密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

もう,空気を読んでる場合じゃない。

MARUZEN&ジュンク堂のブックフェア撤去事件、放送大学の客員教授である佐藤康宏・東京大学教授の日本美術史の単位認定試験で出題した問題が、学内サイトに問題文を掲載する際に削除されたという一件、大学内に広がる,政治活動に携わる教員、学生への圧力、など言論封殺と云える現象が、自発的に広がっている。リテラによると佐藤教授の削除された問題文は「現在の政権は、日本が再び戦争をするための体制を整えつつある。平和と自国民を守るのが目的というが、ほとんどの戦争はそういう口実で起きる。1931年の満州事変に始まる戦争もそうだった。それ以前から政府が言論や報道に対する統制を強めていた事実も想起して、昨今の風潮には警戒しなければならない。表現の自由を抑圧し情報をコントロールすることは、国民から批判する力を奪う有効な手段だった」+当時の画家への抑圧と云った内容で、まさに,今、私たちが学び自覚しなければならない過去からの警鐘だ。それも、たった一人の学生からの『問題なのでは?』と云う発言によって削除が行われたと云う。


日本は和を尊ぶ文化である、が、それは同時に”事なかれ主義”に堕する。”空気を読む”と云う表現は、集団の意志を察して,それに順応する事を是としたもの。お互いを縛り合う。それは”和”ではない。今、日本は70年来無い異常な状態が続いている。匿名性を盾に個人やグループ、企業にネットで攻撃を仕掛けることが効果的である、と認識した人々が,ことあるごとに自分の力を行使する機会を狙っている。彼らにとっては、自分に大きな権力があると錯覚できる、集団でするので連帯意識の高揚感も楽しめる、興奮する遊びなのだろう。そしてそれを助長する”事なかれ”対応がある。


多くの国が,あるいは戦前の日本が,独裁、恐怖政治に移行する時、必ず暴力による粛正が起こる。それはまず、非公式のグループによって,引き起こされる ナチス政権下のSA-ブラウンシャツ、ルワンダのインテラハムエ、日本の若い将校のクーデター、文化大革命の紅衛兵。政府は,彼らの暴力に憂慮し,たしなめるポーズをしめす。そうなった社会では、それに抗する事は,生命の危機を意味するので,私たちの多くは頭を低くして従ってゆくしかなくなる。確かに,集団で酷い事を書かれれば、気分が悪い。脅されれば怖い。企業であれば、ネット販売,宣伝等の営業支障がでるだろう。けれど,それに怯えて、ほんの少しの反応に自粛してゆく事は、無血恐怖政治の実現を手助けする事に他ならない。ちなみに共産党志位委員長のTwitterこの頃は応援ツイートもたくさんあるが、以前は(今も)酷い悪口がたくさん。それをそのままに、淡々とご自分のツイートを発信しておられる。信念のある胆の座った政治家であれるから,当然といえばそうなのだが、我々も、不当な悪口に一喜一憂しすぎない、反応しすぎないことが肝心なのかもしれない。


ランキングに参加しています。宜しかった
 下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村




日本でのナチス礼賛の怪

とても不思議なのが,日本でナチスを肯定する発言を行っている人がいるということだ。アメリカであれば,それが政治家であれば、政治生命の終わりだろうし、企業主だったら,痛烈な不買運動,抗議運動にみまわれる。イスラエルとアメリカが、とか、ユダヤマネーがとか云う,下世話利害関係の問題でなく、ナチス肯定発言は、あの苦しみを味わった人たちとその子孫に対する人間として当然の配慮であり、心底の同情心であり、非道への怒りであるからだ。日本に対しては、ヒロシマ、ナガサキについての展覧会などがなされるごと、それが凄惨な悲劇であると云う展示内容に退役軍人協会右派が”戦争を終わらせた功績”などという主張することがある。詳しい年代は忘れたが、スミソニアンのディレクターは、原爆展の開催に職をかけて開催し、退役軍人協会の圧力で職を辞したと云う話を聞いた事がある。ナチス礼賛をしている人たちはこの退役軍人協会の主張をどう思うのだろうか。


私は恥ずかしい事に最近まで、ナチス=アウシュビッツ=ガス室虐殺という程度の理解しかできていかった。強制収容所は劣悪な環境で過酷な労働を強いる。役に立たなくなれば処理される(その他の非道な扱いも含めて)筆舌に尽くし難い扱いがなされた。しかし絶滅収容所というのは殺す為に収容する、この事を知らなかった。日本の通勤電車の状態の家畜用車両に詰め込まれ、飲食、座る事も出来ず3−4日も運ばれ(中には人に挟まれたまま絶命人もいた)たどり着いたところで、服をはぎ取られ,髪を切られ,ガス室への通路に何時間も並ばされ,殺され、まとめて廃棄される。人々を待ち構えている運命から欺くために、周りに花壇を作り、シャワーを浴びた後,労働して我慢していれば、いつか解放される、と信じ込ませる。最悪を予測したくない人々の一抹の希望につけ込む。こうして、列車が到着するたびに何台もの貨車に詰め込まれた人たちが,”処理”されつづけた。これは,”捏造”ではなく、関わった人物からの多方面の証言、物証、写真資料などが残されている、が,ドイツにもごく少数だが捏造だと云う人間がいるらしい。しかし、ドイツの社会は、現在まで、ナチスの戦争犯罪への裁きー自分たちの歴史への自己検証は続いている。


日本は政府主導で、歴史修正主義をご丁寧に,他国に新聞広告をだしたり、ユネスコへクレームをつけたり、着々と国際社会の不信感をかっている。アジア全域にわたる慰安婦問題,南京のみならず中国全土での略奪、強姦、虐殺。被害者に対して一抹の痛みでも感じるなら、ああした主張は出来ないと思う。最近NYCのカフェテリアで、腕に数字の入れ墨をした人をみた。強制収容所の生還者である。今の技術であれば消す事も出来るのだろうが、あえてその皮膚の上に消せない過去をとどめ続けている人たちがいる。それに引き換え、ナチス礼賛者の言動に見るあの無邪気さ軽さはなんなんだろう。温室社会が醸造した人間性の劣化に他ならない。


ランキングに参加しています。宜しかったら 
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村




荻上チキSession22『自民党の国際情報を徹底検証』を聞くべし。

荻上チキSession22『自民党の国際情報を徹底検証』は素晴らしい内容で,聞かれた方も多いと思うが、未だの方はぜひお聞きになるようお勧めします。


自民党・国際情報検討委員会委員長 原田義昭 衆議院議員 のインタビュー、この方,完全に安倍ワールドにどっぷりで自分の頭で理解していないーと云う事も認識していない。
だから、ご自身このインタビューは編集なしで伝えて欲しいと云う要望を出し、荻上チキさんは,全文文字おこしを後にサイトで掲載を約束された。


こんな論理的整合性のない、自己検証もなされていない下劣な感情論に借りて来た言葉をかぶせたようなものを、全文文字おこしでだされれば,恥の上塗り、墓穴を掘る事になると云う事が分からないほど、安倍ミラクルワールドドメスティック全能感に犯されている。


自民党・沖縄振興調査会会長 猪口邦子 参議院議員 のインタビュー、この方は、安倍党内恐怖政治の粛正対象者?野党の信頼も厚くそれなり矜持を示して来た鴻池祥肇委員長が最後には、違法の政争法案の違法の採決の中心人物として矢面で泥にまみれた。


安倍は自分に逆らいそうな影響力、認知度、キャリアのある議員に踏み絵を踏ませて粛正しているのでは?猪口議員名義で在米の研究者ジャーナリストに送られたヘイト本と見まごう歴史修正著作。


モンタナ州立大学社会学・人類学部准教授 山口智美氏が送られて来た本に対してご自身を含むアメリカ識者たちの違和感を語っておられた。


ここで、この本は誰からの寄付か?郵送資金はどこからでているのか?という質問には一切こたえられず、後半は私はリベラルで、女性の立場で主張して来て,と云う事をたたみ掛けるようにお話なるご様子は、非常に”哀れ”な感じがした。


鴻池氏も猪口氏もなぜそこまで自民党に執着するのか?特に鴻池氏はご年配でもありご自身の政治家としての最後を少し縮めてでも、矜持を貫いたほうが、恥の歴史に名を連ねるよりよほどいいと思うのだが,理解に苦しむ。


カリフォルニアの慰安婦蔵設置に反対する日本政府のロビー活動について、”脱植民地化を目指す日米フェミニストネットワーク共同呼びかけ人 小山エミ さん”のインタビューで日系人会に対する企業の援助金打ち切りをちらつかせて、慰安婦象反対の意見を市議などに伝えさせているようだ。


WWIIで日本の無謀な戦争で、苦労して築いたアメリカでの立場と財産を失い,収容所生活をを強いられ,その後一から出直して、アメリカ市民として平穏に暮らしている日系人コミュニティーにお金で圧力をかけ、自分たちの都合のいい主張をさせるやり方は,非常に身勝手で悪質。


日本側からいかにも政府圧力ではあからさまだから,市民からの声で日系人を使うー最低ですね!!


まあ日系人会も右寄りの人たちもいて、NYの日系人会館でトニーマラーノの講演を何度もやっていたりするーそれを聞いてNY日系人会には絶対近づくまいと思ったけど。
でも普段はもう普通の互助会で、助け合いの会なのだとはおもうけれど。とても苦労して,この国で地盤を築き、今は楽しく暮らしている日系の人たちを、安倍一派の歴史修正主義に巻き込んで欲しくない。


ランキングに参加しています。宜しかったら 
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村