密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

なぜ安倍首相は国際社会で無視される。

<パリ時事通信>安倍首相、パリで積極外交=30人超と接触、成果乏しく
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015120100903&g=pol


パリのCOP21に出席の安倍首相、30人の首相と立ち話。空気を読むがお家芸の日本人であるにもかかわらず、社交辞令の中を必死で泳ぎ、アピールする安倍首相。あれだけお金をあげても、交際社会の大舞台でなぜかむなしい距離感はなぜ? 理由は簡単、あなたは歴史修正主義者で、言論弾圧推進をしているプチ独裁者だからです。歴史の事実と向き合わない狂信的信念保持者とは、必要以外はに距離をおきたい(スルーしたい)。中韓,アジア諸国も、戦火の記憶、記録を保持している,日本の開きなおり歴史修正に、どれだけ憤っているかは推して知るべしだ。


自分の国のした事の責任を自覚できない、結果(史実)認識できない、事実を盲目的に回避、その上,厚顔無恥に海外にその主張を宣伝。そんな国が,国際社会で責任の一端をになう、アジアのリーダーとして(?!)などと打ち上げても、結局お金でしか存在感を主張できないのは周知の事実。


ロシア、トルコ両首脳と「個人的な信頼関係を築いている」(外務省)安倍首相だけに、軍事的な協力ではなく、首脳間のパイプで国際社会の連帯に寄与したいとの思いがあったとみられる。実際、その後の日仏首脳会談で、ロシア・トルコ首脳による直接対話を働き掛けることで一致した。 もっとも、かつて何度も戦火を交えたロシアとトルコの長い歴史もあり、政府内からは「火中のクリを拾うものではない。仲介に向けた具体策もない」との声が漏れた。同行筋によると、安倍首相はこの後、COP21の会場で、プーチン氏との接触を試みたが実現しなかった。 


安倍氏の行動は本当にちぐはぐだ。どこかイメージ先攻で、具体性の重みもない。ロシア、トルコ両首脳と「個人的な信頼関係を築いている」というのも安倍氏のイメージの中だけなのではないか?大物風に、ロシア、トルコの仲立ちを買って出ても「仲介に向けた具体策もない」。もし日本が本気で国際社会の中心に座を占めたければ、歴史を肯定し、誠意を持って謝罪し、その反省の上に立って、身を切る国際貢献を模索するードイツのように−が絶対必要ということは明白。アシア全土を西洋諸国からの解放独立の美名で,侵略し自国が取って代わろうとした。人命軽視のずさんな計画、無謀な作戦で,兵士捕虜を飢えさせ虐待殺害,玉砕特攻を強制したそんな国の、”解放独立の美名”を肯定している、首相にアジアのリーダーを自認されても、(首脳陣は紳士淑女なので、笑顔は絶やさないだろうが、歴史修正主義者と一緒に写真に写りたくないだろうね。)だれも認めない。


オバマ大統領が冷たい?当然でしょう。オバマ氏は憲法学者でもある。憲法を無視、強引に民主主義の根幹を破壊して採決された法を,あなたの国の為ですよぉぉとさしだされても、国のトップとしての形式的な謝意しか返せないよね。人間として信頼も尊敬もできない、共通の良識の上に立てない人物とは、だれも本当の握手は出来ない。


先月から今月にかけて外遊が続く安倍首相。野党が求めていた臨時国会召集に応じなかった理由に「多くの国際会議が予定されている」ことを挙げていた。野党が求めていた臨時国会召集に応じなかった理由に「多くの国際会議が予定されている」ことを挙げていた。野党からは「どんな成果を上げたのか、国会の場で国民に説明すべきだ」(民主党幹部)との声も出ている。
ついでに、海外への援助金の妥当性、国会承認の有無、資金源についても,追求するべきである。


PVアクセスランキング にほんブログ村



ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テロの乗じて共謀罪ー枝野氏「話に応じる用意はある」って?!

パリ同時多発テロを受けて自民党内で浮上した共謀罪新設のための法整備に関し、枝野氏は「過去3度廃案になった政府案は、組織犯罪と全く関係ないものを対象としておりとんでもない。論外だ」と批判した。同時に「テロ対策で、どうしても必要な部分があるならば説明してほしい。話に応じる用意はある」と述べられたようだが、戦争法案も強行採決できる自公勢力、今の状態で、話に応じて議論しても、戦争法案と同じになる。審議拒否、参院選の一つ争点として各党各候補公約共謀罪の賛否をにあげ国民の審判を問うようにするべきではないか?


臨時国会もなく、TPP、違憲立法、大臣不祥事、加えて、海外散蒔きの国会承認の有無、原発マネーと問題が山積み+年度予算の次回国会、参院選(衆参同時なおさら)もあって、議員政党自身の進退もあり慌ただしい中,いつの間にか共謀罪成立なんて事になれば,取り返しがつかない。こんな時期にこんなアブナイ法案、相手の土俵に乗って、試合をスタートさせれば、強引に押し切られる。無理が通れば道理引っ込むの安倍政権なのだ。正々堂々話し合い?フェアプレーは無力に等しい。


実際、今の日本のテロ対策に必要なのは国内の粛正ではなく、安全管理、物理的セキュリティーの充実が最優先。武器薬品の入手が難しく、ちょっと変わった行動をとれば,存外目立つ日本国内、今出来る現実的な対応を話し合うべきだ。非常事態があっても、オーム真理教のテロ時の破壊活動防止法、人災震災時特別措置法で十分対応できるだろう。それとあのおしゃべり首相のパフォーマンスをやめさせればいい。あれだけ,浮き上がっていると、ご要望にお答えして突っついててみたくなるというもの。その他には、日本国内においては、それほどの緊急性があるとは思えない。NGOで海外に出られている方達は,独自のネットワークと経験で熟慮対応されるだろう。安倍首相のリーダーシップは帰って大きな迷惑だ。これ以上現行法の改悪を許さず、夏の選挙まで、もちこたえて、選挙で野党連合で勝たなくてはならない。


ところで,靖国トイレ炎上事件に加え、鳩山元首相右翼取り囲まれ事件とか、なんかテイストが似てる気がするが,気のせいだろうか。正直、SISLより,現政権の幼稚な世論誘導が効いてしまう事とか、海外での首相恥かき単独暴走の方がよっぽど怖い。


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



どうして我々は静かに軽蔑する強さを持てないのだ?-サイモン・ジェンキンズ

ISに対して,とても賛同、納得できる素晴らしい記事です。
元人質が語る「ISが空爆より怖がるもの」プレイディみかこ氏

http://bylines.news.yahoo.co.jp/bradymikako/20151119-00051589/


本文中の「イデオロギーと権力に酔っているストリート・キッズ」は、まさにISILの本質をついている。
賛同迎合する若者たちも,自分の憤懣のエネルギーのはけ口としてテロ行為に憧れているだけ。


「ISのメンバーたちを悩ませたのはドイツ国民に歓迎される難民の写真だった」
難民も受け入れず、やたら拳を振り上げて、対テロ戦争に意欲を吹聴する,安倍首相はまさに彼らの,滑稽なチアリーダーです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村

元人質が語る「ISが空爆より怖がるもの」の以下転載
戦争や紛争とまでいかなくとも、例えば地べたレベルの喧嘩でも、普通は敵の欲しがるものは与えないのが戦いの鉄則だ。が、どうも対IS戦に限ってはこの鉄則が完全に無視されている。
ローマ教皇はテロを第三次世界大戦の一部だと言い、英国のキャメロン首相はISをヒトラーやナチに例える発言をしている。いくら何でも極端というか、「もっとパンチの利いたタイトルをください」と言われたライターが苦渋の末に思いついたような言葉を教皇や政治指導者まで使わなくとも。と思うが、ISに人質として捉えられ、彼らと共に過ごしたことのあるフランス人ジャーナリストによれば、こうした反応こそがISの大好物だという。彼はこう書いている。
ネット上のニュースやソーシャル・メディアを追い、今回のパリ襲撃後に書かれている様々の反応を見て、彼らはおそらく今「我々は勝利している!」と大声で連呼しているだろう。彼らは、すべての過剰反応、分裂、恐怖、レイシズム、排外主義の兆しに気分を鼓舞される。ソーシャル・メディアの醜さのすべてが彼らを惹きつける。
出典:The Guardian:"I was held hostage by Isis. They fear our unity more than our airstrikes” by Nicolas Henin


このジャーナリストは、人質として監禁されていた時に数多くのISのメンバーと知り合い、先日ドローンで殺されたジハーディ・ジョンとも「ハゲ」と呼ばれた仲だったそうだが、彼が気付いたのは「非情な殺し屋」「冷酷な戦士たち」といったISのイメージはPR・マーケティング戦略の賜物で、一人一人はみな非常に子供っぽく幼稚だったという。「イデオロギーと権力に酔っているストリート・キッズ」という感じだったそうだ。時折、彼らは人質を相手に「メンタル拷問」を行ったそうだが、その言動の幼さに笑ってしまうこともあったという。


彼らはよく「疑似処刑」をやったものだった。一度、彼らは僕にクロロホルムを嗅がせた。別の時は、斬首を真似た。フランス語を喋るジハーディストたちが「我々はお前の首を切って、それをお前の尻の穴に入れた動画をYoutubeに投稿してやる」と叫んでいた。それぞれ手にアンティーク・ショップで買って来たような刀を握って。こちらもそのゲームに乗って叫んでやったら、彼らは笑っていた。楽しそうだった。彼らがいなくなるとすぐに、僕はフランス人の人質のほうを見て笑った。あまりにバカらしかった。
出典:The Guardian:"I was held hostage by Isis. They fear our unity more than our airstrikes" by Nicolas Henin


偏執的なほどニュースが好きという彼らは、その全てを自分のフィルターに通して読んでいて、陰謀によって全てが繋がっていると信じ、世の中には矛盾が存在するということを受け入れなかったという。「全世界のムスリムVSそれ以外の人々(十字軍)」という構図を狂信する彼らは、たとえどんなことが起こっても、それはアラーの祝福であり、すべてが正しい方向に進んでいると信じるそうだ。無敵の楽観主義者である。だが、そんな彼らにも弱点はあるらしい。
彼らの世界観の中核を成すものは、ムスリムとその他のコミュニティーは共存できないというものだ。そして彼らは毎日アンテナを張り巡らせて、その説を裏付けする証拠を探している。だから、ドイツの人々が移民を歓迎している写真は彼らを大いに悩ませた。連帯、寛容、・・・・それは彼らが見たいものではない。出典:The Guardian:"I was held hostage by Isis. They fear our unity more than our airstrikes" by Nicolas Henin


彼は自分の国であるフランスが標的にされたことをこう分析している。
なぜフランスが狙われたのか?その理由はたくさんあるだろう。だが、僕が思うに、わが国は彼らに欧州の最弱リンクと見なされている。最も分断の裂け目が作りやすい場所だと思われているのだ。だからこそどういうリアクションを取ればいいのかと聞かれたら、僕は慎重に行動するべきだと答える。それなのに、我々のリアクションは空爆強化である。僕はISのシンパではない。僕がそうなる筈がないではないか。だが、僕の知識のすべてが、この反応は間違いだと告げている。(中略)僕はカナダのようにフランスにも空爆離脱して欲しい。理性的にはそれは可能だと思うが、プラグマティズム的には不可能だ。
事実は、僕たちは身動きできないということだ。僕たちはISがしかけた罠にはまっている。
出典:The Guardian:"I was held hostage by Isis. They fear our unity more than our airstrikes" by Nicolas Henin


彼の説が正しければ、それでなくとも難民問題で排外主義が高まって殺伐としている欧州は、まさにISが求める「ムスリムVSその他」の様相を呈しており、「だんだん本当のことになってきた」と彼らを興奮させているだろう。これに「正義の反撃」を謳う西側の空爆が怒涛化すれば、彼らにとっては歓喜の状況だ。彼らのドリームが現実に、妄想がリアルになる。
フランスどころか、世界が彼らのしかけた蜘蛛の巣にかかっているようだ。
ジハーディ・ジョンは人質ジェームズ・フォーリーにナイフを向けて言った。
「オバマ、中東への介入をやめろ。さもなくば彼を殺す」
彼は人質の運命を知っていた。そしてそれに対する米国のリアクションが爆撃であることも。彼らはそれが欲しいのだ。それなのに僕たちはそれを彼らに与えるべきだろうか?
出典:The Guardian:"I was held hostage by Isis. They fear our unity more than our airstrikes" by Nicolas Henin
この元人質のジャーナリストが書いた記事を読んだとき、わたしの頭にはバンクシーの有名な作品が浮かんでいた。
「ISのメンバーたちを悩ませたのはドイツ国民に歓迎される難民の写真だった」と書いてあったからだ。
どうせ投げるなら彼らが一番怖がるものを。
どうせ投げるなら彼らが一番怖がるものを。
英国でも空爆に参加するべきか否かが政治の焦点になっている(タックス・クレジット問題はどこに消えたのだろう)。英国もまたブレア元首相の過ちを繰り返すのだろうか。
あれだけ後でボロクソにけなしたくせに、あれでブレアを大嫌いになったくせに、違う方向に足を踏み出す勇気がないから、また同じことをするのだろうか。
ガーディアン紙のサイモン・ジェンキンズの言葉が印象に残った。
今週のISへの対応は、聖戦を遂行しているという彼らの主張を有効化するものだ。
どうして我々は彼らに勝たせようとする?
どうして我々は静かに軽蔑する強さを持てないのだ?

出典:The Guardian:"Terror can only succeed with our cooperation" by Simon Jenkins
ブレイディみかこ
在英保育士、ライター
1965年、福岡県福岡市生まれ。1996年から英国ブライトン在住。保育士、ライター。著書に『花の命はノー・フューチャー』、ele-king連載中の同名コラムから生まれた『アナキズム・イン・ザ・UK - 壊れた英国とパンク保育士奮闘記』、『ザ・レフト─UK左翼セレブ列伝 』がある。The Brady Blogの筆者。http://blog.livedoor.jp/mikako0607jp/

PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村