密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

TVドキュメンタリー”30days"を見る。

10年前にスタートした、TVドキュメンタリーシリーズ "30days" のDVDBOXを購入した。そもそもは,日本のテレビ番組で、TPP特集で、『アメリカの最低賃金生活体験のドキュメンタリーがあった』と云うのを聞いて調べてみたら、毎回”30日間特定の状況で生活してみる”と云う番組で、ゲイコミュニティーや、ムスリムコミュニティー,刑務所、何ど様々な体験を,一般志願者?が行う。45分番組だが
無意識の差別意識、偏見、などアメリカ社会の問題点を個人の体験を通して明らかにし、人間同士の交流
によって、理解を深めてゆく様は、心揺さぶられる。これから,時々紹介したい。


第一エピソードは、" Minimum Wedge最低賃金生活” 若い白人カップルが、オハイオで所持金400ドルで、アパートをさがす。この予算では、危険な地域しか借りられない。家主は「階下はつい最近クラックの摘発をうけた。でも,作っていただけだから危険はないよ」!? 背に腹は代えられず契約(アメリカは敷金礼金なし。アパートはキッチン、バス、リビンクルーム、ベットルームは日本の感覚からすと,とても広いし、キッチンシステム(ガスやレンジ,冷蔵庫など)ベット付き。 翌日,仕事探し。時給7ドル(税金を引かれ8時間労働で一日45ドル)で、彼女は皿洗い、彼は大工下働き。数日で,彼女は疲れ果て,手荒れ、床に座る食事にストレスをため泣きが入る。翌日(アメリカの男性ははパートナーの女性の泣き言を重大にとらえ,解消に向けて行動する傾向強し)低所得者用のセカンドハンドストアーへ、食器、衣類、家具など全ては寄付なので,全部無料。食器と木の丸いダイニングテーブルセット、とリビングのソファーセットをゲット。トラック(19ドル)を借りて自宅に運び、彼女は大満足。その後、慣れないハードワークで彼女は感染症になり、無料の診療所に行くが,長蛇の列で、やむなく救急ヘ(コレで45ドル出費)、仕事ができなかったので,3日無給が痛い。その後,彼の兄の子供たちが訪れ,映画代、外食代など全部持ち出し。なんでこんな時に、兄貴気を使えよ!,でも断れない−断りたくない彼。加えて、なんと彼女の誕生日(アメリカ人はパートナーの誕生日がすごく大事)で、バスでレストランへ。不幸な事に、この日は終バスの時間が繰り上げで、やむなくタクシー(45ドル)。予想外の出費に落ち込む二人。その上、彼も無理が祟り、腱鞘炎に。救急で、500ドル。そのうち包帯代で40ドルにショックを受ける怒る二人。職安で知り合った友人は子供二人、一体どうやって生活しているのか?首をひねる彼。そしてついに,出費が稼ぎを食いつくし二人の30日が終わった。毎日ノートに入出金を書き出し頭を抱える生活からの解放。二人の顔に安堵がひろがった。


実際,体験低所得生活だど、メディケイド(低所得者医療保険)にも申し込めないし、未だ節約に計画性が身に付いていない為,意外な出費が襲う。それでも、子供がお風呂の入れなくてシラミが湧至り、餓死寸前になったり、昼夜働いても生活が賄えないと云う,死ぬか生きるかのぎりぎりに追いつめられているか,と云うとそこまでではないように思う。もっと、貧困のパーセンテージはアルコールとかドラッグとかに溺れ無気力かし,子供の養育を放棄している層がより,問題は深刻だろう。


と,とりとめがないのですが、”30days”第一話でした。


よろしかったら、クリックお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


いったい,何様、民主党!!!

この人たちは、野党共闘+政権奪還の国民連合政府構想を潰すつもりなんのではないか?戦争法案も一部賛成、だから共産党提案の国民連合政府構想が巧く行って,戦争法案撤廃、閣議決定廃止ではこまる?



<共同通信28日記事>
”民主党の岡田克也代表は28日、さいたま市で講演し、来年夏に実施される参院選での共産党との選挙協力をめぐり、共産党が安全保障関連法廃止を目的とした暫定的な連立政権構想を撤回することが前提になるとの考えを示した。「参院選は政府をつくる選挙ではない。政権を共にするという前提を外してもらわないと話は進まず、条件は不要だ」と述べた。連立政権構想については「非常に無理がある。安全保障など基本政策が違う政党が一緒になっても、強力な政権とは言えない」と指摘した。枝野幸男幹事長も28日の会見で「理念や政策、政治手法を相当共有できなければ、政権は共に担えない」と語った。”


27日の記者クラブでの志位委員長会見
http://www.jnpc.or.jp/activities/news...
この会見を受けて、上記コメントとは、自分たちは野党第一党だからって、いったいなに様のつもり!!
基本政策が違う政党が一緒になっても、強力な政権とは言えない』それ以前に政権を取り戻すことが重要だろう。暫定政権ともいっている。実際、自党内が方針ごた混ぜで,党内統制もとれていないのに,どの口が云うのか。
記者クラブでも ”共産党は、前へ出ず後ろから黙って後押し” ”選挙協力も宮城県議選躍進のようなことが起こっては問題” などの、意地の悪い質問にも志位委員長は腹もたてず、嫌な顔ひとつせず、誠実に答えている。答えられない事には誠実に安易な答弁はしない。最後は記者のみなさん、簡単には納得しないぞと構えていも、彼の本気度に感銘を受けたのではなかろうか? 実際、記者の人たちよりも,国民の方がアレルギーなんかやすやすと乗り越えてしまうかも。だいたい ”共産党は、前へ出ず後ろから黙って後押し” して、この民主党や維新みたいなのを前に出しても、国民は納得しないと思う。投票したくない。それでも、国民連合政府構想に賛同なら,国民も打倒安倍政権で、野党連合に投票するべき,で一致できる。それなのに、、、。


本当にこの国の,国民の事を考えているのは誰か。志位氏曰く”平和的で,民主的な,日本共産党”なのだ。この言葉に嘘はないだろう。共産,社民,生活の党と山本太郎と仲間たち、無所属 を中心に真の共闘をしたほうが、百倍いいのではないかと,長い目で見られない小人の私は思うのだが。


よろしかったら,クリックお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


辺野古ごり押しはアメリカの要請?ーオバマ大統領の共同記者会見

辺野古基地建設は掟破りの強引さで、進められている。4月末の安倍首相訪米時、日米新ガイドラインを勝手に約束して、ご満悦だったが、オバマ大統領は共同記者会見でなんと発言いたのか?これを翻訳放送したメディアはあったのか?当時日本の報道は,あまりに事実を、歪曲、安倍氏中心の都合のいい、印象操作していたので、オバマ大統領の共同記者会見での日本に向けている部分の発言を翻訳し,友人に送ったりしていた。オバマ氏は,安倍氏の申し出(新ガイドライン)に感謝を示しつつ、『この連合のメンバーには、そこへの関わりかた(参加の仕方が)が行く通りもあるはずです。』と日本の平和的支援に言及しています。それをアップします。解釈を加えてたくなかったので、直訳です。


 日本の人々と、その選ばれた代表(議員)は,自国の防衛について,何が最善であるか最終的に、結論を下すことになるでしょう。しかし、安倍総理がおっしゃったように、ここ数十年間、平和を愛する日本が没頭つづけてきた大変に困難な、過去の教訓からの”学び”を実践してきたことは,非常に重要なことだと私は考えています。日本は国際的あるいは地域的武力紛争に携わることを,良しとせず、ゆえに、日米同盟は我が国が主導して、私たちの国への、武力攻撃および侵略とその可能性を有する事態への防衛の方法を模索してきました。そして,安倍総理からお申し出のあった,新しい防衛ガイドライン、そして集団的自衛への取り組み方は、武力攻撃および侵略とその可能性に対する防衛を実行する我がアメリカ軍の能力をアップグレードさせるでしょう。私たちは全ての国際社会に生きる人々とともに、ISILのような組織が行う残忍な行為、アメリカ人の、日本人の、他の国々の、そして,最も多くあるイスラム圏の国々の無辜の人々に死の犠牲を強いるテロリストの行動を除去する、その決意を分かち合うでしょう。そして それこそがISILを打ち負かす為に巡らされた連立の絆であり、私たちが、世界各国の幅広い層の人々とともに、なし続ける 世界中のテロリズムの阻止、および防止の努力であるのです。こうしたなかで、日本の協力は、力強く、感謝を持って迎えられるでしょう。 


けれども、この連合のメンバーには、そこへの関わりかた(参加の仕方が)が行く通りもあるはずです。日本が快く進んで行うことのできる(willingness)、人道的支援の提供に関与することは、不安定な状況におかれている国々に大きな違いをもたらすことでしょう。また,日本のwillingnessー快く進んで行う、地域の平和維持と他の国とともに、破壊された地域を再構築する働きは、状況を大きく変えてゆくことでしょう。ですから、重要なのは、日本の軍備計画が,今すぐ、また大きく変化することを期待するのではなく、むしろ,日本が、私たちの盟友とそして,私たち自身のように、新しい脅威に対応し,また,私たちの,基本的な原則の核心が、領土的野心によるものでなく、また他者への侵略でも無いことを,これは独立した国家の繁栄と自由の純然たる擁護であることを理解し、私たちが長い間行って来た事を 今,私たちとともに,更なる長い年月を、ともに行ってゆこうと云う事である、と私は考えています。 


(中略)私たちの新しいガイドライン は、基地の在する地元地域社会との衝突ー強い影響(impact)を減らすために、沖縄を含むこの地域にわたるアメリカ軍の再調整をもっておぎなわれ、より完全な物になるであろうと思います。そして私は、アメリカ海軍をグアムに移動させるという公約をここで再び確認、約束いたします。


この時、ボルチモアの暴動が起こったため、この記者会見のオバマ氏の発言の半分は、ボルチモアの暴動徒の鎮静と,市民に向けてのメッセージに費やされた。安倍首相はかなり長い事,オバマ大統領のとなりで、ボーっと突っ立っていた。途中で、『すみません、シンゾー、ですがこれはっ私たちに取ってとても重大な事なのです。」と謝ってまた,スピーチに戻った。幾ら非常事態とは言え,しかも偶然当てた,記者から,日米に関係のないボルチモア暴動への質問がでるーわざとだな。 アメリカでもメディア側の質問の主題(内容ではなく)は、それとなく報道官に伝えられている。その中でどの記者を指名するかは大統領の裁量。今回は”いったい何しに来たんだ?”とうい感の日本の首相の訪問。日本側が前のめりにこだわる基地移設に対しても,儀礼としての”ありがとう”は伝えても,推進には、”いかがなものか”という姿勢を、首相に失礼のないようにメッセージに加え、議会提出もしていない、安保法制に踏み込んだ言及を避けた。それで、半分以上をより有益な、ボルチモア暴動鎮静メッセージにまわしたーと云う事だろう。アメリカ政府も辺野古にこだわっていない,オバマ大統領は基地問題で一度も”辺野古”と云う言葉を使っていない。沖縄の人たちは、かつて,アメリカ軍に”銃剣とブルトーザー”で蹂躙され、今度は日本政府から、”札束とブルトーザ”で蹂躙されている。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村



よろしかったら,クリックお願いいたします。