密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

共産党の第二歩

11月5日、志位委員長定例記者会見は、今までと、少し違って来た。以前は、リーダーシップは民主党を尊重,と云うような遠慮がみられたが、今回は,明らかに、共産党がリーダーシップをとってゆかなければならないという、決意をにじませていた。最初の大きな一歩を踏み出した共産党が、第二歩を踏み出した感がある。


小沢氏の激励や,市民運動の人たちとの交流で、最初は自分たち共産党が前面に出ては,共産党フォビア、共産党アレルギーで、巧く行かないだろうと,懸念していたのが、いつまでも野党第一党がそれにふさわしい行動にでないため、業を煮やした反安倍の国民が、共産党を野党第一党に望んだというところだろう。国民の要望には全力で答えると決心した,志位共産党は、二度目の腹をくくったのだ。


もちろん,民主党が考えを変えたり(まあ,無いか。)民主党議員が個人として賛同したり(あって欲しいけど、無理かねぇ。)場合も考えての慎重な答弁ではあるけれど、民主党の出方待ち、どうしても一緒にやってゆかなければ、というこだわりは、もうふっ切れたように見えた。沖縄での超党派選挙戦に続き,各地で共産党主導で超党派選挙協力を行い、市民グループが後押しをする,協力体制が、構築されてきている。大阪W選は、おおさか維新の、人権無視、地方分断独裁制作に反対し、超党派で、候補者をおうえんするという。今、国民には自分たちの発する電波をキャッチして,束ねて強力にかつ正当に発信する電波塔が必要なのだ。


志位委員長の記者会見でいつも感心するのは、聞かれた質問にきちんとポイントをあわせて分かりやすく答える。答えられない事は,はっきり答えられないと云うが,相手を失望させない気くばりがある。だらだら長くしゃべるのに聞かれた事に何一つ答えない政治家や木で鼻を括ったような心の無い返答しかしない政治家も多い中、当たり前のようで,希有な才能だ。論客なのに,ゆるキャラも希有。


記者たちも、国民連合政府、選挙協力の他にも、沖縄、TPP、原発再稼働、消費税増税、と、多岐にわたり次回国会での追求方針を質問。「なにぶん党の持ち時間が短いもので、、TPP、辺野古にしぼって追求することにしています。」と,苦笑い。次の選挙では、野党連合過半数、そして、堂々と野党第一党に成って、国会でも持ち時間をたくさんゲットして、鋭い追求をし,安倍政権の暴走に歯止めをかけ、追いつめ、国民連合政府で政権を奪還!!”この道しか無い”ですね。


よろしかったら,クリックお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


日本はアジアの警察にはなれない。

かの有名なMr.アミテージに加え、最低最悪大統領ブッシュ2政権国防長官ラムズフェルド氏と国務長官ベーカー氏 および、米国家安全保障(日本)担当者 旭日大綬章授与。しかし,日本政府はホント共和党が好きだね。私が日本のニュースを注意してみるようになったのは、3.11震災からで、その後、アメリカの新聞にも日本の右傾化の記事がでるようになった。日本の記事でまず変に思った事は、アメリカ国内では全く政策が違う(それどころか,支持層のライフスタイルまで違う)民主党と共和党を、アメリカと、一括りにして論じる事。記事全体が、共和党支持であるということだ。安倍政権の政策は小型の共和党(ティーパーティー系)。 本来日米外交も現政権を見てなされるべきだが、日本の目線には共和党しか映っていない。


『安倍首相は4日、米軍制服組トップの統合参謀本部議長に就任したジョセフ・ダンフォード氏と、首相官邸で会談した。 米軍艦船の南シナ海での巡視活動について、首相は「国際法にのっとり、開かれた自由で平和な海を守るための国際社会の取り組みの先頭に立つものとして支持する」と伝えた。 首相は安全保障関連法にも触れ「日米同盟の絆を強め、抑止力を高めてアジア太平洋地域の安定をより確かなものにしていきたい」と述べた。ダンフォード氏は「日米でより色々なことに取り組んでいく機会を得られた」と応じた。 』


いざ鎌倉!!ですか? 前のめっていますね,最高司令官。『国際社会の取り組みの先頭に立つものとして』?? アメリカは,日本をアジアの警察にするつもりはないと思う。そこまで,安倍を信用する馬鹿はいない。いや、Mr.ドナルドトランプなら、バカーバカ同盟成立もありえるが、軍縮路線のオバマ政権、民主党の次期大統領候補ヒラリー氏もそんな馬鹿ではない。アメリカで伝えられている現日本政府への希望は、自国防衛に責任を強めて欲しいということで、アジアの警察になって欲しいとは言っていない。日米安保を、縮小変更交渉をするのなら、オバマ政権がベストだったのに,完全に逆走してしまったのは残念だ。


ダンフォード氏の「日米でより色々なことに取り組んでいく機会を得られた」−この言葉は協力歓迎とするには、あまりに表現が曖昧で、儀礼的だと思う(原文でどういっているか分からないが、事を明確にする言語の英語で,”色々なこと”というのは,特にこの事ではない場合かな?ともとれる)アメリカと中国がお互い微妙なバランスで、牽制しているところへ、安倍最高司令官の軍隊を招き入れる訳がない。日本の米軍援護は,中国にとっても全く別の意味をもつ。あらぬ方向へ、事態がこじれる可能性が高い。


『菅官房長官「自衛隊が参加する予定はない]と改めて強調した』ー要請がないからだ。頭のおかしい最高司令官の、実戦経験に乏しい”我が軍”を、世界の警察の後がまに据えようと云うほど、アメリカは、愚かでも、弱腰でもない。特に日本政府の大好きな共和党は,軍縮反対、軍事産業バックグラウンドの、強いアメリカ主義なのだ。しかも貧乏人が幾ら死んでも痛痒も感じない人たちだ−その貧乏人の家族の票で選挙で負ける意外は。


日本は専守防衛に専念し、歴史をきちんと認識し、経済文化技術でアジアの国々と強い絆を作る。国際貢献は,人道支援と難民受け入れ,これで十分。最高司令官の早期退陣を願う。


ランキングに参加しています。
クリックしていただければ嬉しいです

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村




志位委員長と岡田代表の公開討論を望む

反安倍政権の国民の支持は、民主党から離れている。党員も苛立を見せている。岡田氏の懸念は保守層の票を失うことと、政策の一致しない政権では,暫定であれ成り立たないということ。戦争法廃止、閣議決定撤廃、までの暫定政権とは言えそれなりに時間がかかると云う事は,志位委員長も認めている。前国会の野党共闘で一致した路線で,進めてゆこうということだが、この際、”戦争法廃止、閣議決定撤廃”の間の状況を想定した政権運営について,両氏に公開討論をしてほしい。


もちろん生活、社民、維新も交えて行うべきだが、まず、国民連合政府発案者である,志位氏と,野党第一党党首で,連合政府案反対の岡田氏が、ディベート形式で討論を行い、国民に公開する。民主党もこのまま国民の反感をそのままに、たとえ,大事な保守票を取り込んでも、芳しい選挙結果は得られないだろう。野党連合も、自公に加え民主+維新と票を争えば、政権奪還は苦しい戦いになる。来年になれば、国会が選挙間近まで続き、悪知恵だけは働く安倍一派がどんな、イメージ作戦を展開するか分からない。その前に、野党共闘の地図を明確にしてもらえれば,市民グループのサポートの方向性もはっきりする。


アメリカは候補者ディベートはよく行われる。メインイベントは、大統領選のディベートである。司会者を介し行うのがベーシックだが、直接討論でもいい。岡田氏の暫定であっても,政策の一致が必要と云う主張と、志位氏の暫定政府解散までの国の運営について見通しは,争点になるだろうし、国民もそこを聞きたいと思うだろう。その上で,民主党が譲れない政策とはなにか?共産党が譲歩できる、あるいは連合政府で凍結できる方針はなにか?共通に行いたい政策はなにかを,国民の目の前でしっかり,討論していただければ、より強固な野党共闘が成り立つ。共産党は,闘争だけでなく,維持と運営にも関わるべきだと思う。このディベートを受けて、こんどは5党首ディベートをして、国民連合政府の具体的方針を討論する。


テレビ中継してほしいところだが、どうせ官邸の建前公平中立圧力でへたれメディアは全滅だろうから、インターネット配信か。選挙演説のように,野外の仮説ステージで、予算があれば、大きいモニタースクリーンとスピーカーで後ろの人まで見られるようにして、録画、文字おこしをネットで公開する。即時アンケートをとることも、両氏の今後の方針を決める上の後押しになるだろう。


と云うことが,起こるといいなぁ、と海の向こうで考える。


よろしかったら,クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村