密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

ヘイトスピーチ抑止条例とシャルリー・エブドの風刺画


大阪市が国に先駆けて,ヘイトスピーチ条例を定めた。お維新の吉村新市長のもと共産と無所属会派,公明党のの賛成多数で可決。
http://mainichi.jp/articles/20160116/k00/00m/040/174000c
「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例案要綱(案)」(概要)
http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/cmsfiles/contents/0000299/299848/youkouangaiyou.pdf
大阪条例なので、良い側面が多いと思うが、安倍政権下では一見良さそうな事も,眉につば、解釈範囲を常人の数倍の範囲で拡大しても悪用されないか注意の上にも注意しないといけない。


例えば条例案要綱より
1対象: ヘイトスピーチの対象は、人種又は民族に係る特定の属性を有する個人(安倍)又は当該個人の属する集団(安倍政権)に向けられたものとします。

2要件:ヘイトスピーチというための要件として、「社会からの排除等といった目的性(落選運動,反政府デモ)」、 「侮蔑・誹謗中傷といった態様面(極当たり前の政府批判、蓮池さんの最近の本)」及び「不特定多数の者が表現内容を知り得る といった対象者の不特定性(反安倍ブログ、ツイッター)」の3つの要件を設けます。

などの、いったいどの面下げて言うのか?と云うような事も言い出す。もちろんこの例は冗談ですが、『辺野古埋め立て、承認取り消し。 国、不服審査請求』の前例もあるし。安倍総理が言い出した時には要注意。でも、在特会のターゲットのなっていた人々は,少しは安心できるかも。


表現の自由はとても微妙なので、一元的に論じられないが、考えていかないといけない。
宜しかったら,前に記事;性の表現と禁忌 も読んでみてください。
http://artrino.muragon.com/entry/54.html
私は初歩的には,単純に『弱いものいじめは駄目』これにつきると思う。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村



フランスの出版社シャルリー・エブド。本社へのテロ攻撃で犠牲者を出し,のちに『私はシャルリー Je suis Charlie』の合い言葉とともに,彼らへの支援が表明された。そして,今,彼らの新たな表現に非難が寄せられている。
http://www.cnn.co.jp/world/35076297.html


画面にはおびえて逃げ惑う2人の女性と、舌を出し、腕を伸ばしてそれを追いかける2人の男性が描かれている。添えられた文章は「アイラン坊やが大きくなったら何になっていただろう?」


これは,明らかに間違ったセンスの風刺。罪のない個人(公人でも,歴史上の人物でも、象徴的人物でもない)しかも,危険な国からの逃亡を余儀なくされ,その過程で子供を亡くした,その個人を,題材として取り上げている。風刺は弱い者をなぶって笑う物ではない。権力や社会情勢の大きな圧力、愚かなステレオタイプ、粛正、暴力の恐怖と戦う為の、皮肉と笑いの武器であるが故に,より意味がある。そういう意味で日本の先頃、難民写真無断偏向使用で話題になった漫画家さんの作品も間違ったセンスといえる。


前回の襲撃の原因になった作品もある人々にとっては、神聖で絶対的である存在を風刺した,しかし,これに暴力で報復がおこった事(あるいは暴力テロの口実に利用したかもしれないが)が間違えであり、風刺には風刺でやり返す,あるいは怒りの非暴力抗議デモも許されるだろう。同誌は日本のオリンピックを震災と福島原発にからめて風刺を掲載していた、これは私的にはOKで、”ふーん”であった。イラスト技術があれば、変形魚を出したフレンチレストランを描いて、客とギャルソン『これ福島』『いいえ、タヒチでございます』とでも,返したかったが。


攻撃の後、出版を続けて行く上で作家も編集者も精神的にも大変だっただろうとも思うが、抵抗、反論の手段を持たない社会的弱者をターゲットにして、なにが風刺。”Je suis Charlie”弱い者いじめは駄目!!


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

”Diarrhea of the mouth”お口の調子が、持病のおなか同然

しゃべる事が大好き、沈黙は無を意味するアメリカでは、内容のない話でもとにかくだらだらと話し続け、本人は一座の中心のつもり、他の人は早くこの場をどう切り替えるか?あるいはそっと立ち去ろうかと心の中で考える状況にしばしば遭遇する。もちろんアメリカでは、だれも空気は読まない。こういう人を、”Diarrhea of the mouth”と云い,アメリカの社会問題の一つ(W)だと、ある雑誌の辛口コラムに載っていた。


”Diarrhea ”は下痢と云う意味、かなり辛辣な表現であるが、空気を読み,人の迷惑になる事を良しとせず,究極の理解は"阿・吽”であるはずの、我が国日本、しかしリーダーたる安倍首相のお口の調子が、持病のおなか同然とは、周囲、いや国民の半数はストレス増大。こちらの状況は,そっとその場を立ち去ったり、話を切り替えたりできない上、日本の将来を迷走させ、国の体力を消耗させる。もちろん野党議員の質問時間も消耗させる。


首相答弁中、あまりに聞いていて頭がグラグラしてしまうので、つい後ろに映っている石破氏の微妙なリアクションに目が行ってしまう。尊敬の念,共感でうなずいていると云うよりは、『ケッサク!!よくやるよ。よくそういう事が言えるよなぁ,俺にはとうていできないけど。』といっているようだ。


安倍首相の答弁は常人では,恥ずかしくて出来ない論理展開を、聞いてる相手の頭が狂ってくるような,絶妙の声の波長、リズム、滑舌の悪い早口でくり換えし攻撃と,安倍ワールドの中のみで整合性が成り立っている安倍論理への頑迷な思い込みによる防御で成り立っている。さすがに,今国会は野党議員諸氏も対策を立てて臨んでおられ,頼もしい限りだ。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村


安倍氏の周囲が安倍首相を中心に据えているのは,安倍氏のこの特異な能力ゆえなのではないか。ご本人は本当に信じて,というか,自分の中で事実を作り替えてそれを信じてしまえる希有な才能の持ち主で、きっと、ご本人はどうして周りは私が言っている事を理解できないのか?と本気で憤っているのではないだろうか。だから,時々,馬鹿にしたような笑いを漏らす。この状況でこういう笑いを漏らす安倍感覚には薄ら寒い思いがする。


安倍首相に必要なのは,白紙委任、無検証の状態で、本人の答弁でも、『一生懸命やっている』『色々あって単純には言えない』『私を信じて』『その場に応じて判断』これにつきるのである。


そして、こういう主張は、民主主義の国では小学校の学級会でも突き上げを喰う。そんな事が通用するのは専制君主の統治国か独裁政権の国。バカ殿(馬鹿指導者)と彼を祭り上げて実権力を握る重臣たちの国である。
だから,緊急事態条項など絶対新設させてはならない。


夏の参院選挙まで国会でどんどん政策のいい加減さを暴き、体力消耗の原因”Diarrhea”を止瀉しなければならない。まあ、一番の特効薬は、野党共闘、選挙勝利、安倍政権退陣であるが、しかしこちらも,抗アレルギー剤が必要みたいですが。


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


参院選候補者調整、政党間協議無しの候補取り下げ要求は民主的ではない。

小沢一郎+山本太郎代表会見で、小沢一郎氏は、一党が独自候補を立て,他党に候補取り下げのみ要求するのでは、巧く行かない。政党間協議無しの候補と利下げ要求は民主的ではない。と述べた。


2016年1月12日代表会見


加えて共産党志位委員長も、Twitterで『32の1人区の候補者調整・一本化のためには、中央段階で、政党間の真剣な協議を行い、しっかりした合意をつくることが必要です。協議なしに一本化はできません。協議に入ることを強くよびかけます。』と訴え、「民主は協議を」を呼びかけている。
NHK NewsWeb;参院選候補者調整 共産「民主は協議を」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160114/k10010371421000.html


一体どういう事なのだろう。『共産党が応援すると,保守層が逃げる,黙って候補だけ取り下げればいいんだ』と云う意見も民主+維新側,その支援者から聞こえてくる。この非常時に,梃でも動かぬの共産党嫌い,こうなると,アレルギーなんてものではない。


米共和党は闇雲のオバマ大統領を嫌って来た。彼が何をしたからでもない、彼の政策を善し悪し以前に全部潰す事をめざしていた。自国の国民の事はそっちのけで(元々共和党は低所得者や移民など歯牙にもかけない方針だが)自分たちの下位にいたもの、マイノリティーにイニシアチブを穫られる事が我慢ならないのだ。なんだか、その反応を思い起こさせられる。こういうの黒人アレルギーとはいわないし。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村



大体野党共闘なんだから、各政党は対等で、きちんとお互いの立場、言い分も、尊敬して、当然党利党約も不公平にならないように、配慮して譲り合える所は譲り合う、
そうしてやってゆくものだろう。排除しておいて,協力しろ、いや協力したと表明せずに,候補だけ取り下げて何もするな。
これでは、人間の関係としてだけ見ても,酷い扱いではないのかなぁ?



福山議員が京都市長選で「共産党と徹底的に戦う」と宣言した、という。代表会見でも、小沢、山本両氏が、それに言及していた。相手は自民公明勢力なのではないのか?
国政選挙と違うとは言え、反共産自民支援??下記ブログ共感。
あしゅらブログ投稿者 赤かぶさん 日時 2016 年 1 月 11 日より。
http://www.asyura2.com/16/senkyo199/msg/502.html?c26
なんと、連合京都の旗開きで、あの民主党・福山哲郎議員が、2月7日に投開票をむかえる京都市長選について、「共産党と徹底的に戦う」と宣言したというのです。連合京都と民主党は、現職で自公推薦の門川大作市長を推薦する方針を決めており、共産党は本田久美子氏を推薦しています。福山議員の発言は、そうした事情を背景とするものです。京都新聞が報じました。
大阪の市長・府知事ダブル選挙で、自民・共産が組んで大阪維新の会に対抗したように、国政選挙と地方選ではその構図が違うことも珍しくありませんが、昨年の安保法制国会では誰よりも安倍政権との対決姿勢を鮮明にしていた福山議員が、京都市長選で自民党に迎合し、共産党との徹底抗戦を宣言したとなると話は別。ネットには、フワフワした民主党の態度をあざわらうネトウヨの笑い声と、野党共闘を願う市民の落胆の声が溢れかえっています。


フワフワならまだいいが、、、なんかかけ声間違ってますよ民主党。
小沢氏の言うように、『個々の選挙区の候補者調整ではなく、全国規模で各党の最有力候補者を優先して調整すべき。そうすると、候補者を出す出さないの判断は、党の指導力に直結する。つまり、自党のエゴを捨てて、野党の中で勝てる候補者を選ばなければならなくなる。それをやれば、与党の過半数割れを実現出来る。』明解で,論理的、もし、真剣に国民の生活、人生、日本の未来を守りたいと思うのであれば、そして決して難しい事ではない。


追記: ところで,太郎議員、年末炊き出しで会った、オリンピックの整備の為に公園などから,追い出される人たちの事を取り上げようとしている。本当に草の根で,国民の声を拾って,世直し努力。頭が下がります。つまらんエゴで状況を悪化させている,先輩議員,少しは彼を見習って欲しい。


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村