密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

『SEALDsに対して、一部有名人や政治家からの「文句」が絶えない。』なぁんだ,またあの人たちか。

「SEALDs(シールズ)」に対して、一部有名人や政治家からの「文句」が絶えない。,と云う産經新聞の記事を幾つかのブログが取り上げていて,一体誰が?!と見てみたら,何だいつものあの人たち。有名人ではあるけれど、難癖大好き、自己顕示欲の固まりのような人で,有名な面々。これをわざわざ目新しい事のように取り上げる産經新聞,暇だねぇ。


民主党武闘派?長島議員、『『戦争反対!』で通用するはずがない』つまり,戦争賛成ですか?テロに言及してのこの発言、曲がりなりにも国民に命と生活を守る立場の政治家が,どういうセンスしてるんだ。紛争地域の市民、難民、テロの被害者に,『戦争賛成ですか』と聞いてみてください。


同じく今のとこ政治家の橋本さん、『世の中を動かすなら、世の中からの膨大な批判に応えなければならない。安保法制反対!だけでは全く不十分だ』批判に耐えて,無視して煙にまき、独裁敢行、この強さが必要なんでしょうか?しかし見事に全部我田引水ですね。


小林よしのりさん、この人漫画うまいのに。強いオピニオンリーダーみたいだけど,結構バランスとってあっちこっちに行く。アンチテーゼの提唱がすき?案外常識人?「オシャレなデモ?『民主主義とは何だ?』クソくらえだ!」ほら、またアンチテーゼ。


最近のデモで感心した事は、デモ参加者に対する親切さ(多分総がかり行動)持ってゆくといいもの、車での注意事項、各人のペースを推奨。抗議行動と云うと,どこか全体主義の様相も帯びるは、今の日本のデモはそうじゃない。参加者の身になっての情報提供などが,シャイな日本人を自発的な市民行動に向かわせた。命をとしたデモのある,怒りで暴動になるデモもある、それなら,立派だとでも言うのか。デモ、市民の声の発露の仕方に,各付けは必要ない。日本が平和的で統制されたデモで、平和を訴えているのは,それが日本人にあった抗議の仕方になったからだろう。


ホリエモン コメントにも値しないーパス


皆さん共通の『覚悟の無いやつは黙ってろ』的なマッチョイズム。とっても、Uncoolです。


ランキングに参加しています。よろしかったら,
下のバーナをクリックしていただけると嬉しいです。

新本の矢−3世代同居、”死ぬまでお役に立ちましょう” が美しい?

新本の矢、3世代同居を提唱。一時代前、高度成長で働く現役世代を,祖父母が支えた。これが家族協力の形であり、子供たちも,家にはおばあちゃん、おじいちゃんがいるのが当たり前だった。核家族化が進み、独居老人、孤独死、子育てと仕事の両立の難しさなど,ネガティブな現象が表立って社会問題になっている。しかし、本当に、老人は家にいて働く子供の家事を支え,孫の面倒を見るべきなのか?本当に自分が動けなくなるまで,家族のサポートに働くことが、本人の幸せなのか?それを推進する事が政治のやる事なのか?かたや、現役世代も、住居問題、家賃軽減、家事育児の軽減、しかし実の親子でも違う価値観を義理の間柄で共有するには、やはり大変なストレスと努力がいる。そして,全家族で両親の介護全負担?


家族の絆は美しい言葉だが,近すぎれば縛り付け合い、単に義務の押し付けにしかならない。国民が安定した住居を持ち(住宅問題)、収入を得(貧困、働き過ぎ、消費税増額)、引退後は働いた分自分の時間を持ち楽しんで暮らす(年金問題)、介護の行政地域によるサポート(社会保障、医療介護問題)学業以外の子供たちの課外活動の行政主導の充実、雇用者(大企業)の育児、保育所社内設置。全て,政府が国民の為に行わなくてはならないことを、家族の絆,助け合いの美名で国民に押し付けている。


家族とはいへ、皆一人の独立した人間で、一度しかない人生、幸運にも命の危険にさらされない環境に生まれ、まじめに,正直に働き税金を納め、個人的な義務を果たしてきたら、人生のハーベスト(収穫期)を味わう権利がある。アメリカは老人が元気だ。80才90、100才でも、一人で暮らす。買い物が難しくなれば、ソーシャルサービスの人とか、近所に住む家族、ときに近所の人、が,スーパーにつれていったり、ちょっとした買い物をしてきたりする。サンクスギビング、クリスマス、誕生日,機会のあるごとに,子供や孫の訪問を受け、また出かけてゆく。世話をされすぎる事を嫌う。自己の尊厳を何より大切にする。そして他人の尊厳も踏みこまない。孫の面倒を見る事は楽しみであって,義務ではないし,両親も子供は自分たちの責任と自覚している。


”スープの冷めない距離”というのをよく母が口にしていた。”Distance that does not cool the soup”イギリス『The Social medicine of oldage』1948年J.シェルドン著だそうで、距離にして5分くらい?(なるほどイギリスなら,納得。アメリカでは5分-車でも、は無理かも)一緒に住んでいないけれど,行き来できるほどよい距離が、いい関係をつくると云う意味なんだろう。独立した子供と両親の関係を表わすとき、親と世帯を別に構えても気軽に行き来の距離も大切といっている。私は心の距離,余裕だと思う。そしてその心を保つには,安定した独立した生活が持てていることが必要だ。たとえ親子でも,終止お互い我慢し合い協調しあいながら同居(しかも,各人プライベバシーを保てるスペースを十分取る事は日本では難しい)は、もう今の時代では苦痛の部分が大きくなる。しかも期間は死ぬまで、、。


広い家に住み、お母さんに大事にされて、結婚後は妻に手渡され、妻が独立思考なら、またお母さんに大事にしてもらえる恵まれた男性の発想だ。国の怠惰を,日本人の弱い修身ポロパガンダで誤摩化し押し付けている。たいした経済大国だ。美しい国とは,個々人が自由で、希望に向けて努力できる事を信じられる国であり、特に,子供と,老人が元気で幸せな国の事だ。つまらない修身を上から押し付ける政策も、憲法改正もこれを実現することはできない。


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。よろしかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

民主党、こんどこそ、知者の提案に従え。

安倍首相はフランスに『出来る事は何でもする』と云った。もし、では難民の受け入れをお願いします、といわれたら、やるのだろうか?この人のセンスでは今最も勇気と善意のある国際貢献はシリア難民受け入れだとは、とても理解できないだろう。そして,もしそうなったとき、日本の国民は積極的に受け入れ態勢をとれるだろうか?日本は単一民族社会(実際はそう出なくてもそういう社会形態になっている)でながくいた、頭で分かっていても、対応に戸惑う事が多いだろうし,そういうときこそ,政府のリーダーシップが必要になる。そして今のリーダーは最悪だ。


この国の将来の要は,やはり政権交代。小沢一郎氏はTBSラジオ、前原氏「共産党シロアリ発言」とその後の枝野幹事長の謝罪により、解党騒動が沈下した民主党に、統一候補名簿による”オリーブの木”構想を再び呼びかけているという。どうしても、共産党アレルギーが根強い民主党、氏はすでに、共産党以外の野党での統一候補に対して,共産党の選挙協力の了解を得ているようだ。くわえて22日の大阪W選で(まあおおさか組の勝ちを想定しても)維新が与党サイドと野党サイドに分断出来る事を,歓迎し、東京維新も連立に加えられるとみている。


共産党の提案国民連合政権は、オリーブと共産党の連立となるのか?民主内シロアリ議員たちはどうするのか(自民へ行け!自民へ!!)? 小沢氏の手腕に期待。


また、小沢氏は安倍政権の経済政策は弱肉強食、これは政治ではないと云っていた。まさにその通りだと思う。実質白紙委任の安保法制もこれにテロ便乗の言論統制が加われば、日本はもう平和主義の国でも,民主主義の国でもなくなる。だいたい、甘やかされて育った特権意識の強い最高司令官ほど、人の命を粗末にする。命の重さの感覚がない。人と対等感が無いからだ。ジョージブッシュ2がそうだった。


06年頃イラク戦争を調べていて,その頃は政府主導の情報がやはり幅を利かせていて,そんな中、軍のWebに、ブッシュ大統領、兵士を訪問激励の写真が載っていた(ああ、ダウンロードしておくんだった)膝を組んで、地面に列をつくって座わる若い兵士の前を空を見上げて激励してあるくブッシュ、兵士たちはもうウンザリでそっぽを向いているか、怒りの目線でにらんでいるか。兵役にある若者が大統領にこういう態度をする事は,まずあり得ないし、上官も容認しない、ましてやこういう写真を軍がWeb、これってどういう事だろう。だれも共感も尊敬も(軍でさへも)していない。


安倍首相は隊員のリスクに関し「訓練を前もってできる。これまでより低くなる」と説明する。訓練で危険回避でき無いのが,紛争地域の警護の恐ろしさ”2015/10/16 07:57自衛隊員そして,彼らを送り出す日本の国民も必読、PKO舞台司令官の手記”にも書いたが、人間の耐えられる限度をとうに超えた、危機、死と隣り合わせの緊張と、繰り返される残酷な光景と、無力感と罪意識、で押しつぶされる屈強で冷静な軍人の自己崩壊の記録、ルワンダのPKOダレル司令官の手記を首相も読んでもらいたい。戦闘が続く「内戦型」の国に対し、国連が積極介入するようになった。ルワンダ、旧ユーゴの悲惨な後悔の後の転換だろう。政府側や反政府勢力に襲撃される現地住民を、武器を使って保護することが重要な任務になっている。自衛官にもダレル司令官の手記を読んでもらいたい。

なぜ、世界はルワンダを救えなかったのか―PKO司令官の手記
なぜ、世界はルワンダを救えなかったのか―PKO司令官の手記
著者:ロメオ ダレール
出版社:風行社
カテゴリー:本




ともあれ、軍国総理に振り回されて、失った国際的信用、税金、その上,若者の命も加わるのだ、民主党
もう,これ以上ぐずぐずするのは、安倍一派自公政権と同罪だと云う事を自覚して、知者の提案に従え。


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加していますよろしかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村