密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

若手はいい仕事をしてるのに、本当に残念な民主党

衆議院では、若手の議員の方々が,安倍首相の目茶苦茶な反論答弁に我慢強く論理的に,いい加減さを暴きだしている。民主党山尾議員の鋭角的な発言、優しいようで,もの凄く、ぐさりと刺し込む本音トークと、子育て世代のママを代表しての真剣な戦い。彼女の答弁の前に,いつもむなしい安倍首相の答弁は、そのいい加減さと、男性社会にあぐらをかいて,本質的な,男女平等、人権になど、考えを及ばせる事もなかったであろう、甘やかされ肥大した傲慢おじさんの見せかけだけの答弁が、より見苦しく響く。民主党はいい若手議員が沢山育つているし、彼らの自負心とまじめさは好感と信頼が持てる。


だが、かつては,彼らのように柔軟で鋭角的で純粋でさえあったであろう民主党執行部の面々、やはり世代だろうか?肥大した傲慢おじさんの縄張り意識、権力意識に、**の勘ぐりも加え、大事な局面を迷走に次ぐ迷走に引きずり込んでゆく。
時事通信:共産との選挙協力に反対=連合会長
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201601/2016011500252&g=pol
民主党の岡田克也代表ら幹部は15日午前、支持組織である連合の神津里季生会長らと東京都内のホテルで意見交換した。岡田氏は維新の党との衆院統一会派結成などを報告し、夏の参院選での支援を要請。神津氏は野党統一候補に関し、「各地方で民主党が中心になって擁立した無所属候補を、後から共産党が応援することはあっても、最初からその輪の中に共産党があるのは違う」との認識を伝えた。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村


はっきり言って人間としての考え方が、間違っているよ!!!
こういう人たちが、本当の民主主義の政治を行っていけるのか? アレルギーじゃないね、これは。
共産党とは、対等に協議しての候補者調整はしない。自分たちでやるから引っ込んでろ。まさにそういっているに等しい。それでも,協力して候補は出すな。分断したり票が延びなければ共産党の応援のせい。協力しろ応援するな、図々しにも程がある。民主主義の基本である話し合いをせず、数に物を言わせて気に入らない相手を閉め出した,自分たちの考えだけを押し通す,これ,安倍政権と同じじゃない。


国民は政治屋さんの独善にはウンザリなんだ。本当の民主主義が行われる所を見たいんだ。門を閉ざしていた共産党が、国民の声に,この国の危機的状況に、自分たちの信条をある意味壊して、連合政府構想を提案して来た。大事に守って来たポリシー、尊敬する思想より、国民が,日本の未来が大事だからだ。
そして,同じ危機感で、今までアレルギーと毛嫌いしていたが、国民の為に、過去のアレルギーは乗り越え、一緒に話し合い共感点、共闘出来る所を模索する、その姿を期待し,見られれば、国民の多くは勇気を持って,戦後初めての、全世代的国民からの自発的民主主義無血革命を成し遂げる事が出来たはずだ。


岡田代表、あなたは政治的自我が肥大しすぎてしまった。民主党も,共産党も、維新も、生活太郎も,若い議員が頑張っている。自分のやり方を模索し戦っている。だれと?安倍独裁政権とでしょう。
政治の道理を知り尽くしてなお、政治のあるべき理想を持っている知者小沢一郎氏の提言を無視し、論理的整合性と純粋さ,懐の深い忍耐で手を差し伸べて,丁寧に頭までさげている、志位和夫氏の手を払い、共産党をこの民主主義の運動から排除しようと,躍起になる姿こそ、安倍同様の自我肥大した政治屋さんの醜さに他ならない事を気づくべきだ。


自党の若手を見ろ、他の野党の若手議員も、市民運動の若い人たちも、自分たちの世代の認識、確執で、ぎりぎりの野党勢力を分断し、この国を完全な独裁国にするつもりなのか? 上等な脳みそも動脈硬化じゃ回らない、一度取り出して国民の声で洗い直すといい。


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

日本は米国の属国ではない,しかし歴代政府は属国根性で対応して来た。


”宗主国・アメリカさま・アミテージ指令” まあ,一つの表現や,切り口として使う分にはいいのだけれど、天下の毎日新聞も,巨大なパワーを行使するアメリカに支配されて来た日本説を特集?とは。



ちょっと前、アミテージ氏が、日本で自分のレポートが指令書、日本をコントロールしていると云われている事を聞いて、『誰かをコントロールしようと思った事も、コントロールできた事もない』と驚き顔でインタビューに答えていた。この後に『もし誰かをコントロールできるなら私のワイフを一度だけでもコントロールしてみたいよ。』という典型的ジョークでも付け加えそうだった。これは,多くのアメリカ男性が、妻のユーモアを信じると前置きしつつ、言う冗談で、ちょっとアイロニカルな本音でもある。現代のアメリカでは、共和党員であれ,民主党員であれ,大統領であれ、どんなかたちであれ、社会的に認知されている人は、一番身近な妻をコントロールしよう、などと云う恐ろしい野望はもっていない。あるいは出来るなどと発言すれば、知性教養の欠如、最低の差別主義者扱いもやぶさかではない。 公に女性を物のように扱う唯一のアメリカ人男性はトンデモ・トランプぐらいだろう。



日本のように権力やお金,人間関係で,本当にその人を尊厳を屈服させると云う事は,アメリカではあり得ないし、だれもそういうことは望まない。パワーの勝ち負けはあっても、支配関係とは違う、交渉と契約の国。人々は社会の関係に置いてそれぞれの立場で一切のへりくだりをみせず、自分の立ち位置で生きている。個人の自由と尊厳、プライバシーの確立はたとえ親子でも暗黙にルールが守られている。





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村



たしかに、思いやり予算と云う,翻訳不可能な物をさし出され、開かれた扉なら,相手が閉ざさない限り、NOと云わない限り,自国の有利に交渉する。契約を有利に締結、維持する,これがアメリカ流であり、対等の交渉として認識しているのではないだろうか。
続報真相 「思いやり予算」増、なぜ? 「日本は米国の属国」説を考えるhttp://mainichi.jp/articles/20160115/dde/012/010/002000c
世界中の国と交渉し,日本よりもっとパワーがなく,貧困に喘ぐ国でさへ,自国への支援を有利な条件で交渉する為,アメリカを訪れる。どこの国もへりくだる必要はない、それがアメリカの理念だから。残念な事に、翁長知事が如何に立派な市民の代表であっても、一国の首相と対立する目的での訪問は、受け入れ方は難しい。関係の深い沖縄であれ、地方の首長は,その国の総理の頭越しに、大統領や,国務長官とはあえないし、アメリカは国と国との信頼関係とパイプを重視するので,内政に踏み込みすぎる事を憂慮するからだ(これもプライバシーの延長。自他の境がはっきりしている)


米軍駐留も、日本は基地の用地を提供、アメリカ軍は日本の防衛も行うという対等の契約で、本来はアメリカからの要求を,交渉しつつ相手に過剰に有利にならないようにおさえてゆくのが、基地提供国政府のスタンスであるべきだろう。もちろん軍−軍間のなにかがあるのかもしれないが、アメリカが筋の通らない要求をしたら、NOと云えば、相手はNOを前提に新たな交渉に入るだろう。感謝とか、お世話になっているかとか,思いやりとかは、無駄なサービスだ。




日本は属国なのではなくて、独自の属国暗示にかかっているのではないだろうか?ぜひ一度対米交渉を共産党の志位委員長に、お任せしてみてはいかがでしょう?


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら 
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



”最終的かつ不可逆的解決”は歴史修正主義者にはね返りつづける

少し前に
心ない妥結しかし、”最終的かつ不可逆的解決”は歴史修正主義者にはね返る

http://artrino.muragon.com/entry/165.html

と云う記事を書いた。 安倍首相的には10億だすんだから今後一切蒸し返し無用、と韓国に言い切り、
決して自分の口からは言わない謝罪もいったことにして、万事巧く終わりにした感があっただろう。
しかし,事はそう,安易には運ばない。安倍首相の認めた事は,国際社会が承認し、もし首相自身が反故する発言、態度はもちろん,首相の監督下?にいる者の発言に対しては,特に責任を持って、日本政府の見解を遵守するようにする責任がある。
毎日新聞;「慰安婦は職業」発言 桜田氏、後に撤回
http://mainichi.jp/articles/20160114/k00/00e/040/227000c
私人の場合は民主主義国家の政府がコントロールするべきではない。だから,慰安婦被害者や挺対協に慰安婦象撤去の圧力をかける事は出来ないし、韓国政府もそういう事は言っていない。だから,残念ながら、私人の不見識な暴言は取り締まれないが、日本国政府の一構成員、政治家はその例にあらず、どうじに著名人のこの問題の妥結に逆行するような発言も今後永久に注視され,非難される。もう慰安婦問題に対する歴史修正は”最終的不可逆的に許されない物となったのだ。


アメリカも馬鹿じゃない、北東アジアの安全保障体制を将来にわたって安定的な物にする為にも、こまったチャンの日本国総理大臣と彼の周辺の歴史修正主義者を最終的不可逆的に型にはめたのだ。
韓国側も,この状況の設定の為に,堪え難きを忍んで妥結合意したのだろう。


今後もこの桜井議員のような発言をする、浅薄マッチョの自民党議員が出るたびに、明確に国際的非難をあび、のちに撤回と云う恥ずかしい事態がしばらくは続くだろう。総理が認めちゃったんだから。韓国が蒸し返さずとも,国際社会が監視してくれる。総理が認めちゃったんだから。


そうして,安倍親分の歴史修正主義の庇護の傘の下、自分たちが天下の王道、権力者のごとく、全く恥ずかしい傲慢な認識をはばからず口にして日向を闊歩していた議員たちを、その資質にふさわしい薄暗いドブ板の上に押しだしてゆくだろうと期待できる。


ランキングに参加しています。宜しかったら 
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。