密接な関係にある他国から

アメリカと日本の社会、文化、日常感覚など、下から目線でつなげてみる。

年利6%!アメリカの学生ローンと奨学金

今日のNYタイムスに、学生ローンで酷いトラブルになった人のインタビューがでていた。アメリカは奨学金は優秀な学生の為と,経済的に恵まれない(あるいは希望の大学に経済が届かない)学生、スポーツや芸術音楽ダンスなどの特別の分野の奨学金などがある。奨学金はもちろん賞与である。そして,借りて返すものは、スチューデントローンと呼ばれていて、国に借金をする。どんな人でも、借りられる,審査は無い。ただ利子がなんと年利6%以上。このトラブルになった女性は、大学に250万円、卒業後仕事が見つからず、そこから,法学部に3期(途中で病気退学)200万円、学生でいるうちは支払いを開始しなくてもいい、ただし利子はついてゆく。そうして、オハイオ州で教職につき,収入が十分でないため,もう一度ローンで大学院へ,と云う事を繰り返し、現在は月30万の支払いを,30年、現在45才
だという。彼女の子供たちも今大学に学生ローンでかよっている。学生ローンは学生本人がローンを組ものと、両親が組むもの2種類が利用できる。彼女はこの両親のローンで,自分の今までのローンの支払いに充てている。これもいずれもっと大きな破綻につながる。彼女の利子は10%になっている。学生ローンは自己破産はできない。


この人の例は、あまりに、楽観的というか、計画性が無い野心家だったための、破綻であるけれど、事実、返済できない人たちが増えて社会問題にもなっている。


オバマ大統領は6%から3%に引き下げようとしたのだが,やはり共和党中心の下院で潰されたしまった。日本の年利はしらべてみると年利1%未満?月々で利率が違うし、返済状況でも変化していくので,数字に弱い者には理解がむずかしい。


アメリカの学生ローンがこんなに酷いとは,正直驚いた。ただ学生ローンはよほど計画的に,奨学金の不足を補う形で借りるべきものと云う認識が薄れ、担保もなしに安易に借りられるため、先の事を考えないで多額の申し込みをしてしまう人が増えているのが問題だ。


日本の学生はブラックバイトや風俗関係にも収入の道を求めなければいけないほど追いつめられている
ようだが、アメリカの大学内には,学生用に仕事が,用意されていて、勉強の傷害にならない収入を得る事が出来る。せめて、大学が学生の仕事を用意するというのは、日本でも広まるといいと思う。


それから、学生ローンを,奨学金と呼ぶのをやめるべきだ。これはイメージ詐欺。今両親の生活苦しい時代、こういうときこそ,国はなんとかしなければならない。本当に奨学金を出すべきだ。軍備拡張している場合ではない。


PVアクセスランキング にほんブログ村

<font color="#000000" face="Helvetica" size="2">
</font>
ランキングに参加しています。宜しかったら
下のバーナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村