密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

達成感、協力,なぜ組み体操でなくてはならない?

組み体操の危険性が問題になっている。子供の頃、確かに男の子たちが運動会にやっていたが、4段くらいだったような。今のピラミッドのレベルを見て唖然

これはアブナイでしょう。深刻な事故が起こる可能性は十分予測できる。中にはやりたくないこもいるだろうし、向き不向きもある。


一体感、達成感、協力を養う教育なら、音楽(アメリカの高校はマーチングバンドが必ずある。引退してから高校時代の楽器を引っ張りだしてやっている人たちも多い。夫Dさんもトロンボーンで,平均年齢がもの凄く高いコミュニティーオケに参加している。最年長は99才の女性トロンボーンプレーヤー!!!)も協調性、一体感、達成感がとてもある。美術も、共同政策、ミューロー(壁画)などが,中高生の活動としてある。これも将来再び手がける事の出来る分野だ。生涯にわたる、あるいは引退後の趣味としても組体操は無理だろう。



日本の教育はともすれば軍隊式、苦しい事を絶えて克服する事が重要視されるし,そういった場合,教師は,教官となり、仲間は戦友となる。これを重視している傾向が未だ見られるし,こうした行為に高い価値と充実感を抱く教育者も少なくない。


学問以外の教育は、生涯にわたって楽しむ事の出来るものを,若く柔軟なうちに体験的に

行う事は,とても有意義だと思う。殆どのアメリカ人は卒業プロムで、ダンスを踊る。だから,その後夫婦で社交ダンスを続けている人たちも多い。普通のおじいさんおばあさんが、ホールにでて,見事なステップで踊るのを何度も見た。とても、素敵だった。


忍耐と協調を教えるとして、一糸乱れぬに行動を是とし、命令に服従して達成感を味合わせる。本当にそういう教育が必要なのだろうか? あるいは、そういう教育理念を失わせると都合の悪い人たちがいるのだろうか。また、そうした状況で本当にやりたくない子が、やりたくないと発言できる環境があるかと云う事も問題である。

命がけの真剣さ、仲間同士の身体的を通じての信頼感と共同責任、統一行動、有無をも言わせぬ全体主義はまさに軍隊の必須条件にオーバーラップする。

最低でも、子供たちの意思の尊重、教師、保護者も含めたリスクの説明、理解が必要であり、十段はどう見ても無茶なので、目標のエスカレートを是正し、楽しくできるものにするのが望ましい。


どうしても高い目標を目指したいなら、音楽、美術、ダンス、演劇 など、身体生命の危険のないものを考慮するべきだろう。



PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ぎりぎりの支援を、適正化 上っ面の子育て支援

ママ世代の代表、民主党山尾議員の質疑、”子育て支援の三千億円予算を削られるのか?”
軽減税率(導入)と引き換えに、子育て支援の充実策を削るのではないか、と云う追求に、安倍首相は「必要な社会保障を削る考えはない」と述べる一方、「たくさんの(子育て支援の)メニューの中から何をやっていくべきか考える」


削減はしないが、適正化はする。適正化の基準は首相の気分しだい。本当にこういう答弁が多い。言葉を変えただけ、表明するが,根拠も基準も示さない。


『基準は私、根拠も私、総理大臣なんですから』と云う事で、子供の命も,自衛隊員の命も、国民の生活も、全部首相の気分次第。国会の論戦は安倍氏の暴走を止める事は出来ない。どんなにスジの通らないことを言っても,最後は数にものを言わせて可決。

ただ、それでも野党議員諸氏には厳しく追求し続けて欲しい。 如何に首相の言う事が,都合のいい、つまみ上げデーターを使った,安手のレトリックであるか、そして本人には深い考察もなく、表面的な思いつきに等しいアイデアを打ち上げているだけである事を,国民の目の前にこれでもか、これでもかと、晒し続ける事が大切なのだと思う。
報道陣も,批判が出来ないならせめて、下記転載記事の様に、国会質疑検証記事をしっかり出していって欲しい。


東京新聞;待機児童増=女性就業者増? 首相「連動せず」認める
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201602/CK2016020502000126.html
「女性の就業者が増えたから待機児童が増えた」との安倍晋三首相の発言をめぐり、四日の衆院予算委員会で民主党の山尾志桜里氏が、女性の就業者は横ばいとして追及した。首相は女性就業者の増加が、単純に待機児童の増加に連動していないことを認めた。 
(我那覇圭)
 

首相は昨年11月の講演や今年閣議決定した質問主意書への答弁書で、首相が就任した
2012年12月以前の三カ月と、14年の同時期を比べ、女性の就業者数の平均が約91万人増えたと指摘。そのために待機児童が増えたのは「うれしい悲鳴」と述べた。
 これに対し、今年一月十三日の衆院予算委で「子どもが保育園に入れないのは働く母親にとって心の底からの悲鳴だ」と追及した山尾氏が、この日も予算委で質問。働く子育て世代女性の数は、待機児童が増えた一四年から一五年にかけてほぼ横ばいと指摘し、あらためて首相に見解を求めた。 首相は、女性の就業者は増えているとの認識をあらためて示しつつ、「待機児童がどうなったかは(保育所など)受け皿との関係による」と答弁した。
 

予算委では、来年四月に予定される消費税増税で軽減税率導入と、子育て支援策拡充の財源がいずれも不足している問題をめぐっても論戦に。
 軽減税率は六千億円、子育て支援は三千億円超の財源が不足している。山尾氏は「軽減税率(導入)と引き換えに、子育て支援の充実策を削るのではないか」として、政府が軽減税率の財源確保を優先するのではないかと追及。財源不足で実施が危ぶまれている保育士らの給与アップ、延長保育や放課後児童クラブの充実などを見送る考えがないかただした。
 首相は「必要な社会保障を削る考えはない」と述べる一方、「たくさんの(子育て支援の)メニューの中から何をやっていくべきか考える」と説明。山尾氏は「(子育て支援の)充実策が後回しになり、削られる可能性を否定していない」と批判した。


<3000億円超の財源で実施予定の主な子育て支援>
保育士らの配置の充実 1261億円
保育士らの待遇改善 381億円
障害児支援の強化など 447億円
栄養士らの配置 340億円
延長保育の充実 164億円
放課後児童クラブ事業の充実 193億円


どれも,削る余地などない、切実な支援。足りないくらいだ。保育関係者は平均より9万円も安い賃金で働いていて、それで暮らせなくて,辞めてゆく。保育所も経営難。民間支援の子供食堂、持ち出し寄付で頑張っている.本来はこういう事こそ行政主導で行うべき


どれも必要な予算を削って、防衛費ーいや軍事費5兆円 武器兵器輸出で企業をもうけさせ,減税もします。苦学生募集特別優待遇の自衛隊。


安倍自公政権を根本から引き抜かないと、みんなの明日が辛くなるばかり。


維新・共産・生活太郎・社民+市民連合(国民力)で,共闘してゆくしかない。



PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


維新の党とは党の歴史や規模が違う、民主&維新、新党構想「破談」か?

衆議院で統一会派を組み、新党で合併が取りざたされている民主と維新。
しかし,軋轢が生じているもよう。双方解党して合流を望む維新に対して、31日には、

解党も視野に入れると,発言した岡田代表だが、またしてもはっきりしない。


維新の党の松野頼久代表は4日の記者会見で、民主党との合流構想について、「2週間程度で、どういう新党の形になるかの骨格を固めたい。衆参の国会議員が全員合流できる形が大事だ」と語った。ただ、民主党の岡田克也代表とは意見の共有ができていないとし、「僕の思いだ」ともらした。


両党合流について、維新の党は「両党を解党したうえでの新党結成」が前提だが、民主党は、維新の党の吸収合併も視野に入れている模様。党代表が、記者会見で「単なる願望」を披露する苦境に、維新の党内には、怒りに加え、あきらめムードも漂っている。

民主党内では、「維新の党とは党の歴史や規模が違う」として、幹部の中にも、維新の党の議員が民主党に加わる形にとどめるべきだという意見が根強い。


国民連合政府構想の野党共闘デジャブーを見る思いだ。民主党と云うのはどうしてこうプライドが高いのか? 新潟選挙区の上から目線の一方的な鞍替え候補擁立もかなりの不快感やストレスを各野党に与えている。共闘をぶち壊す暴挙と云ってもいい。3月までに決めると云う岡田代表に,2週間程度を迫る松野代表.当然である。無駄に引っ張って,ぐだぐだ言って,最後は民主党主導の条件を押し付けて来る事は,国民連合政府構想の経緯を見れば明らかだ。


維新の党では、江田前代表や、夏の参議院選挙で改選を迎える議員らが、選挙準備に遅れが出ているとして、民主党に早期の新党結成を促すよう党執行部に強く求めています。さらに、こうした議員からは、「岡田氏が、来週中に新党結成を決断しない場合には、民主党との統一会派を解消すべきだ」という声も出るなど、両党間には意見の違いによる軋轢も生じています。


民主党、は、共闘の意味をもう一度良く考えてみるべきだ。


野党共闘を否定するような擁立劇にも、生活の小沢一郎代表は「「大義から全く外れた非常に姑息なやり方だ」「野党の結集を真剣に考えていないのか、どうしていいのか分からないのか、やる気がないのか」と批判。参院選について「全国的にも非常に良くない影響、結果を及ぼすのではないかと心配している」とも述べた。維新の党幹部も「参院選は別々だ」と突き放したという。”歴史や規模”に胡座をかいて大義のないごり押しを進めて行けば,野党共闘はもちろん”よくわからない市民連合”も離れてゆく。


いつまでも,あると思うな,歴史と規模。



NHK:民主 維新 合流巡り意見の違いであつれきも
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160205/k10010397901000.html


夕刊フジZakZak : 民主&維新、新党構想「破談」か 新潟で野党候補“ガチンコ対決” 信頼関係も崩壊寸前


http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160205/plt1602051700003-n1.htm




PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村