密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

どちらが本当に若者の事を考えているんだろう。共産党成人式赤紙配布と、自衛隊萌えキャラポスター

日本は本当に特殊な文化を持っている。現実を直視する事を避ける。物事に直面する事を避ける。可愛いものを緩衝剤に使い、ソフトに空想的に、印象やイメージを実態より大事にする。古来から『臭いものに蓋』においの元を取り除くのではなく蓋をしてやり過ごす。


こちらのブログが、共産党が成人式で赤紙を出席者に配り、ヒンシュクを買った事について、言及されています。
弁護士 猪野 亨のブログさん:成人式 有権者としての第一歩 「赤紙」配布が何故、問題? 民主主義の劣化を憂う
http://inotoru.blog.fc2.com/blog-entry-1902.html


こちらのブログ記事がおおもと情報らしいですが。
真実を探すブログさん;【批判殺到】共産党関係者が成人式で配っていた赤紙ビラが酷すぎて批判が相次ぐ!「お祝いムードを潰す行為」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-10393.html


かたや自衛官募集のポスター




軍、警察官、消防士、人の命を守る仕事、そして、自分や他人の命を奪うかもしれない仕事、その人員募集に、こんなポスターを使用しているのは、日本だけでしょう。


特に戦争法が通った今、南スーダンに派遣されている自衛隊員が直面する現実。これから直面するであろう現実。無事に帰還を果たし、その後の人生に付いて回るであろう、戦地で経験した全ての出来事。このようなポスターで、若者受けを狙う事が、よくて、成人式に赤紙を配る事が責められる。


お祝い気分が台無しなのは、共産党の配った赤紙の為でなく、奨学金の返済、非正規雇用、経済優先、”国”の強化優先による戦争への安易な参入、とそれに寄る必要人員確保。
そうした未来が、ある事です。


物事に直面せずに、可愛いもの、架空の物に逃避できる時代は、もはや過去になろうとしている。その現実を成人の日に考えるのは、とても意味のある事だと思う。


何かも子供騙しが通じると思っている安倍政権。イメージ操作だけの安倍政権。国民に目を向けず耳を傾けない安倍政権。 怒りを感じる相手は、若者に現実の危機を突きつけて、この国と彼らの未来の危機に関心を向けようとした共産党ではなく、『お祝いムードを潰す行為』どころか、『この国と、国民の人生を潰す行為』をしている安倍政権ではないでしょうか?



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

お任せ政治土壌で安倍独裁政権が育つ。

子供の貧困率、高齢者の困窮、ワーキングプアー、の問題に背を向けるように、防衛費予算は5兆円を超えた。武器兵器から備品に至るまで、防衛に関する物は、保秘をもうけやすい。自衛隊戦闘服の談合疑惑が浮上している。
ゲンダイ:自衛隊戦闘服で談合 「クラレ&ユニチカ」ボロ儲けのカラクリ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/176502/2
自衛隊の戦闘服などの入札をめぐる談合疑惑で、防衛省と化学繊維大手のクラレやユニチカのなれ合い構図が浮き彫りになっている。公正取引委員会は独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、この2社や、大手商社の丸紅など計8社を立ち入り検査した。

中略ー
相次ぐ不祥事で組織解体の憂き目に遭っても、防衛省は相変わらずコスト感覚ゼロなのだ。自衛隊の装備品調達をめぐっては、06年に旧防衛施設庁発注工事、10年には航空自衛隊による事務用品発注などで官製談合が続発。それを受けて昨年10月に発足したのが防衛装備庁なのである。


「戦闘服は特殊技術のかたまりで、国によって耐熱性や偽装レベルの高さは段違い。国防機密という大義名分があるので、調達の詳細は非公表のケースがほとんど。そういった背景からブラックボックス化しやすいのです」軍事ジャーナリストの世良光弘氏


 衆院で可決された16年度予算で、防衛費は史上初めて5兆円の大台を突破した。安倍首相は「計上した装備品や米軍再編経費はいずれもわが国の安全確保に必要不可欠だ」とふんぞり返ったが、こんなお手盛り会計を続けているようでは、だれも納得しない。


自民党は長く政権の位置にある。私の父たちの時代は『国民は政治は政治家に任せておけばいい』『多少金の問題があっても、政治家だから清濁併せ吞むぐらいでいい』と云う考えがマジョリティーだったように思う。


『理屈ばっかりのやつは信用できない』とか『政治は現実−理論理想通りにはいかない』と云う通念がまかり通っていた。また、それでも暮らしは豊かになり、一億総中流。政治はお任せで不都合なく暮らしていた。そういった意味で、日本は輸入された民主主義のスタイルの恩恵だけを受け、真剣のその価値、本質と向き合わずに来た。


安倍晋三とその一派のように、特別の目的を持って国のあり方を変えようと言う政治家が、長年の自民党お任せ政治の土壌に乗っかって、長いあいだ慣習化した、政治家が”巧くやる”政治のシステムを使い、国民の意識が追いつかないうちにどんどん国民主権、最低限の幸福で文化的な暮らしの規範を変えていく。


もう、昔の総中流には戻れない。お任せ政治システムも一握りの道理を無視した狂人愚人がでれば独裁そのもののシステムに早変わり。戦後70年で、国民は意識して、自分たちの手で民主主義を打ち立てる時がきた。政権を取った事があろうとなかろうと、自分の目と耳で判断し、積極的に政治を任せる人物を選ばなければ、生命のギリギリで搾取される制度が確立する。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

政治家の見識、国民の見識が民主主義を支える:小沢一郎

ちょっとと前だけど、真相NEWsで小沢一郎氏、政権交代、野党共闘、及び『自民一強は小選挙区のせい?』などの疑問に丁寧にも答えている。
<深層>小沢一郎に安倍政権打倒への執念を聞く

丁寧に説明、疑問にはきちんと向き合う姿勢と云うのは、こういうことを言うんだなぁと、改めて安倍総理の答弁姿勢に怒りを覚える。


小沢氏の視点は、長期的で広く、かつ目の前の現実的には柔軟に対応するキャパセティーがある。そして動機は、日本の為に、国民の為。


人間にはそれぞれの器がある。民主党執行部も、自分たちの小さな器を自覚し、目先の視点や、縄張り意識は横に置いて、小沢氏を新党の中心に据えるぐらいの度量が欲しい。



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村