密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

集団的自衛権容認・高村副総裁、岡田代表にラブコール

どっち付かずの民主党、現実的戦闘玉砕主義者高村副総裁からも,甘いラブコール。
民主は「刹那戦術的空想的平和主義」 自民・高村副総裁
http://www.asahi.com/articles/ASJ264F9JJ26UTFK005.html?iref=comtop_list_pol_n01
福岡市での講演において、


(安全保障政策で)私たちは現実的平和主義だ。社民党は空想的平和主義。日本共産党はどうかというと、(戦後の)憲法制定議会で野坂参三さんが「自衛の戦争もできないなんてそんなバカなことがあるか」と言って、吉田茂(元首相)さんが「自衛の戦争もできない」と言った。本当は共産党は自分たちが政権を取った時は軍隊(を持つべきだ)と思っているが、いま多くの人は空想的平和主義でも良いと思っているなかで、戦略的に空想的平和主義のふりをした方が得だと思って、戦略的空想的平和主義(を主張しているの)ではないかと。断定はしませんが(邪推もいい所と云うか,意図的なミスディレクション。
一度志位委員長の北東アジア平和外交政策をきいてみるといい。)



 民主党はどうか。民主党の中には現実的平和主義の人はたくさんいるけれど、(昨年の衆院憲法審査会で安保法制について)憲法学者3人が「これは憲法違反だ」と言ったとたん、「これで戦ったら自民党をやっつけられるかもしれない」と思って、刹那(せつな)戦術的空想的平和主義になった。岡田(克也代表)さんだってもともとは現実的平和主義ですよ。(岡田氏はかつて)「十把一絡げに集団的自衛権を認めるのはおかしい」と言っている。岡田さんは限定的容認論だなと私はその時は思ったんです。調べてみると、前に限定的容認論ととれるようなことを言ってますよ。


 早く現実的平和主義だということを打ち出してもらわないと、民主党が社民党の道をたどる。それは二大政党論者の私にとっては非常に良くないことなんで、早く思考停止をやめて、現実的平和主義の道に立ち戻って頂きたい。


民主党が国民に寄り添うポーズをしながら,共産党を排除、戦争法案に対しても歯切れが悪いのは,何も,連合の意向だけではない。高村氏でなくても、岡田代表の質疑を聞いていれば、戦争法案完全撤廃ではなく,改正でいいと考えている事は分る.ただ市民運動の盛り上がりで、改正でいいとははっきり言わないだけだ。これが岡田氏個人の見解か,民主党としての見解か、それによって野党共闘の性質も可能性も変わってくる。


岡田代表がものをはっきり言わないのは、聡明な慎重(用心深さ)と,片足を自民に引っ掛けている後ろめたさからではないのか。高村氏もそこにつけ込んで、私たちは同じ二大政党論者、集団的自衛権の(限定的)容認論者じゃあないか,意地を張らずにこっちにおいでよ。とさそっている。


5党協議も,民主党と共産党の相容れない制作の争点は,安保法廃止、であると、NHKが伝えていた。これを読んだ時,共産党は,日米安保廃止であるが、現在の共闘では、今回の違憲の戦争法案廃止、政権交代をめざすのは、集団的自衛権の閣議決定を撤廃するためで,従来の日米安保はこの共闘の結果としては現行のまま,と云っている。ここで、はっきりさせなくては行けないのは、共産党方針がそうであるなら,なぜそこで、相容れない政策の違いがでてくるかだ。


つまり,民主党は国民運動の主眼、今回の戦争法=安保法制の廃止に反対ということになる。だとしたら,民主党は戦争法廃止を願う国民に嘘をついていることになる。


高村総裁の悪魔の誘惑が,的を得ているのか否か?岡田民主党は国民の前にはっきりとしめさなくてはならない。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


世論調査、第一党転落?民主党の行方

東京新聞の世論調査で、共産党が4.2%で野党第1党となり、民主党は3.7%だったそうだ。まあ、さもありなん。もし国民が共産主義を危険視する風潮を持っていなければ,支持率はもっと伸びるだろう。宗主国アメリカ様と瑜やしているわりに、アメリカ主導の反共産主義思想は根っこにこびりついている.とは言え,多くの国民は日本共産党は、ソ連、中国、北朝鮮とは違うと云う,認識も定着しつつある。


今の日本の状況では、基本立ち返り、政治は人、候補者の人間性を第一に考えてみるべきかもしれない。自分の目で見て、信用できる、賛同できる、単純にそういう人を選ぶべきなのかもしれない。 話を聞いて,納得できる。嘘がない。情熱がある。経験と知識がある。決断力と包容力。柔軟な思考。人の話に耳を傾ける。人をそらさない、きちんとピントを合わせて話をする。全てを持っている人はいないがどれかを兼ね備えた人を,代表に選ぶべきだ。


肥大して動脈硬化を起こしている日本の政界。支持団体の為に、大義も忘れ、国民に向き合わず巧く誘導することばかり考えている,そういう人間が成功する世の中は、もう極まった。 今の日本に必要なのは、自分たちで未来は切り開けると云う,希望。努力が報いられる正常な世の中。だから,国民主導で、この国を変えていかなくてはならない。この機会を潰して、結局,体制にはかなわないと、失望し、無気力になり、唯々諾々と、家畜の人生を生きてゆくなんて,最悪。


民主党執行部は恥じ入るべきである。今この国に起こっている、国民主体の、民主主義運動を迷路に引っ張りこんでいるからだ。名前を変えて出直し? 

名前を変えればもっと支持が集まると、周りから言われても、やはり,自分たちのアイデンティティーを、売り渡さない泥臭い共産党。
得な方へすぐブレる、信義をつらぬけない、中途半端にスマートな民主党。


ゲンダイの記事は”今こそ、民主党はなぜ、支持を得られないのか――を真剣に考えなければならないが、答えは簡単である。多くの国民が望む方向の政策を打ち出せばいいのである。”

〈安倍政権と対峙するため、統一候補擁立を基本的に支持し、関係者との協議の軸になる〉−でも連合のご意向の候補者ですべてを仕切る事を画策している〈集団的自衛権に強く反対する〉でも連合の体質、従軍産業支持〈原発再稼働に反対する〉でも、これも連合の身内〈TPPに反対する〉〈消費税増税に反対する〉でも、増税は必要だと思っている〈現在の消費税を上げ、法人税を下げる動きに反対する〉大企業の正規雇用者の労組、経団連が上流なら、彼らは中流安定層、非正規、高齢者、マイノリティーの直属の搾取者になり得る。特権階級付き労働者組合。


難しそうですね。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


日刊ゲンダイ:民主党は自虐的ポスターで悦に入っている場合ではない
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/174817/2
民主党は嫌いだけど、民主主義は守りたい。〉
〈そんなあなたへ。すぐに信じなくてもいい。野党として、止める役割をやらせてください。〉
現状を的確に把握している文言とはいえ、民主党は評論家集団ではない。政党は政策を打ち出し、それを実践する政策集団である。
今こそ、民主党はなぜ、支持を得られないのか――を真剣に考えなければならないが、答えは簡単である。多くの国民が望む方向の政策を打ち出せばいいのである。


安倍政権と対峙するため、統一候補擁立を基本的に支持し、関係者との協議の軸になる〉〈集団的自衛権に強く反対する〉〈原発再稼働に反対する〉〈TPPに反対する〉〈消費税増税に反対する〉〈現在の消費税を上げ、法人税を下げる動きに反対する〉


ざっと挙げても、これだけ多くの政策がある。民主党がこれらの政策を掲げ、それを確実に実施する意思を示せば流れは大きく変わる。ところが、今の民主党は何を実施したいのかが全く分からない。だから、いつまでも支持を得られないのだ。 私は今の民主党には2つの“がん”があるとみている。1つは、支持基盤の「連合」が右傾化し、脱原発が打ち出せないこと。2つ目は、前原氏や長島氏といった自民党とほぼ同じ主張や政策を訴える人が党内で勢力を持っていることである。私は彼らにこう問いたい。
「自民党員ではなく、民主党員であり続けながら、何を達成したいのか。主張や政策は自民党とどこが違うのか」
民主党に対して“第2自民党”や“エセ野党”といった批判がなくならない限り、〈民主党は嫌い〉の状況は何ら解消できない。東京新聞の世論調査で、共産党が4.2%で野党第1党となり、民主党は3.7%だったのはその証左である。


いっそ共産党が野党第一党になれば、民主党も目が覚めるかも。頭の固い執行部はほっといて、優秀な若手議員はオリーブの木に参加して、党利党略でない、本当の選挙を戦って欲しい。


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Mr.フィルバスター安倍首相VS民主党若手三羽烏善戦

もはや,国会の品位も何もなく,カジュアルに振る舞う安倍総理。答弁はもはやフィルバスター(議事妨害)。そんな安倍首相に鋭く切り込む、民主党若手”三羽烏”。


玉木雄一郎議員は、 金融財政について追求。日銀がマイナス金利公式発表前に,某メディアのサイトのこの情報が掲載,−漏洩の疑い(インサイダー取引)株、債券で不当利益の可能性があるものの、現行法では規制無しという。 


黒田日銀は、 憶測の可能性も含め調査中。と答弁。玉木議員は政府内閣内財務省内の調査も必要とし、調査を求めた。


そして、軽減税率,低所得者に配慮としているが,実態は財源の11%しか低所得者にいかず,より中高所得者に利する。ならば,同額1兆円の財源を遣って,低所得者対策をするべき、給付付き税額控除を検討すべきと、述べた。


この先が,著津と分らない、財源に遣う税収について。想定より税収があった、上ぶれは恒久財源にはなり得ず、アベンミクスの成果?によって出た税収底上げは、新しい分野に投入。全ての財源が不足する中、底上げを新分野に遣ってしまっては、経済破綻、してしまう財政状況に無知と断じて質問を終えた。


これに激した安倍総理は質問時間終了なのに、「ああいう話をしているから民主党政権は財政再建を一銭も出来なかった、」と民主党攻撃。本当に,この頃とみに、子供の喧嘩レベルの態度が酷い。玉木議員が適切な方向性を示しているのだから,総理としては,懐深くかつ謙虚に耳を傾けるべき。安倍氏には、”言われたら言い返す”という低レベルの討論しか出来ない。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


山尾志桜里議員は、遠藤大臣の口利き疑惑の追及,次いで本題の、子育て支援0.3兆円の子育て支援の削減をとりあげた。安倍総理の表層的詐欺テクニックとも言える女性就労者数のデーター発表を、待機児童嬉しい悲鳴と発言,これを受けて,女性全体を調べても意味がない子育て世代の就業は横ばい(高齢者が働かざるを得なくて就業している)と指摘。減少傾向にあった待機児童数が安倍政権で増加に転じた.年齢分布も調べずに,安易に嬉しい悲鳴などと,浮かれた発言である。調査結果を報告して欲しいと述べた。


それをうけて、安倍首相は,調査ををしていなかったのではなく、突然の質問に、かくにんをきした。ここはクイズの場ではなく,深い議論をする所、あらかじめ質問通告するのが当然と開き直る。(盗人と猛々しいとはまさこのこと。どの口が言うか!!!)22才から42才の女性就業者数も11万人増えている,これが待機児童増加に繋がったと答弁


(山尾議員の,『同じ事はいいです』と云う抗議を尻目に不必要な繰り返し答弁を行い、もうフィルバスターですよ。これは。)しかし山尾議員のツッコミは凄い.この後の総理答弁で
『2014年から15年は横ばいですが』(減ってるんだって!!)しかし12年から13年は」(関係ない!!)絶妙のタイミングの突っ込みです。流石の安倍首相もオロオロ
見ている方は,溜飲が下がる思いでした。



安倍トリック、山尾議員の質問の2014−2015の待機児童像か原因の分析を、の答えに2年前の2012年の就業者が増えたからのデーターを採用、実際は同時期であ20万人減である事を指摘。本当にぼんやり聞いていると、いやよく聞いていても,実際の数字、自信たっぷりの言い切り、しかも安倍語では、何となく成果があるのかと云う気にさせられてしまう。しかも,増加と云っていても,人口が減少しているため,就業率は上がるが,実質横ばい。待機児童の増加理由は的外れと断じた。待機児童像か原因は子供を預ける施設がまに合わない、子育て支援が追いついていないため、と論じた。本来は,こういう山尾議員の反証などを新聞が取り上げて、安倍トリックを,国民に知らしめなくてはならない。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

階猛議員、安倍氏の議会に対する、常軌を逸した態度(野党に対案責任をもとめることや個人攻撃、野党攻撃)、は憲法の議会尊重義務違反であると指摘。内閣は議員の質問に答えるのであって、対案責任をもとめる立場にない、と述べた。


しかし,懲りない安倍首相は、憲法前段には、説明義務だけでなく,発言する権利が認められている。国民は闊達な議論を望んでいる。厳しい質問をすれば厳しい反論も返ってくるのは当然。その覚悟を持たなくては行けないと,反撃。



階議員、前段の引用は,”議題について発言する”となっている。野党の立証責任、議員へ政党への抽象は権利に含まれない。国会は行政監視が役割であると,きれいに決めた。


緊急事態時要項と、報道の自由についてキャスター降板−萎縮効果についてただした。


ここで安倍首相、『言論機関がまるで,萎縮しているかのような発言,そんな事はない−日刊現代を見てみろ.どこが萎縮しているのか?返って安倍政権弁護が貫き通しにくいと云う意見もあるくらいだ。こういう事ははっきり言っておかないと外国から誤解を受ける.まるでそんな国だと思われる。


これには呆れてものが言えない。厚顔無恥も甚だしい。大体外国から”そういう国”だと思われたくないなら,国連の言論の自由調査のデビッド・ケイ特別報告者をすぐにでも受け入れればいいだろうが!!!


本当に、まともな神経では,発言できない内容を平気で、のたまう。


3人の真摯でまじめな質疑、提案も,薄ら笑いを浮かべて対応。どうしてこんなにいい気になっているのか? 政府批判も出来ない大手メディアと、優秀な若手を抱えているわりに、執行部が情けない民主党が、安倍をつけあがらせている。



PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村