密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

もっと怒りを!!安保廃止法案、審議せず 会期2カ月残し与党決定。

東京:安保廃止法案、審議せず 会期2カ月残し与党決定
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201603/CK2016033102000136.html
自民、公明両党は三十日、野党が衆院に共同提出した安全保障関連法の廃止法案を今国会で審議入りさせず廃案に持ち込む方針を決めた。安保法施行の翌日に、国会会期末まで二カ月も残しての決断となる。安倍晋三首相は法律について国民に丁寧に説明すると繰り返していたが、違憲性などをめぐる本格的な議論は行われないことになる。 (古田哲也)
 

自民党の谷垣禎一、公明党の井上義久両幹事長らは三十日、都内で会談。廃止法案について「決着のついた議論を再び蒸し返すだけ」(佐藤勉・自民党国対委員長)と、野党側が求める審議に応じない方針を確認した。
 

他国を武力で守る集団的自衛権の行使容認を柱とした安保法は、多くの憲法学者が違憲性を指摘する中、政府・与党が昨年九月に成立に持ち込んだ経緯がある。廃止法案は、民進党に合流する前の民主、維新両党と、共産、社民、生活の計五党が、法律の違憲性などを国会で問い直すために、成立から丸五カ月を迎えた二月十九日に共同提出した。
 

廃止法案の取り扱いを協議する衆院議院運営委員会理事会では、早期の審議入りを求める野党に対し、与党は回答を保留してきた。安倍首相は、安保法が施行された二十九日の国会で、廃止法案について「廃止すれば日米の同盟の絆は大きく毀損(きそん)される」と表明。首相の意向を受け、与党は審議しないと決めた。
 

野党側は「安保法の問題点が明らかになり、参院選や衆院補選の争点になれば与党が負けるという不安の裏返しだ」(山井和則民進党国対委員長代理)と反発している。
 今国会の会期は六月一日までで二カ月残っている。廃止法案は審議入りせず会期末を迎え、継続審議の手続きが行われない場合、廃案となる。


国民の注目を喚起させず、参議院選までは、自衛隊も動かさず、『そっとしておいて、忘れていてネ』と言う事だろうが、大体まともの質問に答えない、同じ意味のない答弁の繰り返し、必要性の具体事例の整合性が全くない、そんな状態を、『決着のついた議論』というのか?まあ、ひげの隊長、現場で作戦陣頭指揮をとり、鉄拳を繰り出した事が、可憐取っては、議論であり、決着なんでしょうが、普通の暴力を物事の解決に採用しない人々の間では、あれは、議論でもなかったし、決着もついていないと言う事だよ。


トンデモ・トランプショーに本気でビビっているなら、その時点で『日米の同盟の絆は大きく毀損』するし、まあ狂犬クルーズでも大きく既存するか。 
もちろん、ヒラリー・サンダースであれば、いくら同盟国でも、憲法違反の法律で、採決も違法の法律を、国民の民意で廃案に下からと言って、日米関係を悪くする事はないだろうし、日本は独立国なのだから、自国の決定の上で、国際関係を整えて、交渉を持つのは当然の事。ドイツだって、イタリアだってやってきている事だ。


大体自分たちのした、議会制民主主義の破壊による立法、インターナショナルに有名になっている報道統制、歴史修正主義。悪質な毒裁政権であることは、国際社会に周知の事実。国民の力で廃案に持っていった事を、賞賛こそすれ、非難する民主主義国家はない。


『今国会の会期は六月一日までで二カ月残っている。廃止法案は審議入りせず会期末を迎え、継続審議の手続きが行われない場合、廃案となる。』
こんな事が許されるのか?これもひとえに自民に過剰な議席を与えた結果。こういう横暴にどんどん注目して、巷でも議論、非難をして、注目し続け、選挙でその うっぷんをあ晴らす。もっと怒りを!!!


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


>


消費税増税岡田発言はマスコミの偏向?を検証2

費税増税岡田発言はマスコミの偏向?を検証
http://artrino.muragon.com/entry/384.html


民進党が正式に反撃にでた。


柿崎未途氏ブログより転載


http://blogos.com/article/169703/
党として、記事を配信した時事通信に対し、抗議と訂正を求める文書が出されました



昨日、Fbにも書いた、岡田代表の日テレニュースでのインタビューで「予定通り来年4月に消費税10%に上げるべき」と言ったとされる報道について、党として、記事を配信した時事通信に対し、抗議と訂正を求める文書が出されました。


要するに、真相は、私が書いた通りだった訳です。


平成28年3月30日
時事通信政治部長 阿部 正人 様


貴社は3月28日配信記事において、岡田代表の日本テレビ番組での発言を「消費増税、予定通り実施を=岡田民進代表」との見出しで取り上げ、「消費税率10%への引き上げについて、『財政健全化は次の世代に責任を果たす意味で非常に大事だ。条件を整えた上で上げていくべきだ』と述べた」と報じました。
しかし、岡田代表は同じやり取りの中で、「ただし、それ(消費税引き上げ)には、例えば行政改革を徹底的にやる、社会保障の充実をやるということが法律に書いてある。安倍総理がそれを十分にやっているとは思えない」と述べ、現時点において消費税引き上げの前提が満たされていない旨指摘しており、また、見出しにある「予定通り実施すべき」との発言はしていません。
貴社配信記事は見出しが事実に反するうえ、記事本文も岡田代表の発言の一部を切り取った極めて不正確なもので、多くの読者の誤解を招くものです。貴社に対し厳重に抗議するとともに、当該記事の削除および訂正記事の配信を求めます。

以上
(参考)日本テレビ ニュース・エブリ(3月28日)
○キャスター 消費税は、景気対策にも使われることになる。消費税の10%引き上げに賛成か、反対か。
○岡田代表 基本的な考え方としては、財政の健全化は次の世代への責任を果たすために大事で、我々が与党のときに多くの皆さんから批判もいただきましたが、10%に決めました。それが基本です。
ただし、それには例えば行政改革を徹底的にやる、社会保障の充実をやるということが法律に書いてあるわけです。安倍さんがそれを十分にやっているとは思えない。
前回の総選挙のときには、リーマンショックのようなひどいことが起きなければ予定通り上げるといわれましたが、最近ちょっと変わってきている。経済の状況をしっかりと上げる状況に持っていく責任が安倍さんにはあると私は考えます。
そういう条件を整えたうえで上げていくべきだと考えているわけです。


「消費増税、予定通り実施を=岡田民進代表」(時事通信2016/03/28-17:12)
民進党の岡田克也代表は28日の日本テレビ番組で、来年4月に予定されている消費税率10%への引き上げについて、「財政健全化は次の世代に責任を果たす意味で非常に大事だ。条件を整えた上で上げていくべきだ」と述べた。


今回は文句無しの対応。国民に対しても、野党共闘に対する偏向報道の可能性も注視できたし。でも、岡田代表の考えでは消費税は10%にいずれする必要があるなので、共産党や小沢一郎氏の消費税そのものに反対し、廃止、その代替えの経済プランを出すということではないので、私的には、すぐでも、あとでも、でも同じかなぁ、のような不満は残る。


自民党が敷いてきた土壌の上の改定案、改善策ではなくて、もっと根本的見直しも求められていると思うし、世界の潮流だと思うのだが、まあとりあえず、今回の民進党にマイナスイメージが払拭され、野党共闘にメイナスに働かなければ上出来で、良しとしよう(偉そう?)


野党連合の協力推進、打倒安倍政権!!
          

PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


No-conprehensible!!トランプ中絶発言に候補各氏非難

気の早い日本ではトランプ大統領の対応準備に右往左往。

MSNBC(リベラル派のTV局)はトランプの最新のお騒がせ、『中絶する女性に罰を与える。』という発言と、もういい加減ばかばかしさも極まったトランプ騒動への、ケーシック、当のトランプ、クリントン、サンダース、へのインタビューを放映した。


CNN:トランプ氏、「中絶した女性に刑罰を」発言 批判受け修正

http://www.cnn.co.jp/usa/35080424.html


ケーシック知事(共和党)は「女性が中絶したことで罰せられるべきでないのは当然だ」と述べた。


トランプは、インタビュアーから”女性をに罰を与える”と云うがどのような事なのか?と突っ込んで聞かれ、”I don't know!!" .”どんな罰かなんて解らんけど、罰しなきゃいかんだろう!”−結局なにも考えたないんだよねこの人は。数時間後、トランプ氏は声明を出し、中絶が非合法化された場合には「法的責任を負うのは女性ではなく、違法行為を女性に対して行った医師などになるだろう。この場合、女性は子宮内の生命と同じ被害者だ」と発言を修正。「私の立場は変わっていない。私はレーガン元大統領と同じで例外を認める中絶反対派だ」とも述べた。トランプ氏はかつては中絶支持派だったが、現在では非合法化すべきとの立場を取っている。


ライバル・クルーズは、「トランプ氏が問題について真剣に考え抜いていないことが露見した」「女性を罰したくないが、医師は死刑にする」と発言、今回の事を受けてではなく、持論らしい。狂ってるでしょう? 毒蜘蛛とサソリって感じ。



トランプはウーピー・ゴールドバーグからも、『ドナルド・あなたはものを言う前に少しは考えて!!』と嗜められていたが(4ヶ月前だ)


ウーピーゴールドバーグ、トランプの問題発言を厳しく嗜める。
http://artrino.muragon.com/entry/105.html



ヒラリーは、(トランプだけでなく全般的な大統領選、政策、などをMSNBC局の看板キャスター・レイチェル・メドーとの長い対談のなかで)女性への差別的発言、メキシコ移民への侮辱、イスラム教徒への迫害的発言、も合わせてを非難した。大統領の職務が務まるとは到底考えられず、候補不適格。私とサンダース氏は方向や、やり方が違うだけで、同じものを目指しているので、論争し、戦ってゆくのは意味があるが、共和党は何をしているのでしょう?
とコメント(もっと長く言っていたが、他の内容もあって理解がついていけなかった)


サンダースは、「『"punish the woman" No-conprehensible!!!』”女性に罰を与える”だって?まったく理解不可能!!! 女性は自分自身を守り自らの体のことを選択する権利がある。大体、この毎日トランプ氏の馬鹿げた発言に皆が騒ぎコメントを求められるが、それが一体この国の政策に何の関係があると言うか、それで最低賃金は?格差は、国民の健康保険は?仕事の創出は?、彼の言う事など、取るにたらないくだらない事ではないのか? 共和党は、今、右派からも大きく逸脱しているよ。」


流石、サンダースさんってとても真っ当です。拍手!!


レイチェル・メドーは、トランプを”bamboozleー嘘を言って人々を混乱させる”といっていた。「こんな、なんというのか、”bamboozle”な人は、まずいなかった。」


Bamboozle(バンブーズル)はとても印象的なそして的確な表現でした。語感もトランプにぴったり。何しろ一流の政治部門のニュースキャスターだもんね。コシップ専門タブロイドキャスターなら、bamboozleな奴も、なじみ深いだろうけど。



日本にもいるよね。Bamboozle。
番組は最後に、サンダース氏のNo-conprehensible!!!と怒るシーンを再映でしめくくりました。


本当に、『トランプの言う事など、取るにたらないくだらない事』なんです。


それで日本の政府が騒ぐなんて、No-conprehensible!!!


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村