密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

六本木赤ひげ議員の暴言

12日に開かれた超党派による「子どもの貧困対策推進議員連盟」の会合での、耳を疑う問題発言というか、見識。自民党の赤枝恒雄衆院議員。
リテラ:「女を進学させてもキャバクラにいく」女性差別発言の自民党議員・赤枝恒雄が上西小百合とショーパブをハシゴ
http://lite-ra.com/2016/04/post-2158.html


この会合は子どもの貧困問題に取り組む団体の代表や児童養護施設出身の大学生も参加し、無利子奨学金の拡充や「誰でも平等に進学できる社会を」と求めたというが、その要望の声に対して赤枝議員は


『がっかりした。高校や大学は自分の責任で行くものだ』
『とりあえず中学を卒業した子どもたちは仕方なく親が行けってんで通信(課程)に行き、やっぱりだめで女の子はキャバクラ行ったりとか』
『望まない妊娠をして離婚し、元夫側から養育費を受けられず貧困になる。』



女性蔑視は筋金入りらしく、13年3月19日の厚生労働委員会性感染症の問題について発言


「やはり性行為については男性が主導権を持っていますし、女性の場合は、今はもう見かけが一番いい時代ですから、イケメンであれば女の子みずからが逆ナンパする、ついていって携帯の番号を聞く。こんなことはよくあることで、イケメンであれば誰でもついていくという非常に何か変な時代になって、好きな男の子がやろうとかしようと言って、断ると嫌われるんじゃないかという意思が働いて、結局応じてしまって、最終的には、知識がないのにそういう性行為をして、いろいろな被害に遭ってしまう」(会議録より)



僕は何を言いたいか。性感染症は、相手をきちんと選んで、性の知識を持って、しかもコンドームをつければ、予防できるものだよと」


「だから、エイズになって一億円というときになったら、初めて、そろそろ、もうこれは自己責任だろうという意見が出てもいいんじゃないか。
 その辺のところで、エイズ、性感染症、これは自分自身が悪いんだろう、自己責任という考え方は持ち込めないのかなというのを大臣にお聞きしたいと思います


赤枝氏は、赤枝六本木診療所産婦人科院長、1999年 街角無料相談室開設『六本木の赤ひげ』とよばれ、2000年には、バングラデシュ母子保健病院(ICMH)ダッカ内に赤枝桶谷乳房管理センターを設立したそうだ。


若い女性達の、無知による、妊娠、性病罹患に接してきて、女性蔑視が根付いてしまったのか? 医師としては、どれだけ若い女性の愚かをなじろうと、彼女達の為に働き、注意を即するのなら、口の悪いいい先生であるが、政治家としては、全く違う。全ての若い女性の雛形が六本木にある訳でもない。


バングラデシュの貧富の差を見て、日本の若者は甘えていると『がっかりした。高校や大学は自分の責任で行くものだ』という発言になったのかもしれないが、これも、バングラデシュと日本では状況が違う。たとえば、シリアの難民に比べれば、日本の生活保護受給者は贅沢?なんて言う理屈、こういう比較を用いて悦に入る、自分が上に立った見方しか出来ない年配男性は少なくないが、それでも、いやな感じがするだけで無視すれば問題ないが、政治家がそれを言うのは、己の無能の証である。


若いという事は多くの迷いと無知の中で手探りでもがくこと。特に日本の女性は、男性の視線、要望に自分を合わせてしまいがち、あるいは男性の価値観で生きてしまいがち、それは女が馬鹿だからではなく、未だに男性優位社会、男性支配社会である事の証であると思う。男性が本質的に自立した女性を、”美”の対象としない社会。無知=無垢を賛美する社会 若さにしか女性の価値を見いださない社会。
この好例が同じリテラに載っていた。


リテラ:HKT新曲が炎上…秋元康の女性蔑視「女の子はバカでいい」と書く秋元康のグロテスクな思想は昔から
http://lite-ra.com/2016/04/post-2157.html
この秋元氏は、CNNか、タイムス?のアジアセクションで、AKBの写真集は児童虐待、チャイルドポルノではないか?と問われ、『芸術です』と答えたという記事を見た事があり、一部で認識されている、日本人男性のチャイルドポルノ嗜好に加え、芸術の意味のはき違い(アメリカではアートに対する尊敬、そしてファインアートとは何かと云う、問いに対する議論は常に行われているほど、社会としての必要性、価値が求められている)を
明らかにした、インターナショナル変*君。
しかし彼ほど確信犯的に表明しなくても、実は同じ穴のむじな氏が多い日本、そしてそれが社会の根底に存在する日本。そして、保守政治家にそういう人が多いと言うのが大問題の日本。


六本木の赤ひげ先生、始めたときは志しもあったのでしょうし、女性を救いたい情熱もあったのだと思う。医師が治せる事と、政治家が治せる事は違う。政治家を続けるのだとしたら、そこをもう一度、よく考えていただきたい。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


虎の威を借る安倍政権、対外交渉の政府翻訳に要注意

ケリー国務長官および英仏外相が、慰霊碑に献花。長らく封印されてきたアメリカとの、
原爆投下問題の扉を開けたのは、偉大な安倍政権では絶対なく、日本の右傾化、核保有に懸念するアメリカだったのだと思う。日本では、アメリカは日本の軍拡を奨励しているように報道されるが、トンデモトランプおよび共和党極右はともかく、今の民主党オバマ
政権は、極東の第二の独裁者を巧く導く作を講じていると見える。


オバマ大統領も広島訪問の可能性も高い、それは、人道的な意味合いと、核兵器拡大を抑止して行きたいアメリカが、昨年、被爆70年の広島平和式典の演説で、歴代首相が必ず明言してきた「非核三原則」についぞ言及しなかった安倍首相の、最近の積極的核販売、
軍拡、無理矢理意見の集団的自衛権行使容認議決、そして将来の核兵器保有という段階を止める為にも、有効であろうと思われるからだ。オバマ政権は、私から見て歯がゆいほど、一国首相たる安倍氏の尊厳を損なわないように配慮しつつ、誘導を試みている。


だが不幸にしてこうした、誘導の結果が、安倍政権の手柄として次回選挙の追い風に利用されるという矛盾、懸念は大きい。ケリー・ヘーゲル千鳥ヶ淵戦没者墓苑への献花・韓国との和解(最終的不可逆的?)そして、今回のケリー氏の慰霊碑に献花に続き、米大統領として初の原爆慰霊碑訪問、この流れを見れば、オバマ政権の日本に望んでいる事が解る。けして、アメリカの軍備の肩代わりをして欲しい訳でなく、核兵器拡散、戦争ビジネスに参入して欲しい訳なく、アジアの平和と安定の要になって欲しい、少なくとも軽率な火種の行動は慎んで欲しい、と思っていると、私は信じている。


ゲンダイの記事も、今回の成果を我が物顔に宣伝する安倍政権への懸念を報じている
ゲンダイ:大新聞は選挙PR屋か “サミット礼賛”チョーチン報道
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/179380/1
原爆を投下した米国を筆頭に、核保有大国である英仏の現職外相が初めて平和記念公園を訪れ、慰霊碑に花を捧げた。外相ご一行は平和記念資料館の他、当初の予定になかった原爆ドームも見学。そして、核軍縮に向けた「広島宣言」を採択した。それだけの話だ。



 これを岸田外相は自ら「歴史的な日」「歴史的な一歩」と強調。菅官房長官も会見で「この成果を伊勢志摩サミットにつなげていきたい」と自画自賛していた。たかが外相会合で、原爆関連施設を見ただけのことで、ずいぶん仰々しい。しかも、会合の中身をよく見れば、看板に偽りアリもいいところなのだ。


「広島宣言は、核兵器が『非人道的である』という言葉が核保有国の反対で削られ、核軍縮のための具体的な方策も盛り込まれず、すっかり骨抜きです。そもそも、核不拡散をうたったところで、肝心の中国とロシアが参加していないのだから意味がない。もはや、G7だけですべて決められる時代ではないのです。


 外相会合で主要議題になるはずのテロや難民の問題では、まったく進展がなく、日本はこれらのテーマでリーダーシップを発揮することもできない。メディア報道では、すごいことをやったというムードが流されているので、国民もそう思ってしまうかもしれませんが、実際は成果らしきものは、ほとんどありませんでした」


この広島宣言の核兵器を『非人道的』とすることに、核保有国の反対と云うが、どの程度、どういう経緯、言葉で反対したのだろうか? 核兵器が『非人道的』な武器である事は共通概念であると思う。銃について賛否両論真っ二つのアメリカでも、核兵器を人道的武器という認識を表明する人は(必要、不必要の議論は分かれるが)いない。ましてや日本人の前で核兵器肯定の話をする非常識な人間も0ではないが、少なくとの、慰安婦が非人道的な戦時下暴力であったとする認識を否定する、韓国の人の前でそう主張する日本人より、明らかに数少ない頭のいかれた差別主義者以外はそんな事は言わない。


一体誰が、どんなステイツメントデ、核兵器が非人道的でないなどと、言ったのだろうか。日本国民として、その人の名前と、理由を明らかにして欲しい。
こんな事を外交上の譲歩とする政府は、負け犬根性丸出し、誇りも尊厳もない。
あるいは、誰かが言った事にして、自分たちの利益を擁護しているかだ。


対外関係を利用して、言葉の違いを利用して、我田引水は、自民党政権の得意技。
国民の、そろそろ疑ってかかる時期である。


■「非人間的な苦難」は意図的な誤訳か


 新聞各紙の報道によれば、広島宣言には、原爆投下が「極めて甚大な壊滅と非人間的な苦難」を引き起こしたことが明記されているという。だが、英語の正式文書を読むと、この部分は〈immense devastation and human suffering〉とある。〈human suffering〉は「人間の苦しみ、人的苦痛」のことだ。これを「非人間的な苦難」と訳すのは無理がある。「非人間的」というなら〈inhuman〉のはずだ。広島宣言のキモになる部分で、海外向けと国内向けを使い分けているとしたら、大問題だ。


という見方はいい傾向である。ただし、これは深読みしすぎ。human suffering=人間の苦難 inhuman suffering=非人間(的)の苦難 あるいは、非人道的苦難、超人的苦難、残酷な苦難、と苦難につく修飾語としては、日本語でも著つとおかしい。原爆によりくなんをうけたのは”人間”であり、特にinhumanに拘泥する事はなく、返ってネイティブは意味は解るが外国人の表現(不味い英語)で、このようには使わないそうだ。


これが、兵器につくと、非人間的な兵器、非人道的な兵器、でより、make senseになる。 疑いどころを、どこの国が、どういう理由で、どのような文言で『非人道的な兵器』を盛り込む事に反対したのか?そちらの方を調べて欲しい。


他国が核兵器を非人道的兵器ではないと明言している事は、唯一の被爆国日本として、許してはいけない認識のはず。



「靖国神社の英霊には『尊崇の念』を表明するのに、被爆者には冷淡で、武器転用される可能性のある原発輸出にシャカリキ。それが安倍右翼政権の本質です。岸田外相の選挙区だから、外相会合を広島で開催したのでしょうが、この政権には、被爆者への真摯な思いも核廃絶への強い意志もない。外交パフォーマンスに被爆地を利用しただけなのです。原爆投下から70年経って、ようやく米国の国務長官が広島を訪問したことには確かに意義がある。かなり好意的に報道されていますが、ケリー国務長官のコメントは意味不明でした。立場上、謝罪できないのは仕方ないにしても、『初めて広島を訪ねた国務長官であることを光栄に思う』という発言には違和感を覚えます。被爆者との対話もなく、通り一遍の共同声明で幕を閉じてしまったことに疑問を呈すメディアがなかったことが問題です」(政治評論家・本澤二郎氏)


『初めて広島を訪ねた国務長官であることを光栄に思う』”be proud of”なら違和感、 I am an honorなら、これは、謙譲の意味が含まれる.相手を尊敬して、尊重しての、言葉で、英語には、日本語のような遜りの表現は十分にない。こういうと事にかちんと来ていては、いけないと思う。 ケリー氏は戦争の悲惨さを身を以て体験している人で、幾つかの銃弾を体に受けている。国に忠誠第一のベトナム戦争時代のアメリカで、帰還後一貫して大きな反戦運動を展開した。
言葉尻、しかも、大きなベースの文化的違いに抵触する部分を捉えての批判をするのは、
どうかと思う。謝るなら徹底的にへりくだって、自己の尊厳も差し出して土下座まで求める日本の謝罪と、もっと合理的に、過ちを犯しても、謝罪する意志を認め、本人の尊厳まで叩き潰さないアメリカ。とても違う。


はっきり言えるのは、外国とのやり取りに、政府が間に立つ場合、この政府の翻訳が要注意である。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

地盤受け継ぎ、それが議員劣化の一因

北海道5区は、野党間に一本化で色々揉めたり、道理のない鞍替えで馬脚を現した世襲議員が、親子でがたがたしたりしたけれど、野党一本化の候補、池田真紀氏、とてもいい。
本当に、自分の足で生きてきて、そして社会を変えたい、同じ境遇の人の為に働きたい、という感じが伝わってくる。方や、ばりばりの世襲−義理の仲 こういう人は、状況があるからやろうか、とうい動機


町村氏の娘婿の和田氏は札幌市厚別区で「日本をこれから担う子どもたちの未来を築いていきたい。義父に代わり皆さんに育てていただき、何としても勝ちたい」と述べ、自民党の議席の継続を訴えた。
要は義父に世話になった人は入れてくれるだろう、担がれて、育てられて、特にどうしてもやりたい制作がある訳でなく、政治家になると云うこのと意味は利権の引き継ぎ。
全てとは言わないが、世衆議院、仙台の地盤がたよりの政治家を、人情で選んでいる結果が、今の国会議員の劣化。



もっと、本当に政治に参加して、働きたいと云う人が、手を挙げられる選挙であるべきだ、供託金制度は、根本的に見直され屡次期なのだと思う。


ゲンダイ;衆院2補選告示 首相、同日選判断の材料
http://mainichi.jp/senkyo/articles/20160412/k00/00e/010/178000c?fm=mnm


統一候補池田真紀さん、がんばって!!!


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村