密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

でる杭と軋む滑車

『出る杭は打たれる』
この諺は、親日のアメリカ人の間で,日本の社会をよく表していると云われているらしい。
そして、相対するアメリカ社会を象徴する諺は、
”Squeaky wheel get an oil"-ギシギシいう滑車は油がもらえる。
アメリカでは斗出するする事は,悪ではない。子供の頃から、どんな意見でも発言し、自分をプロモートする。やりたい事があればまずやってみる。周りがどう思うかより,自分がどう思うかが大切なので、
日本のように身の程を知るとかと云う考えははない。謙遜などまず通じない。


この国に来て一番はじめに、難しいと感じたのは(英語力は別にして)どうしたいの?と言う質問。
これは,簡単には答えられない。周りとのバランス、実現性、妥当性を鑑みて判断する。全ての人の
満足の一致点をさがすために、まず周りがどう考えているかを探り合い、譲歩できる点を踏まえて、
”こうしたい”がでてくる,と思って生きてきたので、答える時に考えすぎてしまう。とにかく自分の考え
思いつき、希望なんでもいってみる。アメリカ人は相手に対しての申し出なんかも,すごく可能性ありそうにアイデアを打ち上げる。ここまで言うんだから自身があるのかな、期待していいかな?と思っていると、8割は実現しない。日本ならいい加減な人と思われて付き合いに支障を来すであろうが、こちらは、あらそう、残念 でもありがとう。ですます。そして懲りずのアイデアを提案繰り返す。当たるも八卦である。でもだいたいみんながそうだからいつでも,人の為にいいアイデアを打ち上げる事にためらわない。
日本人は察し合い,思いやり(相手のして欲しい事を要求されなくてもやってあげる)などが極上の
態度。他人より自分を優先する事は見苦しい態度として受け取られる。調和協調が第一義である。
この精神の美質は,2度の震災における、人々の我慢と助け合いに現れ,大げさではなく世界中を驚かせた。ただ、これが悪い方に向かうと、目立った行動にでる人、特に能力があって、可能性を感じさせる人への、脅威、嫉妬から”でる杭を打つ”。
最近ではSALDs奥田愛基君に対する,脅迫、ネットでのバッシングそして、明らかに不利な環境へ呼び寄せて行われたテレビ番組など。匿名性を利用した、自己のねたみの憂さ晴らしと、若くて叩きやすそうと言うだけの理由で彼をスケープゴートにしてデモ勢いを削ごうとしたを不出来な大人の浅知恵だった。
奥田君のとても冷静でしなやかな対処には、本当に感心した。
もう一つは、山本太郎議員に対する、山崎参議院議長叱責、除名署名やネットでの罵詈雑言、新潮紙面でのバッシング(週刊誌とはいえ老舗出版社の看板が泣くよ)である。
彼のFilibusterはなかなかセンスがよかったと思う。喪服は死者への敬意を表しているので、死に行く自民党、議会制民主主義に対する、哀悼の牛歩しかも制限時間内。国会の品位を傷つけた?次回は議員バッジ剥奪警告?なにをいってんだか。国会の品位を取り払ったら単に「いい気になるなよ,若造が!!!」とこんなところでしょう。それを言わざるを得ないくらい山本議員の真摯さにはインパクトとアピール力がある+鋭い+正論。
ネットでみると、小沢一郎氏も叱責て言う記事ばりでてくる。小沢氏は、先輩議員(ご自身もバッシングや不当な目に会われた経験も踏まえた)としてのアドバイスであって,叱責には”全く当たらない”ですね。アメリカではFilibusterは、議員の体力をかけた訴えで、最長記録24時間18分。
上院議員は本会議で何を演説してもよいことになっており休んだり中座しない限りは無制限に発言を続けられるので、理論的にはたった1人の上院議員でも議決に反対している場合は、フィリバスターにより審議を遅延させることが可能である。フィリバスターを止める手段として、上院の5分の3以上の議員が打ち切りに賛成した場合は、1時間以内に演説者は演説をやめなければならないというものがあるが、可決されることは稀であり、議会の多数派が折れるか、演説者の体力が尽きるまで継続されることになる。
日本では制度上こういうFilibusterはできないようだが、山本議員のFilibusterは日本発、伝統と様式を重んじた,そして日本人にやや苦手のユーモア(sarcasm)のきいた、一級品のFilibusterであると思う。
こういう人がどんどん現れてほしい。



ランキングに参加しています。宜しかったら 
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

鍾乳洞とインターネット2

2晩インターネットと新聞から隔離された場所(1840年に起てられたキャビン)に泊まっていた。
そして,次の宿泊地アナポリスで、『米軍アフガニスタンの国境なき医師団の病院を爆撃』のニュースを知った。メリーランドタイムスに載っていたので、全州紙一面掲載だろうと思う。
早速ホテルで日本のメディアのアクセスし、加えて日本人がバングラデシュで射殺され、ISが犯行声明
を知った。せっかく当地の農業改革に働いていたのに、家族の気持ちを思うと、本当に痛ましい。
バングラデシュ政府はISを装った反政府勢力という見方をしているが、調査次第では、官房長官ではなく、中東で大演説し,支援金をバラまいた安倍首相の声明を聞きたいところ。


米軍爆撃については、事の仔細が、NYタイムスとワシントンポストにほぼ同じ事が載っていたので、
これが政府の公式見解だろう。オバマ大統領は7日水曜日、大統領執務室から自身で爆撃を受けた病院の
院長と電話で話し22人(重傷者37人、病院には102人の患者と80人のスタッフがいた)の医師と患者の命を奪ってしまった事を謝罪し,この事態に関する事実を明らかにする、と語ったが、事態発生から5日後のこの謝罪は院長に取って十分な物ではなく”謝罪を受け取った”という簡潔な声明にとどまった。本来謝罪apologyに対し、許すであるacceptではなく receiveといっている。
オバマ氏はNATO,USアフガングループ、防衛庁の3つの機関で調査をすると約束し、国境なき医師団の代表Dr. Joanne Liuはこの件に関する独自の調査を米国の協力の上で the International Humanitarian Fact-Finding Commissionで行いたいとの意向を示した。
現地警察による、タリバンが病院を占拠していたと云う報告と,医師等によるその事実はなかったとの証言で、誤爆であるか、狙った爆撃かが調査の焦点で、アメリカは誤爆としている。現地の複雑な事情もあり,国境なき医師団は独自調査を希望しているのだろう。


大統領の直接の謝罪について、実はアメリカの大統領はなかなか謝らない(謝ってはいけない?)
特に本人が謝罪を口にするのは滅多にない事で,それは国家としてその出来事に全責任をとると云う事なので、よほどでないと口にしない。オバマ大統領は、2012年にもアフガニスタン大統領に直筆で抵抗運動の人々に,米軍が攻撃した事についての謝罪の手紙を書いている。
この他は2004年にジョージWブッシュ2がイラク兵への拷問について、謝罪している。この人は
ひと月に一回は謝罪しないといけないくらい最悪の大統領だった。ちょうどアメリカに来たばかりで
英語もおぼつかない私でも、怒りくるったくらい、明らかな戦争犯罪、国民ー貧しい人有色人種への配慮のなさの象徴ー台風カテリーナの人災、ひどいお友達人事(友達の女弁護士を最高裁判事に使用として、さすがにこれは周りが止めた)偉大な?パパの人脈と、ブッシュ家の石油利権、パパに対するコンプレックスで、パパの宿敵フセイン討伐のすり替え仇撃ち戦争暴言、失言、意味不明語。ーオヤ、だれかとかぶる。もとい、それほど、大統領の謝罪は重い。オバマ第二期大統領選の共和党候補ロムニー氏はオバマは謝りすぎる,弱腰リーダーと評し、自分は“No Apology,”を表明していた。


日本はとりあえず謝るが基本。謝ればみそぎが済んだと責任をとぼけたり,ぐずぐず引き延ばして火の粉を払う場合も多い。アメリカは謝らなすぎだけど、日本の責任ある立場の人たちは、謝罪についてもっと重く受け止める必要があるし、その後の責任もあやふやにしないで欲しい。
東電トップも,無謀発言議員方々も。いやいや、絶対謝らない人がいた、日本のトップに!!


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村



鍾乳洞とインターネット

10月3日からネットも接続できない、ヴァージニア州の田舎に鍾乳洞を見に出かけた。今回は有名なところ3つを回る,合計10kmの地下を歩き回りる。そんなに大きいとは思っていないので、ガイドがつくと云うのでちょっとイヤだなーと云うのはアメリカはどこに行ってもガイドの人がいて、見て回る間、とかクルーズの間とか、ずっと大きい声で説明しくれている。少しは静かに自分の感受性に浸りたい,と思うのは日本人のみ?もうみんなワンポイントクイズなんかにわいわい答えて楽しんでいる。アメリカの人たちはもう,楽しむぞ!!という気合い満点なんです。ーと思っていたんだけど彼ら抜きでは二度とお日様は拝めないほど広大で入り組んでいる。ちょっと声は大きいけど,3カ所のガイドさん三者三様の観点で、なかなか勉強になったし、平日のオフシーズンで少人数もよかった。小さな頃から憧れていた目のない魚の住む地底湖や,地底の渓流、結晶が花のように咲く天井、壮大な鍾乳石、時々あかりを消してくれて深淵の闇を体験させてくれる。鍾乳石2−3cmのびるのに7000年かかるそうだ。最も有名な(観光化されているともいう)ラウリーケーブには石を音源にするオルガンが設置されていて、演奏会は年一回くらいらしいが、録音を地底の伽藍に響かせてくれる。これはどの楽器とも違う、儚く振るえるとても深く優しい音で、もしこれが地球の声だとしたら、地球は愛をたたえている,,なんて!思えていしまう。もうすっかり、異境モード、心清らか夢見がちに、この地を後に、メリーランド州アナポリス(ここはワタリガニの名産地+海軍大学校とUSネイビーの本拠地)へ移動。蟹をたらふく食べ、食後のアイスクリームパーラーで、新聞を見て愕然、アメリカ軍、アフガニスタンの病院を爆撃の一面にすっかり夢から覚めて、ホテルに帰ってネットで検索。すっかり夢から覚めてしまった。ーこの続きは次回


PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村