密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

言語の壁,国民気質を利用して共謀罪成立企ての欺瞞

日本人は皆と歩調を合わせたい、自分だけ浮き上がってはいけない、人に迷惑をかけてはいけないと云う意識が強い。
安倍政権はとみに、ここをなにかと巧く利用してことを進めようとする。

産經新聞;国連は2000年11月、「国際組織犯罪防止条約」を採択したが、日本には条約加入の条件とされた共謀罪がないため、テロ組織を含む国際犯罪に立ち向かう戦列に加われない。情報も得られにくいデメリットも残る。
 「不十分なままだと日本がテロ活動の抜け道、抜け穴になりかねない」
 石破茂地方創生担当相は11月26日の自民党石破派会合で、共謀罪を創設し、国際組織犯罪防止条約を早期に批准することが必要との考えを示した。


しかし諸外国の”共謀罪”と安倍政権がおし進めようとしている”共謀罪”が果たして同じ(比重の適応範囲、拘束力など)内容のものなのか? 問題は、安倍共謀罪が,テロ対応に限定せず,広範囲700種類もの犯罪の可能性に適応されることだ。


リテラのこの記事がとてもよく検証されている。まだ読んでいない方はぜひ前後編?合計8ぺーじの力のこもった記事ですので、原文をお読みください。
http://lite-ra.com/2015/11/post-1708.html
http://lite-ra.com/2015/11/post-1713.html

<部分抜き書き>
実のところ、安倍政権が熱望する共謀罪は、別の法律・法案と掛け合わせて考えると、おおよそ民主主義国家とは思えない“監視社会”をつくりだすものでもある。


山下弁護士「当然、共謀罪を取り締まるためには盗聴が不可欠です。共謀罪の法案が通れば、適用される600から700の犯罪について、すべて盗聴できるようにするため法改正することは間違いないと思います。さらに、今回の通信傍受法改正案には入りませんでしたが、室内盗聴という部屋のなかの会話の盗聴も必要になる。これは会話傍受とも呼ばれます。さらに、街角の防犯カメラも比較的新しいものは、人の声も捕捉することができると言われています。したがって、公園等で会話しているものもすべて記録されてしまうことも考えられる。こうしたかたちで監視が強化されると、そのなかで、共謀にあたる可能性がある、ということで摘発される例がでてくると思います」


加えて山下弁護士が警鐘を鳴らすのは、来年1月から開始されるマイナンバー制度の存在。これが全体像を捉える補助線となる。
「さらに言えば、マイナンバー制度が来年から動き出しますが、これも実は、国民のさまざまな情報、特に経済的なお金の流れなどを捕捉することができますし、将来的には銀行のお金の流れも把握できるようになります。一応、第三者機関が不適切な運用がないかチェックするとされていますが、警察の捜査に関する場合は、その対象外です。つまり、警察がマイナンバーを捜査に利用することが想定されているわけですね。警察がお金の流れを把握して、これを犯罪の資金として集めていると見なせば、そこには共謀があるはずだと考える」

安倍政権の”第三者機関が不適切な運用がないかチェックする”−内閣法制局はどうなったか?国家予算の検査院が支障指摘にどう対応したか?推して知るべしである。緊急事態法とのセットで完全な監視管理者会が実現すると云う。
関連記事;
またしても憲法違反。特定秘密保護法の活用法
http://artrino.muragon.com/entry/126.html
フィリピンでの日米首脳会見、オバマ大統領”Okinawa"に言及?
http://artrino.muragon.com/entry/75.html
米海兵隊、ジュゴンによって作戦変更。

http://artrino.muragon.com/entry/92.html



「これは、まさにドイツでヒトラーがやったやり方です。かつて麻生(太郎・副総理)さんは『ナチスを見習ったらどうか』と言いました。この発言は国家緊急権について言っていたわけです。緊急事態に関する規定をつくることで、一気になんでもやりたいことをやってしまおう、と。非常に怖い。憲法を停止することで、憲法をなし崩しにできるわけですから」


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村


いずれも“テロ対策”が名目となっている共謀罪の新設、盗聴法の改正、秘密保護法。すべて捜査のために市民の人権を制限するものでありながら、恣意的な運用を許す法文上の瑕疵がある。そして、安倍首相自らが名言した緊急事態条項の創設──。
 自民党憲法草案のなかには、首相が緊急事態を宣言するシチュエーションのなかに、《内乱等による社会秩序の混乱》が息を潜めている。この抽象的な文言が意味する“最悪のケース”について、われわれは思考を止めるべきではない。



「そもそも、共謀罪はなんの危険も発生していない段階で成立する犯罪なんです。会合等で直接話し合うほか、電話やメールによるやりとりであっても“犯罪をやろうとする合意”があれば共謀罪と解釈されうる。ですが通常、そもそも誰が何を話し合ったかということ自体、なかなか外部から見えづらいですよね。しかも、それが犯罪に関する合意なのかについても非常に判断が難しい。逆に言うと、この曖昧さがゆえに、捜査機関にとっては恣意的な運用が可能になります」
 山下弁護士は、こう指摘する。つまり、長期4年以上の法定刑を定める全ての犯罪について警察が強引に「犯罪に合意した」と見なせば、検挙できるのだ。しかも、目配せやジェスチャーなどで口外していない場合や、あるいはいつも一緒にいて行動をともにしているなど、そうしたことですら“暗黙の共謀”と見なされる場合がありうるという。また、共謀罪は「○○罪の共謀罪」などのかたちをとるが、第一次安倍政権下で国会に修正案が提出された2006年当時では、600以上の犯罪に適用されようとしていた。そして、厳罰化が進む現在では、実に700近くの犯罪が対象になると山下弁護士は言う。

前出の産經新聞の記事「国際組織犯罪防止条約」を採択したが、日本には条約加入の条件とされた共謀罪がないため、テロ組織を含む国際犯罪に立ち向かう戦列に加われない。についても山下弁護士はこう語る。


これはまったくの詭弁と言わざるをえない。「たしかにこの条約自体は国連加盟国のほとんどが批准しているものです」と前置きしつつ 「ですが、国際組織犯罪防止条約自体はもともと本来テロ対策のための条約ではありませんでした。これはマフィアや日本でいう暴力団など、経済的な利益の獲得を目的とする組織犯罪に対応するためにつくられたものです。


アメリカの同時多発テロが2001年におこりましたが、条約はその一年前の2000年12月に署名されています。つまり、9.11の前。アメリカは“実はこの条約は組織犯罪のための条約だけれども、実はテロ対策のためのものでもある”と条約を読み替えていますが、本来、これは“テロ対策”のための条約ではないです  
「テロ対策は、ほとんどの国際条約を批准し、日本はそれに対して法律もつくっています。国際組織犯罪防止条約について批准していないから、合わせてテロ対策と言えば共謀罪をつくることができるであろうという考え方だと思います。もうひとつの問題もあります。本当に、先に述べた700近くの共謀罪をつくらなければ条約を批准できないのか。実は、世界的にはそんなことをやっている国はどこにもない。日本はあきらかに“外圧”を利用して法律をつくるために、ここまで批准に時間がかかってしまっているということ。批准しようと思えば、いまでもできるはずなんです」(山下弁護士)


世界が言っている,世界に遅れている,アメリカが言っている,安倍政権はよくそういう事を出してくるが、言語の壁を利用して,いいように使い,国民を騙している例は他にもある。辺野古問題しかり、TPP条文,内容説明しかり。トラの威を借る,小狡い誘導に乗せられないように十分注意が必要である。


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Happy Holiday ! !

今、NYはクリスマスイブです。ロッフェラーセンターの前のクリスマスツリーは有名でそのエリアもクリスマスデコレ−ションに毎年工夫を凝らします。今年はLEDライトのコンピュ−タプログラムで、クリスマスソング”シルバーベル”のコーラス+フルオーケストラにあわせて、お城の様子が変化するしかけ。

近くのチョコレートストアーなどの伝統的デコレーション

そして人々は教会へ、司祭の話を聞きます。

セント・パトリック・カテドラルです。
我が家は毎年ディナーの後、映画『34丁目の奇跡』を見ます。有名な映画でご存知の方も多いと思いますが、クリスマスにはこれ!!
サンクスギビングパレードに、サンタクロースを設定するメイシーズ(NYの老舗デパート)サンタ役は酔っぱらい、広告担当の女性ディレクタードロスは、彼を首にし偶然居合わせた老人をスカウトする。

彼はまさにサンタのイメージそのもので、クリスマスキャンペーンもメイシーズのサンタ役に。アメリカでは、サンタ役の人が子供たちを膝に乗せプレゼントの希望を効く、不思議な老人は、英語の喋べらない,里親のもとでふさぎ込むオランダの戦災孤児と、彼女の母国語で会話する。ドロスの娘スージーは母の教育で,現実思考の賢い子,もちろんサンタも信じていない。しかし,この様子に彼女はサンタへの興味が芽生え始める。


その彼女が不思議な老人クリス・クリングル(サンタの本名)との対話で、サンタの存在を徐々に信じ始め、ビジネスウーマンでシングルマーザードロスに思いを寄せる新進弁護士ゲリティー、人々はクリスを中心に関係が進展してゆく。従業員の精神鑑定で,人々をナーバスにし,支配する、メーシーズのお抱え心理学者とクリスが対立。そのため、心理学者の診断で,サンタであると自称するクリスは凶暴な狂人と断定された精神病院へ。メーシーズ社長の看板を失い激怒。彼がサンタクロスであるか否かが法廷に持ち込まれ,そして前代未聞のサンタクロース裁判が勃発する。ゲリティーは如何に彼がサンタであると証明するのか。現実思考のスージーがこっそりクリスにおねがいしたプレゼント。本当のサンタなら出来るはず,彼女は思う。そして,裁判結末と、シージー、ドロス、ケリティーに訪れるクリスマスは、、、、、。

三十四丁目の奇跡 [DVD]
三十四丁目の奇跡 [DVD]
著者:ヴァレンタイン デイヴィス
メーカー:ファーストトレーディング
登録日:2011-02-15
カテゴリー:DVD

映画の後、TVでは、メリークリスマス・チャーリーブラウンの特集。最初のメリークリスマス・チャーリーブラウンの放映から毎年エピソードを重ね,今年が50年目。15年前に亡くなった,作者シュルツさんも喜んでいるかも。エピソードに、アニメの為に、ヴェンス・ゲラルディーによって作曲されたジャズを画面に合わせて生演奏。オバマ大統領とミッシェル夫人も画面に登場、どれほどメリークリスマス・チャーリーブラウンを楽しみに似て来たかを話した。

すべての子供たちに夢と笑顔のある世界が来る事を祈って。ハッピーホリデー&メリークリスマス。


PVアクセスランキング にほんブログ村

<font color="#000000" face="Helvetica" size="2">
</font>
ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2008年 志位委員長の『3本の矢』はいかに?

戦争法廃止、集団的自衛権閣議決定撤廃、安倍政治から政権奪還をめざす国民連合政府構想を掲げ、忍耐と努力の日々の,共産党志位委員長。その志位氏の8年前のデビュー戦? 記者表現かもしれないが,なんと3本の矢!!をたずさえていた。


サンデー毎日の2008年、発掘記事。とても興味深いです。
http://www.mhl.janis.or.jp/~k-ikeda/sanndeimainiti080413.pd
閉塞感強まる国会で,共産党委員長志位和夫の奮闘が目立っている。過度な競争社会が生み出したワーキングプアなどの諸問題を資本主義の害悪と見なし,次々に切り掛かる姿に,マルクスを知らないネット世代が支持の輪を広げている。久々の共産党人気今度は本物か?
<記事が縦書きなので、要約します> 時は2大政党で共産党が国会で冷や飯を食わされていた2008年。山梨県の演説会で志位委員長は「今の日本は暗い事が多いのですが,夜明け前だと思う。夜明け前は一番暗いのですが,間もなく『夜明け』がやってくる。」とスピーチした。2月8日の衆議院予算委員会のただ一人の委員だあった志位氏は(第一の矢)「労働派遣問題」を50分追求した。当時の経団連会長御手洗氏の率いるキャノンだった。99年派遣法改正では,政府側は、働き方を多様にする,労働人口確保,家庭と仕事を両立させたい女性へのメリットを上げていた。


志位氏はその裏で横行するの労働者搾取ー低賃金,長時間過酷ノルマ,保険年金無し、寮費天引きを追求。「正規社員を派遣に大規模に置き換え3年どころか5年もそういう状態で使っている。」当時の福田総理は実態調査の約束がやっと。いつも非難囂々の野次が飛ぶ志位氏の質問,この日は静まり返り自民議員からも「正論!」「いい質問」「御手洗を呼べ!!」の声がかかった。


これにネット民がリアクトし12万7千件の書き込み反響が起こった。これにより、キャノンは1万2千人の派遣労働者を年内に解消、6000人を直接雇用する方針をしめし、いすゞ自動車も派遣請負労働を無くすと表明,750人の派遣社員を期間正規雇用にした。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村


第二の矢は瀕死の日本農業に放たれた。志位氏は全国農業協同組合中央委員会に足を運び(自民党基盤の全中に足を運ぶのは初めてだった)「穀物価格が高騰し,輸出規制をする国もある。安い農作物をいつまでも外国からかっている事を改めなくてはならない」と食物自給率を50%に引きあげる4つの提言をした。全中幹部等は「国民合意が得られる政策のあり方について、共産党と踏み込んで話し合いが出来る」と述べた。前代未聞の事だった。そして第三の矢、この4月から始まる75才以上高齢者医療自己負担問題に取り組む。


「共産党が書を捨てて町へ出て、現実の苦難の救済に力点を置くなら,自民,民主にとっても脅威だ,選挙結果によっては,志位が閣僚になる事もあり得る」という自民党長老の言葉に,ねじれ国会でうろたえる2大政党への憂慮と,共産党への畏怖が微妙に交差する。(石森孝憲;激闘永田町110回要約)


経団連も、全中も自民党長老、議長も動かされた志位氏の熱意と論理性、現実性、実行力そして誠意。
二大政党から内部分裂で自滅した民主党と元民主党維新の為の,選挙協力、閣外協力(これですら,いい返事をしない民主党)持った得ない!持った得なすぎる!!!志位共産党に国民のために仕事をして欲しい。


昔は自民議員にも矜持があった,財界にも。しかし今は同じスローガンで内容を改悪し続ける安倍のいいなり。改悪をみすみす許す纏まらない野党議員たち。夜明けはまだか?


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村