密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

共産党、ハードル高い?

志位委員長、粘り強く”国民連合政府”提案を続けている。民主党は相変わらずグズグズだ。菅幹事長も嫌みなコメントを出して,志位さんに見事なスマッシュで切り返された。蓮舫さんが朝日新聞に、やはり,ハードル高いと発言。「ああ,蓮舫よ,お前もか!?」しかし、本当にそう思っているの?と云いたくなるように彼女のコメントは鋭さを欠く。ハードルが高いのは、”大企業の大増税”とか”革命”とか,とあげているがでは,貴女は大企業に減税して,消費税をアップしてこの国を賄うと云う考えなのか?もっと解らないのは”革命” これは,どんな革命なのか?確かに共産主義者の革命は,悪名高き文化大革命をはじめ、国民への過剰な統制、一部の幹部の権力利権の集中と腐敗,富の分配は公正に機能せず、表現,信仰の自由は抑圧されてた。しかし,日本共産党は護憲、憲法遵守を掲げている。共産党+革命=まあ,怖い!!というのは、どうも、政治家らしくない。何となく共産党の行動に共鳴しつつ(そういっておられたし)党の意向で,認められない,そんな感じがした。確かに”国民連合政府”と云うネーミングは固い,と云うより,初めて聞いたときは,安倍政権とは別の政府を樹立して,革命闘争をするのではないか(W)と思ったほどだ。これが共産党に付いて回るイメージ、アレルゲンなのだろうか。志位委員長、ママの会に出席して「”国民連合政府”というなまえでないといけないの?」と云われたとツィート。名称はみんなで話し合って決めればいいんです、とも。実に民主的です。だいたい民主党のあげている国家像とはどんなものなのか?ちょっと改憲、経済政策資本家より?でも、国民主権だし立憲主義だし、消費税もちょっと。国会中継を見ていても、あの解りやすい安倍首相が、共産党には、もう苦手意識丸出しで,野次もでない。耳を塞いで「僕ちゃんに話しかけないで!!」と云ってるよう。ところが,民主党には、「そんなこといっていても、本音は僕と同じでしょ?」という見透かしたような余裕が見える事が多い。民主党にも情熱のある,議員の方も多い。国民のために、共産党の呼びかけに同調したい人たちもいるのではないか? 弱者搾取社会、権力集中、愚民思想統制を標榜する、解りやすい安倍政権と、日本の民主主義の最大の危機に、確かな野党をかなぐり捨てて声を上げた共産党、即時協力を表明した社民党+生活。いろんな事をぐずぐず考えて虻蜂取らずでいる民主党。こんな時に御家騒動の維新。せめて、党をまとめられないのなら、小沢氏オリーブの木構想に賛同し,心ある議員の自由参加を許すべきである。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。宜しかったら 
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

ベトナム戦争Generation


夫のお父さんは,第二次大戦で、ノルマンディー上陸作戦の先攻パラシュート部隊として、参戦した。後数日作戦が遅ければ、生きて帰ってこられなかったのではないかと、夫はいっていた。この話を聞いた時日本と戦ったのではないと知って、身勝手のようだが、少しほっとした。



夫はベトナム戦争世代で、私は夫がベトナムで辛い経験をしたのではないか、人を殺したのではないか、とても気にかかっていた。もの静かで穏やかな夫にはそういった歪みは一つも感じないのだか、やはり知っておくべきと思い、ベトナム戦争について聞いてみた。その頃は徴兵は抽選で,高校を卒業すると同時にその抽選に入れられる。大学生は卒業まで免除されるが、成績,出席が悪い、単位を落とすなどすれば、その時点で抽選の対象になったそうだ。抽選で選ばれると、下級兵士,配属(海軍、陸軍、空軍)も選べない。大学卒業時志願すれば士官で、空軍や海軍を志願できるので、彼は空軍の士官の募集に志願したのだそうだ。最終選考で2名が残り、パイロット要請であったため、眼鏡をかけていた彼は、選ばれず、待機になった。面接場所のカフェテリアで、隣のテーブルから「ここにいてもいい事がないから、ベトコンを殺すのが楽しみだ」とい会話が聞こえ、寒気を覚えたそうだ。結局次の募集の前に,担当教授がディュークの大学院に推薦してくれ,奨学金を受けて3年大学院に在籍しその間に、アメリカはベトナムから撤退した。もし眼鏡をかけていなければ、枯れ葉剤を散布していたかもしれないし、人を殺していたかもしれない。そうなれば一生の心の重荷を背負い続けなくてはならない。彼は大変好運に恵まれたといえる。


ケリー国務長官とブッシュ2元大統領も同世代。ケリー氏は海軍士官として従軍し3つのパープルハート勲章(傷痍軍人勲章)とブロンズスターメダルをもらっているが、帰還後反戦運動を展開した。ブッシュ2はパパブッシュの力で兵役をのがれている。この二人が大統領選を戦った時,共和党は反戦運動をしたケリーは愛国心が無い,変わり身が早いと非難した。自分が戦争に行って,その酷さを身を以て知り、戦争に反対を表明する、筋が通っている,尊敬できる態度であるにもかかわらず、アメリカ市民は兵役逃れトンデモ大統領を選んだ。自分に従軍経験が無いので,湯水のように人の命を使い、多くのアメリカ兵
と,イラク、アフガニスタンの人々を殺害した。しかし、戦争責任の追求はされていない。


彼の幼なじみはベトナムの女性と再婚した。華やかで明るい彼女は、しかし1974年、妊娠中に北ベトナムのコミュニスト軍の侵攻を逃れ、身一つでフランスに亡命した。飛行場に向かう途中にも,たくさんの人達の死体の中を、ただ夢中に走ったのだそうだ。夫たちの同窓会(こちらは夫婦同伴)で、ベトナムに行った同級生を讃えるーそんな場面があって、その時、隣で彼女が泣きだした。恐ろしい記憶を思い出したのか,ただ肩を抱いている事しか出来なかった。



こちらに来てから、軍隊が身近になった。迷彩服の兵士が普通にスーパーで買い物をしているし、空港では手作りのWelcom Home Daddyの垂れ幕を持って,帰還兵に駆け寄る幼い子供や若い奥さんをみる。
一年に一度、マンハッタンからの電車の中で大きな体の青年たちが酔っぱらってはしゃいでいる。公共の場所で酔っぱらうことは、アメリカの社会では許されない,しかし周りはおおめに見ている。ウエストポイント陸軍大学校の卒業の時期,彼らはこの後、上級士官として戦地に向かう。本当に日本は軍隊に対して無菌状態だったと痛感する。しかし、それを壊す必要があるのだろうか?




PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。宜しかったら 
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

自衛隊員そして,彼らを送り出す日本の国民も必読、PKO舞台司令官の手記


なぜ、世界はルワンダを救えなかったのか―PKO司令官の手記
なぜ、世界はルワンダを救えなかったのか―PKO司令官の手記
著者:ロメオ ダレール
出版社:風行社
カテゴリー:本


私の住んでいる町は、NY郊外の小さな町が、ミニマルアートの巨大美術館ができたので、アートイベントも盛んで、現代美術の画廊も幾つかある。その中に,非営利のジャーナリズム写真の画廊があり、よく展示を見に行く。そこで、ルワンダの10年と云う展覧会で、ルワンダジェネサイドの時、レイプされ、妊娠した女性たちと,その時の子供たちの肖像写真と証言を展示していた。普段長い英語のキャプションは目が泳いでパスしがちなのだが、これは全てを読み通した。そして,ルワンダに興味を持ち,幾つかの証言を集めた本を読んだ。この写真展とルワンダの本についてはまた別に書いてみたいのだが、今日は、その中でも,ルワンダにPKOで派遣された司令官の手記邦題『なぜ,世界はルワンダを救えなかったのか』風行社 著者ロメオ.ダレールについて書きたい。



この人は、カナダの人で、お父さんが軍人(下級士官)であり、子供の頃から軍人に憧れ、軍に入りエリートコースを歩んで、停戦下のルワンダに、PKO部隊の司令官として1993年10月に派遣された。そして,不幸な事に、大虐殺の勃発を目の当たりにし、そのただ中をルワンダで苦闘したその経験がつづられている。単に惨劇の目撃者としてではなく、その間の、国連とのやり取り、政府軍革命軍との調停、市民の救助、他国からの参加のPKO軍のとりまとめ(各国の思惑、認識の差に依る非統率)帰国後PTSDに苛まれ、軍を引退、酒に溺れ、2000年に自殺未遂をするにいたって、自らの体験のすべてを書く事で、辛くも立ち直り、2005年カナダの上院議員となっている。
彼のように,軍人を転職と思い、軍を愛する経験も豊かな人物でさえ、しかも国連主導の停戦調停を役目としておもむいたにもかかわらず、全く予測不可能な状況のただ中でもがきつづけ、自分の精神を徹底的に破壊されてしまったのだ。安倍内閣の戦争法案の詭弁など、全く通用しない、このような状況に、送り込まれる可能性を自衛隊の人たちは知る必要があるー知る権利、考える権利、拒絶する権利がある。


アメリカでは、TVコマーシャルで、最新式の義足、義手をつけて、スポーツをしたり,退役後の新しい職場で,生き生きと働く元兵士を映している。これは、退役軍人支援ーリハビリや再就職斡旋などを支援する団体のコマーシャルなのだが、しかし,精神的破壊を免れて無くした手足を克服してゆける人はどのくらいの割合でいるのだろうか? 帰還後の自殺、不眠ストレスや恐慌発作ーこれによって、家族や周囲の人を殺害してしまうケースも多々あるのだ。
アメリカ人は普通は自殺は考えない、希望を捨てないことを旨としていて、前向きである。その彼らでさえ、克服できない消えない傷をもてあまし多くの自殺者をだしている。時として責任感や孤独から自殺する人の多い日本。身体的な障害、あるいは心の問題の持つ人たちに対する、社会の受け入れ態勢も整っていない日本の社会では、アメリカ以上に深刻な問題を生み出すだろう。


ダレール氏の手記は、PKOだから,戦闘の行われていない場所だから、治安維持の警護だから、後方支援だから、リスクは上がらないなどということが、どれだけ馬鹿げた詭弁であるか、生き残っても,以前の自分は決して帰ってこない、それは、家族や周囲の人にとっても人生の破壊になるのだ、ということを、痛切に語っている。



PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村