密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

男を上げる最後のチャンス、岡田代表野党共闘潰しの解党要求をはねつけ、右派を追い出せ。

10日衆議院で,臨時国会検討中の舌の根も乾かないうちに、首相外遊日程で開かない???山野井議員のフリップボードみなかったのか!?もう,憲法なんか眼中になし。次回選挙で野党共闘で過半数確保で政権交代への第一歩を踏み出さなくては行けないはず。、前原、細野、維新江田3氏が岡田代表に解党要求。なぜ,解党なのか?案外民主党内に,共産党呼びかけに応じるべきと云う意見があるのか?解党して他党と合併し,最大野党を作ると云うのが彼らの構想。『1強多弱の状況を打破しなければいけないとなれば、野党第一党の民主党が他を糾合していかなければいけない。新たな旗を立て、年内に民主党も解党出直し、他党にもそれを求め、より大きなものをつくっていくというプロセスを取るのが大事ー岡田さんはわれわれが選んだ代表だから、大きな家をつくるために、そこの本質的な意見は全く違いがないので、そこは今の執行部にお考えいただくということではないかと思う』だそうだ。大きな家の中には橋下徹大阪市長ら「おおさか維新の会」系も含まれるのかと云う,記者質問に  「私は大阪系で付き合いを親しくさせてもらっているのは橋下さんだけなので、他の方はよく分からないが、少なくとも今まで何年かお付き合いをする中で、例えば関西国際空港と伊丹空港の統合の時に努力をいただいたとか、知事の時にダムの中止で協力をいただいたとか、地方の裏負担、『ぼったくりバー』と彼が言っていたことについて、共に解消するための努力をしたとか、改革のケミストリーは彼とは共有している。なおかつ彼は安倍(晋三首相)さんには頑張ってもらいたいが、政権交代可能な野党の存在は必要だと。野党再編にも非常に思いを持っている方だと認識している。掲げる旗をしっかり掲げた中で、橋下さん以外の方も排除しない。旗の下に集まる人は大きく集まることでいいのではないか」維新残留組と二股がけ、橋本氏は与野党の二股がけか。


最悪だ!!!なんて卑しい根性。こんなやつらに好き勝手云わせていていいのか岡田(結果がでるまで敬称略)!!物をはっきり言わず、正念場の決断もぐずぐず、戦争法、消費税も自民党よりのあなたでも、自民の横暴な国民無視のやり方には反発してるんでしょう?男を上げる最後のチャンス。奴らを追い出して、共産党の呼びかけに答えるんだ!!


維新と云い,民主といい、安倍に利する為に騒動起こしているとしか思えない。安倍自民党(日本会議)内心は、国民運動とそれに応呼した共産党の国民連合政府が怖い。安倍が表立っては,国民の反発をより招くので、野党内自民親派を動かして、かく乱、国民連合政府構想の無力かをはかりたいのではないか。ここまで政治家が腐っている、と云うか,日本会議の根っこがいろんなところに延びている。


もし,岡田(敬称略)が向こうの言いなりになった場合、、、、馬鹿な執行部が解散。心ある民主党議員で、新党でも,旧名継続で民主党でも新たにスタートすればいい。それなりに政党助成金はもらえるだろう。ともあれ,今回は、国会開かない安倍政権批判からの目そらし、と、野党共闘粉砕目的。それにしても、彼らは落選運動リストにエントリーだ。さっさとけりをつけて体制立てなきゃいけないんだから、岡田(敬称略)ぐだぐだ引き延ばすなよ!!



怒りのあまり乱暴な言葉を多発しましたが、
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村




参議院レポート1ーTPPパニック

11日参議院予算委員会、徳永エリ議員の質疑は,いろいろな意味で面白かったので詳しく書きたい。
議会内やり取りの要約は徳永氏青字、政府側緑字で表示します。TPPについて、全般的によく調べられたようだが、同時に,国民の間に広がるTPPはアメリカの日本経済吸い上げ陰謀協定や、有害な薬品付け食品の輸入、国民皆保険制度破壊、高額薬品、保険輸入から生じる、国際仲裁(ICSID)訴訟の可能性、秘密主義への懸念など、真の問題追求と、パニック状態の懐疑がないまぜの質疑だった。ある意味では,国民の声の代弁と云っていい。


私はTPPは悪魔の協定だとは思っていない。いいところもあるし、議論の必要があるところもある。そういう意味で徳永議員の質疑を、検証する事に興味をもった。徳永氏は北海道農業者代弁として現在のTPP不安、政府説明会では、影響は軽微であり大筋合意は決定ではないとされている。ニュージーランド協定文書をうけ協定文書などの精査がはじめられたが、抽象的スローガンでは分からない、と首相に説明を求めるも、安倍首相 スローガン連発 (当然出来る訳けない、もとめるな!!)


甘利大臣ーTPP利点について、恣意的不透明な政府介入の排除、純粋な自由競争、多国間での新しい経済的発展の可能性をあげた。各国ごとに得手不得手があり、それぞれ戦略とマーケテイングが必要であるが、経済連携協定は参加国間の利益共有であり、加盟する事は国益に利する。
徳永氏のTPPは秘密主義,なんで隠す必要があるのか?と云う質問に、保秘義務—交渉過程を開示は、各国ごとの守秘義務もあるので、大筋合意まで保秘であったと,答えた。


国民皆保険制度野破壊-米高額製薬会社薬品保険対象を対象に日本政府補助金を出す事になるのではないか?安価なジェネティック薬品(特許切れ薬品)を販売できなくなり薬品の高額化を招くるのではないか?との、質問に、日本の医療食品に関するルールを変更させられる事はない。薬品特許保護期間の長い設定は新薬を開発している日米に有利、アメリカの主張12年から8年になったが、日本は元々8年なので、変わりはない。


労働条件の保護について、”参加国は、児童労働、強制労働の、規制,廃止に努力し、その種の労働によって作られた製品の輸入販売をしない。”この条項について、徳永議員は先進国が後発国の労働条件を規制して、競争条件公平化使用としているのではないか,と云う疑念表明(これは、TPPパニック、児童労働、安価な強制労働製品を販売しているのは、Gap ユニクロなどの先進国企業。彼らの安い労働力を搾取しているのは、経済大国の企業と国民。この条項はオバマ大統領らしい提案だと納得できた物の一つと,オバマびいきだけど。)当然,甘利大臣は、この労働条件は途上国は難色をしめしたがNGOなどの人権団体要請に配慮したもの。ILO( 国際労働機関)でも認められていないので是正する為に条文化した,と回答。


他国企業,短気参入短気撤退、日本の労働法は首切りが出来ない,それをなんとかしたいため、TPPを見据えた法改正をするのではないか?との問いに、企業-国民対立概念ではない。 日本の労働法が変えられる事は無いと言明(もう既に変えられている。それを改正しないといけないでしょう。日本の労働条件は先進国の中で劣悪。TPPの労働条件規約に抵触してるんじゃないか?)


なぜ自動車関税撤廃期間がながいのか?自動車関税撤廃25年だが、部品即時撤廃、これは入会時の交渉条件で、アメリカは自動車-日本は農作物5品目を堅持(アメリカの道路駐車場は、トヨタ、ホンダ、フが一番、フォードが続き、最近ヒュンダイ、キヤの韓国車がのびている。ほかにもスバル、ニッサンもメジャー。ワーゲンも強い。あとは高級車BWB、トヨタのレクサスー高くてもこの人気、アメリカが自動車会社を守るのは必定) 


ニュージーランド協定文書は日本語成文はなぜ無いのか?通常国際条文はマジョリティー3言語 英、仏,スペインで行うのが通例もし今後改正されても、アジア圏語は中国子が有力かも)国会提出時は日本語翻訳して提出を明言。


徳永氏はカナダ政府関係者に,日本はなぜ合意を急ぐのか?と聞かれた事をあげ,政府急ぐ理由を追及。
しかし、甘利大臣に、政権交代前に合意を急いだのはカナダ,貴女が話した下部の人には伝わってなかったのですね。とやり返された Ouch!!


221部30章大筋合意をし、今、法廷整備段階、その後国会提出の予定。


保険比較関税については、規制改革会議付託(私的諮問機関)の提言に従う。
(この私的諮問委員は首相が任命、またしても,日本会議だらけの人選になる可能性がある
人選の透明性の担保か、国会において野党側の参考人や精査委員会との協議を求めた方がいいかも)


SPS−残留農薬、収穫後防カビ剤,食品添加物等 合理化された承認過程年次改革要望書ーどちらの国の基準なのか、加えて食品内容表示義務や遺伝子組み換え食品の提示はどうなっているのかは、追求されなかった-時間切れやこれだけの内容を一人では無理。野党も相互に手分けして、やってゆく必要がある。]米国は食品目46の内44が承認され、残りについても審査プロセスの迅速化要望している。くわえて、日本未指定の国際汎用添加物 1年以内に認めることも要求しているようだが,ここは粘って、専門家による検査安全確認、表示義務を厳しく交渉するべき。


甘利大臣、SPS協定-日本の制度変更無しと明言(これは,もっと突っ込んで聞いてゆくべきポイントと思う。アメリカもTPPは自国を変えられないと成文化している。では、どういう状況でどちらの法が優先されるのか?アメリカの大手食品会社は,信用ならないところがある。ことは健康に関する事はっきり説明を求めるべき)


と云う訳で,長い事お疲れさまでした。途中ボーとして抜けたところもあります。TPPは,大筋合意=12カ国承認のたたき台案であり、協定文書を開示し各国国民と話し合い,その結果を調整,話し合い、施行されるというプロセスを米メディアは大筋合意の翌日に報じている。日本は政府が自分たちで掌握しすぎてオープンな感じが無い。法整備がなされた後の国会での追求が大事,そういう意味でも臨時国会は開かれないと,また時間切れ強行採決、あるいは、選挙真近になり集中審議が出来ない状態にもつれ込む可能性もある。国会開け!!!



ランキングに参加しています
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


衆議院後半レポート 維新+さすが迫力です共産党

昨日眠くてパスした、民主前原議員質疑は消費税増税+軽減税率。なぜ、低所得者救済なら給付付き税額控除野法が効果的であるのになぜ軽減税率なのか,とそれに関連するマイナンバー執行の困難を追求、軽減税率の中小企業者手続き困難や、煩雑問題、年金の将来などに言及。最後に筋のと売らない軽減税率導入は公明党の要望であり,選挙対策に過ぎずと言明した。


続く,維新の松野代表は、TPP特に農業の問題を取り上げ、攻めの農業を協調。たしかに、NYのレストランでも、Kobe Beef(神戸ビーフ)はメニューに定着(高い)してる。ハドソン渓谷ファーマーズマーケットでは、数年前から茸栽培をはじめた農家でてきて、マイタケマッシュルーム、とかシイタケマッシュルーム(これでは、茸きのこ、言葉の重複だよ。)などが売られている。オーガニック志向、ベジタリアンも多いので大都市及び周辺は,日本の野菜を売り込むのはいいかもしれない。パーティーなど開くと案外コンピラゴボウにフアンが多いし、大根、油揚げなんかも料理の仕方次第で人気が出そうだね。


その後、農業補助金ばら蒔き批判バター不足問題からマークアップ(エーリックー外郭団体の利益介入)システムに言及。入札差額をとるのでTPPデもバター価格は下がらない。このエーリック利益は酪農家補助のためらしいが、実態は酪農家40%減で発展無し。制度見直し要求も,政府は制度継続必要と拒否。その後、以前のウル グライラウンド対策費が、各地で407件のクワハウス等野、箱ものに消費されていた事に言及,政府は詳しい資料無し。現在指定管理業者が管理。政府は反省必要-今回は検討と答えた。『やらないよ!!』安倍首相着席発言。


維新ー今井議員は、BPO意見書に言及。ABEは不快感あらわに、『様々な意見をごった煮にしてイメージづくり。特定一事案を広げ意図的な混同。与党による聴取はNHK予算チェックのため(TBSも呼んだでしょう)行動に問題は無い。』とつっぱねた。後は管『出産国家貢献発言』追求。もんじゅの文部科学省指導 3年間指導ができていない責任を追求。


維新ー井坂議員 出生結婚率問題に言及、ABE『出会いの機会の機構を強化 資金援助、3世代同居促進 雇用促進、結婚スタートアップ支援』と返答、議員、異次元対応が必要ですね(皮肉?)マイナンバー汚職—昨年春も同じケースの汚職あり+125万件年金情報漏洩について功労大臣責任追求。辺野古の環境監視委員会イデア社、をなぜ外したかを質問。中谷大臣は問題ないが念のためと歯切れが悪い答弁。監視委員寄付問題も事実確認正当な物。委員会も機能。全て問題無し、でも寄付新たなルールを制作。矛盾答弁も平気でこなす中谷大臣。


最後は共産党赤嶺議員 政府の知事命令取り消し行政不服措置訴え問題、監視委員寄付問題を厳しく追及し、菅官房長官に、行政を飛ばして直接区に援助金の問題を追求。基地反対運動の騒音問題は現在名護市議会が議論中陳状継続審査中,国の官房長官が出て来る問題ではない。17年間、廃弾処理施設の爆発音,犠牲者がでてもを放置し続けている国が,デモの騒音を抗議があれば補助金を出す矛盾,夜間騒がしいのは、国が早朝深夜工事実行をするので、抗議も継続,工事の騒音は問題にしないのか、と菅官房長官の地元に直接配慮は問題ないとする発言に反発。もはや法治国家の行いではない、と発言撤回要請し,議場から大きな拍手が起こった。


しかし岡田氏、最初だから挨拶みたいな物なのかもしれないけど、さしたる追求の無い違憲表明なら,その分、社民や生活太郎にも,質疑時間を分けてあげたい。特に衆参とも,質疑の出来なかった 生活太郎(社民、元気、無所属はでてるのに、なんでだろう?)その分街頭活動、山本太郎議員さすが”皆様の鉄砲玉”。掴みのある非常に内容の濃いスピーチが続きます。すごいぞ山本太郎!!
山本太郎街頭記者会見仙台
https://www.youtube.com/watch?v=0kUtYucLQKM


ランキングに参加しています。
クリックしていただければ嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村