密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

『人を殺す予算』その通りじゃない。

最近、共産党が、自衛隊違憲としていることを取り上げ、さも大事のように非難し野党共闘を潰そうと躍起になっている、与党+ゆ党連。


共産党の藤野保史政策委員長が26日のNHK番組で防衛費を「人を殺すための予算」と発言した。与党は27日、参院選の街頭演説で藤野氏の発言を取り上げて激しく非難。
共闘する民進党からも批判の声が上がったようだ。


自衛隊が災害救助のみを担当し、そのために必要な、機材、そのための訓練費が予算穂大半を占めているなら、共産党も自衛隊違憲と言わないし、予算も人を助けるための予算だろう。しかし現実に大きな予算を割いているのは、専守防衛のためとしている、軍事費であり、それをより増大させるのは、海外に自衛隊を派遣して、緊急時には戦闘させるための予算と、その設備、戦闘機、銃器、戦艦の購入費用、まさに、人を殺すための予算である。


選挙が近いため、大声で騒いで、共産党非難をすればイメージが悪くなり、野党共闘も潰れる。与党お得意の、『違憲とする自衛隊を当面存続させる共産党の主張に関し「憲法違反と言うなら、廃止すべきだ。憲法をないがしろにしているのは共産党の方だ』の論法もまやかしである。自衛隊の軍事武装が、専守防衛を超える、あるいは、専守防衛にはどこまでの武装が必要かを論じずに、防衛省の勢力拡大、膨大な軍事費を与えてきた与党自民党のいい加減さこそ非難されるべきであって、自衛隊という存在がどのような場合に合憲か、違憲かを、議論のテーブルにのせることが大切だろう。重装備で武装し海外に派兵される自衛隊を、合憲にするため憲法を変えるという考えの方がよほど危険で、悪質なごまかしである。


志位委員長も、参院選まで、時間的に本質的議論をすることが難しい、ゆえに、状況を限定しなかったことにおいて、不適切なし、口頭注意となったのだが、別に大騒ぎして非難するようなことではない。安保法制=戦争法の図式だ。民進党も戦争法と呼んでいる。


専守防衛に、どこまでの武装が適切か?という根本をすっ飛ばしておいて、共産党非難
は大変な詭弁だ。口当たりのいい言葉で飾りたてた安倍政権の悪法の名称は毒入り糖衣錠 良薬は口に苦し、である。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

一人区野党にもっと応援を!!

参院選情勢調査の結果で、凹んでいる人も多いかと思うけれど、一人区で野党連合に伸びが出てきているという、嬉しいニュース


■枝野幸男・民進党幹事長


 (参院選の)1人区が苦戦しているとは受け止めていない。率直に言って、半年前は1人区でうちが戦えるところは無い状態だった。うち(の公認)ではない新潟、沖縄、岩手(の3選挙区)と、あとは1人区のどこで戦えるんだろうという状況だった。


 だがもうすでに10選挙区くらいは互角か互角に近いところまで追いついてきている。岡山も含めて出遅れのところでも、十分に届くところまで来ている。半年前の状況を考えたら、ここまで伸びてこられるとは思っていなかった。(岡山市で記者団に)


選挙に勝つために手段を選ばない安倍総理、共産党への、自衛隊違憲盾に攻撃、政権奪還選挙ではない今回、これは、野党共闘潰しと自分たちの失言、言い逃れ、悪政策に目を向けられたくない、”攻撃は最大の防御”作戦 

互角では、選挙に勝つために手段を選ばない自民党であるから安心できない。さらなる応援を!!


我慢も限界、民主党議員(デモクラッツ)銃規制強化法案に裁決要求座り込み

共和党支配が続く下院議会は、常に銃規制法案を潰し続けた。ニュータウンで幼い命が犠牲になった直後でさえ、オバマ大統領の11の銃規制法案を、すべて叩き潰した。
議会を傍聴した遺族から、"Shame On You!!!ー恥を知れ!!!”の怒りの声が沸き起こった。49人の犠牲者を出した、オーランド乱射事件を受け、もう我慢も限界に達した、民主党議員たちが、銃規制強化法案の採決を要求して抗議の座り込みを行っている。

ワシントン(CNN) 米下院で22日、公民権運動家出身のジョン・ルイス議員(76)を筆頭とする民主党議員が銃規制強化法案の採決を要求して抗議の座り込みを行い、下院のポール・ライアン議長(共和党)に対して市民不服従運動を展開する異例の事態となった。
ルイス議員は「時には常軌を離れた行動をしなければならないこともある」「今こそ行動すべき時だ。これ以上黙ってはいない」と訴え、「あまりにも多くの子どもたちや兄弟姉妹、両親、友人、いとこたちが銃のために死亡している。これを何とかしなければならない」と強調。「すぐにはここを離れるつもりはない」と述べ、座り込みを続ける意向を示した。


共和党議員が座り込みを批判する一方で、オバマ大統領はツイッターで「ジョン・ルイス議員に感謝する」と述べ、ビル・クリントン元大統領も座り込みを評価してルイス議員の投稿にリンクを張った。


日本では情報操作やデマが幅を利かせ、野党、市民の声がかき消されようとしている。
アメリカでも、大企業や、器用力な圧力団体の力が大きい、しかし諦めないこと、声を上げ続けること、その先には、決して絶望は待っていない。


米民主党デモクラッツの健闘を祈る。

PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村