密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

衆議院前半、民主党。玉木、山野井両議員 Good Job!!

衆議院ネット中継が、昼間全然繋がらず、やっと繋がったので,2回に分けて書く。自民党出来レースはパスして、我らが民主党岡田代表。この人は、議論がへた。というか,そもそも物をはっきり言わない人がディベート的議論など出来る道理が無い。弁護士の弁舌ではなく言質を取られない用心深さばかりが目立つ。問題山積みかつ,違憲立法戦争法、数の暴力諸法改悪であるのに、まず憲法問題それも自民党草案の内容確認。憲法改正なんか、持ち出したのを一つ一つ叩いて、それで,野党連合で参議院選を勝利すれば、自民党草案検討など緊急案件ではない。こちらから先に進めてどうするんだ。数の力で押し進める事の懸念を表明したんだけど、”民主主義なんだから、”とABEに薄笑いで返される。日中韓首脳会談でもABEに自画自賛の機会を与え,歴史認識も,具体的な事例で追求しないので、またABEに自説を演説される。談話もしかり。どうも岡田氏はまだ与党感覚が抜けないみたいで、いちいちの問題に、自身の与党時代の事例を挙げて理解もしめしつつ、意見も言うと云う調子。ABEにしてみれば、”ちょっと与党になったあなたがたに,心配ご助言いただかなくても大丈夫”,と云わんばかりの余裕しゃくしゃく。またしても「私は総理なんだから」発言がでた。何で国会開かないか追求しないんだ?と思っていたら,最後に言及。12月中に開催して欲しいと”お願い”して、言質を取らず質問終了。ダメだこりゃあ。


このまま,期待できないかな,と思っていたら,二番手の玉木雄一郎議員、TPPを追求。彼の地元にも関係の深いお茶などの農産物の残留農薬の問題も追求。自動車での攻めの弱さ、関税減税までの期間の長さ25年ー30年を指摘。正しいフリップボードの使い方のお手本を総理に示したような,分かりやすく,ポイントを得た答弁。やはりTPPは,膨大な内容と専門性ゆえ、各専門分野のメンバーで,チームを組んで、説明、追求検討に当たらないと。この為だけに臨時国会が必要だよ。その後、梗塞原子炉”もんじゅ”にかけ続けられているコストから廃炉に言及。もんじゅの地元高木復興大臣”もんじゅ”関係の企業、JEAからの支援献金、パーティー権から、陳状を受けた事実を質問し、リーズンナブルダウトをのこし、次の高木香典追求の柚木議員にバトンタッチ。お見事でした!


高木香典追求のらくらされたけれ,詰め切れなかったが。次の山野井和則議員、 障碍者報酬切り下げ,給与実質マイナスの追求に、ABEは狼狽え、質問通告無しと突っぱねる。質問通告の真偽は押し問答になったが、昨年も今年も自分と議論して最近ご自身で障碍者報酬切り下げたのを忘れたのか!という迫真の言及に、ABEの声はヒステリックに裏返り、例の支離滅裂の早口に。余裕の笑いなんてさせず、ずっとこんな状態で,大阪に逃げ出すまで追求し続けなくてはいけない。首相の外交日程をフリップでしめし国会召集を要求、召集時期を検討中と云わせる。上出来!!くわえて、議員の、戦争法案の暴力的採決との批判に、なんとABEは『暴力的 反対だった』と発言 。これ、だれか追求しないかなぁ。


そして,民主党最後の前原議員はーパス。後半は維新と共産党の質疑を書きます。


ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いいたします。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村




橋本市長,どうしてこの人が人気者(だった?)んだろう。

今またリバイバル?でお騒がせの、橋本市長。実は,私は橋本人気と云うのをよく知らなかった。5年くらい前に日本から来た友人が、注目の政治家と云っていたので,名前を知った。どんな人かと思っていたら、とてもこの人が人気者だと云うのが理解できない言動ばかりが耳に入ってくる。助成金打ち切りの取りやめを訴える高校生たちに、とても大人とは思えない,弁護士とも思えないアンフェアな理屈で恫喝し、なんと在特会会長との論争で、在特会長の方が理論的で(悲惨)向きになって子供の喧嘩状態で同じ事を繰り返し怒鳴る橋本氏には、あぜん。そして何より、アメリカ軍を震え上がらせた(嫌悪と不見識で)「風俗業の活用」をアドバイス。および、ほとんどが思い込みと不見識の慰安婦否定発言中の、特に『銃弾が雨嵐のごとく飛び交う中で命をかけて走っていくときに、精神的に高ぶっている集団は、どこかで休息をさせてあげようと思ったら慰安婦制度は必要なのはこれは誰だってわかる。』発言。


なぜこの発言かと云うと、慰安婦の人たちの受けた、酷い苦しみを語る以前に、日本の男性社会に根ざしている、女性をもの扱いしている感覚が典型的に出ているからだ。アメリカ軍もキャンプフォロアーがいた時代もあったり、レイプ事件を起こす兵士もいる。ただ、軍が公認で性処理の為に自由意志のビジネスであれ、女性の性的サービスを受ける事を公認すると、(アメリカの女性の人権問題を刺激することはもちろん)兵役についている、兵士の家庭生活、個人生活が崩壊する。アメリカ人男性は、妻やガールフレンドをとても大切にする。肉体的にもだが,精神的支柱といっていい。だから、軍は他の女性よりも休暇を与える事を重要と考える。ここに、異性間(同性間も)の精神的絆を壊さない、信頼を裏切らない、事の方が、自己の動物的欲求を満たす事より,大切だと考えるという、ごく人間的な気持ちに、想像が及ばないこういう人物が、まさに慰安所設置を思いついたんだろう。


問題なのは、日本では、女性たちが、『お国の為に、家族の為に、必至で働いてくれているんだから、他の女性と息抜きするくらい仕方ない(女性としての尊厳を自分自身放棄し、他の女性のそれも貶めている)』と受け入れていて、それが過去から現在に至る日本社会の通念で ”誰だってわかる” 事柄だと橋本氏が認識している点である。それゆえ、”男なら誰でも本音はそうさ!!”とばかりに『風俗業の活用アドバイス』を、米軍にしてしまう。日本の,自分の,マッチョな男性の認識が全ての世界の男性に通じると考えるのは、恐るべき単純さだ。こういう人物に国民の代表をしてもらうという事は、選んだ我々も同じ見識を共有していると云う事になるので,大変恥ずかしいし,危険な事でもある。


『ナチスに学ぶ』の麻生氏もそうだが,こうした,欧米では、絶対許されない発言に対して、日本はなぜ、こうも寛容なのが腑に落ちない。安倍政府も国際社会に突飛な発言しきりの昨今、国民も、もう少し厳しさを持って望むべき、あるいは最低限の国際感覚と良識を備えた代表を出来るだけ早く選び直さなくてはならない。


ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


Goin Home - 経済的徴兵制

戦争法可決のあと、自衛隊入隊率が減り始め、退職(隊?)率が増え始めている。貧困若者への露骨な勧誘もはじまっている。アメリカと同様に経済的徴兵制か?とささやかれる。常時軍隊のあるアメリカは、従軍奨学金はいい時もあった。大学に通いながら、夏休みなどの2ヶ月訓練を受ける事で、学費援助してもらえるような扱いもあり、特に大きな戦争の無いときは、経済的徴兵制と云う感覚もなかったようだ。


Dさんの姪が結婚した。体格のいい、物怖じしない明るい青年で、何にでも積極的にトライする。だれとでもすぐ友達になれそうな好青年だ。彼は軍が自分に人生をくれたのだと云う。入隊し韓国にも配置されたあと、十分な人生の下地を創り除隊した。大学で学位を習得し卒業して二人の家を持った。子供の頃は、何事にも自信が無く自分はどうして生きていったらいいのかわからなかったという。彼は十数年家族とコンタクトをしておらず、結婚式にもはじめは呼びたくない様子だったのを、みんなに勧められた連絡を取った。式に来たご家族は、体中に入れ墨を入れ、会話が平板で挙動に集中力が無く、無気力なひとたちだった。(それでも式は穏やかに進み、若いカップルは無事新しいスタートをきった。)


彼の家族は、いわゆる”ホワイトトラッシュ”と云われる人たちで、白人層の底辺にいる。その日暮らしを好み、コンテナハウスに暮らし、向上心をもたず、アルコールに依存する生活。ちょっと働いては,酒をかい、子だくさん(でも,飢え死にはしない,なぜか、たいてい銃はもっているので、リスとかオッポサムとかを狩猟したり、ちょっと怪しい取引をして糊口を凌げる)ただ、その淀んだ階層の中で,子供たちも同じ人生を歩む確率がたかい、だから、そこから出てゆきたいと思うなら、軍に志望して人生のチャンスを切り開くことも有効な道なのだ。有色人種も含め,最下層は薬、アルコールによる廃人までさがる。この貧困と一概に云えない人たちは、子供に人生の入り口を示す事が出来ない。そういった子供たちの受け皿に軍入隊-報酬やその後の援助があった。


すっかり様変わりしたのは、イラク・アフガン戦争(湾岸戦争の頃はまだ,そこまで大きな問題になっていなかった,ベトナム戦争は大きな反戦運動とともに徴兵制が問題になった)で、特に、何度も戦地に送られ、二度三度目となると,軍による圧力強制もあったし、兵士が足りなくなると、予備兵州兵(除隊後もボランティアで登録し,年に1、2週間の訓練を受け、災害時などに自分の州の人たちの救助に当たったりする人たち、平常は家庭を持ち仕事も持っている)も動員、兵士の自殺はまずこの人たちから始まった。10年以上を経ても,この戦争に参加した兵士の身体的精神的ケアは追いつかない。Dさんの幼なじみの息子さんはイラクにエアフォースとして2度おくられ,五体満足で除隊をみとめられて、婚約者と結婚した。もう絶対に行きたくない。そうつぶやいていた。


そもそもアメリカ人兵士は戦争に行っても,死を前提に考えない。徴兵制で、自分の意志に関係なく戦地ベトナムに送られた兵士のヘルメットにGoin Homeと書いてある写真を見た事がある。なんとしても家に帰ると云う気持ちをもっている。大戦中は、二等兵を救助するために、隊が総力を挙げ、日本軍を不思議がらせたと云う話をきいたことがある。危機に際しては見殺しにはしないという信頼に基づいて従軍している。彼らに取ってヒーローとは生き抜いた人なのだ。現在の戦地に送られる若い兵士は、死ねば負け、生きて帰れれば、人生の入り口にたてる賭けと云う気持ちなのだろう。そんな彼らでさへ、せっかく生きて帰っても精神を病んで自殺する。非人間的な自己の行為の記憶が彼らを殺す。


死生観、メンタリティーがものすごく違う日本人にあっては、どれだけの自殺者が出るか分かったものではない。自己犠牲の強要もおそろしい。貧困もアメリカとは性質が違う。政府が本気になれば、給付型奨学金、授業料軽減(アメリカにはどちらもある),大学の管理で学内で苦学生に職を与えるなど、まだやれる事がたくさんある。”本気になれば”である。日本の為政者は,兵士、国民の命など,彼らの主義,利権の前には顧みる価値も無い存在なのだ。何も先の大戦下の事を言っているのではない。今の安倍政権の国民の扱いを見れば、こんな国に命がけでサービスなどできない、してはいけない事は明白で、それでも動員したければ、現人神を創り出し信じさせる(暴力と法律でしばる)しかない。だから、愛国とか英霊とか言っている。自民党改憲草案もしかり。似非愛国心と人間関係で締め上げた現代の特攻、玉砕をつくらせてはいけない。戦争法案を廃止し、国民の税金を正しく使う新政権を選び取らなくてはならない。


ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村