密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

そんなつもりじゃなかった、差別表現。

日本にも差別の歴史、現在まで続く差別がある。
丸山議員は、アメリカはもう克服してしまっていると、簡単に考えてしまっているのだろうか? アメリカ生活の経験があるのに、ずいぶん鈍感なことだ。本当に長い差別の歴史を持つアフリカ系アメリカ人を、国民がついに大統領に選んだ、それは革命的で、そしてそういう事を選挙によって起こせるアメリカを賞賛したのだ、と云う気持ちからの発言だったのだろう(最悪の表現だったが)、だからご本人、不本意と抗弁している。しかし黒人と云う言葉、奴隷の子孫と云う表現に、過去の、いや現在に置いても続いている、差別の状態を表す要素が強い。 そうした現実を一顧だにしない、自分の鈍感さ思いやりのなさを思い至れないのが、人として欠陥だろうと思う。


黒人Brack peopleと云う表現はカジュアル会話では、Brack (people) White (people)を使うが、公式にはアフリカ系アメリカ人 African American。初対面の人や、その人の人種についての考え方が判らないときも、アフリカ系アメリカ人 と云う様にしている。
アジア人にはアジア系Asian、Yelloe peopleとは言わない、言われれば、悪意、侮蔑と解釈する。ラテン系はLatino、Brown peopleとはいわない。それを取ってみても黒人と白人の葛藤と共存の歴史は長い。


姪っ子や、若い友人がこちらに遊びにきて、日本からの衣類のバックプリントで(日本の感覚だとクールな響き)差別英語が堂々と表示されているものは、着て歩かない様に注意する。 いらだっていたり、攻撃的な人に、いきなり蹴られたり、食べ物を投げつけられたりする危険性もあるからだ。
たとえば、Nigger XXX とか、Black Kidsとかは明白、中には私も気がつかず、Dさんに注意されて、そうなんだぁ,と驚く言葉、表現もある。


特に、自分たちの住んでいた国から強制的に誘拐され、牛馬のような扱いで働かされ、解放後も現在に至るまで、ことあるごとに差別にさらされているアフリカ系の人たちの、怒りの深さ、諦観や悲しみは、他国人が抵触する場合には、十分配慮しなければならないし、社会的弱者、マイノリティーの気持ちは自分がその立場に立ってみないと解ったつもりでも真の部分は判らないかもしれない。


これから、日本も沢山の国の人たちが住む様になる、移民も受け入れてゆくだろう。
そんなつもりじゃなくても、差別的と取られる表現をしてしまうこともある、ということを知り、それでも、気遣いや優しさは国境がないので、お互いの理解は深めていくうようにしてゆけばいい。
最悪なのは丸山議員のように”自分のつもり”だけ押し付け、相手の痛みに無関心でいることだろう。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ローマ法王の名言と、トランプのへ理屈

ローマ法王がトランプの考え方はキリスト教的でないと発言した。
トランプがメキシコ国境に、密入国者を防ぐため、長大な壁を作ると、公約している事にふれ「もし不法移民の強制送還やメキシコ国境における壁の建設を求めるならば”キリスト教徒”ではない」と述べた。「どこであれ壁を築くことしか考えず、橋を架けることを考えない人間はキリスト教徒ではない」とも述べた。
法王は17日、国境の町シウダフアレスでミサを行い、中央アメリカの人々が移民とならざるを得ない状況を「人類の悲劇」「人道危機」だと述べ、米国とメキシコ両国の指導者を批判した。「移民たちは、最も貧しい者たちを誘惑し破滅へと追い込む網へと巻き込まれている」と法王は述べた。

とってもリベラルなーマ法王フランシスコ


CNN;トランプ氏は「キリスト教徒でない」、ローマ法王が壁建設批判
http://www.cnn.co.jp/world/35078154.html


トランプは、『バチカンも壁に囲まれている』と主旨のすり替えへ理屈で対抗している。
トランプ氏は声明で、法王のコメントは「恥ずべきもの」だと反発。「どんな指導者にも、宗教指導者であればなおさら、他の人間の宗教や信仰について疑義を呈する権利はない」と述べるとともに(宗教的指導者はその信者の信仰を導く為にいる。)メキシコ政府が「法王に対して私の悪口を多く吹き込んだ」との考えを示した。
(世界は自分中心に回っている的被害妄想)


またトランプ氏は「もしバチカンがISISの攻撃を受けたら、法王はドナルド・トランプが大統領だったらと祈らずにはいられないだろう」とも述べた。(お前が神か、と突っ込みたくなる)


そういえば、どこかの国の首相にも、こういうへ理屈、主旨のすり替えだけが巧い、世界は自分中心に回っている的被害妄想をまくしたてる、人物がいたな、、、。


トランプの支持者は保守的なカソリック信者が多く、彼らは、教皇を取るかトランプを取るかの選択に迫られるだろう。いや、イエスを取るかトランプをとるかだね。


加えてオバマ大統領も、「トランプ氏は大統領になれないだろうと信じ続けている」と強調。その理由として、「米国民を強く信頼している。大統領の職務は重大であり、トークショーを仕切るようなことは違う」とし、「販売促進や市場戦略でもない厳しい職務である。多数の国民は我々に正しい事の遂行を望んでいる」と述べた。
また、米国の果たす世界への責任は自国の事だけだなく、分裂などの危機に直面する大きな問題を抱えて米国に何らかの対処を求める20カ国に対しても責任があると強調。「米国民は非常に分別がある。最後に賢明な判断を下すと考えている」と締めくくった。

CNN;オバマ氏、「トランプ氏は当選せず」 米国民の分別に期待
http://www.cnn.co.jp/usa/35078127.html?tag=mcol;relStories


世界には、変な平等粛正に捕われず、自分の信じた事を言葉として公に発する人々がいる。日本では、平等、公平は、本当の意味をねじ曲げる、いや理解さへ出来ていない人たちよって、言論統制の道具に成り下がっているなっている。メディアにはパワーと使命が有る事をもう一度思い出して欲しい。

オバマ氏の言葉を借りて、『日本国民は非常に分別がある。最後に賢明な判断を下す』

を信じたい。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






未だにミサイルと報道、迫害でしかない朝鮮学校補助金停止

まず日本のマスコミはなぜ未だに、ミサイルと報道しているのか?既に、発射されてすぐ、CNNは人工衛星と報じている。
関連記事
官邸主導の煽りツイート、北朝鮮では、花火と衛生打ち上げ
http://artrino.muragon.com/entry/260.html
ミサイル・ミサイル・ミサイルどうなってんの日本の新聞
http://artrino.muragon.com/entry/261.html
(CNN) 北朝鮮が7日に打ち上げ成功を宣言した人工衛星について、事実上、運用不能な状態にあるとの見方が浮上している。衛星の打ち上げには国際社会から非難が集中し、北朝鮮への制裁に慎重姿勢を示してきた中国に対する圧力も強まりつつある。
米国防当局の高官がCNNに語ったところによると、衛星は「軌道上で回転し続けている」ため、有用な機能を果たすことは不可能とみられる。北朝鮮は過去にも1度、人工衛星を軌道に投入したが、その1基も機能を果たしているかどうかが疑問視されてきた


しかし、未だに北朝鮮のミサイル発射の独自制裁と騒ぐ安倍政権。世界の中で、メディアが北朝鮮の打上げたものを”ミサイル”と報じているのは日本だけじゃないか。
そして、その事に何の関係もなく、金正恩と彼の政府には痛くも痒くもない日本国内の朝鮮学校への補助金支給注視を検討。こうなると、ただの言いがかりで、嫌韓右翼のご機嫌取り。こんな無茶が通るなら、そのうち在日の人たちを隔離、収容所へ送るなんて事を言い出しかねない。


産經新聞;朝鮮学校への補助金、支出中止要請を検討 政府、自治体に;
http://www.sankei.com/world/news/160218/wor1602180002-n1.html
政府が、核実験と事実上の長距離弾道ミサイル発射を強行した北朝鮮への制裁措置として、朝鮮学校に補助金を支出している地方自治体に対し中止を求める通知を出す方向で検討に入ったことが17日、分かった。この日の自民党拉致問題対策本部などの合同会議で文部科学省が明らかにした。

在特会などが、朝鮮学校に拡声器でへいとスピーチをする。大の男が子供たちに大声で恫喝する。子供たちの心に日本の大人への、拭いきれないトラウマを作り、悲しませ憎しみの種をまく。そうした行為をする人間たちを影で煽ってきた安倍晋三。


衛星打ち上げを、ミサイル発射と国民感情を煽って、一体何をしようと云うのか。このような根拠のない補助金停止圧力は、民族迫害の始まり以外の何ものでもない。まぎれもない人種抑圧政策だ。地方自治体も、自治体だと云う矜持を示して中止要請を拒否するべきだ。いつまでも政府の恫喝に甘んじていると、良心を売り渡す日はそう遠くない。




PVアクセスランキング にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村