密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

防げたかもしれない事故、非正規雇用が若者の未来を奪う。

軽井沢のバス事故、亡くなられた方々、突然家族友人を奪われた方々、特に若い人たちの死は痛ましい。
現場のカーブは,それほど難易とは思えず,路面の凍結もなかったのだとしたら、運転者になんらかの
変化が起きた事も予想される。会社社長も,38才と若い。まさか自分の所に限って大きな事故は起きないだろうとの,安易な過信が感じられる。
日刊ゲンダイ:軽井沢バス転落事故 大惨事招いた自公政権の「規制緩和」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/173524/3


この危機管理意識の弱さ、運行プラン管理の杜撰さ。背景には自公政権が2000年に貸し切りバスを免許制から許可制に切り替える改正道路運送法の「規制緩和」を行ったことも一因だろう、と日刊ゲンダイは指摘した。


貸し切りバス事業者数は改正前の約2300社から10年間で約4400社に倍増。価格競争の激化で人件費や車両コストの過度の削減が進み、その後は死亡事故が多発した。


会社数倍増による価格競争で、しわ寄せは人件費や車両コストの過度の削減へと進み、多くの人の命を預かる運転者は,非正規雇用。 会社に夜、健康管理などの保証も受けられず、解雇を恐れて会社側の要求通りに無理をする。体調不良であっても言い出せない事もあるのではないか。


こうした雇用者の生活不安定、立場の不安定、弱い雇用関係などが、仕事への集中力を削ぎ、精神的肉体的疲労を募らせる。会社数、雇用者数,数字で増えればそれが政府の成果と胸を張るが、雇用拡大=国民の生活の安定でなければ、ただ不安定な低賃金で労働に追い立てられる家畜の数を増やしているだけに他ならない。


今回失われた若い命は,戻らない。会社社長は全面的に誠意を持って保証する,と云っている。責任は会社にあると認めていると云う事か?被害者に対しては当然のことだろうが、運転者のご家族も人生を壊されたしまった。働き手を失ったご家族、世間の目も同情的に回らないだろう。これにはどのように対処するのだろうか?


結局,政府は数字でしか考えない。 戦争でも何人兵の犠牲が出たか?全体の**%,作戦は成功と云う考え方をする。労働法改悪で、国民,特に若者,女性を非正規雇用へと囲い込み、税金を使った高待遇で自衛隊に誘い、戦死者**% 自殺者**% 想定内だ,素晴らしい成果だと自我自賛するのだろうか。


%で想定された死、経済効率の犠牲になった死、今の政治の考えは、国民を国の消耗品と考えた、戦中軍部のそれと大差ない。


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

フロリダ・タンパ南に竜巻!

昨日,セントピータースバーグの家から20マイルの所で竜巻が発生し,甚大な破壊被害と共に2人の方が亡くなった。
竜巻は毎年カンザス州などで被害が出る。土地の人たちは地下室(アメリカでは地下室が普通にある)に非難して難を逃れるがそれでも,毎回犠牲者がでる。


しかし,フロリダで竜巻と云うのは,本当に稀。台風被害浸水の多いフロリダでは,地下室はない。鉄筋の4階建てのリゾートコンドミニアムの屋根部分をはぎ取り、海沿いに建ち並ぶ豪邸のを破壊、低所得リタイアメントの人たちの住む、モービルハウスパ−ク(移動可能なコンテナハウスを設置しているエリア)もめちゃくちゃにしてしまった。ここで引退後、銃と釣り楽しんでいたご夫婦が亡くなられた。奥さんは旦那さんの死にショックで心臓マヒをおこしての死だったと云う。


モービルパ−クの人たちは,銃好きで保守的、底辺の共和党支持者なので,ほとんど接した事がない。 髪を伸ばし,ひげを蓄え、入れ墨を入れるマッチョな彼らが,友人の死に涙し、あんないいやつらはいなかった、と語り寂しそうに泥まみれの猟銃を片付けていた。どんな人でも身近な人を大切にして生きている,愛情を持っている,そんな当たり前の事を,忘れて彼らを見ていた事を,とても反省した。



PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


民主党大統領候補ディベートにみる純粋な政治討論による向上心

今夜は2回目の民主党大統領候補による,ディベート。元国務長官ヒラリー・クリントン,自称民主社会主義者バーニー・サンダース上院議員、マーニィー ボルチモア州知事の3候補。様相は,共和党の猿山ボスざる争いの泥仕合とは,全くことなる。

純然と3氏の政策論争。民主党支持者は、”頭”でヒラリー,”心”でバーニーと云われているほど,バーニーサンダースの、社会はかくあるべき,と云う純粋な主張に魅了されている。不思議な事に、候補者から笑顔とユーモアがもれる。あてこすりや皮肉はない。

親しみと尊敬から出ているジョーク。マーニィー ボルチモア州知事は、ノーマークで希望はないのだが,この人も中々のもの、完全クリーンエネルギーと,銃規制(警官による暴力、過剰防衛自己の抑止−ボルチモアは警察官の黒人射殺で昨年4月大暴動が起こった。貧しい黒人も多く,犯罪の温床になっている地域もある。子供たちも貧困から抜け出せず親と同じ道を歩む事も多い) とんでもない相手とのディベートではなく、考えも共感できるが手法が違う、理想のある力量の高い相手との論争は,きっと楽しいのだろう。


バニー氏は」ある意味変人で、最も左よりの上院議員。前回ディベートで、常に横行する選挙戦に置ける個人攻撃を封印した一言を放った。
クリントンが国務長官時代に公務に私用メールを使用した問題で、他の候補のクリントンへの攻撃をそそのかす挑発に,サンダースは「政治的な発言ではないかもしれないが、私は(前)国務長官は正しいと思う。くだらない電子メール騒動に、アメリカ人はうんざりしている」と述べた。サンダースが原則を重んじる高潔な人物であると印象付けることになり、討論会は共和党のときのような個人攻撃に陥ることなく、驚くほど実質的な議論が続いたのだ。
また、クリントンは、「私たち候補者は目標については合意している。意見が分かれるのは手段だけだ」と発言した。
何となく日本の野党の,協議をしない、力の押し合いを思ってしまう。つまらない個人攻撃、枝葉末節より,国民の為に議論を戦わせようと云うバーニーの姿勢。それを受けて、意見が分かれるのは手段だけだとして、正面から向き合うクリントン。

岡田代表2008年にはヒラリーと並んで写真に納まっている。佐々木節さんは岡田総理説にも言及している。いいツーショットだけど、肩を並べるには、彼女の姿勢を、うんと学ぶ必要があるのではないか?

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村


ヒラリーもサンダースも政策はかなり違う、共産党と民主党の”超えられない政策の違い”くらいの違いは十分ある。しかし、彼女は”目標については合意している。意見が分かれるのは手段だけだ”といった。この目標とは、民主主義の国アメリカの国民を幸せにする事,より良い社会を作る事。そのために、手段の違う相手との討論,協議を拒絶しない。議論する事でよりよい道を見いだす。


ちなみに志位委員長はバーニーサンダースの躍進にふれ、社会格差の是正は資本主義社会の行き詰まった国の国民が望み始めていると、格差是正への取り組みの必要を再確認している。共産党の政策も全く受け入れられないどころか,話し合いでより良い道を見つけてゆくのに必要でさえあると思う。民主主義の基本は話し合い、候補者調整の協議も拒否するような考えの政党に民主主義政治なんか出来る分けない。 


以下ニューズウィークの最初のディベートについてのとても良い記事なので前文転載します。日本もこういう感じが欲しい。これが民主主義の先輩アメリカ。

トランプなんか目じゃない。


http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/10/post-4033.php

迫力はトランプに匹敵するバーニーサンダース。ぐいぐい引き込まれ共感を呼ぶ。
Newsweek:ヒラリーと民主党を救った社会主義者サンダース ミシェル・ゴールドバーグ


先週行われた米民主党の大統領選予備選の候補5人による公開討論会がお決まりの泥仕合に陥らなかったのは、バーニー・サンダース上院議員の手柄だ。
 


司会を務めたCNNのアンダーソン・クーパーは、「アメリカの大統領選挙で社会主義者が勝てるだろうか」とサンダースに問いただした。社会主義者を自称する最左派のサンダースは、ひるむことなく北欧式の社会民主主義を擁護した。
 


これに対し、ヒラリー・クリントン前国務長官は真摯な言葉で資本主義を擁護した。「アメリカはデンマークとは違う。私はデンマークが好きだ。でも、アメリカがやるべきことは、行き過ぎた資本主義の手綱を締め、今の経済体制にみられるような格差を生まないことだ。史上最大の中流階級を築いてきたものに背を向けるのは、由々しき間違いだろう」
 


ここで守勢に立たされたのは、サンダースではなく資本主義だった。その意味で、サンダースはアメリカの進歩主義を大きく前進させている。 実際、討論会の勝者はクリントンだったが、議論はサンダースを軸に進んだ。クリントンは最初から、サンダースの支持層に訴えようと努めていた。
 


進歩主義的な政策を最もうまく遂行できるのは誰かという話になると、クリントンは、「私たち候補者は目標については合意している。意見が分かれるのは手段だけだ」

と言った。サンダースが国民皆保険に近い社会保障を目指していることを考えれば、驚きの発言だ。
 


民主党は、社会保障制度は財政破綻の危機にあるという保守派の前提に立ってきた。

しかし今回、社会保障の拡充について、クリントンは「最貧困層への支援を増やしたい」と語った。不法移民に対しても州内居住者と同じように大学の学費を優遇している州については、クリントンは次のように述べている。「そうした州を支持し、より多くの州が同じ対応をするように奨励していきたい」


<個人攻撃を封印した一言>
 銃問題でもクリントンは左派を意識し、サンダースが規制強化に反対してきたと批判した。「国を挙げて全米ライフル協会(NRA)に立ち向かうべきだ」 討論会には、ベトナム戦争で従軍経験があり、レーガン政権で海軍長官を務めたジム・ウェッブ元上院議員もいた。8年前はオバマの副大統領候補として有力視された彼が、場違いな過去の亡霊に見えたことは、民主党が中道路線にこだわるのをやめて、堂々とリベラルを主張しつつあることを物語る。




 サンダースが最も注目されたのは、クリントンへの攻撃をそそのかすクーパーの挑発に乗らなかったことだ。国務長官時代に公務に私用メールを使用した問題で質問を浴びるクリントンに、サンダースは助け舟を出した。「政治的な発言ではないかもしれないが、私は(前)国務長官は正しいと思う。くだらない電子メール騒動に、アメリカ人はうんざりしている」
 


これはまさに政治的な発言だった。サンダースが原則を重んじる高潔な人物であると印象付けることになり、討論会は共和党のときのような個人攻撃に陥ることなく、驚くほど実質的な議論が続いたのだ。 サンダースは最有力候補を引きずり降ろすことよりも、自身の考えを突き詰めることに関心があるようだ。政治家として、実に稀有な心構えだ。

より進歩主義的なアメリカを求めるクリントンの支持者は、彼女の挑戦者に感謝するべきかもしれない。


PVアクセスランキング にほんブログ村


ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村