密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

やっと会えたねビースト:テオ ヤンセン展

メイン州海辺から、マサチューセッツ州セーラムへ。この街は魔女裁判の歴史で有名。19世紀には東洋と船で物資が届く貿易の街であった。この街のPeabodyEssex美術館は,小さいながら、とてもいい企画と面白いコレクレョンをもっている。貿易の街に由来して19世紀の、中国、日本からの 工芸品、画、写真などとともに、中国の古い民家が中庭に移築されている。ここを初めて訪れたのは、日本の写真家柴田敏雄氏の写真展だった。今回はオランダの造形作家テオ ヤンセン展。この人は,数年前日本の東京現代美術館で展覧会があり,ご記憶の方も多いと思うが、プラスチックの水道管をくんで,巨大な歩く生き物”ビースト”を作り続けている。日本の友人からこの展覧会の情報をもらい、DVDを購入し、いつか実物を見たい!!と思っていたのだ。

テオヤンセン氏は、1990年くらいから、このビーストの制作をはじめ、はじめは、自らささえ、引っ張って動かしていて、徐々に,風による自立運動が出来る物にしていったようだ。たくさんの彼とビーストの歴史がビデオにおさめられて、壁に映し出されていた。大風の中ビーストともみくちゃになるヤンセン氏、出来上がった巨大ビーストを長時間かけて浜辺で組み立て、2、3歩いて転倒するビースト!!

会場には部品も展示

子供たち(私も)ビーストを動かしてみた。

最近3Dプリンターを手に入れより精巧なプロトタイプの制作が出来るようになった模様(写真上)
最後に、期間限定だが下記美術館アドレスをアクセスすると、浜辺を動くビーストの動画が見られます。
http://www.pem.org


ランキングに参加しています。宜しかったら 
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村




閉会中審査2日ー臨時国会開かず!?

TPP説明会が各地でスタート。官僚による内容説明(読み上げ)で、事前に何の資料もなければ、質問をすることもできない。個々別の関税撤廃品目に対しても一つ一つの関係者は意見、質問、陳情があるだろうから膨大な時間が必要で、一般消費者には、それを全部聞いて理解するのは不可能だ。本来、きちんと分野わけして、項目別に説明会を開くべきだと思う。今回、参加した方の感想を読むと、全部まとめてやっている模様ーこちらのブログ”北京老学生・日本に帰国”さん,前後編で説明会参加模様をレポートされています。
http://blogs.yahoo.co.jp/mochimoma/20430160.html
http://blogs.yahoo.co.jp/mochimoma/20432341.html



労働者保護、環境保護、食品安全基準(表記)医療薬事関係、ISDS条項(投資家対国家間の紛争解決条項)その他ビジネスベースの取り決めなど、せめて米政府のように、事前にホームページで,概要を整理報告し、国民が興味のあるー利害関係影響を受ける箇所だけでも、独自にアクセスして、検証できて、その上で,各セクションの説明会、公聴会に申し込むというようにやらないと、みんな訳の分からないうちに『説明しましたからね』で勧められたしまう。まあ,そういう狙いなんでしょうが。だから、臨時国会も、議員スキャンダル追求回避なんて、ダミーだと思う。そんな事追求してもまた厚顔無恥逃げ切り政権お得意ののらくら戦法でそれほどの結果(辞任,議員辞職など)がでないのは明白。落選運動名簿に太字で記憶が一番いい。それより、TPPは本当に出来るだけ多くの公聴会を含む国会の審議が必要で、下記朝日の記事に、あるけれど『自民の谷垣禎一幹事長は会見で「環太平洋経済連携協定(TPP)などは対応できる」と述べた』ってどういう神経してるのか? それとも,わざと矮小化しているのかな!? 日本一国でなく,12の加盟国のある取り決めごと、2日で対応できると云う発言からして,国民に何も知らせる気がないんじゃない。なんとしても臨時国会召集して、隅から隅まで、国民が納得できる内容にしていかないと,いい加減に進めると、あとで、深刻な被害を被るのは、生産者、労働者、消費者ばかりということになる。野党議員の方々、閉会中審査などではなく臨時国会開催を厳しく要求し続けて欲しい。 


<朝日新聞記事>
菅義偉官房長官は21日の会見で「首相の外交日程や年末の予算編成も考慮しなければならない」と述べ、召集に消極的な意向を改めて表明。政府・与党は、11月10、11日にも衆参1日ずつの閉会中審査を開いて臨時国会の代わりにする構えで、自民の谷垣禎一幹事長は会見で「環太平洋経済連携協定(TPP)などは対応できる」と述べた。 


<解説>開会見送り、極めて異例 政府・与党が検討する閉会中審査は、臨時国会を開くこととは大きく異なる。災害対応などで短期間行う例が多く、今回も2日間のみの想定だ。新閣僚の所信や不祥事について説明を受け、国民生活に影響が大きいTPPを議論するのには不十分と言える。 臨時国会は昨年が54日、一昨年は計61日開かれた。首相の所信表明や代表質問のほか、全閣僚が衆参の各委員会で与野党から質問を受けた。名称は「臨時」だが開会は毎年の慣例で、現行憲法下で開かれなかったのは4回だけ。その際も衆院選後に開く特別国会で臨時国会相当の会期をとったことが多く、見送るのは極めて異例だ。 召集時期の規定がない憲法53条については、かつて自民党も改正が必要と主張。2012年にまとめた憲法草案では、要求から「20日以内に臨時国会を召集」との改正案を示していた。首相の外交日程などを理由に開会を避けようとする政府・与党の説明は、説得力を失っている。(菊地直己)



ランキングに参加しています。宜しかったら 
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村




アムハーストからメインへ、ロブスターと蟹


アムハーストのHEAD Showから,足を伸ばして、メイン州の南海沿いに一泊、本場のニューイングランドクラムチャウダーと、Dさんはロブスターをたべた。写真はメイン州の海とニューイングランドクラムチャウダーとロブスタービスク。アメリカはどこでもスープ類は美味しい。クラムチャウダーはクリーム仕立てのニューイングランドとトマト仕立てのマンハッタンがある。


しかし、ロブスターってアメリカ人はみんなありがたがる,値段も高い食べ物。こんなに大きいのに食べるのはしっぽの肉だけ。頭のみそとかはみんな食べない(私は食べるけどね)あと爪の肉か。溶かしバターをつけて食べる。まあ美味しいけど,高い値段払って食べるほどでもないかな。

私は蟹派で前に行ったアナポリスのワタリガニが最高だった。取れ立てを蒸してケイジャンスパイスをまぶして、出してくれる。蟹を頼むとテーブルに大きな紙を敷いてくれて,その上にザザッと乗せる、その熱々を,木のハンマーでぶっ叩いて飛び散るからも何のそのとかぶりつくのが,地元流。私は日本式に

袴を取って甲羅を開けて、、、たべる。 蟹だけで満腹、みそも新鮮だから美味しい。普通は1ダースたのむのを、半ダースにしても食べ終わる頃は、蟹を食べるため集中力を使い果たしぼーとなる。

メリーランドはワタリガニの産地で,アメリカは普通ピクニック場にバーベキュースタンドが設置されているが、メリーランドでは、蟹をゆでるスタンドが設置されている。シーズンには蟹を樽で買い野外でゆでて,ハンマーで叩いて食べる。このレストランは海に近い河口で、すぐ下の河に蟹の罠と、ボートで取ってきた、蟹の洗い場があった。

メイン州からだいぶ離れてしまったが,北の透明な美しい海を見て、名物を食べ満足。続き次回はセーラムと云う街の美術館について書きます。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。宜しかったら 
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。