密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

アメリカの対テロリスト取り締まり+サンバナディーノ犯人身元確定

サンバナディーノの銃撃事件、容疑者が射殺され、調査は犯人二人が,テロリストとつながりを持っていたか、あるい独自に感化されたと言う点を調べてゆくのだろうと思う。というのは、アメリカ国内の十代後半から二十代後半の若者が、すでに70人あまり、ISILへの参加、テロの計画で拘束されているというニュースをNYタイムスが報じていた。、FBIのネット上のおとり捜査、イスラム社会への潜入捜査で証拠を掴み逮捕しているという。こういう事は、マフィアがらみや、ドラッグ、人身売買、児童虐待の調査でしばしば行われているもようだが、在米イスラム社会の不快反発はもっともであろう。


ISILはネットを通じて、賛同者リクルートし,女性は現地に呼び寄せて,兵士の妻とし子供(次世代の兵士)を生む役目を担うのだが、夫は自爆テロで死んでしまうと、すぐ次ぎの兵士と結婚させられる。志願してISILに参加した女性3人が,逃亡,保護されてそう証言したそうだ。原油採掘地を接収してものの、どのように使っていいかわからず、採掘処理のスペシャリストを,通常の3倍のサラリーで(人質になった人たちは、NOの選択肢は無いわけだが)募集している。アメリカ国籍の7名がISILの兵士として死んでいる。ISILは現在はシリアに合流せず自国で独自テロを行うように指示していると報告されている。
今回の事件で、トランプの馬鹿と保守右翼がまた,差別をあおる事を言い出さないかが心配である。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村


以下 アメリカ西海岸 サンバナディーノ医療センターで銃撃のまとめ。(LA Times&CNN)
12/2 11am頃,襲撃者はサンバナディーノInland Regional Center,内のパーティーで発砲
郡職員のクリスマスパーティーがもようされたいた。警察はある程度の計画性のある犯行、犯人は重装備で,戦闘用の服を来ていた。と発表した。銃撃後犯人は黒のSUVで逃走 、警察とのカーチェイスで犯人2名が射殺。身元は、米生まれのSyed Rizwan Farook(サイード・リズワン・ファルック(28)男性) and パキスタン国籍のTashfeen Malik(タシュフィーン・マリク(27)女性)二人は交際していた。


14人が殺害され、21人が負傷。動機は未だ特定していない。ただ殺害された14名の内12名が 犯人の ファルックのかつての同僚だあることから、私怨の可能性もある。 当局が Redlands. 付近のファルックの住居を捜索、ブービートラップを避けるためロボットで先攻調査パイプ爆弾と1600発の弾薬の備蓄を発見された。 犯行に使用したSUVからも大量の武器がみつかっている。(映像ニュースでウィリーのようなロボットが玄関を入っていって,調べていた。多分爆弾もこのロボットが処理したのだと思う。日本も兵器など作らず,こういうロボットの開発に意欲を持てばいいのに。)
銃撃場所の医療センターの敷地内で、爆発物の可能性がある3つの装置が見つかっている。目撃者の証言として、ファルック容疑者が「腹を立てた様子」でセンターのパーティーを退出し、その後マリク容疑者と共に再び現れたと証言した。


警察は容疑者が黒のSUVに乗って逃走しているとして追跡を始めた。容疑者は3人いる可能性があるとしていた。数時間後、警察は近くの町レッドランズにある集合住宅を急襲。SUVは逃亡し、カーチェイスになった。
施設からほんの2マイル(約3.2キロ)の地点で警察の銃弾を浴びたSUVが停止。容疑者たちも車の中で死亡した。警察側も1人が負傷した。
銃撃戦となった場所の近くでもう1人が拘束されているが、事件との関連は不明。


警察も容赦がない、SUVは蜂の巣でぼろぼろ。ボニーとクライドどころじゃない。この国は日常から即戦闘態勢入れる社会構造なのだ。日本は銃の規制が出来ていて,本当によかったとつくづく思う。平和憲法の絶対堅持,手放してから後悔しても決して元には戻れない。



PVアクセスランキング にほんブログ村



ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

ウーピーゴールドバーグ、トランプの問題発言を厳しく嗜める。

共和党大統領候補のドナルドトランプがまたもや酷いトンデモTweet。あろうことか1000人ものイスラム教徒が、9・11テロに際して,対岸のニュージャージーから歓声を上げているのを見たと主張している。この発言に関しては各方面から,批判が寄せられ、事実としてはあり得ないと云う客観的な検証も示されているが、とうのトランプ氏は「私の記憶力は素晴らしい。間違える訳が無い」と謝罪はおろか、Tweetの削除すらしない。


そんな中、ABC局 TVショー“The View’s” のホストのウーピーゴールドバーグが,このトランプ氏の発言態度を番組内で取り上げたコメントの拙訳。ゴールドバーグは月曜のABC daytime showの中で、「ドナルドトランプ氏の”1000人ものイスラム教徒が、9・11テロに際して,歓声を上げていたと云う主張は,特にムスリムの女性を標的にしている。なぜなら,ムスリムの女性はhijabs 覆われているのだから簡単にターゲットにされてしまう。だから,ドナルド、あなたはたくさんの人たちを危険な立場に追い込んでいるのよ。何かしたり喋べったり前に少しは考えるべきね。」と発言

ウーピーゴールドバーグ,大好きな女優ウーピーはご存知の通り,とても有名なアフリカ系女優。カラーパープルでゴールデングローブ賞 主演女優賞お始めに常に一線だ活躍。女性や有色人種への差別問題、南アフリカのアパルトヘイト反対などアクションを起こしている。アメリカは銃社会で、彼女のように有名でかつ有色人種だとターゲットにされやすいのに、常に差別迫害に対して勇敢に発言、活動している。


「トランプ氏の主張は多くの視点を持つ人々によって偽りだと暴かれたが、そうしたことが、彼がこの主張を大統領選のキャンペーンに使う事を未だ止められていない 」


「思い出してください,ご存知のように,かつてドイツの人たちが指をさし言った言葉を『こんなことになったのは、彼らのせいだ、彼らがいるからだ』(ナチス台頭時のドイツの経済弱体や社会不安をユダヤ人のせい、ユダヤ人(マネー)の陰謀などと云う考えが人々の間で流布されたこと)
これは、同じたわごとです。
250万人のアメリカのイスラム教徒が、ここにいるんですよ。」と無責任な捏造発言の発言者と面白半分に拡散する者を戒めた。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村


共同ホストの Raven-Symone(レイブン シモン)も、人々がこのような嘘に彼らの考えを加えて流布すればに憎しみの連鎖を恒久化する事になる。私は今朝ラジオを聞いていて誰かがトランプ発言の引用に自分の言葉を加えて語るのを聞く、それが毎日繰り返される,とても恐ろしい事だ」と警鐘をならした。


番組リポーターのPaula Feris(ポーラ フィリス)はこう言う、「トランプは彼の捏造話を保守層の有権者の票の確保に利用するでしょう。彼が退役軍人について語る時,また米軍について語る時,非常に効き目があると云う事を知っているからです。
共和党有権者の間の政治的な物語の様層は今まさに、すっかり変わってってしまっているのです」


共和党よりの保守派TVステーションFOXニュースのキャスターBill O’Reilly(ビル オレリー)さえも、トランプ氏は悪質なデマをTweetするべきではないと述べる。前回,トレンプ氏はアメリカの殺人の81%が黒人による白人の殺害であるとTweet。事実は15%だ。Billも人々に、トランプのTweetを拡散させないようにと訴えた。


本当にどこの国にもいい歳して,大バカな事を大声で言うご仁がいて、しかも国を動かす立場になろうとする。そうなれば,確実にたくさんの命が失われる。だからこそ選挙民の責任はとても重い。


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

にほんブログ村






サンバナディーノ医療センターで銃撃−現在

アメリカ西海岸 サンバナディーノ医療センターで銃撃の現在解っている事。
12/2 11am頃,襲撃者はサンバナディーノInland Regional Center,内のパーティーで発砲Foxニュースでは職員のクリスマスパーティーと伝えられ、他では,コンファレンスルームを借りてい部外者のパーティーと報じている。14人が殺害され、17人が負傷。動機は未だ不明。
警察はある程度の計画性のある犯行、射手は重装備で,戦闘用の服を来ていた。と発表した。
午後の警察とのカーチェイスで犯人2名が射殺。
3人目も拘束されましたが銃撃に直接関与していない模様。
当局は Redlands. 付近の住居を捜索中
また親類や家族が負傷または殺害されたと疑念のある方は
family assistance hotline at (800) 637-6653.まで問い合わるよう、よびかけている。


これがテロであるかどうかは,軽率に判断するべきではない。アメリカは一日に1件は複数者への銃撃が発生している。銃を愛する人たちの中には,銃が人を殺傷する物であると云う自覚が薄い人々がいる。5才の息子の誕生日に銃を送り、その子が妹を射殺した事件もある。同様のケースで,兄弟、友達、母親を撃ってしまうケースも多くある。この銃を持つ権利は,憲法に自衛の権利(本来は州兵による武装自衛)を曲解してまかり通っている。


最近、恐ろしい事に、アメリカ人の若者で、SISLに興味を持ち参加を表明する者が出てきていて,彼らに対してSISLは、シリアに来ず自国に留まって,誰でもいいから殺せと指示を送っているのだそうだ。SISLは現地で勢力を拡大し,支配地域の住民統率の為に、多くの無意味な処刑を行っていると報告されている。世の中にむしゃくしゃしてストレスを持った若者の社会をぶっ壊したいと云うエネルギーを利用して,テロを拡大しようとしている。これは善良なイスラム教徒とは何の関係もないただの暴力だ。日本はSISLの敵にならない事は出来るが、けして、SISLのよき理解者、説得者にはなれないだろう。SISL+賛同者に同情する余地はないと思う。
より心をくだくなら、これから,いわれの無い差別や偏見を受けやすくなる普通の中東の人たち、イスラム教の人たちに対してでなくてはならない。


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村