密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

なぜか余裕しゃくしゃく,安倍総理。

衆議院インターネット中継。岡田代表は現政権における悪行全般への歯切れのいい論理的な質問を繰り出した。 今回は行けるか?!と思いきや、全ての結果事実を自己肯定で断言する安倍首相を追いつめるどころか、余裕しゃくしゃくで,民主党政策や、統一会派のゴタゴタで当てこすりまでいわれて、、、、。


松野代表も気合いの入った質問をするのだが、「かぶっている質問が多いので,答えが重複しますが」などと,また嫌み、嘲笑気味に”維新のご意見で”などやはり統一会派絡みで,やり返された。


共産党の穀田議員の質問には,嘲笑などなく,質問のピントを合わせず、さっさと棲ませてしまいたいと云った感じ。志位委員長や小池議員ほどの”いやだなぁ”感はないが,用心している。安倍首相も共産党フォビア?


本会議は、質問者が先に全ての問題に対する質問、糾弾をまとめて答弁、その後首相が答えるので、アベノミクスは成功してます,全て巧く言ってます,その場で検証しようのない数字を並べて自信たっぷりに言うので,安倍首相の言ってる事が正しくて,野党は反対の為のこじつけをしているように見えてしまう。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村



安倍首相の様子から、民主、維新は怖くない。完全に嘗められている。要因は、この時期までもの野党共闘のゴタゴタ,彼らの青臭さ、不安定さに、安倍首相は直感的に優位に立てると確信しているのだ。


一つ一つを一問一答で行えばほころびもでるし、出した数字の検証も出来る。まだこれからなので、安倍首相を調子づかせないように、民主・維新で、いや他党とも質問の分担をし,じっくり得意分野で攻めていって欲しい。


とにかく安倍首相その周辺は、民主、維新には負ける気がしない,と云った感じだ。こんな調子でよしんば政権を奪還しても、下野した安倍氏の怒りで、捏造を含む足の引っ張り合いになる事が予測される。
安倍氏は本能的に人の弱い部分を攻撃するハイエナのような狡猾さと卑しさを持っている。全て論理的に対話、公正な議論をはかろうとする相手の人間的弱み、隙をついて、攻撃し、かつそれが自分を良く見せる演出効果を心得ている。


一枚岩のタフな共産党には、たぶん付け入る隙がなく苦手なのだろう。真っ正直なヒューマニズムに支えられ行動発言する,辻本議員,山本太郎議員なども苦手で,鬱陶しい存在だろう。自分たちの制作の素晴らしさに拘る民主党、しかし第二自民党とも言われる政策では、大同小異と嘗められる。しっかりその辺を自覚し共産党と連帯し選挙に勝ち,臨時政権(国民連合政府)は共産党や社民、生活からも入閣し戦争法案廃止および閣議決定撤廃に臨むべきだ。


完全な野党共闘で政権を奪還する。野党各党に政策面で共通する改悪法を改正するべきだとも思う。
下野しても安倍勢力=日本会議は存在するので(民主議員もメンバー?)それを撥ね除ける強さが必要つべこべ言わず共産党と連帯を!!!


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


今度こそ。頑張れオバマ大統領!!

最後の大仕事、悲願の銃規制。
CNN :オバマ大統領、銃規制を訴える演説で涙http://www.cnn.co.jp/usa/35075813.html
オバマ米大統領は5日、ホワイトハウスからの演説で銃規制強化への支持を改めて求めた。過去の銃乱射事件に言及して涙を拭う場面もあった。
ここまでの銃規制の遍歴は前の記事:オバマ大統領のスピーチは如何に?ーテロと銃規制
http://artrino.muragon.com/entry/110.html
演説では、米国全体が「危機感」を持って銃による暴力を減らすべきだと訴えた。 演説の最後で同事件に言及した大統領は、「犠牲になった子どもたちのことを考えるたびに怒りを覚える」と述べ、しばらく沈黙して涙を拭った後、「同じことがシカゴの路上では毎日起きている」とも語った。


こちらはビデオ、怒りと悲しみの記憶に落涙の大統領,渾身のスピーチ 
http://www.cnn.co.jp/video/15034.html


イリノイ州シカゴは、大統領自身の政治活動の原点となった都市だ。11年に銃乱射事件で重傷を負った後、銃規制を訴えてきたガブリエル・ギフォーズ氏も姿を見せ、総立ちの拍手を受けた。


オバマ大統領は銃の購入者に対する身元調査を徹底するため、銃販売に従事する者はたとえ個人でも届け出を義務付けることなどを柱とする大統領令の発動を決めた。 演説ではこうした措置に抵抗してきた野党・共和党を非難。「銃の問題が持ち上がるたびに聞かされるのは、規制を強化したとしても前回の乱射事件やその前、さらに前の事件を防ぐことはできなかった、だからやっても無駄だろうという議論だ。このような考え方を私は拒否する」と述べた。

そのうえで「世界中のすべての暴力行為や凶行を阻止できるわけではない。だが1つでも阻止できる可能性はある」と訴えた。
大統領はまた、全米ライフル協会などの銃ロビーを改めて批判し、自身の政策は「だれかれ構わず銃を取り上げようとする策略などではない」と強調。

銃好きのアメリカ人保守層は、国に銃を取り上げられる強迫観念で、ちょっとでも銃の取り締まりや法的義務の変革に触れるとヒステリックに騒ぐし、全米ライフル協会などの銃ロビーはこういう人たちを,機関誌などの、広報で先導する。
国民が武器を保持する権利を定めた憲法修正第2条に反することなく銃暴力を減らす道はあるとの確信を示した。
この憲法条文はそれこそ古く、1789年に改訂されたものであり 条文以下の通り 
人民の武装権:規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有し、また携帯する権利は、これを侵してはならない。
と云う文言で、人民の武装権は州単位の自警団=民兵に地域自衛の為認めた物で,全ての人が日常的に銃を持ち歩いたり,大量殺人可能な軍事用の武器を買い集めコレクションしたり,遊びで撃ったりしていいとは書いていないのだが、解釈改憲(!!)で,現状のような,穴だらけの野放し状態を作っている。

議会がしかるべき行動を取れば銃暴力は大幅に減らせると語る一方、「それを待っているわけにはいかない。大多数の国民の意向を反映した議会が成立するまでの間、私の権限の範囲内で暴力を減らし、より多くの命を救うための行動を取ることができる」として、大統領令への支持を求めた。


これに対して共和党議員らは、大統領が予測した通り反発を示している。ポール・ライアン下院議長は、共和党の大統領が就任すれば今回の大統領令は裁判で覆される可能性があると指摘した。
このポール・ライアンと云うのが,前回大統領選の時の共和党副大統領候補。よりにもよってコイツがベイナーの後がまに下院議長に就任しようとは、、、。オバマ氏に恨み骨髄なので,大統領提案は文句なく全部潰すつもりでいる事は明白。超保守グループ・ティーパーティーのお気に入り。 だから,今回は議会を通さず大統領令を発する事になったのだ。


一方、大統領選で民主党候補の指名獲得を目指すクリントン前国務長官は5日、ニューハンプシャー州での集会で、自身が当選したら銃規制強化へ向けたオバマ大統領の戦いを引き継ぐと表明。ツイッター上でもオバマ大統領の決断に感謝の言葉を述べ、「次期大統領はこれを破棄するのではなく、発展させなければならない」と強調した。
これは 朗報。とことん動かせなかった銃規制を動かす歴史的一歩を、やはり継承発展させて貰わなくてはこまる。今度こそ,頑張れ,オバマ大統領。そして,頼むぜ,ヒラリー大統領(候補)。


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

八百万の神々が泣いているかも。

子供の頃、大晦日は障子の張りかえ、そして神棚掃除。正月にはお神酒をあげる。亡き祖父はいつも榊を緑に保ち毎朝,柏手を打って「家内安全、商売繁盛」と唱えていた。そうする事で一日が始まった。この姿勢は決して願いを叶えてくださいと云う物でなく,自分が努力するので見守ってください、人にはどうしようもない厄災を遠ざけて下さいといった類いの物だった。
800万もの神々は、山や川や海から、台所の釜にまでおわします。今なら電子レンジにもいるかもしれない。人間が自分たちは万能で、強者であると傲り高ぶらないように、自然をないがしろにし、つまらない物でも粗末にしないように,いろいろな物に神が棲んでいると思う。そういう敬虔を持って臨む。祖父のように毎日の始まりに,自らの一部のように行う行為、これが信仰と云うのだろうと、子供心には理解していた。


神道の、その原点は古来の民間信仰と儀礼の複合体で、動物や植物その他生命のないもの、例えば岩や滝にまでも神や神聖なものの存在を認めるいわゆるアニミズム(精霊信仰)的な宗教であり,そういう所が気に入っていた。 私の神道への理解は、ごく家庭的なもので、水木しげるさんの妖怪の世界に近いかもしれない。日本人の創造性、想像力にも大いに貢献していると思う。


今翻訳している夏目漱石に夢十夜のなで,運慶が仁王を彫る話がある。運慶の鑿さばきに迷いがないので,訝っていると,見物人があれは,この大木の中に既に仁王が埋まっていてそれを掘り出しているんだ,と答える場面がある。漱石は禅に拘泥しても、やはり神道的な感受性は切り離し得ない。私も作品は、物質の中には潜在的存在があり、それが自分の持つ潜在意識に感応して流れ出る物だ,と思って作っている。


アメリカの友人たちには”We have the eight million gods"とちょっと得意げ話している。それは自然へ、いや存在する全ての物への尊厳を持って相対する,謙虚で愛情の深い精神であるし,800万も神様がいるのだから排他性も皆無。そんな民俗信仰的な宗教のはずなのに、それを司るプロの神社が、政府と結託して改憲ポロモーションとは、、、。いや,彼らが支配に回りたいのか?
リテラ; 神社が初詣客を狙い改憲の署名集め!全国各地の神社が初詣客を狙って改憲の署名集め! 日本会議・神社本庁が指令、戦前復活の目的を隠す卑劣な手
http://lite-ra.com/2016/01/post-1863.html


”神道政治連盟”このネーミングからして,神道らしくない−なんて言っても神社本庁を本宗とする、日本各地の神社を包括する大親分なんで,きっとこちらが本家本元なんでしょうが。
しかし、日本民族の古来の習俗に由来する、自然崇拝・祖先崇拝を基調とした信仰、一番政治と遠い所にある神道が,政治と結びつき国を治めようとする。そのやり方は排他的で全体主義的な一神教が行き着いてしまいやすい世界に等しい。(故に天皇の存在が必要なのか?)周囲にいる八百万の神様たちもさぞやご不快のことでしょう。


一神教的な教義も,堅苦しさもない、自然と接し呼吸するように,何かの存在を感じ、日常生活に無意識にとけ込んでいる日本の土着信仰を、国民支配の宣伝の道具にしてしまえる神官たちは堕落の極みといっていい。神社本庁は太古の神々に恥じるべき。


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村