島村委員長の解任決議案も、国民民主は「委員長に瑕疵はない」と同調せず、決議案は採決すらされなかった。


 これでは、野党共闘どころか、安倍政権の補完勢力ではないか。衆院の審議で、高プロに徹底抗戦した山井、柚木両議員(国民民主)が、夜の国会前集会で「お叱りは覚悟で来た。思いは皆さんと同じです」と話すと、聴衆から「だったら採決阻止しろよ」と怒声が飛んだのもムリはない。山井は困惑の表情を浮かべ「どうしてああいう対応になったのか。参院側に理由を聞きたい」と話すのが精いっぱいだった。


だが、国民民主の“裏切り”はこれだけじゃない。ナント! 来週にも開かれる衆院憲法審査会で審議が始まるとみられる国民投票法改正案で、自公との密約がささやかれているのだ。


「自公と国民民主が、国民投票法改正案をめぐり、すでに合意をかわしたという文書の原案があるようなのです。中身は、ただちに、3党で協議機関を設立するという内容と聞いています」(国民民主関係者)


 秋の自民党総裁選で安倍3選の可能性が強まり、自民党内では安倍首相にすり寄る動きが目立ってきた。一方、日経、毎日の世論調査では、国民民主の支持率はゼロだ。与党は国民民主を揺さぶって狙い撃ちし、引っ張り込みさえすれば、今国会で改憲の前提となる国民投票法改正の成立が見えてくると考えているのだろう。相変わらず卑怯なやり方だが、それに乗っかる国民民主もだらしがない。


「国民民主は採決で反対するようですが、今日の動きは明らかに安倍政権を利する動きです。野党であることを捨てたと言っていい。よりによって、過労死を促進する法案をめぐってです。自公からは感謝されても、国民からは総スカンでしょう」(立正大名誉教授・金子勝氏=憲法)


 国民はよーく覚えておこう。


安倍シンゾーは、国民民主のメンバーには、負ける気がしないだろう。完全に舐めている。まるでトランプがシンゾーを扱うかのごとく余裕綽々。 擦り寄り一番手のゆ党第1党?維新にも舐められているだろう。


衆院の審議で、高プロに徹底抗戦した山井、柚木両議員(国民民主)が、夜の国会前集会で「お叱りは覚悟で来た。思いは皆さんと同じです」と話すと、聴衆から「だったら採決阻止しろよ」と怒声が飛んだのもムリはない。山井は困惑の表情を浮かべ「どうしてああいう対応になったのか。参院側に理由を聞きたい」と話すのが精いっぱいだった。


山井議員・柚木議員は、考えなくてはならない、自分の政治家としての信義を、人間としての誇りを。


ここはひとつ、枝野氏に習って『不協和音』でも一人カラオケして腹をくくるべきだ。
彼らだけでなく、忸怩たる思いの議員もかなりいるのではないのか? 本当の国民の生活・人生、そしてこの国の未来のために働きたいのなら、どうすべきかは言うまでもないだろう。


君はYesというのか
軍門に下るのか
理不尽なこととわかっているだろう
君はYesというのか
プライドさえも捨てるのか
反論することに何を怯えるんだ?
(不協和音歌詞より)


”一度妥協したら死んだも同然” 
死んだふりでも議員でいたい、そういう人間が多すぎる。しかしそうでない人たちもいる。今ならまだ間に合う。国民民主党を離党し、立憲民主党か、無所属の会に合流すべきだ。支持率0の野党第一党はいらない。



PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

BBCが伊藤詩織さんの事件をドキュメンタリー特集 

民事裁判の行方など気になっていたが、最近ほとんど報道のされず、国会でもあまりの問題の多さに取り上げられなくなってきていた伊藤詩織さんへの強姦とその経筋がらみの握りつぶし事件。BBCが”Japan's Secret Shame"という特集番組を報じた。


彼女の絞り出すような言葉に、胸が締め付けられる。何度聞いても、怒りと悔しさがこみ上げてくる。驚くべき日本の性被害者に対する社会の対応、制裁を受けるべき人間を守り、被害者を攻撃する無責任な匿名の人々、そしてなにより感力にあぐらをかき、弱いものの声を、たかが女のいうことだと、握り潰せると、たかをくくった安倍政権の傲慢、決して風化させてはいけないことだ。


これが日本の女性の置かれた現状。決して彼女だけに起こった特殊な出来事でもなく、彼女だから起こった出来事でもない。


私たちがインドなどで行われてる、レイプや刑罰としての輪姦、女性の顔に酸をかける暴力、所有物のように扱われる幼い結婚、そうしてことを、酷いと思うように、伊藤さんに起きた事柄は、女性の人権の低い国の、信じられないくらい酷い出来事なのだ。




日本語記事と、インタビュー字幕はこちら。


今一度、また繰り返し、彼女の声を聞き続け、日本でのみ通じる男性優位社会と、それを肯定すること女性の良き部分と肯定し信じ生きている多くの女性たちも、意識を変えなくてはなくてはならない、ということを痛切に感じ続けたい。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ