密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

小林賢太郎氏の問題は日本の表現者が踏みやすい地雷+言語道断?で、麻生さんは?

いじめのミュージシャンでは止まらず、クリエイティブディレクターの小林賢太郎氏の過去作品が問題となり解任。 でも、小林賢太郎氏が、解任なら、他の二人も解任にすべきだ。


小林氏は、単一民族(実は、そうではなく、根底に差別問題も根強いが)国家、歴史認識が政府主導で、真綿で包まれて教育された日本で育った戦後世代は、国際社会の常識から、かけ離れた、安易なイメージで、地雷を踏んでしまいがちだからだ。


少し前、関西のいじめ体質のコメディアンが、エディー・マーフィーに扮して顔を黒塗りにして、問題になった。当時日本では、なんでそんなに悪いの?騒ぎすぎという反応も半々だったように記憶している。しかし、ブラックフェイスの歴史的位置付けを知れば、日本人がそこに簡単に乗っかってはいけないことがわかるだろう。


ブラックフェイスについては以前書いた記事で触れている。読んでいただければ幸いです。
懐かしのシャネルズ”ランナウェイ”をトンズラ総裁に捧ぐ - 密接な関係にある他国から


茂木健一郎さんが、「一部を切り取って本質的な笑いのセンスを壊すのは良くない」というような、小林氏への擁護しているが、この場合、小林氏の笑いは、やはりアウトだろう。
コメディアンは、自分に強く根ざしていることから笑いを作ることで深さと説得力がまれる。小林氏は、”東京大空襲ごっこ” とか”広島ごっこ”とか、”福島ごっこ(福島出身なら)”としたなら、筋は通る(ただ国内から非難轟々で、これはこれで大変なことになっただろう。だから(無意識に)他人事のホロコーストにしたのかもしれない。)関東大震災ごっこ、なら、より興味深い”ごっこ”ができるだろう。


小林氏の笑いは、地雷踏む?的なおかしさがある。実はラーメンズ結構好きで、彼らを知ったのは、姪っこが聞かせてくれた、語学学校シリーズが始まりだった。
どこかアフリカの国を想像させる生徒たちが、日本語を学んでいるという設定。先生「わかりません」生徒「分かりません」 先生「知りません」生徒「知りません」先生「小麦粉かなんかじゃないですか」生徒「小麦粉かなんかじゃないですか
これには、不覚にも大笑いした。しかしよく考えてみれば、特定の国の人に対するステレオタイプの上に、またそういうバイアスの上に立つ笑いだ。日本では許されても、アメリカでは許されないだろう。ただし、人種をメキシコ人に設定したら、名誉トランプな人になれるかもしれない。 小林氏の観察眼と、日常をシャープに切り取り別な面を晒すセンスは素晴らしいと思ったが、やはり、箱入り日本人の轍を踏んでしまっている。
彼が日本の歴史認識、日本人の慣習(これは”美しい日本の形”、、だつたかな、のシリーズで成功している)日本社会の不条理を、笑いに変えれば素晴らしいものができるだろうと思う。謝罪文も、きちんと謝罪文になっていた。


小林賢太郎と申します。私は元コメディアンで、引退後の今はエンターテインメントに裏方として携わっています。
かつて私が書いたコントのセリフの中に、不適切な表現があったというご指摘をいただきました。
確かにご指摘のとおり、1998年に発売された若手芸人を紹介するビデオソフトの中で、私が書いたコントのセリフに、極めて不謹慎な表現が含まれていました。
 
ご指摘を受け、当時のことを思い返しました。思うように人を笑わせられなくて、浅はかに人の気を引こうとしていた頃だと思います。その後、自分でも良くないと思い、考えを改め、人を傷つけない笑いを目指すようになっていきました。
人を楽しませる仕事の自分が、人に不快な思いをさせることは、あってはならないことです。当時の自分の愚かな言葉選びが間違いだったということを理解し、反省しています。
 

不快に思われた方々に、お詫(わ)びを申し上げます。申し訳ありませんでした。
先ほど、組織委員会から、ショーディレクター解任のご連絡をいただきました。
ここまで、この式典に関わらせていただけたことに感謝いたします。

小林賢太郎


小山田氏の官僚や政治家みたいな謝ってない謝罪文と比べれば、きちんと自分で咀嚼した謝罪であることが読み取れる。ただ、「人を楽しませる仕事の自分が、人に不快な思いをさせることは、あってはならないことです。」これは違う、そうではない。みんなにいい顔をして、角の取れた万人ウケの笑いなど、コメディアンの劣化・鈍化である。 ただ、やってはいけないことの認識をきちんと持つことは、よしんば、人を傷つける笑いに覚悟を持つことができるからだ。
Real Time with Bill Maher ・コメディアンのナイフー社会政治批判 - 密接な関係にある他国から
の中で書いたエピソード、とても有名なユダヤ系コメディアン(名前が出てこない),彼のショーにドイツ政府の高官が来て,多いに笑って、ショーのあと彼を訪ね『アメリカのコメディアンは本当に面白い。なぜ我が国には,面白いコメディアンがいないのか』と云い,彼は『それはあなた方が全部殺したからですよ』と答えた。この鋭さ、彼はこの善良に彼の舞台を楽しんだドイツの観客にナイフを突き刺した。そしてここで、ドイツ人はハッとする。ちっとも心温まらない、傷つける。でも、絶妙の切り返しに、ぐうの音も出ない。このギリギリがコメディーだ。素養のある人間なら、自分にだけ向けられたこのコメディアンのナイフに触れてことを幸運と思うだろう(そう思える人は少ないだろうが)


我々はどのようにトランプ政権に対抗してゆくか?ジョン・オリバー・ショー - 密接な関係にある他国から


日和見コメディアンが批判に猛反発、このSNLを見て恥を知れ。 - 密接な関係にある他国から

上に記事では、「社会風刺を芸に昇華させることが出来ない日本のお笑い芸人は、国際的な基準と照らし合わせるとあまりにレベルが低く、オワコンである」と脳科学者の茂木健一郎氏がツイートしたことに対し、コメディアン側が猛反発を受け、ネットも「自分の正義を振りかざす痛い奴」と攻撃。これを受けて、茂木氏は謝罪したそうだ。ということを取り上げた。この時点で茂木さんは謝罪すべきではなかったし、言ってることも共感できる、正論だ、攻撃したコメディアンは恥もなく、反撃なら、ユーモアで返すというコメディアンの矜持もないオワコンだ。しかし、今回は的外れだ。自分のスタンディングポイントをしっかり見極め、定めてから発しないと、社会風刺の笑いは、低レベルの侮辱しかならない。その点小林氏は、自身の立ち位置をイージーにした点が、責められるべき点だ。そしてオリンピックとゆう、世界中の人が集まる祭典の場であることも、事態を難しくしている。事前に過去の不適切を公表し、真摯に謝罪し、英文で発信するべきだった。この不手際は、日本の広告代理店のノリでやっちゃえ気質の大きな弊害である。


ところで、ラーメンズ時代の小林氏の独特のセンス、その後、クリエーターとしてどういう実績を積んだのかは知らないが、五輪のディレクターというのは、舞台が大きすぎるのではないか、と感じた。もちろん若い感性や、多様性は必要で、その意味で、テイストが偏った内輪の人選を感じてしまう。どうもここでも広告代理店臭がプンプンする。もう、電通内輪のコネクリエーターつながりでやっている感じがする。だいたいクリエーターって言葉軽くて胡散臭い。何でもかんでもクリエーターだ。人と物を捏ねくり回すだけのコネクリエーターだ。


とにかく、小山田氏のことは謝罪文も含め、彼の創作物は見たくも聞きたくもない嫌悪感が強くある。しかし、こういうご時世で、彼の家族がバッシングに会いかねないことが心配だ。彼も痛みを知るだろう。匿名のバッシングをする人たちは、自分たちが非難している小山田氏と同等のことをしていることを自覚し、そういう行為をやめるべきだ。


小林氏の場合は、日本人特有のドメステックな無知から来ているのだから、反省と勉強はしても、鋭さや感性が潰されることがあってはならないと思う。そして彼の問題は、多くの日本人の表現者が気をつけなくてはならないことでもある。まさに他山の石。もちろん彼の家族や元相方(演じた物として謝罪した)周囲へのバッシングもしてはならない。


最近の開会式は、自国の世界に誇る文化・歴史を織り交ぜて壮大なショーを作る。そこには、日本が誇る、芸術家やミュージシャン・映像作家の参加が期待される。宮崎駿はどこ?
坂本龍一はどこ?是枝裕和は?草間彌生・オノ・ヨーコ・村上隆・奈良美智は?情報が古いかもしれないが、世界で評価を受けている日本の表現者はたくさんいる。こう言っては悪いが、今回の人選は偏っているように思う。まあ、野村萬斎や宮本亜門が手を引いたのだ、こういう人たちもやりたいと思わないのだろう。


ところで、この問題で、激怒した菅総理が『言語道断!!』といったとか。
コメディアンが、日本の教育行政のせいで、軽い認識で大きな間違えを犯したことが、言語道断なら、憲法改正を、市民の目を他にそらしして、その隙に通してしまう「ナチスの手口に学んではどうかね」などと発言した副総理は、どうなる?!!!!
1933年1月30日に成立したヒトラー内閣最初の閣議でも、一定の授権法制定が議題となった。その後ヒトラーはまもなく国会を解散し、4年間の政権委任を訴える選挙キャンペーンを行った。この選挙中の2月27日にドイツ国会議事堂放火事件が発生した。ヒトラーは大統領に要請し、「共産主義暴動の発生に対応するため」として、「ドイツ国民と国家を保護するための大統領令」と「ドイツ民族への裏切りと反逆的策動に対する大統領令(de:Verordnung des Reichspräsidenten gegen Verrat am Deutschen Volke und hochverräterische Umtriebe)」の2緊急命令を布告させた。


「サイモン・ウィーゼンタール・センター」も片手落ちだ。もっとも、ステージが五輪であるという点で、非常にナーバスになり抗議に及んだということかもしれない。政権内にチクリもいたようだし。中山泰秀防衛副大臣そんなにいるラエル大好きで、イスラエルの忠犬になりたいのなら、麻生発言も英訳してご注進したらいい。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。
宜しかったら、両方をクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ