密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

止まらない爆破予告の不自然


爆破予告”が止まらない――。


 今月だけでも、関西学院大、立命館大、阪急電鉄、JR東日本、岸和田市、函館市、柏市、厚木市などに“爆破予告メール”が届いている。


 関西学院大は5日間も休校に追い込まれ、立命館大も予告日に全国の6キャンパスを立ち入り禁止にした。岸和田市は市の施設約100カ所を閉鎖。厚木市では市職員ら約650人が一時避難する騒ぎになっている。


 いったい誰が、どんな目的でやっているのか。犯人を捕まえることは難しいのか。ITジャーナリストの井上トシユキ氏に聞いた。


「恐らく愉快犯でしょう。犯人を特定することは、さほど難しくないと思います。匿名化システムに登録すれば送信元は隠せますが、登録はかなり煩雑。複数の本人確認など手続きが必要で、数カ月の時間も要する。愉快犯が“登録”するとは思えません。だから、爆破予告をした人間は次々に逮捕されているはずです。実際、捕まることが多い。問題なのは、1人捕まっても、次から次に模倣犯が出現していることです」


 模倣犯が後を絶たないことに、頭を抱えているのが警察だ。ただでさえ、伊勢志摩サミットの警備に人数を割かれている。ただの愉快犯だと分かっていても、万が一、爆破される恐れもあるだけに、無視するわけにもいかない。もし、1件でも本当に爆破されたら、パニックになるのは間違いない。


何故、今回に限って、こんなに爆破予告があるのか? 正直不自然だと思う。
もちろん不心得者の悪戯、でも、何故今回に限りこんなにでてくるのか?
公なると、これを教訓に、ネットの取り締まり強化、既にその法律の準備はできている。


実再にその運営の必要性が、ひしひしと感じられる、国民の納得が得られる今回の爆破予告の多さ。


東京駅を始め各主要都市は、プチ戒厳令である。おもてなしの心のある日本の人々は、何も言わずに我慢する。どういう風にすれば、国民は黙って不便を我慢するか、こんとろーるできるか? 安倍政権+国家機構としては、良い緊急事態条項の予行練習だろう。


警察がテロを出さないといきり立ち、首相はここぞとばかりに、市民の権利の譲渡のご理解を声高に叫ぶ。どうも、この気を利用してもう一歩独裁体制を進めるそんな気がしてならないのは、私だけだろうか?


アメリカでは、もっと重要な会合も開かれる。大統領などの移動も日常茶飯事だし、多くの人が銃を携帯している。多民族国家で、過激な人たちも大勢いる。しかし、こんな大騒ぎはしない。どちらかと云うと、注目を集めず、一部の道路を静かに封鎖し、案件をおえる。


コインロッカーを封鎖し、証明写真、自動販売機を封鎖し、大騒ぎで国民の関心を集めまくり、一体何がしたいのだ。もし、本当に人騒がせな愉快犯がいたら、それによって、ますます、何かやりたくなる様な、騒ぎぶり、注目ぶりである。


G7をオリンピックと勘違いしているのではないか?国民の祭典でも、国をあげてのおもてなしでもない。靖国神社のトイレのぼや騒ぎ以来、爆弾テロ?は起こっていない。
国内にどれだけの爆弾テロリストが潜んでいるのかしらないが、公安がいるなら表立つて大騒ぎせずに、徹底的に爆弾の材料購入や不信交流の人物を徹底的に洗い出せば、すむことではないか? 大喪の礼のときは、画材を購入し自宅に持ち込んでいる私の所にさえ刑事をよこしたというのに。


どうも、今回の大騒ぎ、不自然がすぎる。



PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

衆議院選でも野党共闘

ああ、やっと腹を決めたか。一人区全てで、野党統一候補がでそろい、共産党からも公認がでた。一人であるが、民進党にしては、大きな一歩の踏みだしだ。




民進党の岡田克也代表は21日、次期衆院選での共産、社民、生活の3党との候補者調整に関して「勝てる可能性がある選挙区は、一本化の努力をすべきだ」と述べた。夏の参院選に合わせた衆参同日選を警戒する野党4党間では今後、衆院選の小選挙区で一本化調整が進む可能性がある。愛媛県新居浜市で記者団の質問に答えた。


 4党は、参院選の32ある改選1人区全てで共闘を実現させる見通し。


 共産党の志位和夫委員長は東京都内で講演し、衆参同日選を警戒し準備を急ぐ必要があるとして「共闘を加速し、自民、公明両党を少数派に転落させる」と強調した。


慎重すぎる、決断が遅い、はっきり言わない、などで、数々のストレスを国民(主に私)に与えてきた岡田代表。 しかし、自分の中で決断がついたのかもしれない。
その頑固さを、党内隠れ自民議員抑えに発揮し、党をまとめ、野党共闘に邁進して欲しい。


民進の煮え切らなさ、子供染みたアレルギーや思慮の無い発言などに業を煮やした小林節氏の、「国民の怒りの声」の動きも、後押しになっている気がする。


経過はどうあれ、反自公+お維新とこまかい極右政党、打倒安倍政権でまとまり、弱時が丁寧に支持を拾ってゆく。投票に興味のない層にも訴えてゆく、\そうした草の根が結果を生むだろう。


戦争法だけではない、気付かないうちに、日本はもう変えられている。
包括的崩壊悪で周りは固められ、今度の選挙で与党が勝てば、急速に独裁、全体主義の管理者会、情報統制、共産党をつぶし、反政府者の不当逮捕も、法的には準備万端なのだ。


岡田代表、頑固者が一度舵を切ったら、滅多に方向を変えない、そう信じたいいですよね?

PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

安倍総理、勘違いと売名、見透かされた?

毎日:オバマ米大統領
広島訪問へ 献花後に所感「広島・長崎 核犠牲の象徴」

http://mainichi.jp/articles/20160520/dde/001/030/076000c?fm=mnm
【ワシントン会川晴之】ローズ米大統領副補佐官(戦略広報担当)は19日、電話で記者会見し、オバマ米大統領が27日に広島を訪れる際に、被爆地の広島と長崎は「罪なき人々の命が奪われ、核兵器による犠牲者を生んだ。その双方の象徴の地だ」と所感で言及する見通しを示した。


 ローズ氏はオバマ氏が安倍晋三首相とともに広島平和記念公園を訪れ、原爆慰霊碑に献花した後に、数分間の所感を述べると説明。その中で「政治指導者と市民は、戦争が莫大(ばくだい)な犠牲をもたらすことを思い起こさなければならない。罪なき人々の犠牲を決して忘れてはいけない」との考えを盛り込む意向を示した。ただ「大きな演説をする場所ではない」とも指摘し、核軍縮などについて新しい提案を発表する考えがないことを示唆した。


 また、広島訪問に対応して安倍首相が日米開戦の地となった米ハワイ州の真珠湾を訪問する案について、ローズ氏は「大統領の広島訪問とは関係はない」と述べ、安倍首相が判断することだとの認識を示した。




安倍総理、オバマ大統領広島訪問を、自分の政治的手腕にしたい+対等に肩を並べたいパフォーマンスがプンプンの真珠湾を訪問発言。
本当に安倍総理なんて、オバマ大統領の広島訪問についての真剣さを微塵も理解していないから、こんな自己宣伝”真珠湾を訪問”をはずかしげも無く言い出す事が出来るのだ。
その思惑は見透かされ、ホワイトハウス側にバッサリ「大統領の広島訪問とは関係はない」 ちゃちな我田引水も大概にしないと、自分の軽さとチープさが際立つだけだ。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村