密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

自衛隊員そして,彼らを送り出す日本の国民も必読、PKO舞台司令官の手記


なぜ、世界はルワンダを救えなかったのか―PKO司令官の手記
なぜ、世界はルワンダを救えなかったのか―PKO司令官の手記
著者:ロメオ ダレール
出版社:風行社
カテゴリー:本


私の住んでいる町は、NY郊外の小さな町が、ミニマルアートの巨大美術館ができたので、アートイベントも盛んで、現代美術の画廊も幾つかある。その中に,非営利のジャーナリズム写真の画廊があり、よく展示を見に行く。そこで、ルワンダの10年と云う展覧会で、ルワンダジェネサイドの時、レイプされ、妊娠した女性たちと,その時の子供たちの肖像写真と証言を展示していた。普段長い英語のキャプションは目が泳いでパスしがちなのだが、これは全てを読み通した。そして,ルワンダに興味を持ち,幾つかの証言を集めた本を読んだ。この写真展とルワンダの本についてはまた別に書いてみたいのだが、今日は、その中でも,ルワンダにPKOで派遣された司令官の手記邦題『なぜ,世界はルワンダを救えなかったのか』風行社 著者ロメオ.ダレールについて書きたい。



この人は、カナダの人で、お父さんが軍人(下級士官)であり、子供の頃から軍人に憧れ、軍に入りエリートコースを歩んで、停戦下のルワンダに、PKO部隊の司令官として1993年10月に派遣された。そして,不幸な事に、大虐殺の勃発を目の当たりにし、そのただ中をルワンダで苦闘したその経験がつづられている。単に惨劇の目撃者としてではなく、その間の、国連とのやり取り、政府軍革命軍との調停、市民の救助、他国からの参加のPKO軍のとりまとめ(各国の思惑、認識の差に依る非統率)帰国後PTSDに苛まれ、軍を引退、酒に溺れ、2000年に自殺未遂をするにいたって、自らの体験のすべてを書く事で、辛くも立ち直り、2005年カナダの上院議員となっている。
彼のように,軍人を転職と思い、軍を愛する経験も豊かな人物でさえ、しかも国連主導の停戦調停を役目としておもむいたにもかかわらず、全く予測不可能な状況のただ中でもがきつづけ、自分の精神を徹底的に破壊されてしまったのだ。安倍内閣の戦争法案の詭弁など、全く通用しない、このような状況に、送り込まれる可能性を自衛隊の人たちは知る必要があるー知る権利、考える権利、拒絶する権利がある。


アメリカでは、TVコマーシャルで、最新式の義足、義手をつけて、スポーツをしたり,退役後の新しい職場で,生き生きと働く元兵士を映している。これは、退役軍人支援ーリハビリや再就職斡旋などを支援する団体のコマーシャルなのだが、しかし,精神的破壊を免れて無くした手足を克服してゆける人はどのくらいの割合でいるのだろうか? 帰還後の自殺、不眠ストレスや恐慌発作ーこれによって、家族や周囲の人を殺害してしまうケースも多々あるのだ。
アメリカ人は普通は自殺は考えない、希望を捨てないことを旨としていて、前向きである。その彼らでさえ、克服できない消えない傷をもてあまし多くの自殺者をだしている。時として責任感や孤独から自殺する人の多い日本。身体的な障害、あるいは心の問題の持つ人たちに対する、社会の受け入れ態勢も整っていない日本の社会では、アメリカ以上に深刻な問題を生み出すだろう。


ダレール氏の手記は、PKOだから,戦闘の行われていない場所だから、治安維持の警護だから、後方支援だから、リスクは上がらないなどということが、どれだけ馬鹿げた詭弁であるか、生き残っても,以前の自分は決して帰ってこない、それは、家族や周囲の人にとっても人生の破壊になるのだ、ということを、痛切に語っている。



PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


お金で買えないもの,買えてはいけないもの

”地獄の沙汰も金次第” やはり,古来から日本には、お金で買えない物はないというセンスがあるのだろうか?中国の南京大虐殺のユネスコ世界記憶遺産登録をうけて、日本政府が抗議。あろうことか
分担金を引き上げるとまで言い出している。これは,まず,非常に下品極まりない。まさに”金で横っ面を張る”であって、また非常に幼稚な事に張れると思っている。
シリア難民支援に約8億ドル,しかし難民受け入れに対応は考えない。
これも、国際社会の好感、評価をお金で買おう(買える)と思っている大きな勘違い。


”二度ある事は三度ある” 1、朝日新聞吉田証言の慰安婦虚偽証言をうけて、国連にウワラスミ報告書に異議申し立て。 2、『明治日本の産業革命遺産』世界遺産登録で強制労働の事実を認めると,韓国を
騙して,登録後手のひら返しー当時は合法!3、ユネスコをお金で恫喝。3ストライクアウト!!
国際社会から退場必至です。


アメリカに、こういう諺があるかどうかはわからないが、大富豪のミッドロムニー氏でさえ、シングルマザーでアフリカ系のオバマ氏から大統領の椅子を奪えなかった。ちなみに軍閥エリートで共和党の実力者マッケイン氏しかり。こうした点をとっても、少なくともアメリカの庶民は、全てがお金次第と絶望することはない。選挙はお金持ちも貧しい人も同じ一票なのだ。
それでも,前回選挙では、英語が出来ないラテン系や,複雑な書類も読めないアフリカ系の人たち(特に高齢者)に,ひどく複雑な投票登録をしなければ投票できないシステムをフロリダ州が可決。しかも、大変長く待たされるような投票所のシステム(フロリダは日中は殺人的暑さなのだ)、それでも、みんな帽子にサングラス、ハイキング用の椅子を持参 絶対帰らないぞー!と、投票まで6時間を並び、その間に民主党のボランティアはみんなの登録をサポート。選挙にかける情熱を見せた。


日本でも,投票を棄権しないで、こんな、常識のない、民主主義も人権の何かも解らない政権、議員は、
一日も早く国政からご退場願おうではないか。地獄の沙汰も票次第。

PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

民主党と共和党とジャパンハンドラー

ご存知の通り、アメリカは常に民主党と共和党で政権を争っている。支持層では、100%ではないが、リベラル、有色人種、文化人(アーチストなども)は民主党より。大企業、大金持ち、白人保守層、キリスト教原理主義団体、ライフル協会は共和党支持である。共和党は、小さな政府を標榜し、企業,資産家に対する減税、移民の受け入れ制限、軍備増強、極右派層は、堕胎の禁止の法制化、学校での祈りの義務化銃擁護などで、民主党は、企業、資産家への増税、国民皆保険制度の導入推進、学費値下げ、移民受け入れおよび、違法入国労働者への永住権発行など。水と油である。
今の安倍政権は完全に共和党に政策をホローしている。民主党で特にリベラルなオバマ大統領とあうわけがない。


今日本を騒がせているジャパンハンドラー アミテージ氏は、第一期ブッシュ2政権の国務補佐官でばりばりの共和党。現在は超党派シンクタンクの運営を行っている。昨今、彼らのレポートがアメリカからの司令書と信じられている向き、いささか過剰反応というか、考え過ぎの態があるように思う。再び言うが現政権は民主党なのだ。


News23(9/2)のプログラムでアミテージ氏直撃インタビューで、彼は「83年から日本(政府)と近しく交流をもっているが、I don't know which Japanese I be able to handle?」と戸惑っている様子。他の発言は日本語の音声で聞き取れないので,字幕での理解になるが、この彼のコメントに対する
司会者とコメンテーターの反応が、また事態を混乱させている。
アミテージ氏の「日本と安保関係を進める上で憲法9条がバリケードになっている」と云うコメントも,「他国の憲法に踏み込み過ぎでは」と司会者はいうのであるが、彼は考えかを求められたからそう言っているだけで、それを採用するかしないかは、聞く側の裁量である。もし彼がアメリカの大統領で公式発言でそういったのであれば、内政干渉で大問題であるが言ってしまえば私人の意見。クライアントの可能性を研究し,最善と思われるアドバイスをするのが彼らの仕事なのだし。「常に安保のドンと云われ続けて来た人」というのも、戦後ほとんど自民党政権であった日本とは違って、大統領によって,国の方針、政策がかなり違ってくるアメリカで、彼が常に同じ地位にいると云うのは考えられない。考えられる事は、日本国内では、安保のドンと認識されていたと云う事で,ご本人もそれを聞いたら、丁寧に光栄ですと驚くだろう。最後に「私の意見を採用するかしないかは,日本が決める事です。」もっともである。


日本人から見ると,アメリカ人の意見、アドバイス、自己紹介、キャリア紹介などは,いかにも自信たっぷり!!こんなに断言!!と感じるだろうと思うが、この国ではこれで普通。
私もこちらに来たばかりの時には、画廊や公共の美術スペースのディレクターに手紙を書き、夫(アメリカ人読書中毒)にチャックしてもらうたび、「君の書き方では,あまりに回りくどく、謙遜が過ぎる。学生でももっと,断言的に自分の能力と意見を標榜するよ。」と言われ、書き直してくれるのだが、これが,読むと,私にとっては、「こんなに偉そうに書いて、、とんでもない!!」と云う内容に。
その度に,「ここは日本じゃないんだからね!!」と言われ続け,しかし今でもプッシュは弱い。
だから,特に分析とアドバイスを存在意義とするシンクタンクなんて、これが絶対あなたの従うべき事ですよ!!!とういように書かないと、成り立たないのだ。
別にアミテーシさんに味方するわけではない,どちらかと云うと共和党路線の彼の日本に対する意見は賛成できない事が多い。だから、安倍政権は嫌いだけど,国会での岸田外務大臣の『民間の報告書ですので,政府の立場から逐一コメントは控えなければならないとは思い増すが,ご指摘の報告書を念頭に作成した物ではない』は、妥当な答弁。もしまずいとすれば、参考にしたくらいは言わないと一致しすぎてるけどね。それから、日本が武器の政策販売を始まると云う事は、アメリカと競合するということで、アメリカ(特に共和党)の国益を害する。なのになぜこれがアメリカの指示なになるのか?


『アメリカの軍縮は,日本に肩代わりをさせようしている』これも、少し違うと思う。オバマ大統領は選挙公約の一つが軍縮、前ブッシュ2政権では、あまりにも多くの人が亡くなり(殺され)、企業,資産家への減税に軍事費拡大を8年つづけたため、アメリカの経済はひん死の状態になった。オバマ政権1期ではその立て直し(尻拭い)に全てを費やしたと云っても過言ではない。だから軍事費削減、イラク、アフガニスタンからの兵士を徐々に帰還させつづけている。それでも全てを引き上げる事は様々な側面の理由から、出来ていない。帰還兵の問題はまた別に書くとして、日本が肩代わりしてくれなくても,オバマ政権の軍縮は変わらない。そして,自民党と仲良しの共和党は軍備増強必至で,軍縮のオバマ大統領を弱腰と非難し蛇蝎のごとく嫌っている。だから、アメリカが日本に負担させる為に安倍政権に戦争法案をごり押しさせているというのは、民主党、共和党2つの顔を持つアメリカを考えた場合、無理があると思う。


共通の敵があった方が,まとまりやすい。しかし、安倍政権の無謀の原因をアメリカの陰謀に求めて、
しまうのは、いかがなものか。イラクやアフガンでの米軍ひどい行いに腹を立てている,特に現地で
取材したり、ボランティアしている方達はアメリカの国際法違反、人権蹂躙を訴えたいだろうし、
アメリカは自国のひどい行いのつけを払わなくてはいけないと思う。しかし、アメリカは,中国は、
韓国は、とその国全体を憎み糾弾する事は、それも,戦争のはじまりなのだ。
私たちが今戦わなくてはいけないのは、特権意識に思い上がって,数の暴力を振るい続けている日本の
現政権なのだから。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。宜しかったら 
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。