密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

安倍グループ占拠下で自民党全体がストックホルムシンドローム状態。

2015年11月30日09時47分 [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]”
http://japanese.joins.com/article/043/209043.html
自民党は29日、19世紀末の日清戦争後の過去の歴史を検証する「歴史を学び未来を考える本部」を公式にスタートさせた。太平洋戦争のA級戦犯を処罰した極東軍事裁判(東京裁判)と日本軍の慰安婦問題、南京大虐殺、現行憲法の成立過程を検証する予定だ。戦後秩序を否定して侵略と植民地支配など日本の加害の歴史を修正する可能性も高く、波紋が予想される。”
狂っている。大将がおかしい,その側近もおかしいのはもう周知の事実だったが、党をあげてこの客観性を欠いた歴史修正主義をかかげるとは。すでに国際社会の常識から大きく逸脱しているのに。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村

安倍談話曰くの『日本は、孤立感を深め、外交的、経済的な行き詰まりを、力の行使によって解決しようと試みました。国内の政治システムは、その歯止めたりえなかった。こうして、日本は、世界の大勢を見失っていきました』今、国内の政治システムが狂ったセンスの首相の歯止めとなり得ず、世界の大勢を見失いまくっている。あれだけの戦争法反対運動のがあったと云うのに、以前よりもっと加速した独善、どうすればこれほどの、根拠の無い自己肯定に陥れるのか?国会を開きたくないのは,反対意見を聞きたくない。自分の論拠がめちゃくちゃなのを追求されたくない。客観に引き戻されたくない、おぼっちゃま首相の甘え。まともな大人がどうしてこういう人を担いでいられるのか?安倍グループ占拠下で自民党全体がストックホルムシンドローム状態。


安倍首相「憲法改正をはじめ(連合軍)占領時代に作られたさまざまな構造を変えていくという創党の原点を呼び起こさなければならない」あなたたちのような人が、唯我独尊センスで国民生活、命、を国家の為の消耗品とし、”一億総玉砕”をとなえたので,”占領”によってしか、民主主義を導入できず、初期の憲法草案は、とうてい立憲主義を理解できていなかったので、アメリカが主導して、平和主義の民主的憲法を制定した。”占領時代に作られたさまざまな構造を変えていく”というのなら、まず沖縄、そして、まず日米地位協定の見直しを手がけるべき。自分の都合のいいイメージだけで何の構造を変えようというのか?多分,主権在民を変えたいのだろうね。


平沼赳夫・元経済産業相は「自民党を中心に、改憲が正しいと考える勢力を糾合すれば憲法改正の道は間違いなく開かれる」と主張した。会長代行である中曽根弘文・元外相も「国家本来の姿勢を考えながら憲法について提言したい」と手伝った。
彼らの言う”国家本来の姿勢”とはなにか?”憲法改正の道”その道はどんな未来につながっているのか?野党連合が、民主党主導で”足踏み”状態なのをみこして、衆参同時選挙も画策?もう自民党に冷静な国の運営を任せて置ける状態ではない。野党は一日も早く体制をつくり選挙に望んで欲しい。ハードルは超える為にある。このハードルを超えられるかで民主党の価値が決まる。共産党と政権運営,出来ない話ではない、いややってみるべきだ。とれてもいない政権がどうのこうのと御託を並べているあいだに、次回も自民党にしてやられたらもう取り返しがつかない、岡田代表、危機感もってください。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ルドン邂逅−追悼水木しげるさん

まだ3才くらいの時親戚の家で従兄弟のお兄さんの少年漫画雑誌があって、ひらいたら、水木しげるさんの,多分『墓場の鬼太郎』が載っていた。もちろん読めないし,なんだか解らないのだが,そのページがたくさんの点と影で構成された不思議な絵が目に焼き付いた。


12才で、オデュロン・ルドンのモノクロのドローイングを見た時、画家になりたいと思った。


美大にいって、ルドンの手法の石版(リトグラフ)より銅版画を選択したのは,小さな時見たあの不思議な点描がに憧れていたからだ。水木しげるさんの訃報を聞いて、ルドンのことも思い出し、画像を探していると,びっくり、水木さんは漫画の中にルドンのモチーフを登場させていた。


これにはほんとに驚いた。やはり共通世界を感じておられたのか。今のように簡単に検索や,コピーが出来る訳ではない時代,よほど勉強して,ヨーロッパの絵画も見ておられたのだろう。1840年生まれ−1916没のルドン作品はもちろん著作権は切れている。それより驚いたのは、水木さんの画力。参考にできるものがある、といっても、なかなかこうはいかない。きっとルドンの作品を見てご自分の中の想像力が刺激されたのだろう。あの頃の漫画作家たちは本当に勉強家だったし,文学的思想的素養も深く、なにより確かな腕前も持っていた。ルドンの作品のどこか深層心理の闇の中に潜む奇妙な生き物とその世界と,水木しげるさんの妖怪の世界が通じている。


夫DさんもMizukiファンで英語出版の豪華版をたくさんもっている。『総員玉砕せよ』は英題『Onward Toward Our Noble Death』日本で読んでいなかったので,英語で読むはめになったが、渾身の作品である事は間違いなく、ラストシーンの特攻突撃で死んでゆく下級兵士たちの悔しさと何の意味も無い死を強要された恨めしさが悲壮で胸を締め付けられた。巨星水木しげるは逝っても,作品はのこる、ずっと読み継がれていくだろう。それが、片手を失っても生還した水木さんの天命だったのかもしれない。作品を読み続けます。ありがとうございました、どうぞ安らかに。


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村

中立、公平、言論封鎖

報道ステーション古舘伊知郎氏の「有志連合の空爆もテロ」発言、”ゴリゴリの保守論客”氏から『国際人道法上の責任が生じる有志連合の空爆を、庶民を狙ったISのテロと同列に並べるのは明らかにバランスを失しています』と云う意見。その後のこの方の論の展開は、チョットと思うのですが、有志連合の空爆は国際人道法上の責任が生じる、少なくとも、守られなければならないルールと責任があると云う点で、一切のルールのないテロとは,分けて考えるべきだと思う。


誤爆や、作戦上の統率の不備や行き過ぎで多くの市民犠牲が出ている、これは国家軍隊によるmassacre(虐殺)出会って人道的な責めを負うべきものであるけれど(場合によっては戦争犯罪として裁かれなくてはならない)テロではない。古舘氏は、テロリストに迫害、殺害されても、他国の軍隊に殺されたも,無力に迫害され殺される側から見れば、同じと云いたかったのだと思う。しかしニュースキャスターが、言葉の定義を混乱させているのは、少し感情的な発言に思えてしまう。とはいえ、ニュースも報道も人間は行っている。公平で中立(この定義も、何に、だれに対してで変わってくる)に神経質になるなら,何も個性的なキャスターやコメンテーターが行う必要は無い。感情を差し挟まないデーターを入力してコンピューターに公平中立を出してもらえばいい。


人間は中立だったり公平だったりできない。ただ自分と違う意見を受け入れる,違いについて話し合う
その為には,自分の意見を発言する事が重要で、古館氏は議論に一石をを投じたのだから、それについての討論を企画し、テロとはなにか?今後テロに対する世界の向かう方向とは?日本の取るべき方向日本の立ち位置を,論じ合う公開討論の放送をすれば、これがまさに放送の公平中立であると思うし,有意義だとも思う。公平中立=自分の意見を言うな、という言論封鎖の常套句になるようであれば問題である。


ところで、とある古館氏擁護記事の中にCNNでもパリ同時テロ後、フランス空軍がシリアの都市ラッカを空爆しているが、死者129人のうちイスラム国の死者はたった数人にとどまるとの報道さえなされている。 こうした“自分たちに都合の悪い”情報を「週刊文春」「週刊新潮」だけでなく、日本の多くのメディアは報じようともしない。というのがあったが、このCNN記事ですが、『French jets bomb ISIS stronghold of Raqqa, Syria; few may have been killed』フランス軍ISIS の本拠地シリアーラッカにジェット爆撃、数人の武装メンバーを殺害』のなかの
http://www.cnn.com/2015/11/16/middleeast/france-raqqa-airstrikes-on-isis/The French air force carried out bombing missions on ISIS targets in Raqqa, Syria, for a second day in a row. France is retaliating against Islamist extremist terror attacks that killed at least 129 people in Paris. あるいは France has been part of the U.S.-led coalition of nations fighting ISIS from the air, but after Friday's attacks that killed 129 people and wounded more than 350 others, France has flown more sorties. の部分の誤解だと思うのだが。他にはフランス軍、あるいは有志連合の空爆での死者129名の記事はみあたらなかった。上記の記事は両方とも129人の死者はパリのテロでのこと。いくら、報復爆撃でもぴったり同じ死亡者を出すのは,偶然でもちょっと無理だと思う。右派もリベラルも熱くなり過ぎていはいないでしょうか? 意見を戦わせることはいい事なので、ぜひ古館氏には、テロとは何か?どうする日本?討論会,あるいは公開ディベートを企画して欲しい。


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村