密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

トランプ危険な暴言についにホワイトハウスが批判

暴言連発のドナルドトランプが、『海外のイスラム教徒のアメリカへの入国を禁止しなくてはならない』と声明を発した。彼の発言は、多方面から非難の声が上がっているが,8日ホワイトハウスのアーネスト報道官は、トランプ氏は大統領には”失格者”であると記者たちの前で発言した。これは,アーネスト氏としての発言ではなくホワイトハウスとしての発言となる。


民主党大統領のホワイトハウスが、共和党の大統領候補戦に、意見を述べる事は最も避けるべき事で,大変異例の出来事だ。それほど,トランプの発言は事態を混乱させ、大きな悲劇も呼びかねない危険な物だ。アメリカには、沢山の白人優位主義者や差別主義者、マッチョな国粋主義者がいるし,彼らには銃を持つ権利が野方図に与えられているからだ。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村


CNN.http://www.cnn.com/2015/12/08/politics/donald-trump-josh-earnest-disqualified-president-muslims/index.html
CNNジャパン http://www.cnn.co.jp/usa/35074650-2.html
アーネスト報道官はまず、大統領は就任宣誓で「合衆国憲法の維持、保護、擁護」を誓うことなっていると述べ、トランプ氏には、彼の言動を持って大統領就任の資格がないことを示した。
トランプ氏の発言には、同じ共和党の数人の候補者からも非難の声が上がったが、共和党の指名を争う候補らは全員、最終的に指名を獲得した候補者を支持するとの宣誓に署名していることに言及し、「全ての候補者が,最終的な候補としてトランプ氏を支持するとの誓いを守るなら、それ自体も不適格の要件になりえる」と強く非難した。そのうえで、「問題は共和党全体がトランプ氏の道連れになり、「歴史のちりと消える」のか?ということだ。今はその可能性が高まっている。」と警告した。
また報道官は、トランプ氏を"carnival barker.−カーニバルの客引き"と瑜やした。


国務長官ジョンケリー氏も、パリでの記者会見で言及。「非差別と平等は米国の価値観だけでなく、我々の移民、入国管理政策の柱でもある。国務省は全ての宗教について、差別することなく尊重するという方針を徹底して貫き続ける」「世界各地を訪問すると、我々の友好国や敵対国が米国内の議論に注意深く耳を傾けていることがはっきり分かる。トランプ氏のような発言は建設的ではない」と述べた。
国防総省のクック報道官はトランプ氏を名指しこそしなかったものの、「ISISの筋書き通りに米国をイスラム教と敵対させることは、我が国の理念に反するばかりでなく、安全保障にも反する」と批判し、米軍では現在イスラム教徒も多数兵役に就いていると強調した。


ドナルドトランプは自己顕示欲の固まりで、常に暴言で注目を集めて喜んでいるようなところがある。以前オバマ大統領の出生地がケニアなので、大統領の資格は無い(大統領はアメリカ生まれでないとなれない)と、デマを触れ回った。結局,オバマ氏は,自分の出生証明書を公開トランプのトンデモデマが証明された(あれ?どこかの国にもデマの達人が首相をしているな)。更に今度はオバマ大統領の学力と学歴に疑問があるとして、大学の成績証明の公開を要求。これには、一種の人種差別だという反発とボイコット運動が起こり、共同購入型クーポンサイト”グルーポン”がトランプ主催のリアリティー番組「アプレンティス」のサイトから広告を引き上げる措置を取る騒ぎとなった。大体スーパー優秀なオバマ氏によくこんな事をよく言うもんだ。


こういう人を大統領候補に立てようと言う共和党、ブッシュ2とサラペーランで懲りてないのかねぇ。ただこの二人の方がまだ自分を知性的に見せようという微かなプライドはあったかな。つまり、国民のリーダーには知性が必要である,とは思っていた。トランプ氏は反知性主義というよりも、知性の意味も解らないらしい。こんな人がヒラリークリントンやバーニーサンダースに勝てるとは露ほども思っていないが、大バカ者を刺激してヘイトクライムを誘発させるのが怖い。しっかりしてよ!!共和党。


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

海外援助,国際社会での地位向上狙いだけではなかった!?

リテラが安倍政権が米国と敵対するシリア・アサド政権に25億円の援助約束の事実が発覚! しかも国民に情報を徹底秘匿”と云う記事をのせている。
http://lite-ra.com/2015/12/post-1763.html
西日本新聞のスクープで、シリアのアサド政権のために約25億円の拠出を約束していたことが発覚し,しかもその事実を隠蔽していると云うのだ。
同紙が国連開発計画(UNDP)の公式ウェブサイト上にシリアのアサド政権支配下にある火力発電所への事業計画書(英語)が掲載されていることを発見。しかも、この資金提供は名目上は「緊急人道支援」となっているが、記事でも指摘されているように〈電力は軍需産業や軍事活動にも欠かせず、アサド政権の延命に利用される可能性もある〉


安倍政権がシリア問題の元凶ともいえる非人道的なアサド政権を助勢したということなのだ。これは、ISやその他イスラムの反政府組織の反発を招く行為というだけでなく、反アサド政権を表明しているアメリカやNATO諸国との共同歩調を破るものだ。


こういう事は,いずればれる。ばれたからと云って,他国から抗議が来るほどではないが、完全に信用されなくなる。これだけなら,単なる底の浅い八方美人で,より国際社会から無視されるだけなのだが、言うまでもなく、このインフラ整備で費やされる約25億円は、日本の国民の血税から賄われている。にもかかわらず、今回の事業は日本外務省やJICA内で、日本の関与が明るみに出ないよう、隠蔽されているという。記者の取材に外務省は「電力インフラ整備への資金提供は一切ない」と答え、その当日にUNDP(国連システムのグローバルな開発ネットワーク)のウェブサイトからこの事業計画書が消されたそうだ。
UNDP駐日代表事務所が「ウェブサイトから消した理由は言えないが、事業そのものは存続している」と明言すると、JICAと外務省は態度を一転。「機微な政治情勢や治安状況などに鑑み、シリアにおける緊急・人道的性格の事業の詳細については公表を控える」(JICA)、「人道支援として、火力発電所の復旧はシリアにいる一般の人たちに必要不可欠との観点から行っている」(外務省)と、当初の回答を一変させたという。


これがどこに帰結するか、というと経団連。
「もともと、ODAの工事、事業の発注先は日本企業であることが多く、政官と企業の癒着はずっと指摘されていたのですが、安倍政権になって、それがさらに露骨になった。血税を使って、経団連に入っているような大企業が受注できるような援助に金をばらまくという構図です。実際、安倍首相の海外訪問には必ずゼネコンや建設機械、インフラ系などの日本企業の幹部が同行していますからね。今回も、欧米の反アサドという外交方針に背いてまでやったわけですから、官邸に近い企業からの要請や政治家の介在など、政治的な裏があったとしか思えない」(元外務省担当記者)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村


国際関係的には考えの浅いコウモリコッコ安倍ではあっても、なんでここまで散蒔き外交を?と思っていたが、企業利益がからんだ、国民の血税をマネーロンダリングする、国際援助システムだったのか。外遊大名行列も伊達ではなかった。企業利益のためなら、国際的信用なんかなんのその。
外務省が今年3月に発表したODA実績を見ても、安倍政権になって、それ以前より9%、円ベースでは実に33%も増加している。しかも、安倍政権はODA大綱を改定。“非軍事分野での他国軍への支援”を明記し、「国益の確保に貢献する」との表現も加えた。それにより、これまでの途上国の貧困や医療を援助するということから、安全保障上の利益、さらには日本の企業に利益をもたらすような援助を優先するというように、性格が変わってしまったのである。



確信犯ですね。とにかく安倍総理は何でも,白紙委任が大好きで、追求されたり,反対されたりが大嫌い。木の葉を隠すなら森の中,とばかりに色々打ち上げ、いちいちチェックできないようにするのが常套手段。追求され行き詰まれば数の力で強行採決。もちろんこの状況を恒久的な物にしたい。次の選挙さえ乗り切れば、また当分は白紙委任天国。だから選挙までは、自衛隊は国内に、報道の自由の査定もされたくない、消費税施行も待って、小手先の補助金や、見せかけの基地ごぉく一部返還、負担軽減の軽減税率、TPPは食物が安くなる予感、皆で貧困児童を救おう!!の呼びかけ、で国民の機嫌取り+好感度アップ? しかし機嫌取りでもこの程度の事かしない人たちに、より長期の安定独裁政権を与えれば,国民は1%の為に働く家畜になる。やろうと思えば選挙法も改正して、より長期の支配を可能にすることも、ありえないとは言えない。日本はとても怖い瀬戸際に立っている。


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


過剰反応とSympathy

ロシアのシリア爆撃について、調べていて、 Shamil K Tsuneokaさんのフェイスブックをヒットした。
彼のフェイスブックには、ロシア空爆の犠牲になった子供たちの写真、現実に起こっている事の悲惨さが伝えられている。かなりショッキングな画像ばかりであるが、これが現実なのだ。そして、また国境なきピエロの到来に喜ぶ、シリアの子供他たちのビデオや、タイの”飲んだくれずに働こう”のプロモーションCMなどのハートウォーミングなものも紹介されている。


私は自分のフェイスブック でShamilさんの下記のページを紹介して発信したのだが、
https://www.facebook.com/shamil.jp/posts/1015328077247666
偶然,すぐにこれを見た夫Dさん友人が,電話をかけてきて『テロリストの通信を載せている??』と言って来た。フェイスブックアカウントをハッキングして,使われている!!と心配したらしいのだが、このページは、”シリア人による革命ーカフランベル地区”から、『プーチンよ。栄光は子どもらの髑髏の上に築くことはできない。我らは生き延びてお前の経歴に唾を吐きかけてやる。』というメッセージを紹介したものだが、これがテロリストに見えるのだろうか?彼らのメッセージには、報復の,ほの字もない。生き延びる事で、ロシアの空爆を指示したプーチンに軽蔑をしめす、といっている。
Revolutionは,武力革命だけを意味する物ではない。大きな変革を望む,市民に声。海外に空爆の非道を訴える為の,英字のメッセージである。


この友人の反応は、メッセージを読まず、写真の印象での、過剰想像力?反応なのだけれど、反面アラブ民族の外見の人たちがスローガンをだしている=テロ、という図式が頭の中で出来上がっているのかもしれない。
この友人は、極普通の保守的な昔なじみなので,特別右派でもリベラルでもない。彼の反応が、今のアベレージのアメリカ市民を代弁しているようにも思えた。だとしたら、国内の中東系、イスラム教徒は,冷たい疑惑の目線に晒される時期を耐えなくてはならない。


十数年前『Loucus-遺伝子座』とうい版画集の作品の一つ中に『luxury comforter−贅沢な慰安者』というタイトルをつけ,小さい詩もつけた


テレビのなかのニュースに同情心をしめすだけの自分に向けた作品だった。今も変われないていないけれど、まず,出来る事は、独善や偏見を排除する事に努め、”Sympathy”を持つ、これも小さなスタートだと思っている。


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村